キャバクラのお仕事って楽に稼げるんでしょうか?

求人検討中の方必見!キャバクラの華やかな世界とお給与について

綺麗なドレスを来て、かつ高額なお給料が貰えるキャバクラのお仕事。
服やらコスメやらエステやら、普段我慢しているアレやコレ。お金さえあれば我慢も必要無く、華やかに稼ぎたい!と憧れている人もいるのではないでしょうか。

今回はそんなキャバクラの求人に応募するか迷っている方々にむけて入ってすぐ後悔の連続・・・なんてならないように私の主観でメリットやデメリットを綴っていきます。

メリットはなんといっても高給

メリットはやはりなんといっても高額な時給!カフェや居酒屋でのアルバイトだと千数百円が関の山ですがしかしキャバクラでは2〜3,000円と今の数倍貰えるのが普通です。
1時間働いて2〜3時間分の給料を貰えるので、ダブルワークしている人など時間が無い人は特に良いかもしれません。

さらにそこに指名やドリンクを貰った場合ロイヤリティが払われます。売れてくると一ヶ月で100万円以上稼いだ!という話もザラに聞きます。
さらに一緒に働くのは美意識の高い若い女の子たちです。

いろいろ情報も入ってきて女子力が上がる!という意見もあります。

メリットだけではありません!努力も必要!

一見良いとこ尽くしのキャバクラ求人。しかし楽しいだけでは勿論ありません。
そもそも高額なお給料は余ってる訳ではなく、それに見合った仕事を求めるから払われます。

キャバクラ此所の格式にもよりますが、世間一般的な常識や振る舞い、話題を提供し楽しませられる程度の教養が求められあまりにひどいと怒って帰ってしまうお客さんもいるでしょう。
しかし、そういった場に身を置く事で、嫌が応にも教養や常識的な立ち振る舞いが身につく。といった側面もあります。
またキャバクラでは一定の”ノルマ”を課しているお店がほとんどです。

もちろん罰則目的でやってる訳では無いので、必死に頑張れば達成できるよう上手い具合に設けられていますが、ある程度勤めると調子が悪くて伸び悩んでしまう月もあります。
ぜんぜん指名も呼べず売上が立てれなくて、男子従業員の圧が怖い。なんて事もありえます。

そして思いの外大きい”罰金”制度。遅刻や当日欠勤、無断欠勤。全て罰金対象です。

遅刻は勤務時間を減らされるなどの場合もありますが、欠勤は1万円以上が殆どです。

理由など話を聞いてくれるお店もありますが、お店のスケジュールは遵守しましょう。

     

デメリットもいくつかあげましたが、個人的にはおしゃべりが好きな人、ニコニコと愛嬌のある人、気配りのできる真面目な人なんかは以外とキャバクラは向いているかもしれません。
高額なお給料の反面、他では経験しない苦労もしうるキャバクラの求人。

求人に応募した後、上手く立ち回れず伸び悩む期間があると思いますが最初からなんでもうまくこなせる人なんて本当に一握りです。なにがあっても、ある程度続ける事で見えてくるものもあるのでしばらくは続ける!という覚悟は持って挑みましょう。

同じお店の従業員と恋愛関係になっても良いものなのでしょうか?

そもそも水商売においての「風紀」とはどういうことなのか

今日はキャバクラの「風紀」をテーマに書いてみようと思います。
近頃、というか以前からいろいろな所で「風紀」の話を耳にします。
そもそもの「風紀」とは異性交遊の節度や、生活上の規律を意味します。
しかし、ご存知の方も多いかも知れませんがキャバクラ含め、水商売では業界用語として「キャストさんと男子従業員が付き合う」事。
つまるところ「社内恋愛」のことをいいます。通常、水商売での社内恋愛は「厳禁」です。
にも関わらず我慢できず自由恋愛に走ってしまう人がわりと多いようです。もしかしたら、今ご覧になってる方の中にも居るのかもしれません。
確かに、イエ制度も廃止された昨今、自由な恋愛自体は良いと思います。そもそも実は同じ職場で働く相手というのは心理的にも恋愛に発展しやすいのです。
まずは挙げられるのが「顔を合わせる頻度の多さ。人は心理的に頻繁に会う人へは警戒を解き、親密になりやすいのです。
これは生き物に限らず、物でもそうです。頻繁に目にする物へは、謎の安心感が生まれます。
企業が大金をつぎ込み、必死にCMを打つ理由の一つでもあります。
物へすら警戒を解いちゃうのですから、人ならなおさらでしょう。
次に、「困難な仕事を共に乗り切る」という事。
どうも心理学者のラタネさん曰く、共に楽しむより、共に辛い経験をしたほうが強い結び付きが生まれるらしく
自衛隊あたりの入隊試験が厳しいのもこれが理由だそうです。
つまり、「好きになりやすい環境」なのです。しかしだから仕方無い!とはいきません。

一般企業の「社内恋愛」とは何が違うのか

実はキャバクラでなく一般の企業ですら結構な数の会社が「社内恋愛」、つまり「風紀」を禁止しているのです。
理由としては「風紀」の乱れを未然に防ぐため。
具体的には
・不平等な評価、査定を防ぐ為
・親密な間柄になることで、大事な情報を漏らさせない為
・別れた結果、どちらかが退職となる場合を防ぐ為、等々。
これはキャバクラでも同じ事がもちろん言えますが、キャバクラと一般企業での決定的な違いは「女性が商品であること」です。
女性を「商品」といってしまうと、いささか聞こえが悪くはありますが、お客様がキャバクラにくる目的はキャストさん、つまり女性と擬似恋愛を楽しむためです。
そして、その目的は多かれ少なかれ擬似でない、より親密な間柄になる事です。
その親密になるという目的のためにお客様は数万、場合によっては数十万やそれ以上のお金を支払います。
その傍、すでに男子従業員と付き合ってます。なんて面白い訳がありません。
場合や金額によっては訴訟を起こす人もいるでしょう。
結果は人それぞれでしょうが、時間も費用も掛かり挙げ句の果ては売上減どころか職を失う可能性すらあります。
そんな退職理由なら次の仕事を見つけるのも困難を極めるでしょう。

「風紀」がバレてしまうとどうなるのか

さらにこれらに加えて殆どの場合付いてくるのが「罰金」です。
多くの場合は百万円。もう泣きっ面に蜂です。
確かに、第3者が他人の恋愛事情に関与するべきでは無いのかもしれません。
一般企業でもよほど「風紀」の乱れが無ければ、退職どころか異動もないでしょう。
しかし、忘れていませんか?
恐らく全てのお店が入店直後に「風紀」は行わないようにと「約束」を交わしています。
罰金等々もその時確認しているでしょう。
確かに大金を請求されるかもしれませんがもし罰金!という事になってもそれは元々交わしている約束を自分で破っている訳ですから仕方ないのかもしれません。
自由な恋愛もいいですが、自由には責任が伴います。自分で交わした約束ぐらいは守りたいですね。

ホストにモテる女性とはどのような人なのでしょうか?

「ありがとう」や「ごめんなさい」がちゃんと言える素直な女性

ホストクラブなんだからホスト達から何でも“してもらうのが当たり前”という女性も中にはいます。実際、女性はお客様なわけですからおもてなしを施してもらって当然なわけですが、逆を言えばちょっとしたことで“ありがとう”が言える人はホスト達からのイメージがアップします。
ホストとお客様との間には金銭が絡んでいるので、何かしらのトラブルは生じやすいかもしれません。例えば何か担当のホストとケンカした時に自分の悪い所はちゃんと謝れるような女性も好感度が増すのではないでしょうか。
確かに女性はお客様ですし、ホストとも金銭が絡んでいる関係上求めるものも多いでしょう。しかし、何かを求める前にまずは信頼関係が必要です。ちょっとした時に感謝や謝罪の気持ちが伝えられるようになると好印象の持続力はさらに長持ちするのではないでしょうか。

絶妙なタイミングで気遣いができる女性

自分でお酒の量をセーブできたり、相手のホストの仕事のことを考えることができる女性や、「飲み過ぎた?大丈夫?」と声をかけてくれる女性は好感度がいいようです。
会話の中でこのようにさりげない気遣いのセリフを挟んでラリーができる女性は、たいていどの場面でも気遣いができるのではないでしょうか。
また「お疲れ様」などと、相手の仕事が終わった時間の絶妙なタイミングで連絡を入れるのも効果的です。
気遣いとは考えたらうまくできなさそうですが大切なのはホストとお客様という立場関係なく、一緒に楽しい時間を過ごそうという気持ちを持つことが大切だということです。

一般的な常識を持っている女性

ホストクラブという空間は、女性をお姫様扱いしてくれる非日常的な空間です。女性はお金を払えばたくさんの男性が最高のおもてなしをしてくれるでしょう。しかし、ホストとは言え一人の男性です。あまりにも上から目線でワガママだったり、お酒の飲み方が分かっていない女性に惹かれることはまずありません。
他の席にいる女性の悪口やヘルプのホストにキツくあたるという行為は避けましょう。こんなことでストレスは発散できませんし、なにより言っている本人のイメージが悪くなってしまいます。
もちろん女性はお客様なので、過剰な気を使う必要なもちろんありません。しかし、みんなで笑って楽しいお酒を飲めるようなホストクラブの使い方ができる女性になる事ができれば、ホストからの印象も必然的にアップするのではないでしょうか。

アルバイトでホストとして働くと、後々の就活に響きますか?

世間から見た「ホスト」のイメージとは

近年、様々なメディアに取りただされるホストクラブ。一時期よりかは減った気もしますが、それでもやはり特集が組まれれば興味本位で観る方も多いのではないでしょうか?
メディアに出る事で多少の偏見は減ったものの、「いろんな女性と会話する→女性関係が淫ら」という発想が未だ根強いようです。
テレビや雑誌などに露出するということは、もちろんそれだけ知名度も上がります。安易にホストという立場を利用し女性に近づいたところで話は尾ひれがついて広まり、自分の営業成績にも関わってきてしまいます。このようなことから、デキるホストほど「女遊び」というものについてそこまでの執着もないのではないでしょうか。

トラブルばかりが露出してしまう?

ホストの仕事のモットーは「決して安くはない飲食代に見合うような接客でお客様に満足してもらうこと」だと思います。
しかし、仕事にも慣れある程度稼げるようになってくると自分の貰うお給料のことしか考えられなくなり、だんだんお客様をないがしろにするようになってきてしまいます。このような一部のホストが、男性に依存しやすい女性に目をつけ多額の金額を使わせ、最終的には何かしらのトラブルに発展させてしまう…ということもしばしばあるようです。そしてこの事をメディアが大きなトラブルとして取り上げるたびにホストのイメージが低下するわけです。
自分のやっている仕事が、ある一部のホストのせいでマイナスのイメージがついてしまうのはとても悲しいことですね。

一度ホストになったからにはそれなりに目標を持つ事!

正直、ホストとして働き始めるのは他の仕事よりも比較的簡単だと思いますが、入り口が簡単なだけ思うように稼げるようになるには自分のやる気が重要となってきます。
期間的にも「将来は自分の店が欲しい」などという大きな目標や決意がない限り、長く続けられる仕事でもありません。
しかし入店する店を間違えなければ、普段は知り合う事のないようなお客様との出会いや接客マナーなどが学べたりとたくさんの事を吸収できるはずです。
ホストとして働くのであれば、貯金の目標金額や働く期間などを自分の中で決め、その中で思う存分働いてみましょう!

銀座にも一見さんがフラッと入店できるようなお店はあるのでしょうか?

銀座の代名詞!!一見さんはお断りな高級クラブ

タイトルの通り、高級クラブと呼ばれるお店は一見さんはお断りしている場合がほとんどですので、基本的には飛び込みで飲む事はできません。 つまり、そのお店に知り合いがいないと入れないのです。主に会員制のクラブで飲む方法としては、ママやホステスのお客様、オーナーやスタッフの知り合い、そのクラブを知っている人からの紹介…など要は誰かしらの紹介があれば入店する事ができます。
クラブは時間制ではなく、座っていくらというシステム。 高級クラブでは「座って3万」という言葉をよく聞きますが、 初回は必ずボトルを入れなくてはいけませんので、実際は1番安いボトル代を入れても合計6~8万くらいかかります。しかし最近では1時間30分経つと、タイムチャージを取るお店も出てきました。
「クラブ」にはオーナーママやママが1人以上いて、大箱になるとチーママ含めママが3人くらいいるお店もあります。

アットホーム系クラブ(ミニクラブ)

クラブと呼ばれるお店の中でも、料金設定が高級クラブではない所をアットホーム系クラブといいます。 クラブのような高級志向店と、カラオケがあるような家庭的なお店と大きく分けて2つあります。ある程度お客様を持っているホステスが独立してオーナーママとして自分のお客様だけで営んでいるような所が中心で、全体的に小規模で誰でも気軽に入れます。しかし、特に宣伝をしている訳ではないのでやはり誰かの紹介などで出向くのが一般的です。
また、カラオケがあるお店などはアフターなどで使われる場合も多く、高級クラブで働く女性は何件か使えるお店を知っているので、お客様に合わせてセレクトしています。
料金の相場としては、やはりお店のランクにもよりますが1万〜4万くらいで楽しめるようです。

キャバクラ・ニュークラブもあります!

昔は銀座でキャバクラは邪道だというイメージがありましたが、近年ではだいぶ増えてきているように思えます。
もちろん会員制ではないので、新規のフリーのお客様は広告やビラを見て入ります。また、クラブから出てきたお客様を待ち構えている黒服が外に立っている場合もあります。
通常はママがいなく、指名制で時間制セット料金になっています。ニュークラブはキャバクラより料金の設定が高めなようです。 キャバクラは時間制なので、長くいればいるほど料金が上がります。延長を重ねるとクラブより料金が高くなる場合もあります。
クラブのシステムに慣れていると、時間制をいうことをついつい忘れてしまうので注意が必要です。

キャバクラのエスコートとはどのような仕事をするのでしょうか?

キャバクラのエスコートとは、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職

キャバクラのエスコートとは、厳密には違う部分もあるのですが、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職のことです。キャバクラでもエスコートの役職があるお店とないお店もがあるので、そこは求人情報等で確認が必要です。エスコートだけでなく、キャバクラによっては女性が店長をやっているお店もあります。
しかしボーイの仕事はキャバ嬢とはまた違った部分で大変なところがあります。一番の違いは、キャバ嬢として働くより拘束時間が長いということです。開店準備や閉店作業もしなければならなくなりますし、給料もキャバ嬢として働くより絶対的に少なくなると思います。

男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けている

エスコートやキャバクラのスタッフとして女性を採用しているお店の狙いとしては、男性ボーイの気が利かない部分や、男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けているところがあります。または、女性スタッフの見栄えの良さを求めているキャバクラのお店もあります。
キャバ嬢達も、もっと女の子の気持ちをわかってくれるボーイと一緒に仕事をしていたいものなのも事実です。キャバ嬢の経験がある女性がエスコートをやってくれれば、きっと働くキャバ嬢達もやりやすいと思うはずです。

エスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ない

求人を見てみると分かりますが、意外とエスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ないです。理由としては、男性スタッフありきの運営ですので、ある程度広い店内のキャバクラでないとサブで活躍するポジションのエスコートは必要としていなかったり、お店自体が女性の人員を必要としていない等が挙げられます。
六本木や新宿など、比較的大きなキャバクラが多い繁華街の方がエスコートの求人募集は多いです。

30を過ぎて水商売をやっているアラサー女性は結婚できるのでしょうか?

実際のところ、アラサーの独身率はどのくらい?

近年の日本では未婚化、晩婚化という言葉を頻繁にニュースなどで見かけるようになりました。実際のところ、アラサー、アラフォー女性の結婚事情はどのようになっているのでしょうか?
国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集2012」によると、2010年の女性の平均初婚年齢は29.69歳でした。現在30歳前後の人たちの親世代が結婚した頃…1980年の女性はというと、25.11歳。30年の間に日本の女性の平均初婚年齢は4.58歳上昇しています。1980年にはアラフォー女性の約9割、アラサー女性の約8割が結婚していましたが、30年後の2010年になるとアラフォーは約7割、アラサーになるとほぼ5割と大きく減少しています。一方、未婚率を見ると、アラフォー女性の5人に1人、アラサー女性のほぼ2人に1人が未婚です。「40歳・独身」というのはいまや珍しくありません。
これは、女性がより社会で活躍できる場が増えているということでもあります。水商売に限らずどの職業にも共通して言える事ですが、仕事にやりがいを感じているとどうしても恋愛面がおろそかになるものです。無理矢理恋愛をする必要はありませんが、先々の事を考えた計画が大切なのです。

既婚者の女性が現在の夫と出会ったきっかけとは

未婚の女性で「結婚したいけれど相手がいない」「どこに出会いがあるの?」と感じる人は少なくないそうです。将来自分の夫となる人との「出会い」は一体どこにあるのでしょうか。
某研究所で2011年に実施した「女性の幸せに関する意識調査」の、25~44歳のアラサー、アラフォー既婚女性の「夫との出会いのきっかけ」に対する回答結果によると、「職場・仕事関係」が約4割と圧倒的に多く、「友人などの紹介」「大学等(短大や専門学校も含みます)」と続き、これらの3つのきっかけで出会った人が全体の65.2%を占めます。遠くの親類より近くのナントカ…まずは、近くにいる異性や友人との関係を見直してみることが「出会い」の近道となるかもしれません。
さらに、最近では「復縁婚」なるものもしばしば耳にします。30歳を過ぎてから人との関係を一から築くのはなかなか大変。そうなると、やはり自分の事を良く知ってくれている昔の恋人がよく見えてくるのだとか…。離れてみて分かる事も色々とあるのかもしれませんね。

増えつつある「ネット婚活」とは

最近ではパソコンだけでなく、ケータイやスマートフォン等で誰もが気軽にインターネットにアクセスできるようになり、FacebookやTwitter、mixiなどのSNSも世代を問わず身近なものになっています。
ブログやSNS内のコミュニティーを通じて趣味の仲間を見つけたり、懐かしい友人と再会したり…という経験がある人も珍しくはないでしょう。
20代の頃は頻繁にあった飲み会のお誘いも30代になると急激に減ったと感じた事はありませんか?出会いがないと感じたら自分から動いてみましょう。インターネット上でのやり取りの良いところはサイト内の情報で出会う前から相手のある程度の人柄や趣味がわかること。これで「お付き合い」や「結婚」への後押しになっているものと思われます。一昔前は「出会い系」などと呼ばれ少々危険な感じもありましたが、ある程度人生経験を積んだアラサー・アラフォーの女性は男性を見分ける力もついているはず。特に水商売を経験していれば尚更です。
個人情報の取り扱いや安全面等に配慮する必要はありますが、インターネットの各種サービスを賢く利用してみるのも「出会い」や自分の世界を広げるきっかけになることでしょう。

気になるホストが営業か本気なのかを見極める方法はあるのでしょうか?

目が笑っていてふざけた感じの笑みを投げかけてくる

作り笑いと下心がある笑いと、本当にあなたのことが好きな笑いって何が違うと思いますか?それは“目が笑っているかいないか”です。
例えば、かわいい仔犬や赤ちゃんを見たら純粋に目が笑ってしまいませんか?それと同じで優しそうな目線でホストの彼の目が笑っていたら、かなりあなたのことが好きな証拠です。
さらにちょっとふざけた感じの笑みを投げかけてくるホストは、チャレンジが好きな人です。簡単に落ちない女性を追いかけるのが好きなタイプなので、もし彼に興味があるのならすぐに捕まらないようもったいぶってみるのも彼の本性が出て来るのではないでしょうか。
しかし、男性だって好きな女性と冗談を言い合って大笑いすることはありますが、毎回毎回ガハハ笑いだったら残念ですがそのホストはあなたのことを指名客としか思っていないサインです。

女性との距離感でホストの本心を探ってみる

誰だって嫌いな人に顔を近づけたいとは思いませんよね?相手のホストがあなたより背が高い場合、話している時に彼の頭があなたに向けて前かがみになっているなら青信号です。仮に彼があなたより身長が低くても、好意があるなら顔を近づけてくるでしょう。
逆に、男は本能的に好きな女性に下半身を近づけたいと思っているので、そのホストがあなたの側に立っている時やハグをする時に腰が引けているなら、あなたに恋愛感情がない証拠です。
彼が無意識のうちにしてしまう仕草や表情で判断して、望みのないホストに貴重な時間を費やさないようにしたいものですね。

男性は言葉よりも仕草や行動に本音が出る

しゃべる前には、口から出る言葉をある程度選んでから発しますが、意外と無防備になりがちなのが仕草と表情です。
一般の男性はカッコつけて自分の気持ちを素直に語らないことが多いのですが、ホストという職業は女性との会話が仕事になっているので、甘い言葉をたくさん言われたとしても、このことだけであなたをどう思っているのかを判断するのは至難の業でしょう。
彼からの一言一言に一喜一憂するのではなく、無意識にやっている行動や仕草をよく観察して本当の気持ちを判断してみてさいね!

キャバクラだと思ってうっかり入店してしまったピンサロを辞めるにはどうしたらいいですか?

実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはある

全てのお店がそうではないのですが、求人広告で「キャバクラ」と記載しておきながら、実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはあります。もちろん、いい求人広告とは言えません。実情としては、大きなグループ展開しているお店の場合なら、求人にもそれなりの予算をかけられますが、小規模でギリギリ営業しているようなお店の場合だと、普通にやっていたんではなかなか思うように女の子を集められないことが多いです。なので、そういうお店では騙しに近いような良くない方法で女の子を集めている場合もあります。

一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さない

求人内容に嘘があったわけですから、一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さずに「ちょっと考えさせてください」と言って、即決をしないのがベストです。しかし中には強く言いくるめられて、つい働てしまう女の子もいることは確かです。もちろん、そのまま働いてもろくなことはないと思います。酷いケースだと、何だかんだと理由をつけられて、ちゃんとした給料を貰えなかったりする可能性だってあります。お店の人に「断り切れない子」と認識されているでしょうし、相手はそれを最大限に利用すると思います。

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しない

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しないのがいいと思います。お店からのメールや電話には一切出ないようにして、知らない番号からの電話や非通知の電話にも絶対に出ないようにした方がいいです。お店の女の子との連絡も絶対にいけません。余裕があれば携帯も変えるくらいで丁度いいです。とにかく無視することが一番です。仮にもし「ピンサロで働いていたことを親にばらすぞ!」のようなことを言われたとしても、怖がったりせずに無視するのが一番です。相手も後ろめたいことをやって商売をしてるのですから、自ら進んで大問題にしようとは思わないはずです。それと話し合って解決しようという考えは持たない方がいいです。話し合ったとしても言いくるめて、無理矢理に働かせようとするのがオチだと思います。

どうしても苦手なお客様への対応はどのようにしたらいいのでしょうか?

生理的に合わないかも!?と思ってしまう苦手なお客様

夜のお店はお酒を提供する場ですが、お酒が入ると人格が変わってしまう人がいます。さらに、大声で怒鳴り散らしたりしまいには説教をはじめたりする人も中にはいます。
何でそんな事するのか…?それは怒鳴り散らす事や説教をする事で、ストレス解消をしているのです。どのホステスが着いてもそのような態度だと、その確率が非常高いようです。また、飲み慣れているお客様の中には新人ホステスを育てるのが好きなお客様もいるので、親心のようなものから色々言われる場合もあります。 とにかく普段できない事を、お金を払う事で解消している場合が多いです。そうじゃなければ何度もお店に来ませんし、気に入らないお店や女性だったらそもそも飲みになんて来ないからです。つまりホステスの高いお給料の中には、そのようなお客様からのお小言にもガマンして耐える料金も入っていると考えていいと思います。

気難しいお客様への対処方法

気難しいお客様の接客は疲れるので避けてしまうホステスが多いですが、 お客様も自分が気難しい事くらいは分かっているのです。 それでも自分に付いてきてくれる、というその気持ちがどこまで本当のなのかあえて試しているのかも知れません。実際、女性の事を信頼したそのようなお客様はとても良いお客様に変化したりするのです。
夜のお店は、スタッフ、ママ、お姉さん達から試される場面というのがあります。 そこをどう乗り切るか、切り替えすかでホステスとしての才能や素質を見られているのです。 嫌な事があるからとすぐ訴えるのではなく、そのような場面をうまくクリアできれば周りからの評判もさらにアップするでしょう。
気難しいお客様はどのお店にもいます。しかし気難しいと言われているお客様にこそ愛情持って接するべきなのかも知れません。

お客様の前でホステスである為の心構えとは

ホステスは女性特有のお仕事です。 外見をより女性らしく華やかにする必要があります。 お店やお給料によっても、ホステスとして求められるレベルの差がありますが、 「女性らしく」というのは、全てのホステスにおいて共通して求められるものです。
この女性らしく、というのは仕草であったり言葉遣いであったりするわけですが、 これは最初はできなくても、 色々なお客様と接して行く事で段々磨かれていくのです。
このような仕草や振る舞いは、意識的に女性らしさを演出しても限界があり、やはり自分が内面から女性らしくなろう、という気持ちがなければ所詮それは形だけのものになってしまいます。自分で努力しているつもりでも、相手に伝わらなければ結局それは自己満足なのです。
気持ちを込めたおもてなしでなければ、当然相手の心には響きません。上手くできなくても、心を込めるというのが何より大切です。

振り回されるのも嫌じゃない?…ホストの思わせぶりな態度はどうやって見極めたらいいのでしょうか?

ホストクラブでよく使われている「本営」と「友営」とは

ホストクラブへ居酒屋感覚で通える女性はごくわずかなのではないでしょうか。
一回飲みに行けば万単位のお金を使うことになりますし、イベントなどでは特別にシャンパンや高級ボトルでお祝いしてあげるなんてこともしばしば…
ホスト側もその金額に見合った接客しなくてはなりませんし、お客様によって営業方法を変えています。
みんなでワイワイ飲んで楽しみたいお客様には「友営」と呼ばれる方法で営業をかけます。時には女性の相談に乗ったりしてまるで男友達のように接し、身近な存在に感じてもらうのです。一方、さも付き合っているかのような感覚で営業をかけることを「本営」と言い、恋人のようなメールや電話をしてお客様との距離を縮めていきます。

一度も指名していないのに、休日デートに誘われた!!これはいわゆる育て?

初回で飲みに行った先のホストと連絡先を交換し、やり取りを続けているうちに「休日どこか遊びに行こう」とデートに誘われた!!まだ一度も指名してないし、正直飲みに行くお金もないので外で会うのはなんだか悪い気がする…こんな経験をしたことのある方もいるのではないでしょうか?
初回から次の本指名へと繋げるのはホストにとって腕の見せ所な訳ですが、やはりお金が絡んでいることもあり女性は警戒しがちです。そこで、休日など自分のプライベートな時間を使うことで警戒心を解いていくのです。これをホスト業界では「育て」と呼びます。そして警戒心がなくなったところで初めてお店に呼ぶのです。
しかし、中には営業関係なく「趣味カノ」として本当にデートに誘われている場合もあるようです(笑)
何を考えているのか分からないと最初からガチガチの警戒心で挑むのではなく、誘われたら素直にお誘いに乗ってみるのも何か新しい発見があるかもしれませんよ!

ホストから家に行きたいと言われた…、その真意とは?

女性の家に行きたがる男性はなにもホストでなくてもたくさんいるでしょう。女性側も気になるホストから家に行きたいと言われればさらに親近感が湧く気がして、ついつい招いてしまいたくなりますよね。
しかしホストがこのような言葉を発する時は、次へ繋げる営業のため、または自宅よりもお店から近いなどの理由で単なる宿目的で女性の家に行きたがる場合がほとんどです。特に色恋営業をしているホストはやたら家庭訪問をしたがりますが、あまり自分のプライベートな領域に招くのはオススメしません。あくまでもお店の中で楽しむというスタンスを崩さないようにするのがホストクラブをうまく楽しむコツなのではないでしょうか?

ホストクラブでシャンパンコールをやってもらうにはどのようなお酒を入れたら良いのでしょうか?

シャンパンコールをやってもらうには?

ホストクラブでは、シャンパンを入れるとホストが集合して「シャンパンコール」と呼ばれるこの業界独特のコールをしてくれるお店がほとんどです。落ち着いて飲みたい場合はもちろんコールを断ることもできますが、特に締め日にはこのシャンパンコールがあちこちの席で飛び交い、ライバル同士で熱いバトルが繰り広げられるのです。
シャンパンコールはホスト遊びの醍醐味の一つでもあります。担当のバースデーなど特別な日にはちょっと奮発してこのシャンパンコールを味わってみるのも良いかもしれませんね!

その店のホスト全員が大集合するオールコールとは

それぞれのお店にはシャンパンのランク付けがされていて、シャンパンコールのかかるシャンパンとそうでないシャンパンがあります。
またシャンパンコール自体にもパターンがあります。通常のシャンパンコールはある程度決められたホストしか集合しませんが、高額なボトルやシャンパンを入れた時にはその店のホスト全員が集まり通常よりも豪華なシャンパンコールが繰り広げられます。このシャンパンコールを「オールコール」と呼ます。
店内中のホストを独り占めできる訳ですが、同時にオールコールがかかっている間は他の席の女性はオンリーと呼ばれるホストがいない状態でコールが終わるのを待たなくてはなりません。すると、そんな状況に耐えられない女性がまた新たにシャンパンを入れるのです!こうしてホストクラブ特有の不思議な相乗効果が生まれたりもします。

他の店舗に差をつけるためのオリジナルシャンパンコール!

シャンパンコールはどのお店も同じというわけではありません。新しい店舗が増えれば増えるほど他よりも差をつけなくてはなりません。
各店舗それぞれ他のお店に差をつけるために、シャンパンが開封される前にダンスなどのパフォーマンスがあったりBGMもオリジナルで作成していたりします。
お客様の前で完璧なシャンパンコールを披露するために、ホスト達はパフォーマンスの振り付けを覚えるために営業前や休日の貴重な時間を削り練習に励みます。
ホストクラブでシャンパンを一本入れるのは値段的にも容易いことではありません。シャンパンコールには高いお酒を入れてくれたお客様に対する感謝の意味も込められていることを思いながらコールを見てみると、またひと味違った楽しみ方ができるかもしれません。

0ヘルから売り上げのホステスになるのは不可能なのでしょうか?

「売り上げ」と「0ヘル」の違い

クラブのホステスには3パターンの給料システムがあります。まず、全くお客様を持っていない未経験の新人ホステスは「0ヘル」と呼ばれ、決まった日給をもらい他のお姉さんのヘルプをします。そしてママやチーママと呼ばれるタイトルが付いているホステスは基本的には毎月の売り上げを店側との折半で受け取ります。もちろん普通のホステスで折半の女性もいますが、これは稼げる金額は大きいですがかなりリスクを伴うためにママやチーママの肩書きを持っていないがお客様を持っているホステスは「売り上げ」と呼ばれるシステムで毎月の給料を受け取ります。
中でも、売り上げも多少あるが自分のお客様がいない時は他席のヘルプにも付く「半売り半ヘル」と呼ばれる売り上げ兼ヘルプが一番多く存在しています。この場合だと日給も保証されますし、売り上げのノルマをクリアすればそれだけのバックも貰えるのでリスクはあまり大きくはありません。
売り上げのホステスになるには、お客様を持っているお姉さんが辞める際に譲り受ける場合と、お店、男性スタッフの係りを貰える場合位しかありません。

売り上げホステスのポイント

クラブで働く売り上げのあるホステス達は「個人事業主」として店舗と契約しそこで自分のお客様をおもてなしすることで売り上げを作り、そこから毎月お店に諸経費を払い残りをお給料として受け取るという仕組みになっています。
また、銀座には売り掛け制度がありお客様はツケで飲むことが可能です。 そのお客様の係りのホステスはツケを期限までに回収できないと、自分の借金となりお給料から引かれます。
お店とは入店前の面接でどのくらいの売り上げを出せるのかを聞かれると思いますが、その数字次第でノルマも変動してきます。
お店に入店する際に女性からお店に対して売り上げの約束をする「打ち込み」や、お店が入店する女性のキャリア話の中で得た情報の中から見込んだ売り上げの「見込み」と呼ばれる売り上げのノルマを決め、そのノルマをこなせない場合はお給料からペナルティとして差し引かれます。

安定した売り上げを稼ぐ為には

ヘルプから売り上げの女性を目指しているのなら、係りのお姉さんがいなくなるのを待つのではなくお店を変えるのが1番早いでしょう。ただ、移るお店はかなり厳選しなければいけません。現在のお店で獲得したお客様には次のお店との相性もありますし、移るお店に自分のメインのお客様の係りがいる場合などもあります。
しかし、ある程度の売り上げを作る事ができる見込みがあって移籍を考えるのは当然のことですが、自分の条件に見合った金額で働きましょう。面接の際に高額の日給を提示されることがあるかもしれませんが金額が高いという事は、それなりの事を要求されます。厳しいノルマは後で苦しくなってストレスや挫折のもとです。
目先の利益に飛びついてしまうのではなく、入店・移籍をしたらしばらくは腰を据えて働くのが大切です。

知り合いがいないと入れない!?銀座にも一見さんが入店できるお店はあるのでしょうか?

銀座の代名詞!!一見さんはお断りな高級クラブ

タイトルの通り、高級クラブと呼ばれるお店は一見さんはお断りしている場合がほとんどですので、基本的には飛び込みで飲む事はできません。 つまり、そのお店に知り合いがいないと入れないのです。主に会員制のクラブで飲む方法としては、ママやホステスのお客様、オーナーやスタッフの知り合い、そのクラブを知っている人からの紹介…など要は誰かしらの紹介があれば入店する事ができます。
クラブは時間制ではなく、座っていくらというシステム。 高級クラブでは「座って3万」という言葉をよく聞きますが、 初回は必ずボトルを入れなくてはいけませんので、実際は1番安いボトル代を入れても合計6~8万くらいかかります。しかし最近では1時間30分経つと、タイムチャージを取るお店も出てきました。
「クラブ」にはオーナーママやママが1人以上いて、大箱になるとチーママ含めママが3人くらいいるお店もあります。

アットホーム系クラブ(ミニクラブ)

クラブと呼ばれるお店の中でも、料金設定が高級クラブではない所をアットホーム系クラブといいます。 クラブのような高級志向店と、カラオケがあるような家庭的なお店と大きく分けて2つあります。ある程度お客様を持っているホステスが独立してオーナーママとして自分のお客様だけで営んでいるような所が中心で、全体的に小規模で誰でも気軽に入れます。しかし、特に宣伝をしている訳ではないのでやはり誰かの紹介などで出向くのが一般的です。
また、カラオケがあるお店などはアフターなどで使われる場合も多く、高級クラブで働く女性は何件か使えるお店を知っているので、お客様に合わせてセレクトしています。
料金の相場としては、やはりお店のランクにもよりますが1万〜4万くらいで楽しめるようです。

キャバクラ・ニュークラブもあります!

昔は銀座でキャバクラは邪道だというイメージがありましたが、近年ではだいぶ増えてきているように思えます。
もちろん会員制ではないので、新規のフリーのお客様は広告やビラを見て入ります。また、クラブから出てきたお客様を待ち構えている黒服が外に立っている場合もあります。
通常はママがいなく、指名制で時間制セット料金になっています。ニュークラブはキャバクラより料金の設定が高めなようです。 キャバクラは時間制なので、長くいればいるほど料金が上がります。延長を重ねるとクラブより料金が高くなる場合もあります。
クラブのシステムに慣れていると、時間制をいうことをついつい忘れてしまうので注意が必要です。

ホストクラブでは、本指名の他に必ずヘルプのホストもつくのが普通なのでしょうか?

ヘルプとはどのようなポジションなのか

ホストを始める上で必ず通らなくてはいけないのが「ヘルプ」というポジション。
ヘルプはいわゆる指名のホストがいるお客様の席に着き、担当ホストが指名被りなどで席に着けない時にその席を盛り上げるのが役目です。また、他のホストが売り上げを上げたい時に呼ばれお酒をあけるという役目もあります。
通い慣れているお客様の中には、お気に入りのヘルプを「ヘルプ指名」して担当がいない時に一緒に楽しんだりしているようです。あまりよく知らないヘルプが何人も着くのではなく、気心の知れたヘルプを呼べば、より楽しい時間が過ごせるのではないでしょうか。
ヘルプといっても全く売り上げがない訳ではなく、入店したての未経験者以外は大体お客様を持っているので、お互い持ちつ持たれつでヘルプをして助け合うのです。

できるヘルプとはどんな人の事を言うの?

ヘルプはあまりホストで言うと花の無いイメージがあるかもしれませんが、ホストクラブを経営する上ではなくてはならない存在です。ホストは一人では何百万もの売り上げを作る事はほぼ不可能で、どんな店でも売れてるホストなら必ずヘルプの力を借りないと売り上げには結びつかないからです。
では、できるヘルプとは一体どのようなホストの事を言うのでしょうか?
ホストを始めたばかりの子はまずヘルプで気に入られるように立振舞わなければいけません。ここで重要なのは、お客様は指名の担当を目当てで来店されている方が殆どであるということ。ヘルプで席に着いているという事は、お客様からすると着かせてやっているという感覚です。これをわきまえているヘルプは、絶対に初めから生意気な態度をとったりだらしない座り方をしません。また、いくらお客様が自分よりも年下でも、いきなりタメ口をきいたり、呼び捨てで名前を呼んだりもしません。
最近は、このような基本的な事を自然にできるホストがやや少ないように感じます。初対面での親近感も重要かもしれませんが、接客業としてそれはどうなのでしょうか?
あえてバカをするのと、何も知らないでバカをするのとでは全く話が違います。ただの勢いではなく、そつのない接客ができるホストはどの席に着いても完璧な接客ができるはずです。

ヘルプとの上手な付き合い方

まず初見で毛嫌いしないことは意外と肝心です。よく知らないうちに『嫌い』という感情を持ちますとそれが影響して、その後の会話も弾みません。そうなると結果的につまらなくなります。
次にもう生理的にダメな場合は思い切って担当に告げましょう。無理に話そうとすると楽しめませんし、お金を払っているのに楽しんでくれないことを担当も望んでいません。また嫌なことを言われた、された場合も担当に告げるとよいです。これはヘルプの為でもあって、本人に悪気がなければ改善されるでしょうし、そもそもの性格が合わない場合は二度と付かないようにしてくれるでしょう。とにかく、担当の前で良い顔がしたいからと我慢するのはいけません。「これって店的にどうなの?」ってことを言われた場合も言いましょう。言わずにいると後で担当に「おいおい、隠し事かよ」とか変に勘ぐられて気まずくなってしまうかもしれません。
地味に気になるところで言えば、ヘルプのドリンク。これつきましては、前もって「今日はボトルで」とか「好きなのでもいいよ」などあらかじめ担当に言っておくといいでしょう。

スナックで女性とうまく楽しく飲むにはどのようにしたらいいのでしょうか?

女性の年齢をわざわざ聞かない

スナックにも若い女の子は沢山いますが、やはりキャバクラに比べると年齢層は若干高め。びっくりするような若い女の子がいる店も多いですが、人数はそれほど多くなくて若い子は争奪戦になる事もしばしばです。
でも、ちょっと年齢が行っている女性でも可愛らしい女の子は沢山いますから、となりに付いた女の子にはなるべく年齢は聞かないようにするのがスナックのマナーです。
30前後の女の子はとても年齢の事を気にしています。初対面ですから話題がなくて、別に変な気持ちはなくてもつい年齢の事を話題にしてしまうかもしれませんが、そこは培った話術で補うようにして年齢を聞かないようにしてみましょう。
「お客さん、私の歳聞かないんだね」という風な事を女の子が言えば、その子はあなたの事が気に入っているサインです。そういう話題が出た時には、さりげなく年齢を聞くようにすると良いでしょう。

簡単に女性を口説こうとしない

スナックにも綺麗で可愛く、話も上手な女の子が沢山いますから、そこで恋心を抱いてしまう男性が多いのも事実です。
でも、そこで好意を抱き過ぎてしまうと、スナックでモテる男にはなる事ができません。スナックの女の子たちはキャバクラの女の子以上に男の本性を良く見ています。相手も営業ですから、好意を持っているような態度を取る事もありますが、初めのうちは殆どが営業用の態度であると思っておくようにした方が良いでしょう。
ちょっと営業用の甘い態度をとられると、すぐに「相手が自分に好意がある」と思い込んでしまう男性が多いですが、それでは相手は逃げていってしまいます。嬉しくなる気分は理解ができますが、大人のたしなみとしてクールに振る舞い、「それでも、自分の世界には入り込ませないよ」という思いを口ではなく態度に出すようにして接するようにしてみましょう。
相手は今までのお客さんとは違う反応に驚き、あなたを「ちょっとこの人は違う」という風に見るようになってきます。そうなると次回にお店に行った時でも呼ばなくともあなたの側に付いてくれるようになりますから、そうなってから段々と女の子と打ち解けるようにするのがスナックの女の子からモテる秘訣になります。
すぐに身体を触ったりする男性もいますが、これもご法度です。触りたい気持ちはわかりますが、ある程度クールに紳士を気取って振舞っていれば相手から近づいてきてくれるようになりますから、ぐっと堪えてとにかくクールに振舞うようにしましょう。

その店のママに好かれるようにする!

何よりも大事なのは、その店のママさんに好かれるようにする事。これが、スナックでモテる為の最大の秘訣になります。
キャバクラと違ってスナックにはママさんが必ずいます。お店で女の子をどのお客に付かせるかも全て采配をしているのがママさんですから、スナックでモテたいと思ったら、まずはこのママさんに好かれなくては勝負になりません。ママさんに好かれると言っても、別にお店でガンガンお金を使ったりするだけが経営者であるママさんから好かれる秘訣なわけではありません。
お金をある程度使ってあげるのは当然ですが、もっと大事なのはお店の雰囲気をワイワイ楽しいものにするお手伝いを買って出てあげるという事です。他のお客さんがカラオケで盛り上がっていれば合いの手の一つも入れてあげたり、お気に入りの女の子が別のお客さんに付いてしまってヘルプの女の子が付いてしまっても、寛大な態度で楽しく振舞ってあげたり。
その辺のコミュニケーション力などをママさんは常に観察していますから、ママさんにそのあたりの能力を認めてもらえば、「ここは勝負」という時には必ずお気に入りの女の子を付けてくれるようにもなりますし、女の子の前でもあなたの事を褒めて、あなたのポイントアップにも色々と貢献をしてくれるようにもなります。
「ママを制するものがスナックを制する」というのは少々大袈裟かも知れませんが、とにかくママさんを抑える事がスナックでモテる男になる為の必須条件である事は間違いありません。是非とも現場で実践してみてください。

笑顔の裏には本当の顔が?!…気をつけた方がいいホストの特徴はあるのでしょうか?

なんだか憎めない!?失敗は笑顔でカバーするホスト

周囲から「ダメ男」のレッテルを貼られているのに、なぜか女の子にモテる人を見かけたことはないでしょうか。
ホストはその女性特有の心理を見事に突いている職業なのではないでしょうか?
そんなホストの特徴としては、まずはおっちょこちょいな男性。こんな男性のことを手がかかる子どものように感じるようです。
また、ダメな人の笑顔ほどキュンとしてしまう女性も多いようです。「おバカな発言」をしたときは言いわけをせず、笑顔でごまかしてしまうのです!さらにそれがまかり通ってしまうから不思議ですよね。

頼りないけど、甘え上手なホスト

『○○がいないとダメなんだよー』とか言われると断れなくなる」という声もあるように、目当てのホストから上手に甘えられるとかまってあげたくなるようです。
ひたすら低姿勢でお願いされると、つい応じてしまうのかもしれません。しかし、自分が叶えてあげられるお願いならまだ良いのですが、高いシャンパンやボトルなど女性側が無理しなくてはいけないお願いはキッパリと断れるようでないといけません!
また、一生懸命な姿に胸を打たれる女性もいます。かなりの不器用でも、なんでも全力で取り組んでいれば、その姿を愛おしいと感じるようです。この行為、直接的なお願いではありませんが結局女性が心を動かされている事から、間接的に甘え上手だと言えるのではないでしょうか。

とにかく母性本能をくすぐるホストには要注意!

放っておいたら消えてしまいそうな男性、頼りない男性・・・母性本能をくすぐられるポイントは様々です。また、締め日などの一番大切なところで失敗してしまうところに同情する女性もいます。勝負までの過程を知っているだけになおさら母性をくすぐられてしまい、そのホストをささえてあげたいという気持ちになるようです。
「母性本能」とは、女性特有の感情です。目当ての担当ホストが、意図的にやっているのかそれとも本当におっちょこちょいで頼りないのか・・感情のまま言いなりになりお願いを聞いてしまうのではなく、女性側もその都度冷静な判断ができるようになることが必要なのではないでしょうか?

今流行りのスナックを楽しむにはどうしたら良いのでしょうか?

そもそもスナックとはどんなところ?

スナックとは、元来スナックバー(snack bar)のことで、軽食(スナック)を提供するバーを意味しています。
飲み屋でお店の女性が隣に座って接客すると風営法の対象となるため、営業時間は深夜0時までとなってしまいますが、 スナックの接客はカウンター越しですので風営法は適用外となり、明け方近くまで営業しているお店も少なくありません。
一昔前の大半のスナックには男性のマスターやバーテンダーがいましたが、 最近ではお店を切り盛りしているのは、ほとんどがママと呼ばれる女性です。 スナックというと、お店の方もお客さんも年齢層は高めというイメージがあるかと思います。 確かに大部分のお店はその通りです。しかし、最近は「本当にスナック?」と疑問に思ってしまほど、若くてキレイなママ・店員さんが増えています。 都市部では20代のママも見かけるようになりました。しかもクラブやキャバクラよりも安く楽しめるのです!

キャバクラとは何が違うのでしょうか?

スナックはママや店員さんだけでなくお店の常連さんまでが温かいです。とにかくアットホームです。
また、2時間~3時間で3000円~5000円前後という良心的なお店が多いと思われます。
ボトルを入れるとそこにボトル代がかかりますが、キープしておけば次回以降は更に安上がり。
セット料金ではなく、チャージ料金を取るお店であれば、時間無制限ですのでいつまででも呑めてしまいます。
また接客にも大きな違いがあります。お店の女の子がお客の隣に座って接客してしまうと、風営法が適用されてしまい、 午前0時に閉店しなければならなくなります。 ですから、接客はカウンター越しです。
キャバクラに比べ、スナックに若い子が増えていると言ってもやはり年齢層は高めです。しかしその分、重みや含蓄がある話を聞けたりするのです。

キャバクラにはないスナックのとは何なのでしょうか?

キャバクラとの違いがそのまま魅力と言ってもいいですが、キャバクラやクラブなどと比べると料金は安価です。
オーナーママのお店では、常連になると会計が不明瞭になってきたりもします。
不明瞭と言っても、高額な料金を請求されるのではなく、むしろ逆に非常に安い値段を請求されることもあるのです(笑)
そして何より、やはりアットホームな空気感が魅力です。おつまみにママの手料理が出てくると、心も温まります。
ママや店員さん、お客さんの年齢層は高めですし、常連さんが多いと行きづらいと思うかもしれませんが、思い切って飛び込んでみれば、きっとみんな温かく迎えてくれますよ。
愚痴をこぼせば叱咤激励してもらえますし、嬉しいことがあれば一緒に喜んでくれます。
スナックの中には、古き良き日本の姿があるのです。

彼氏がキャバクラの様な女性が接客してくれるお店に行っているみたいなんですが、どうしたらいいですか?

男性がクラブ・キャバクラに行く理由とは?

なぜ彼女や妻がいながらも、男性はキャバクラに行くのか?
お酒が飲みたいなら居酒屋に行けばいいものを、わざわざ高いお金を払って女性にお酒を作ってもらう。これは女性にとっては理解しがたい行為だと思います。水商売経験のない女性なら尚更のことでしょう。
ここでは「男性」と一括りにしましたが、クラブやキャバクラに行く理由はもちろん人それぞれ。
個人的に気に入った女性がいて、その女性に会うために飲みに行く男性やただ仲間で盛り上がりたいがために飲みに行く男性。または、仕事でクラブを接待の場にする時もあります。
一時期よりは少なくなりましたが、仕事の接待の二次会はクラブで…というのが一般的だった時代がありました。
固い会議で無事に契約もまとまり、夜はそのメンバーで食事に向かう。そこで多少お酒も入り、ざっくばらんな会話ができるようになります。これから仕事で付き合っていく上で、さらに仲を深めておきたい…そんな時に、クラブのホステスのような接客のプロが間に入ると、会話がより円滑に進むことがあります。もちろんホステスはその場の空気を読んで接客するので、無理に会話に入ってくることもありませんし、必要な時に相づちを打ちちょうどいいタイミングでお酒を作ってくれるのです。
仕事の固い姿だけでなく、女性と話しているところを相手に見られることにより、男性は鎧を脱いだ気分で親近感が湧くのではないでしょうか?

相手から潔く報告された場合

上にも述べたように、目的は人それぞれです。接待で行く場合などには事前に報告をする男性もいるようですが、特にやましいこともなければ行ったこと自体を報告しない男性もいます。
しかし、それが相手にバレた時に「なぜ言わなかったのか?」と問いつめられても厄介なので先に自分から報告をしてしまうのです。
相手が夜のお店に行っている事実を本人からきっぱりと報告された場合、まずは何の目的があって行ったのかをこちらも冷静に聞いてみましょう。お疲れ様の一言も言えるくらいの理解を示せば、女性側の株も上がるはずですよ!

隠れてこっそり行っていた場合

一方、相手がキャバクラやクラブに行っているのを相手から直接ではなく何かのタイミングで知ってしまった場合もまずは行った目的をそれとなく聞いてみましょう。
もちろん、気に入っているコがいるから通ってると正直に話す男性はほとんどいないとは思いますが、この時の男性側の回答で真相を探って行くしかありません。
仕事の都合で仕方なく飲みに行っただけだけど、余計な心配をかけたくないから彼女(妻)にはあえて言わないパターンもありますし、隠していたからとはいえ相手の話を聞かず一概に責め立てるのもよくありません。
判断材料であるメールのやりとりも、ハートマークが付いていてもホステスやキャバ嬢側からしたらただの営業メールにすぎません。
また、そのような色恋営業はたいてい長くは続かないので、仕事の息抜きだと思って多少目をつぶってあげるのも必要かも知れませんね。

金遣いの荒い女は嫌われる!?金銭感覚の狂わないホスト遊びの方法とは?

普通の金銭感覚を忘れていないか確認してみる

ホストクラブで遊び慣れてくると、一回2〜3万の飲み代が安く感じてくることはありませんか?ホストに通う女性の中には、一度に何百万も使ったりする女性もいるので、数万円の飲み代が安く思えてくるのです。しかし、その金銭感覚を持つようになったら要注意です!!いざ、ホスト通いを卒業した時に、元の金銭感覚に戻すのは大変苦労するようです。
まず一番大変なのはそもそもその金銭感覚が狂っているという自覚がない事。例えばフレンチやお寿司などのいかにも高そうな外食を頻繁にして、さらにその写真をSNSにバンバン投稿していると、それを見た周りの人から“金遣い荒いな”と思われる恐れがあります。
平日ランチで1,000円というのもいただけません。“1,000円くらい……”とあなたは思うかもしれませんが、一般社会人の場合一食1,000円は贅沢。あなたが思っている以上に、周囲は価格にシビアなようです。

自分の見栄の為に大金を使っていないか思い返してみる

ホストクラブにハマるようになると、どんどんお金を使って遊びたくなってきます。指名している担当の為に、はたまた周りの女性よりもより目立てるように…などハマればハマる程、その欲は大きくなっていきます。要は周囲に対して見栄を張りたくなるのです。
ホスト遊びを知らない恋人や友達からしたら、この感覚はやはり距離をあけてしまう原因となり兼ねません。
例えば恋人や友人と食事に行ったときに、あれもこれもとはじめから注文しすぎないようにしましょう。もちろん本当によく食べる人で、“おいしい、おいしい”と注文したものをきれいに平らげるのであれば清々しいですが。注文するだけしておいて、“もう食べ切れな~い”と残すのは、日本ではマナー違反ですし会食者に与える印象も最悪です。食事は残すけど、お金があるから払えば問題ないというものではありません。
また、社会人ともなればバッグや靴など1点だけブランドものを身に着けているくらいなら、周囲からドン引きされることはないでしょう。しかし新作が出るたびに頻繁に買いかえているとなれば、間違いなく“金遣い荒い”認定されてしまいます!もう一度身の回りの物を見返してみましょう。

自分なりのルールを決めて飲みに行きましょう

ホスト遊びというお金のかかる趣味でも、高収入の女性がきちんと自立して生活をやりくりしながら楽しむのは別に問題ないでしょう。
しかし、一般社会の中で生活するOLや学生なのに金遣いが荒い女性はやはり嫌われるものです。消費税引き上げもなされた今、あなたの金遣いは周囲からしっかりチェックされています。
確かに、大金を使えばホストは使った分だけ優しくもてなしてくれるでしょう。普通の仕事をしてる女性が、この感覚になれてしまうと抜け出すのはなかなか難しいです。最初はいくらボーナスでやりくりしていても、いずれ限界が訪れます。最終的に自分の快楽を選んでしまえば、職を変えなくてはなりません。
また、金銭感覚のおかしな女性は結婚相手としてはもちろんのこと、恋人としてもNGと考える一般男性が少なくないようです。これでは将来の選択肢がかなり狭まってしまいます。
ホストクラブとは非日常なとても楽しい空間で、その居心地の良さについつい依存してしまいがちですが、うまく遊ぶコツとしてはやはり自分の身の丈にあったお金の使い方をするということです。一回に使う金額を予め決めておくなど、自分なりのルールを作って俗世間から完全に引き離されてしまわないように気をつけましょう!!

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool