自分のステップアップの為に働くお店を変えるのはアリですか?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。 今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。 また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。 クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。 また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。 お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。 このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

今働いているクラブから新しいお店に移籍したいのですがどうしたらいいですか?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。
今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。
また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。
クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。
また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。
お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。
このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

生理的に合わないお客様をホステスとして接客する時はどのようにしたら良いのでしょうか?

生理的に合わないかも!?と思ってしまう苦手なお客様

夜のお店はお酒を提供する場ですが、お酒が入ると人格が変わってしまう人がいます。さらに、大声で怒鳴り散らしたりしまいには説教をはじめたりする人も中にはいます。
何でそんな事するのか…?それは怒鳴り散らす事や説教をする事で、ストレス解消をしているのです。どのホステスが着いてもそのような態度だと、その確率が非常高いようです。また、飲み慣れているお客様の中には新人ホステスを育てるのが好きなお客様もいるので、親心のようなものから色々言われる場合もあります。 とにかく普段できない事を、お金を払う事で解消している場合が多いです。そうじゃなければ何度もお店に来ませんし、気に入らないお店や女性だったらそもそも飲みになんて来ないからです。つまりホステスの高いお給料の中には、そのようなお客様からのお小言にもガマンして耐える料金も入っていると考えていいと思います。

気難しいお客様への対処方法

気難しいお客様の接客は疲れるので避けてしまうホステスが多いですが、 お客様も自分が気難しい事くらいは分かっているのです。 それでも自分に付いてきてくれる、というその気持ちがどこまで本当のなのかあえて試しているのかも知れません。実際、女性の事を信頼したそのようなお客様はとても良いお客様に変化したりするのです。
夜のお店は、スタッフ、ママ、お姉さん達から試される場面というのがあります。 そこをどう乗り切るか、切り替えすかでホステスとしての才能や素質を見られているのです。 嫌な事があるからとすぐ訴えるのではなく、そのような場面をうまくクリアできれば周りからの評判もさらにアップするでしょう。
気難しいお客様はどのお店にもいます。しかし気難しいと言われているお客様にこそ愛情持って接するべきなのかも知れません。

お客様の前でホステスである為の心構えとは

ホステスは女性特有のお仕事です。 外見をより女性らしく華やかにする必要があります。 お店やお給料によっても、ホステスとして求められるレベルの差がありますが、 「女性らしく」というのは、全てのホステスにおいて共通して求められるものです。
この女性らしく、というのは仕草であったり言葉遣いであったりするわけですが、 これは最初はできなくても、 色々なお客様と接して行く事で段々磨かれていくのです。
このような仕草や振る舞いは、意識的に女性らしさを演出しても限界があり、やはり自分が内面から女性らしくなろう、という気持ちがなければ所詮それは形だけのものになってしまいます。自分で努力しているつもりでも、相手に伝わらなければ結局それは自己満足なのです。
気持ちを込めたおもてなしでなければ、当然相手の心には響きません。上手くできなくても、心を込めるというのが何より大切です。

この人がナンバーワン!?なぜだか男性にモテる女性の特徴とは?

初対面なのになんだか楽しそうな女性

初対面でたとえ緊張していても、相手に合わせて自分を抑えるよりは最初から自分らしさを見せる素直さはポイントが高いようです。
例えば、あなたの両隣に初対面の男性がいるとしましょう。あなたは少し緊張しています。
ひとりは、緊張のせいかしかめっ面で腕組みした、あなたとの会話に興味がなさそうな無愛想な男性。もうひとりも同じように緊張はしているけど、なんだかソワソワしています。そしてあなたが何か話すたびに反応をして、好奇心を隠さずびっくりしたり感心したりと忙しそうな男性。2人の男性を比べたとき、後者の男性には「なんだか落ち着かない人だけど、この人と話しているほうが楽しい」と思うのではないでしょうか?同じように男性にとっても、相手のペースについつい呑まれてしまう女性のほうが、何を話しても反応がない女性より好感度が高いそうです。

相手の話に対して喜怒哀楽を表現できる女性

どんな話にも同じ態度をするのではなく、「思ったこと、感じたこと」に対して共感し色々な表情を見せることが、「またこの女性に会いたい!話をしたい!」と思わせる秘訣です。
ちゃんと話を聞いてくれる「聞き上手」の態度は水商売の基本ですが、「どうせ嬉しそうにニコニコ笑顔で対応するのが無難なんでしょ?」と思わないこと!男性は「本当に心から興味をもって聞いてくれているか」を女性の表情から読みとろうとしています。
特にモテる男性は、細かな会話も見逃さず常に精一杯の笑顔で話を聞いてくれる姿に女性の下心を感じてしまい、その「常にニコニコ」ぶりに嘘っぽささえ感じるそうです。
それよりも、男性は自分と同じタイミングで笑ったり感動したり悲しんでくれる女性に「価値観が同じで付き合いやすいな」と感じ、もっといろんな話をしたくなるのだそうです。話の内容によっては、思わず一緒に怒りたくなったり、悲しい気持ちになったりすることもありますよね。俗にいう「笑いのツボが同じだから好きになった」という理由で指名を貰えることが多いのもこれが理由かもしれません。

