ズバリ、ホストクラブで働いたら将来マイナスになりますか?

世間から見た「ホスト」のイメージとは

近年、様々なメディアに取りただされるホストクラブ。一時期よりかは減った気もしますが、それでもやはり特集が組まれれば興味本位で観る方も多いのではないでしょうか?
メディアに出る事で多少の偏見は減ったものの、「いろんな女性と会話する→女性関係が淫ら」という発想が未だ根強いようです。
テレビや雑誌などに露出するということは、もちろんそれだけ知名度も上がります。安易にホストという立場を利用し女性に近づいたところで話は尾ひれがついて広まり、自分の営業成績にも関わってきてしまいます。このようなことから、デキるホストほど「女遊び」というものについてそこまでの執着もないのではないでしょうか。

トラブルばかりが露出してしまう?

ホストの仕事のモットーは「決して安くはない飲食代に見合うような接客でお客様に満足してもらうこと」だと思います。
しかし、仕事にも慣れある程度稼げるようになってくると自分の貰うお給料のことしか考えられなくなり、だんだんお客様をないがしろにするようになってきてしまいます。このような一部のホストが、男性に依存しやすい女性に目をつけ多額の金額を使わせ、最終的には何かしらのトラブルに発展させてしまう…ということもしばしばあるようです。そしてこの事をメディアが大きなトラブルとして取り上げるたびにホストのイメージが低下するわけです。
自分のやっている仕事が、ある一部のホストのせいでマイナスのイメージがついてしまうのはとても悲しいことですね。

一度ホストになったからにはそれなりに目標を持つ事!

正直、ホストとして働き始めるのは他の仕事よりも比較的簡単だと思いますが、入り口が簡単なだけ思うように稼げるようになるには自分のやる気が重要となってきます。
期間的にも「将来は自分の店が欲しい」などという大きな目標や決意がない限り、長く続けられる仕事でもありません。
しかし入店する店を間違えなければ、普段は知り合う事のないようなお客様との出会いや接客マナーなどが学べたりとたくさんの事を吸収できるはずです。
ホストとして働くのであれば、貯金の目標金額や働く期間などを自分の中で決め、その中で思う存分働いてみましょう!

担当ホストのバースデーって何をしてあげたらいいのでしょうか?

そもそもバースデーって行くべき?

ホストクラブの最も代表的なイベントの一つとして上がるのがやはりバースデーイベントなのではないでしょうか。年に一度、自分の指名しているホストが一番輝ける大事な日。ホストはこの日のために白スーツや袴などの特別な衣装を用意し、オリジナルシャンパンのデザインや内装の打ち合わせをします。お客様側もお誕生日に何かしてあげたいと思うのは自然の流れでしょう。
しかし、相手がホストだと何をしたらいいのか…。正直なところ、何よりも喜ばれるのはやはり当日お店に行きシャンパンやボトルを卸してあげることです。もちろんシャンパンにもランクがあるので何も無理をして高額なシャンパンを入れることはありません。あらかじめ最初に予算を伝えておくと良いかもしれませんね。自分のできる範囲内で盛大にお祝いしてあげましょう!

シャンパンタワーや高額ボトルをお願いされた!!

ホストにとってのバースデーとは、今までの集大成を見せる日と言っても過言ではないくらいの一日であり、ホストとしてのプライドもかかっています。イベントが転けないように、ホストは当日の来客予定を組み、だいたいの一人当たりの予算を計算します。そして、多少の融通が効くお客様にはメインとなるシャンパンタワーや高額なボトルを入れてくれるようにお願いすることがあります。もちろん、最初から無理だと分かっているお客様にお願いすることはありません。普段の飲み方や二人の信頼関係の具合でお願いしているのです。
ホストとしての大切な日に、盛大にお祝いして華を添えてあげたら更に信頼関係も増すのではないでしょうか?

バースデー月はナンバーワンを取りやすい

担当ホストのバースデー月ということで、当日行くことができなくても前祝い・後祝いなども含めてシャンパンやボトルが入りやすい月になっています。
いつも以上に稼げるということは、当然毎月のナンバーにも響いてきますよね。普段はなかなか思うような順位になれなくても、バースデー月はまたひと味違うのです。逆を言えば、この時期に稼げなければホストという仕事が向いていないのかもしれません。そのくらいホストにとっては大切なイベントなのです。
月末のナンバー発表はホスト遊びの醍醐味。せっかく華やかにバースデーをお祝いしたのだから、その月はお祝いした結果が明確に分かるような順位を取ってほしいもの。そうすればこれからも応援していこうと思えるはずです。

ホストクラブで働くには何をポイントにしてお店を選べばいいですか?

働くキャストや内勤の雰囲気

歌舞伎町だけでも数百店舗存在すると言われているホストクラブ。
どの店舗の求人にも、普通のバイトよりも割高な日給や待遇の良さが全面にアピールされていると思いますが、果たして書かれている内容は本当なのでしょうか?
まず一番雰囲気をつかむのに手っ取り早いのはやはり体験入店をしてみることですが、何十件も体験するのも時間がかってしまいますよね。求人の待遇欄を見てある程度の目星を付け、体験入店してみましょう。そこで、客層・先輩キャストの態度や内勤の人の雰囲気をチェックし、自分の思い描くライフスタイルに合っているかなども加味してお店選びを始めましょう。

グループ展開しているお店は働きやすい?

ホストクラブには、何件かのお店を経営しグループとして展開している場合があります。
グループ化しているからには経営側はそれなりに実績もありますし、安定もしています。
さらに最近では、CDデビューを果たしたりとユニット活動をしているグループもあるのでお店の線で効果は抜群。多くのメディアに露出することで幅広い客層に売り込むことが可能ですが、結果的にホスト個人の売り込み方には差が出てしまうということでもあります。
しかし、新人育成に関してはマニュアル化されていたりもするので未経験でホストを始めるにはいいかもしれません。

新規オープンのお店と老舗の違い

新しくオープンしたばかりのお店は、経験者・未経験者に関わらず全員入店のスタートラインが同じなので複雑な上下関係もほとんどありません。
同時に新規のお客様も多いので、指名も取りやすいのではないのでしょうか。ただ、同期ばかりで先輩がいない分接客のコツなどを学ぶのは難しいかもしれません。
また新規オープンであることを大々的にアピールしているお店でも、ただ店名を変えただけの場合があるので注意が必要です。
一方老舗のホストクラブは、多少の上下関係はありつつも経歴の長い先輩からホストとしてたくさんのことを学ぶことができます。最初は先輩のヘルプに着くことが多いかもしれませんが、そこからだんだん自分のスタイルを確立させていくことができます。また給与関係のシステムもしっかりしているので、毎月お給料から引かれる経費も明確で努力した分だけ稼ぐことができます。

地方から歌舞伎町に上京してホストとして働きたいのですが、求人情報に書いてある身一つでも大丈夫って本当ですか?

即入寮可!!ホストクラブの寮に入るには

ホストとして歌舞伎町で挑戦してみたい!!ホストを経験したら、一度はそんな野望を抱くかもしれません。しかし、水商売の人が住む場所を確保するのはなかなか至難の業…まとまったお金もない…現在歌舞伎町で働いている現役のホストのみなさんはどうしていいるのでしょうか?
ホストクラブの求人に「即入寮可!!」などと書かれた求人広告を見たことはありませんか?このように、多くのホストクラブには新人のための寮が設けられています。お店から近い場所に3LDKほどのマンションをお店が借り上げ何人かのホストに寮として提供するのです。
寮には必要な家財道具も揃っているので、早ければ面接したその日から寮に入り働き始めることが可能です!

髪型は自分でセットしないといけないの?

水商売をしている人は、一般の人よりも特徴的な髪型をしていますよね。
自分自身が売り物の商売ですから周りの誰よりもキレイに、そして目立たなくてはなりません。
中でも重要視したいのが服装と髪型ですが、髪のセットを自分でするのはなかなか難しいのではないでしょうか?
歌舞伎町やホストクラブのある大きな繁華街には、セット専門のヘアサロンがたくさんあります。
出勤前にそのお店に行き、セットしてもらいましょう。また、お店でヘアメイクの会社と契約している所もあり、その場合はお店の中でセットしてもらえます。料金はお店がもってくれる所もあれば、給料から引かれる場合もあるので、入店前によく確認しましょう。

着るものがなくてもOK!!高級スーツの貸し出し

髪型と同じくらい大切なのが着るもの。リクルートスーツはアウト!!ホストと言えばキラキラのスーツが定番ですが、最初から一式揃えるのはやはり費用がかさみますよね。
しかし、求人情報の「身一つで上京OK」と書かれていれば、もちろん入店時に自分のスーツがなくても大丈夫!ほとんどのお店がちゃんと貸し出し用の高級スーツを用意してくれています。
さらに、最近では私服でもOKなお店も増えてきました。私服といってもお客様の前に立っても恥ずかしくない程度の物ですが、スーツよりも比較的揃えやすいかもしれません。どのレベルの物を着たらいいのかは、周りの先輩ホストの服装をよくチェックしてみましょう。

キャバクラだと思って騙されて入店してしまったピンサロを辞めたいと考えているけど、どういう方法で辞めたらいいの?

実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはある

全てのお店がそうではないのですが、求人広告で「キャバクラ」と記載しておきながら、実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはあります。もちろん、いい求人広告とは言えません。実情としては、大きなグループ展開しているお店の場合なら、求人にもそれなりの予算をかけられますが、小規模でギリギリ営業しているようなお店の場合だと、普通にやっていたんではなかなか思うように女の子を集められないことが多いです。なので、そういうお店では騙しに近いような良くない方法で女の子を集めている場合もあります。

一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さない

求人内容に嘘があったわけですから、一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さずに「ちょっと考えさせてください」と言って、即決をしないのがベストです。しかし中には強く言いくるめられて、つい働てしまう女の子もいることは確かです。もちろん、そのまま働いてもろくなことはないと思います。酷いケースだと、何だかんだと理由をつけられて、ちゃんとした給料を貰えなかったりする可能性だってあります。お店の人に「断り切れない子」と認識されているでしょうし、相手はそれを最大限に利用すると思います。

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しない

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しないのがいいと思います。お店からのメールや電話には一切出ないようにして、知らない番号からの電話や非通知の電話にも絶対に出ないようにした方がいいです。お店の女の子との連絡も絶対にいけません。余裕があれば携帯も変えるくらいで丁度いいです。とにかく無視することが一番です。仮にもし「ピンサロで働いていたことを親にばらすぞ!」のようなことを言われたとしても、怖がったりせずに無視するのが一番です。相手も後ろめたいことをやって商売をしてるのですから、自ら進んで大問題にしようとは思わないはずです。それと話し合って解決しようという考えは持たない方がいいです。話し合ったとしても言いくるめて、無理矢理に働かせようとするのがオチだと思います。

ホストになりたいのですが、自分に合ったお店選びは何を基準にしたらいいですか?

地方からの上京を考えている場合

今やホストクラブはどの地域にも一軒や二軒はあるのではないでしょうか?地元で働くのもいいですが、ホストになるからにはやはり一度は歌舞伎町や大阪のミナミなどの大きな歓楽街で働いてみたいという気持ちもあるはず。その気持ちはあるけど資金がない…という場合でも、今はほとんどのお店が上京資金や寮・貸出スーツなどを完備しています。もちろん、未経験の状態で上京してもお店側が研修などでしっかりフォローしてくれますし、最近では厳しい上下関係をなくしているお店も多くあるので自分のやる気次第ですぐに稼げる環境が整っています。華やかな街でホストデビューしてみるのもいいかもしれませんね。

ホスト専門求人サイトを見てみる

さて、数あるホストクラブからどのようにしてお店選びをしていけばいいのでしょうか…。まずはホスト専門の求人サイトなどで探すのが一番手っ取り早いことは確かです。しかし、どのお店も入店を促す広告にはやはりいいポイントしか書かれておらず、これだけではお店の雰囲気も掴みづらいですよね?こんな時は、求人サイトに掲載されているそのお店で行われたイベントの写真・所属ホストのブログまたはシャンパンコールなどの動画などを参考に、普段の雰囲気や人間関係を掴みお店選びの参考にしてみてください。文章よりも、写真や動画の方がよりリアルなお店の雰囲気が伝わるはずです。

気になるお店があれば体験入店をしてみる

とは言え、水商売経験がない場合は果たしてどんなお店が自分に合うのかもわからないでしょう。ホストクラブは、面接をしたら必ず入店しなくてはいけないというわけではありません。店舗の責任者と面接したら、まずはそのお店で体験入店をしてみましょう。一日実際に接客し、ホストとしての一通りの業務をこなします。スーツは貸してくれますし、もちろん日給も出ます。一日働いてみて働いていけそうかを判断すれば、間違ったお店選びは少なくなります。しかし、体験入店だけで完璧に自分に合ったお店を見つけ出すのは困難です。体験入店ばかりを繰り返しても、どんどん迷いが生じてしまいますのである程度のところで決めるのがポイントです。晴れて入店が決まれば、自分が働きやすい環境になるようにする努力も必要です!

今大学生なのですが、学生でもホストとして働けるのでしょうか?

終電上りが可能なお店がたくさん!

ホストクラブと言えば、真夜中に営業が始まり日の出とともに帰るというイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?しかし、風営法が厳しくなり営業時間も変化してきました。営業の時間帯は主に一部(19時~25時くらい)・二部(日の出~12時くらい)・三部(9時~15時くらい)に分かれていて、自分のライフスタイルに合わせてお店を選ぶことができます。中には自宅まで送りのあるお店もありますが、ホストで働く学生のみなさんは学校のことも考えて、一部の時間帯で働き終電で帰るという働き方をしている学生が多いようです。

シフト制で働く日も選べるように

学生のみなさんは、勉強にサークル活動にと何かと忙しいもの。そのスケジュールの中にアルバイトを入れるのはなかなか困難かもしれませんが、予定が多い分出費もかさみますよね?最近のホストクラブは、週一からの出勤も可能なお店がたくさんあります。他のアルバイトよりも短時間で稼げるホストクラブは、自分でうまくスケジューリングさえできればかなり都合の良いアルバイトになりますよね!また友達同士での勤務も可能なので、煩わしい人間関係にも悩まされることもなく働けるのではないでしょうか?

学校との両立がしっかりできるようなスケジュールを!

ホストクラブという空間は、普段知り合えないお客様に出会えたり高級なお酒が飲めたり普通のアルバイトより稼げたり…と働くホストにとっても非日常な空間です。最初は学生の間のアルバイトとして入店したものの、その魅力に取りつかれ結局学校を辞めてしまう人もいるようです。それはそれで自分の道を決めたということでもあるのですが、何か大きな目標がない限りはしっかりと働く期間を決めて、その期間の中で思いっきり働いて稼ぎましょう!その経験の中から、後々社会人になった時に活かせることがたくさんあるはずです。

実際ホステスとして働くために用意しなくてはならない物は何ですか?

働き始めるまでに最低限用意しなくてはいけない物

営業中に着用するドレスはもちろんですが、クラブは原則としてストッキングを履くのがルール。忘れたら罰金を取られるお店もありますので、ロッカーに常に替えのストッキングを用意しておくといいでしょう。靴に関しては、ヒールがだいたい5cm以上でバックストラップのないもの(ミュールなど)は禁止です。クラブでは必ずマッチを使わなくてはいけないというルールは特にありませんが、100円のライターや何かのお店の名前が書かれているものは控えた方がいいでしょう。ハンカチは基本中の基本ですが、グラスの水滴を取る時はテーブルにセットされている「紙ナプキン」を使用したりもします。

営業中に着るものはやはり高くないとダメですか?

「クラブ」と聞いただけで、やはりどこか高級なイメージが浮かぶかもしれません。確かに華やかな場所には華やかな服装が望ましいと思います。しかし、月に一度ドレスの「新調日」を設けているお店もあるので(用意できなければペナルティ)、最初から高いドレスや着物を無理して揃えるよりはまずは自分がちゃんと着こなせるようなものを選ぶのがポイントです。お店の雰囲気や客層に合わせるのも大事ですね!ちなみに、あまりにもキラキラしたドレスはあまり受けがよくないようです。

基本アイテムの他に持っていると便利なアイテム

水商売をする上で接客の時に必要なアイテムは、基本的にどのジャンルも変わりません。この他に、使い捨てのメガネ拭き・簡単なしみ抜き剤や指名のお客様がいつも使うもの(タバコなど)を用意しておくと、とっさの時の対応がとてもスムーズです。何かが必要なときは店内の黒服にオーダーするのもいいですが、自分であらかじめ用意しておけばお客様には「この子は自分のことをちゃんと考えてくれているんだ」とかなりの好印象を与えることができます!

クラブにはどんな人が飲みに来るのですか?

会社の接待で使うお客様

会社と会社の取引には形式的な会議や契約はもちろんですが、一緒に仕事をする上でその人となりを知るためにもざっくばらんなコミュニケーションが必要な場合もあるようです。そのような時にクラブなどを接待の場として使用するお客様も少なくありません。お客様が接待でいらしている際は無理に会話などで盛り上げようとせず、いいタイミングでお酒を作りお客様同士の会話に適度に相づちを打ち、意見を求められたら答えるというスタンスがいいでしょう。

団体で来店するお客様

会社のオフィシャルな飲み会やゴルフなどの後に、皆で連れだって来店するケースです。この場合はすでにお酒が入っていることが多くお客様のテンションも多少上がっているので、トークや笑顔でその席をさらに盛り上げるといいでしょう。そうするとお客様も楽しい時間を過ごすことができ、特別にシャンパンなどを入れてくれるサプライズもあるかもしれませんね!!

常連のお客様・ママの大切なお客様

クラブで飲みなれているお客様や、ママの昔からの馴染みのお客様はその飲み方も決まっていることが多いようです。常連のお客様ほど、ついたホステスの仕草や会話をよく覚えています。女性側もヘルプとして接客する場合、何回か席に着く中でそのお客様の好みやお酒の飲み方を覚え、さりげない気遣いができるようになると後々リクエストがもらえたり、同伴に誘っていただいたりと自分の利益にも繋がります。

自分より年下の女の子達と仲良くやっていけるか不安・・・。

女の子同士の関係は、男性よりうまくいかないもの

キャバクラやセクキャバなど、水商売の女の子同士の関係を考えた時には、怖そうなイメージがよぎる人も少なくはないと思います。男対女の関係の場合、ある意味楽に考えられる部分もあります。男性に女の子の本心はなかなか理解できないものですから
、多少の嘘ぐらいなら、案外見抜かれたりしないものです。たとえば、女の子にはうけが悪いような女の子でも、男性からは何故かチヤホヤされたりすることもあると思います。女の子の目から見れば、その子が演技をしていことがバレバレでも、異性が相手になると意外とそうは思わなかったりするものなのです。でも、キャバクラやセクキャバなどの水商売でなくても、女の子同士の関係だとそうはうまくいかないものです。過剰に自分を作ってしまったり、変に媚びてしまったり、変に周りを気にしすぎてしまったりするのは、逆効果になってしまうことのほうが多いと思います。

水商売の女の子同士の世界で一番大事なことは、いじめられる対象にならないこと

特に水商売の女の子同士の世界で一番大事なことは、「仲良くしよう」と考えるよりも、「いじめられる対象にならない」ということだと思います。一度いじめの対象になってしまうと、なかなかそこからは抜け出せないものです。まずは、相手に目を付けられないようにすることが一番です。具体的にどうすればいいかというところですが、基本的にいじめられる子というのは何かしらの特長があるはずです。そういう特長的なことをしないことが大切になってきます。例えば、やたらと男性スタッフに媚びる女の子や、必要以上にまとわりついてくる女の子、他人の噂話ばかりしている女の子、会う度にあれこれ質問ばかりしてくる女の子、人のお客さんに色目を使う女の子、周囲と一切馴染もうとしない女の子など、他人にうざったいと感じられてしまう行為を取らないことが大事です。そしてそういうことを自分の価値観で計るのではなく、周囲の人間の価値観で計ることが必要になってきます。自分ではそんなつもりでなくても、相手にうざったがられてしまったとしたら、それは何の意味もありません。周囲の人がどう感じるかということが重要なことです。

まずは誰か1人でいいので仲良くなること

コツとしては、まずは誰か1人でいいので仲良くなることです。いきなり大ベテランの女の子と仲良くなろうとするのは難しいかもしれないので、自分よりもちょっと先輩のような子がいいと思います。とりあえずは待機中などに、たまたま一緒になった人で、話しやすそうな人に、挨拶程度から普通に話しかけてみるのがいいと思います。そして、相手の名前を聞いたら忘れたりしないでちゃんと覚えておくことです。それと最初は敬語で喋った方がいいです。それは常識の範囲内での対応を心がけるということです。話しかける内容についてですが、これも何を話せばいいかということよりも、むしろ何を話したらダメかということのほうが大事です。話しかけるなり「このお店の派閥はどうなってますか?」「ナンバー1は誰ですか?」などの内部事情を探るようなことばかり言われたら、きっと相手もうんざりすると思います。理想としてはまだ仕事に不慣れだから、色々と教えてくださいというスタンスで、あまり質問しすぎないことだと思います。特に興味本位の質問についてはそうです。そうやって誰か1人と仲良くなることができれば、まずは大丈夫だと思います。1人だけ孤立した存在になってしまうと、周りから何かと目を付けられやすいものです。

クラブで働く時の服装はキャバクラと同じでいいのでしょうか?

ヘアセットについて

クラブでは、毎回のヘアセットは必須なお店がほとんどです。出勤時間に間に合わないからと言ってセットを怠るとペナルティをとるお店もあります。出勤前に美容院へ行き、あまり派手にならないような髪型に整えてもらいます。特にクラブは20時オープンのお店がほとんどなので、同伴のない女性は7時台に集中して来店するようです。セット専門の美容院で予約を受け付けているところはあまりないので、自分の出勤時間とその時間帯の混み具合をある程度予測しておくのが大事です。

出勤時の服装にも気を使いましょう

クラブでの勤務中はもちろんドレスやお着物を着用しますが、お客様からいつ同伴やアフターのお誘いがあるか分かりません。せっかく同伴で素敵なお店に誘っていただいても、女性の服装がひどければお客様のテンションは下がってしまいます。勤務時間外である同伴やアフターには、お客様への感謝の意味も込められているのでジーンズやトレーナーなどのラフな服装は避け、一緒に歩いていても恥ずかしくないような服装を心がけると自分への好感度も上がるのではないでしょうか?

着物は必ず着ないといけませんか?

クラブで働く女性のイメージとしてよく聞くのが着物での接客ですが、お正月など何かイベントがある時にお店側から強制されることが多いようです。一通り揃えるとなるとかなりの金額になってしますし、まだ売り上げも安定していなければかなりの痛手ですよね。しかし最近ではより手ごろな値段でレンタルできたり、また着物をたくさん持っているママやお姉さんから譲ってもらうこともできます。毎日は無理でもたまには着物を着て、クラブホステスとしての気合いを入れなおすのもいいかもしれません。

クラブで働く女性の給料システムってどうなってるんですか?

日給と折半

クラブで働く女性の給料は、売り上げの額で決まってきます。まだそれほど客数もなく売り上げがない女性は決まった時間勤務し、毎月働いた日数分の日給と売り上げのバックをもらいます。それに対し売り上げのある女性は自分の売り上げを店側と折半するスタイルをとります。特に勤務時間は決まっていないので自分の指名のお客様が来る日に出勤すればいいのですが、折半の女性は日給が出るわけでもなく自分の売り上げがすべてなので毎月のお給料に差が出るなど、それなりにリスクは伴います。

「0ヘル」って何ですか?

0ヘルとは、全く売り上げのない女性のことを指します。自分のお客様がいない状態でクラブで働くことになれば、まずは0ヘルからのスタートとなります。日給制でもちろん0ヘルに毎月の売り上げノルマはありませんが、同伴ノルマが課せられるお店がほとんどなので、0ヘルの期間はそのお店のママやお姉さんそしてお客様に気に入ってもらえるように、ボトルを開ける・トークで盛り上げるなどうまいこと自分をアピールしどんどん売り込むことが大事な期間となります。

お客様が売掛けで飲んだら自分の給料には影響しますか?

売掛けで飲ませるかどうかは、指名をもらっている女性の判断によります。月末の絞め日前までに飲み代を入金してもらうことで給料に影響することはありません。しかしたくさんのお金を使ってくれても万が一支払いが滞った場合は、女性側の責任ということになり未払い分が給料から差し引かれます。売掛けは毎回の支払いが目に見えない分、お客様もだんだんお金の使い方が麻痺してきて気が大きくなりがちです。このスタイルで飲ませるには、女性とお客様との間にある程度の信頼関係がなくては成り立たないでしょう。

接客が苦手でキャバクラを辞めましたけど、今度はキャバクラのエスコートで働こうかと思っているけどあんまり変わらない?

キャバクラのエスコートとは、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職

キャバクラのエスコートとは、厳密には違う部分もあるのですが、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職のことです。キャバクラでもエスコートの役職があるお店とないお店もがあるので、そこは求人情報等で確認が必要です。エスコートだけでなく、キャバクラによっては女性が店長をやっているお店もあります。 しかしボーイの仕