守りたくなる危うさがある女性

よく「モテる女性には隙がある」と言いますが、男性の言う女性の隙には隠れた意味があります。それは、「思わず見守りたくなる危うさ」です。
反対に見た目や会話に危うさがなく、「1人でも生きていけそう」「誰にでも好かれそう」という2つをイメージさせる女性は、チャンスが少ないばかりか、短い恋で終わることが多いようです。最初は仲良くできていたとしても、「僕がいなくても大丈夫そう」と感じ、途中から連絡が途切れがちになり疎遠気味に…。
では、「思わず見守りたくなる危うさ」のある人とはどんな人でしょう?
たとえば、年齢を問わず行きあたりばったりで、興味があれば悩むより先に飛び込む人のこと。「これ美味しいよ、食べてみて」と勧められたものを、今まで一度も食べたことがなくてもとりあえず食べちゃう、こんな潔さなんかも当てはまります。見ていて思わず「おいおい大丈夫?」と笑ってしまうドジ行動も、男性には特別な「そばにいて守ってあげたくなる」存在になるのです。
いい女を意識し、良いところばかり見せようと努力するよりも、素直にここまで見られたらもう何も恥ずかしいことない!というくらいになれれば、あなたにもきっとチャンスが巡ってきますよ!

初めて接客する男性に対して緊張してしまうクセを直すにはどうしたらいいのでしょうか?

予め会話のシナリオをイメージする

まず、1番簡単で有効な方法としては自分があらかじめ初対面の男性に話す内容を、頭のなかで決めておくことです。こうすることで、何を話すかを迷うことはありません。自宅で練習して、本番でもスラスラ言えるようにしてみましょう。誰かに手伝ってもらって、デモンストレーションをしても良いかもしれません。
「でも、シナリオ通りにいかなかったらどうすれば!」と思うかもしれません。そのためには、可能な限り想定されるパターンも考えておいてください。もしそれでも例外的な受け答えを相手がしてきたなら、その時はその時です。
何人かと話していけば、例外的な受け答えにも対処できるようになります。なぜなら、経験を踏むことで場慣れしていくからです。場慣れをするということは、本来のあなたの話し方ができるということ。もうその頃には、緊張するということも少なくなっていくでしょう。

初対面の席での効果的な話題とは?

では、具体的にどのようなことを最初に話すと良いのでしょうか。
まず、あなたらしいことを最初に言うこと。これは、自己開示をするということです。あなたがオープンに話した分だけ、相手もオープンに話してくれます。「こんなこと言ったら嫌われるかも」というようなことこそ、話してみると良いでしょう。
緊張してしまう人は、どちらかというとネガティブに物事を考える傾向にあります。「失敗したらどうしよう」「こんなことが起きたらどうしよう」と起きていない未来に対しての思いがあるのです。
しかし、基本的に想定するようなネガティブな未来は起きません。それにもし、初対面の人に嫌われてしまっても大丈夫。30人と話して、1人と話が会えば十分という気持ちで臨みましょう。全てのフリーのお客様から指名を貰おうとは考えず、まずは楽しく会話をして行く事が先決です。

緊張は案外トークを盛り上げてくれる

もし場慣れしても緊張するような相手が出てきたら、それはサインです。ぜひ緊張に感謝し、相手との仲を深めていきましょう。
そう考えると、緊張というのは悪いものではないと思いませんか? 「いやぁ、私も緊張しているんですよね」と相手と緊張を分ち合って、そこから話題を広げることもできます。人が緊張している姿というのは、案外可愛らしいものです。緊張しているあなたは、男性にとって魅力的に映るかもしれません。
適度な緊張は、あなたのパフォーマンスを上げてくれます。何事も、バランスが大切。緊張を無くそうとばかり意識せず「この緊張があってもオッケーなんだ」と考えてみてください。

水商売にはありがちなお客様との出会いはチャットレディーにもあるのでしょうか?

あわよくば精神で出会いを求める男性もいる

普段からライブチャットサイトでチャットレディとの会話を楽しんでいる男性は、少なからずチャットレディと実際に出会いたいと思っている人がいると言えるでしょう。
しかしあくまでもライブチャットサイトの定義としては、バーチャルな空間での楽しみという位置づけであり連絡先などの交換は禁止しているサイトが多いようです。ただ、それでもツーショットチャットなどでは基本的にお客である男性とチャットレディとのマンツーマンのチャットとなりますので、その際に連絡先などの交換を希望する男性は少なからずいるようです。
サイト内で働く多くのチャットレディが本当にごく普通の女性でありますので、もしかしたらいけるかもしれないという下心を持って足繁くチャットをしにライブチャットサイトにログインする男性もいるようです。

女性側も出会いを求めているのか

実際のところは、このようなライブチャットの中でインターネットの枠を超えてチャットレディとリアルで出会う事ができるものなのでしょうか。
もちろん気が合えば出会えることもあると思います。しかし、お客である男性があわよくばという下心を持っているのとは対照的に多くのチャットレディはあくまでも実際に男性と会うことなく仕事ができる、ということにメリットを感じてチャットレディのお仕事をしているケースが殆どであるようです。実際に出会うチャンスはまったくゼロではないものの、あまり現実の出会いを求めているという女性ではないことが多いと言えるでしょう。
またチャットレディはあくまでバーチャルでありますので、パフォーマンスをする際にすべて本当のことをさらしてチャットレディの活動をしなくてはならない、ということもありません。本当は専業主婦で子育て中だという女性が、独身といつわってチャットレディをやっていたり、多少の年齢の詐称などをしてチャットレディをやっているケースもありますので、もとから実際に出会うつもりや期待がないという表れであることがわかるのではないでしょうか。

女性がなぜライブチャットサイトで働いているのかを考える

上でもお話した通り、実際に接客するキャバクラとは違ってチャットレディのお仕事はインターネット回線を通じてのあくまで「チャット」だからということが、高い安全性があるとしてメリットと感じている女性がほとんどだということです。
実際に会わなくてよいチャットがお仕事であるチャットレディだからこそ、その仕事に魅力を感じているということが少なくなく、ライブチャットサイトを利用している男性には酷ですが、チャットレディと実際に出会えるチャンスの期待は薄いといってもよいのではないでしょうか。
このようにチャットレディのお仕事は、ネットの枠を超えて男性から連絡先の交換の希望や実際に出会いたいというお誘いがあることも多いのですが、もちろん会う必要はなくまた自分の身を守るためにもお客さんとはあくまでもバーチャルな関係で居た方がよいようです。

水商売をする上で、同伴やアフターは必ず行かなくては行けないのでしょうか?

同伴・アフターが必要な理由

クラブの営業時間はだいたいが20時~24時になっています。営業時間が少ない分同伴やアフターに行くことで、お客様に感謝の気持ちを示します。また、お客様の接待の席やゴルフなどに複数の女性が呼ばれることもあります。ちなみに同伴に関しては、毎月女性ににノルマを課しているお店が多いので、そのノルマを達成させなければならないという物理的な問題も発生します。

同伴ではどんなお店に行くのですか?

同伴は営業前にお客様と決めた場所で待ち合わせ、そこから食事に向かうのが一般的なようです。お客様の接待で呼ばれる際はあらかじめ決められたお店に向かうのですが、馴染みのお客様や二人で軽く食事を済ませる場合や急な同伴になった時などのために、何軒か紹介できるお店を探しておくといいかもしれません。

アフターってどんなことをするのでしょうか?

一日の営業が終わりさっさと帰宅するのではなく、バーやカラオケなどもう一軒お客様にお付き合いするのも重要なサービスですし、何よりお客様には自分のためにプライベートな時間を割いてくれたという印象が同伴よりも強く残ります。クラブで飲むお客様は飲みなれている方が多く、女性側に同伴のノルマが課せられていることを知っている方も少なくないので、プライベート感の増すアフターの方が喜ばれることもしばしば…。

指名をいただいているお客様の誕生日には何をあげたら良いのでしょうか?

無難なプレゼントをお客さんにあげる

お客さんでなくても女性から男性へのプレゼントは頭を悩ませるところかもしれません。何を選んだら喜ばれるか、お金をどれくらいかけたらいいのか悩むところだと思います。 お客さんにあげるプレゼントとして無難なのは、ネクタイやハンカチ、靴下、ライターなどがプレゼントの定番だと思います。これらの定番アイテムであれば、値段もそれほど高くないですし、貰ったほうも困るような物ではないので比較的選びやすいと思います。

お客さんの好きなものをプレゼントする

他のプレゼントとしては、そのお客さんの好きなものをプレゼントする方法です。例えば、お酒の好きなお客さんであればワインをプレゼントしたり、甘いものが好きなお客さんであれば有名なスイーツや手作りスイーツをプレゼントするのもいいかもしれません。以前にお客さんから誕生日プレゼントをもらっていた場合、それが高い物なら、やはりこちらもある程度奮発してある程度値の貼るものをプレゼントした方がいいです。お客さんも高いものが欲しいと望んでいるか分かりませんが、こちらの頑張りが伝われば、お客さんも喜んでくれると思います。

お客さんの体を気遣った癒しのプレゼントというのも効果的

あとは、お客さんの体を気遣った癒しのプレゼントというのも効果的だと思います。例えば、男性用のコスメ用品です。お客さんに渡す時に、「いつまでも若くて格好いいままでいてね♪」のようなことを言ったら喜んでくれると思います。男性も若い姿のままでいたいと願っているものです。でも自分で買いに行くのは恥ずかしいし、何を選んだらいいのかわからない男性は意外と多いです。そういったものをプレゼントで贈るというのはとても効果的です。または健康グッズなどもいいかもしれません。いつも忙しそうにして疲れが見えるお客さんには、入浴剤やマッサージグッズのようなものを送るのもいいと思います。メンズコスメや健康グッズのような、金額ではなくて気持ちを感じさせる物にしてもいいプレゼントになると思います。

クラブでホステスとして働く際に、やってはいけない禁止事項はあるのでしょうか?

ヘルプで着いた席で自分の名刺を渡すタイミング

基本的にクラブに来店するお客様はすでに「係り(指名)」と呼ばれる女性が決まっており、完全なフリー客の来店はありません。(キャバクラではなくて、クラブで働くにはどういう風にしたらいいの?を参照)つまり、自分の指名客以外の席に着く場合は全てヘルプということになります。ヘルプについた時は、係りの女性の許可があるまではたとえ枝のお客様でも勝手に名刺を渡してはいけません。お客様側から名刺を求められた場合でも、一度係りの女性に確認を取ってから渡すようにしましょう。

避けた方が良い会話の話題

「ホステスは日経新聞を読まなくてはいけない」というセリフを聞いたことがありますか?確かに世界情勢や経済・政治の話題を収集しそれをお客様との会話に対応させるのはホステスとして最低限必要なことではあります。しかし、これは水商売全般にも言えることですが店内での政治や宗教の具体的な話題は控えた方がいいでしょう。世の中にはいろいろな考えの人がいます。自分から話題にするには、かなりのリスクを伴います。またお客様がこの話題を持ち出した場合は、お客様の意見に対して否定も肯定もしてはいけません。あくまでも聞き役に徹し、客観的な意見を答えるようにしましょう。

大事なのは「報告・連絡・相談」

日々働く中で大切なのは、一緒に働く女性・そしてお店側との「報告・連絡・相談」です。例えば、他の女性のお客様から同伴を誘われた場合は事前にその女性に報告しなくてはいけませんし、営業メールやお礼メールの内容もその都度伝えた方がいいでしょう。クラブのシステム上、他の女性が自分のお客様を呼んでくれた場合でも売り上げは係りである女性の利益になりますが、同時にヘルプのミスなどが発生した場合も責任も全て係りの女性に降りかかります。そのような時のために、日ごろからこまめにコミュニケーションを取っていれば、そのミスにも迅速な対応ができるのです。

未来の彼氏とのデートを疑似体験?今話題のレンタル彼氏とは何ですか?

レンタル彼氏と出張ホストの違いとは

レンタル彼氏とは、自分の好みのタイプの男性を選び、1対1で手を繋いで街を歩いたり、食事をしたり、お酒を飲んだり、映画を見たり、カラオケをしたり、公園を散歩したり、夜景を見たり…と、まるで恋人同士のような雰囲気でのデートを楽しむ事ができる女性の為のサービスです。
基本的には出張ホストとあまり内容は変わらないのですが、性的なサービスは扱っていないので出張ホストよりもより気軽に利用できるようです。
出会いの場へ行ったり、美容に手間をかけたりして誰かと付き合うのもそれなりに手間もコストもかかります。
特に性的なサービスを行っていないのがまた爽やかにお付き合いできるポイントでもあり、忙しい方やデートの予行練習をしたい人、一人で行きにくい服や美容室などのお店に同伴してもらえるなどの利点があります。やはり専門の方が全力で彼氏彼女になってくれるので理想のデートが体験出来るのです。

レンタル彼氏の基本的なシステム

レンタル彼氏をレンタルするまでの流れは、店舗を持っている訳ではないので特定のサイトから好きな男性を選び予約します。
料金的には、基本料金が1時間5千円ほどでその時間内のデート代はお客様側の負担となります。
しかしこの値段ならば、同じくらいお手軽であるホストクラブ、メンズキャバクラなどに比べるとピンキリですが、格段に安いのではないでしょうか。
店舗型のホストクラブに行けば、目当てのホスト以外のホストとの触れ合いも当然あり、面倒な人間関係もあります。しかし、レンタルなら一回で終わりにできます。さらに、その一回で目的に応じた役割を果たしてくれるので、一から人間関係を作ってお互いを知る必要もありませんし、個人的に連絡が来る事もありません。
なお、現在レンタル彼氏は「レンタル彼氏東京」という企業が商標登録を取っており、この名を謳っての活動はここ以外原則的には認められていないようです。

このサービスを利用する事でプラスになる事は?

女性の中には学生時代ずっと女子校に通っていて、周りが女性ばかりだったり女ばかりの家族で育ったので、男の人に慣れていないなど、家庭や学校、職場などでも女性が多く、男性に接する機会が少なかったために、男性に慣れていないという人もいるのではないでしょうか。
また、少しでも男性を意識するととても緊張してしまったり、顔が見られなくなってしまったり、うまく話せなくなってしまう人もいるでしょう。
同性の友達とは普通に話せても、異性となると何を話していいのか分からず、こんなことではいつまでも彼氏ができないと考えている人も多いはずです。
恋愛をするためにはお互いの心の距離が近づいていく必要がありますが、男性に慣れていないと、男性に近づこうとするたびに緊張して恥ずかしくなってしまい、なかなか打ち解けられないというような状況になってしまいます。
今までの生活環境の中で、男性と関わることが少なかったことが男性に対する人見知りの原因であるなら、レンタル彼氏は男性と接することに慣れるための練習相手として最適ですので、男性と接する機会を少しずつ増やし、徐々に男性とかかわる機会を増やしていくことで男性への人見知りを克服していくこともできます。

ホストに恋してしまった場合に気をつけなければいけないことはありますか?

お店には月に何回通い、いくら使っているのか

ふとしたタイミングで出会ってしまった恋の相手はホスト。
まず気をつけたいのは、そのホストに会いに月または週に何回通っているのかということです。来店回数が多いほど、ホストにハマっているタイプに当てはまります。さらに、ホストは顧客として掴んでおきたい人リストに挙げているでしょう。
一度の来店で2~3万円程度の出費であれば、一般のホストとしては良質なホストです。
ですが、毎回高級なシャンパンやボトル卸してくれるように要求してくるのであれば2~3万円で納まる訳がありません。どんなに好きでも毎回の予算はちゃんと決めて、担当ホストにもしっかり伝えましょう。

店外デートに誘われ、付き合う前に性的行為がある

目当てのホストを指名して通っていると、「今日は休みなんだ、会おうよ」「最近お店に来てくれなくて寂しいよ、会えない?」などと店外でのお誘いメールが来る事があります。お休みなの本当かもしれませんが、「会いたい」という部分はどうでしょうか。中には本当に会いたいと思っているホストもいるかもしれませが、基本的には自分の指名に繋げたいと思っているホストがほとんど。
さらに、会うだけではとどまらず枕営業、つまり性的行為に及んでいる場合は要注意です。
枕営業をすると、女性は「自分は特別な存在なんだ」と思い込んでホストから抜け出せない傾向があります。こうして、また女性を来店させることが狙いです。
ちなみに、外で会うばかりでお店に行った事はない女性も危険です。ホストが本当に恋人関係になりたいと思っているのなら、体ばかり要求しません。
また、付き合っているという言葉も交わしていないのに「彼はホストだからデートは出来ないけど、私達は真の恋人関係だ」と勘違いしている女性が多いのも事実です。

「ホストを辞めるまで支えてほしい」と言われている

「早くお金を貯めてお前の為にホストを辞められるように、俺の事を支えてほしい」などというセリフを言われていませんか?
多くの女性はこの言葉を信じて売り上げ貢献のためにお店へと通うのです。将来に繋がると考えれば全く苦にならないのかもしれませんが、言葉だけのホストには注意しましょう。男は本当に辞めたいと思えばちゃんと行動に移します。
がしかし、例えこの言葉を有言実行してくれてお昼のお仕事に就いても、労力に対するお給料の金額などを考えるとやっぱりホストの方がラクだと思い、結局夜の世界に戻ってしまう人が多いのも事実です。普段から彼の事をよく観察し、くれぐれも貢いで終わりということのないようにしてくださいね!

お店の店長やボーイの男性とうまくやっていくにはどのようにしたらいいのでしょうか?

自分の好き嫌いでキャストの女性を差別する店長やボーイ

入店したお店の店長とうまくやっていけるかどうかが自分の売り上げにも影響してしまうのが水商売。できることならお互い信頼し合って気持ちよく働きたいものですが、店長やボーイが気分屋だったり人を好き嫌いで差別してしまう性格であるとなかなかうまくはいきません。
たとえ気に入られていても、いつ嫌われてしまうか分からないという不安が常につきまとってしまいます。
そんなお店は辞めてしまうのも一つの方法ですし、同僚と一緒に団結して改善を求めていくのも一つの方法です。まぁ、辞めるのは最後の手段として置いておくとして、とりあえず店長なり経営者に対してキャストのみなさんがビクビクしないで心置きなくお客様にサービスできるような環境を整えることが、事業主の責務でもあり店を繁盛させるためにも必要だと認識してもらう必要があるのではないでしょうか。

「風紀」は禁止なのにも関わらず色恋を求めてくる場合

黒服とキャストとの恋愛がなぜ禁止なのかと言えば、上でも話した通り特定の相手にだけ特別な対応をしてしまうからです。キャスト側も、好きな相手の前で知らない男性の接客がきちんとできるでしょうか。お金をもらっている以上接客のプロなわけですから、そこはわきまえないといけません。
しかし、だめと言われれば言われるほどのめり込んでしまう人も少なくはないと思います。また、この女性の心理を利用して売り上げを上げさせる黒服も存在します。
双方の意見が合う場合はまだ良いのですが、黒服側から一方的に迫られてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。断れば今までの扱いが変わるかもしれない…などと考えると、なかなか断れませんよね。
そのお店でしばらく働きたい場合は、お店のトップである経営者に相談してみましょう。キャバクラではあまり表には出てこない本当の経営者・背金者が別にいる場合が多いです。もしその迫ってきている相手が実質的に最高責任者の場合は、労働基準監督署や組合に相談してみてください。

ボーイとの間に生じた金銭的なトラブル

好意を抱いた相手には何かと手を焼きたくなるものです。
好きだった列店のボーイに携帯の名義を貸していたのですが毎月ゲームの課金で15万近くの支払いがきてしまい、それなのにそのボーイがお金を払ってくれず自分の携帯も三月頃強制的に解約されてしまったというキャバクラ嬢のAさん。
結局その後支払いの催促をここ半年しているのですが払うといいつつ、ばっくれられてて終いにはこの前系列店のお店も辞めてしまい逃げられてしまったそうです。
このような場合は「少額訴訟」を利用してみてはどうでしょうか?
一般の裁判と違って60万円までという制限はありますが、弁護士に依頼しなくても自分でできますし、基本的に1日で判決が出ますから負担は少ないと思います。ただ、期日当日までにすべての証拠(書類)などをそろえる必要があります。できるだけたくさんの証拠を集めて訴えましょう!!

店舗型のホストと、店舗を持たない出張ホストはどちらが楽しめますか?

出張ホストってどんなサービスですか?

出張ホストとは、端的に言えばまさにお客様の指定した場所に出張してくれるホストのことです。
店舗型のホストクラブは同伴をしても結局はお店に行かなくてはならならず、行っても毎回同じようなスタイルになってしまいますが、出張ホストは自分の好きな場所で好きなようにデートができるのです。
もちろん、出張ホストだからといって素人の男性がくる事はなく、言葉遣い・接客マナー・女性のエスコートなどの研修をしっかり身につけた男性が相手になってくれるので、初心者の女性でも安心して任せる事ができます。

どんな女性が利用しているのでしょうか?

ずっと家にいることが多い為、息抜きをしたいが、一般の男性だと浮気になってしまう。そういう危険を避けるために利用する主婦、仕事が忙しく固定の彼氏を作るのは面倒。そこで、自分の都合の良いときに逢える男性として出張ホストを利用するOLや自営業の女性。
また、一般の男性だと色眼鏡で見られてしまう為、自分の職業に理解がある男性と遊びたいという夜の仕事をしている女性などライフスタイルによって様々な出張ホストのニーズがあるようです。
他には、彼氏の代行や結婚式や飲み会への同席などの場でも活躍しているようです。

店舗型のホストに行くよりもお金はかかりますか?

所属している会社や男性のレベルによって金額の差はそれぞれですが、基本的には指名料の他、ホストの交通費・食事代・遊園地代・カラオケ代・コンサート代など、デートにかかった料金は別途、お客様側の負担となります。
ホストクラブですと、煽られて飲まされて一時間何万円ということがありますが、出張ホストではそのようなことはありません。指定の金額を伝えておけばその範囲内でのデートプランをホストが考えてくれます。ですので、必要なお金はホストの指名料とデート代だけです。平均的に1時間1万5千円程みておけば、十分遊べるのではないでしょうか。

ズバリ、ホストクラブで働いたら将来マイナスになりますか?

世間から見た「ホスト」のイメージとは

近年、様々なメディアに取りただされるホストクラブ。一時期よりかは減った気もしますが、それでもやはり特集が組まれれば興味本位で観る方も多いのではないでしょうか?
メディアに出る事で多少の偏見は減ったものの、「いろんな女性と会話する→女性関係が淫ら」という発想が未だ根強いようです。
テレビや雑誌などに露出するということは、もちろんそれだけ知名度も上がります。安易にホストという立場を利用し女性に近づいたところで話は尾ひれがついて広まり、自分の営業成績にも関わってきてしまいます。このようなことから、デキるホストほど「女遊び」というものについてそこまでの執着もないのではないでしょうか。

トラブルばかりが露出してしまう?

ホストの仕事のモットーは「決して安くはない飲食代に見合うような接客でお客様に満足してもらうこと」だと思います。
しかし、仕事にも慣れある程度稼げるようになってくると自分の貰うお給料のことしか考えられなくなり、だんだんお客様をないがしろにするようになってきてしまいます。このような一部のホストが、男性に依存しやすい女性に目をつけ多額の金額を使わせ、最終的には何かしらのトラブルに発展させてしまう…ということもしばしばあるようです。そしてこの事をメディアが大きなトラブルとして取り上げるたびにホストのイメージが低下するわけです。
自分のやっている仕事が、ある一部のホストのせいでマイナスのイメージがついてしまうのはとても悲しいことですね。

一度ホストになったからにはそれなりに目標を持つ事!

正直、ホストとして働き始めるのは他の仕事よりも比較的簡単だと思いますが、入り口が簡単なだけ思うように稼げるようになるには自分のやる気が重要となってきます。
期間的にも「将来は自分の店が欲しい」などという大きな目標や決意がない限り、長く続けられる仕事でもありません。
しかし入店する店を間違えなければ、普段は知り合う事のないようなお客様との出会いや接客マナーなどが学べたりとたくさんの事を吸収できるはずです。
ホストとして働くのであれば、貯金の目標金額や働く期間などを自分の中で決め、その中で思う存分働いてみましょう!

担当ホストのバースデーって何をしてあげたらいいのでしょうか?

そもそもバースデーって行くべき?

ホストクラブの最も代表的なイベントの一つとして上がるのがやはりバースデーイベントなのではないでしょうか。年に一度、自分の指名しているホストが一番輝ける大事な日。ホストはこの日のために白スーツや袴などの特別な衣装を用意し、オリジナルシャンパンのデザインや内装の打ち合わせをします。お客様側もお誕生日に何かしてあげたいと思うのは自然の流れでしょう。
しかし、相手がホストだと何をしたらいいのか…。正直なところ、何よりも喜ばれるのはやはり当日お店に行きシャンパンやボトルを卸してあげることです。もちろんシャンパンにもランクがあるので何も無理をして高額なシャンパンを入れることはありません。あらかじめ最初に予算を伝えておくと良いかもしれませんね。自分のできる範囲内で盛大にお祝いしてあげましょう!

シャンパンタワーや高額ボトルをお願いされた!!

ホストにとってのバースデーとは、今までの集大成を見せる日と言っても過言ではないくらいの一日であり、ホストとしてのプライドもかかっています。イベントが転けないように、ホストは当日の来客予定を組み、だいたいの一人当たりの予算を計算します。そして、多少の融通が効くお客様にはメインとなるシャンパンタワーや高額なボトルを入れてくれるようにお願いすることがあります。もちろん、最初から無理だと分かっているお客様にお願いすることはありません。普段の飲み方や二人の信頼関係の具合でお願いしているのです。
ホストとしての大切な日に、盛大にお祝いして華を添えてあげたら更に信頼関係も増すのではないでしょうか?

バースデー月はナンバーワンを取りやすい

担当ホストのバースデー月ということで、当日行くことができなくても前祝い・後祝いなども含めてシャンパンやボトルが入りやすい月になっています。
いつも以上に稼げるということは、当然毎月のナンバーにも響いてきますよね。普段はなかなか思うような順位になれなくても、バースデー月はまたひと味違うのです。逆を言えば、この時期に稼げなければホストという仕事が向いていないのかもしれません。そのくらいホストにとっては大切なイベントなのです。
月末のナンバー発表はホスト遊びの醍醐味。せっかく華やかにバースデーをお祝いしたのだから、その月はお祝いした結果が明確に分かるような順位を取ってほしいもの。そうすればこれからも応援していこうと思えるはずです。

ホストクラブで働くには何をポイントにしてお店を選べばいいですか?

働くキャストや内勤の雰囲気

歌舞伎町だけでも数百店舗存在すると言われているホストクラブ。
どの店舗の求人にも、普通のバイトよりも割高な日給や待遇の良さが全面にアピールされていると思いますが、果たして書かれている内容は本当なのでしょうか?
まず一番雰囲気をつかむのに手っ取り早いのはやはり体験入店をしてみることですが、何十件も体験するのも時間がかってしまいますよね。求人の待遇欄を見てある程度の目星を付け、体験入店してみましょう。そこで、客層・先輩キャストの態度や内勤の人の雰囲気をチェックし、自分の思い描くライフスタイルに合っているかなども加味してお店選びを始めましょう。

グループ展開しているお店は働きやすい?

ホストクラブには、何件かのお店を経営しグループとして展開している場合があります。
グループ化しているからには経営側はそれなりに実績もありますし、安定もしています。
さらに最近では、CDデビューを果たしたりとユニット活動をしているグループもあるのでお店の線で効果は抜群。多くのメディアに露出することで幅広い客層に売り込むことが可能ですが、結果的にホスト個人の売り込み方には差が出てしまうということでもあります。
しかし、新人育成に関してはマニュアル化されていたりもするので未経験でホストを始めるにはいいかもしれません。

新規オープンのお店と老舗の違い

新しくオープンしたばかりのお店は、経験者・未経験者に関わらず全員入店のスタートラインが同じなので複雑な上下関係もほとんどありません。
同時に新規のお客様も多いので、指名も取りやすいのではないのでしょうか。ただ、同期ばかりで先輩がいない分接客のコツなどを学ぶのは難しいかもしれません。
また新規オープンであることを大々的にアピールしているお店でも、ただ店名を変えただけの場合があるので注意が必要です。
一方老舗のホストクラブは、多少の上下関係はありつつも経歴の長い先輩からホストとしてたくさんのことを学ぶことができます。最初は先輩のヘルプに着くことが多いかもしれませんが、そこからだんだん自分のスタイルを確立させていくことができます。また給与関係のシステムもしっかりしているので、毎月お給料から引かれる経費も明確で努力した分だけ稼ぐことができます。

地方から歌舞伎町に上京してホストとして働きたいのですが、求人情報に書いてある身一つでも大丈夫って本当ですか?

即入寮可!!ホストクラブの寮に入るには

ホストとして歌舞伎町で挑戦してみたい!!ホストを経験したら、一度はそんな野望を抱くかもしれません。しかし、水商売の人が住む場所を確保するのはなかなか至難の業…まとまったお金もない…現在歌舞伎町で働いている現役のホストのみなさんはどうしていいるのでしょうか?
ホストクラブの求人に「即入寮可!!」などと書かれた求人広告を見たことはありませんか?このように、多くのホストクラブには新人のための寮が設けられています。お店から近い場所に3LDKほどのマンションをお店が借り上げ何人かのホストに寮として提供するのです。
寮には必要な家財道具も揃っているので、早ければ面接したその日から寮に入り働き始めることが可能です!

髪型は自分でセットしないといけないの?

水商売をしている人は、一般の人よりも特徴的な髪型をしていますよね。
自分自身が売り物の商売ですから周りの誰よりもキレイに、そして目立たなくてはなりません。
中でも重要視したいのが服装と髪型ですが、髪のセットを自分でするのはなかなか難しいのではないでしょうか?
歌舞伎町やホストクラブのある大きな繁華街には、セット専門のヘアサロンがたくさんあります。
出勤前にそのお店に行き、セットしてもらいましょう。また、お店でヘアメイクの会社と契約している所もあり、その場合はお店の中でセットしてもらえます。料金はお店がもってくれる所もあれば、給料から引かれる場合もあるので、入店前によく確認しましょう。

着るものがなくてもOK!!高級スーツの貸し出し

髪型と同じくらい大切なのが着るもの。リクルートスーツはアウト!!ホストと言えばキラキラのスーツが定番ですが、最初から一式揃えるのはやはり費用がかさみますよね。
しかし、求人情報の「身一つで上京OK」と書かれていれば、もちろん入店時に自分のスーツがなくても大丈夫!ほとんどのお店がちゃんと貸し出し用の高級スーツを用意してくれています。
さらに、最近では私服でもOKなお店も増えてきました。私服といってもお客様の前に立っても恥ずかしくない程度の物ですが、スーツよりも比較的揃えやすいかもしれません。どのレベルの物を着たらいいのかは、周りの先輩ホストの服装をよくチェックしてみましょう。

キャバクラだと思って騙されて入店してしまったピンサロを辞めたいと考えているけど、どういう方法で辞めたらいいの?

実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはある

全てのお店がそうではないのですが、求人広告で「キャバクラ」と記載しておきながら、実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはあります。もちろん、いい求人広告とは言えません。実情としては、大きなグループ展開しているお店の場合なら、求人にもそれなりの予算をかけられますが、小規模でギリギリ営業しているようなお店の場合だと、普通にやっていたんではなかなか思うように女の子を集められないことが多いです。なので、そういうお店では騙しに近いような良くない方法で女の子を集めている場合もあります。

一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さない

求人内容に嘘があったわけですから、一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さずに「ちょっと考えさせてください」と言って、即決をしないのがベストです。しかし中には強く言いくるめられて、つい働てしまう女の子もいることは確かです。もちろん、そのまま働いてもろくなことはないと思います。酷いケースだと、何だかんだと理由をつけられて、ちゃんとした給料を貰えなかったりする可能性だってあります。お店の人に「断り切れない子」と認識されているでしょうし、相手はそれを最大限に利用すると思います。

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しない

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しないのがいいと思います。お店からのメールや電話には一切出ないようにして、知らない番号からの電話や非通知の電話にも絶対に出ないようにした方がいいです。お店の女の子との連絡も絶対にいけません。余裕があれば携帯も変えるくらいで丁度いいです。とにかく無視することが一番です。仮にもし「ピンサロで働いていたことを親にばらすぞ!」のようなことを言われたとしても、怖がったりせずに無視するのが一番です。相手も後ろめたいことをやって商売をしてるのですから、自ら進んで大問題にしようとは思わないはずです。それと話し合って解決しようという考えは持たない方がいいです。話し合ったとしても言いくるめて、無理矢理に働かせようとするのがオチだと思います。

ホストになりたいのですが、自分に合ったお店選びは何を基準にしたらいいですか?

地方からの上京を考えている場合

今やホストクラブはどの地域にも一軒や二軒はあるのではないでしょうか?地元で働くのもいいですが、ホストになるからにはやはり一度は歌舞伎町や大阪のミナミなどの大きな歓楽街で働いてみたいという気持ちもあるはず。その気持ちはあるけど資金がない…という場合でも、今はほとんどのお店が上京資金や寮・貸出スーツなどを完備しています。もちろん、未経験の状態で上京してもお店側が研修などでしっかりフォローしてくれますし、最近では厳しい上下関係をなくしているお店も多くあるので自分のやる気次第ですぐに稼げる環境が整っています。華やかな街でホストデビューしてみるのもいいかもしれませんね。

ホスト専門求人サイトを見てみる

さて、数あるホストクラブからどのようにしてお店選びをしていけばいいのでしょうか…。まずはホスト専門の求人サイトなどで探すのが一番手っ取り早いことは確かです。しかし、どのお店も入店を促す広告にはやはりいいポイントしか書かれておらず、これだけではお店の雰囲気も掴みづらいですよね?こんな時は、求人サイトに掲載されているそのお店で行われたイベントの写真・所属ホストのブログまたはシャンパンコールなどの動画などを参考に、普段の雰囲気や人間関係を掴みお店選びの参考にしてみてください。文章よりも、写真や動画の方がよりリアルなお店の雰囲気が伝わるはずです。

気になるお店があれば体験入店をしてみる

とは言え、水商売経験がない場合は果たしてどんなお店が自分に合うのかもわからないでしょう。ホストクラブは、面接をしたら必ず入店しなくてはいけないというわけではありません。店舗の責任者と面接したら、まずはそのお店で体験入店をしてみましょう。一日実際に接客し、ホストとしての一通りの業務をこなします。スーツは貸してくれますし、もちろん日給も出ます。一日働いてみて働いていけそうかを判断すれば、間違ったお店選びは少なくなります。しかし、体験入店だけで完璧に自分に合ったお店を見つけ出すのは困難です。体験入店ばかりを繰り返しても、どんどん迷いが生じてしまいますのである程度のところで決めるのがポイントです。晴れて入店が決まれば、自分が働きやすい環境になるようにする努力も必要です!

今大学生なのですが、学生でもホストとして働けるのでしょうか?

終電上りが可能なお店がたくさん!

ホストクラブと言えば、真夜中に営業が始まり日の出とともに帰るというイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?しかし、風営法が厳しくなり営業時間も変化してきました。営業の時間帯は主に一部(19時~25時くらい)・二部(日の出~12時くらい)・三部(9時~15時くらい)に分かれていて、自分のライフスタイルに合わせてお店を選ぶことができます。中には自宅まで送りのあるお店もありますが、ホストで働く学生のみなさんは学校のことも考えて、一部の時間帯で働き終電で帰るという働き方をしている学生が多いようです。

シフト制で働く日も選べるように

学生のみなさんは、勉強にサークル活動にと何かと忙しいもの。そのスケジュールの中にアルバイトを入れるのはなかなか困難かもしれませんが、予定が多い分出費もかさみますよね?最近のホストクラブは、週一からの出勤も可能なお店がたくさんあります。他のアルバイトよりも短時間で稼げるホストクラブは、自分でうまくスケジューリングさえできればかなり都合の良いアルバイトになりますよね!また友達同士での勤務も可能なので、煩わしい人間関係にも悩まされることもなく働けるのではないでしょうか?

学校との両立がしっかりできるようなスケジュールを!

ホストクラブという空間は、普段知り合えないお客様に出会えたり高級なお酒が飲めたり普通のアルバイトより稼げたり…と働くホストにとっても非日常な空間です。最初は学生の間のアルバイトとして入店したものの、その魅力に取りつかれ結局学校を辞めてしまう人もいるようです。それはそれで自分の道を決めたということでもあるのですが、何か大きな目標がない限りはしっかりと働く期間を決めて、その期間の中で思いっきり働いて稼ぎましょう!その経験の中から、後々社会人になった時に活かせることがたくさんあるはずです。

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool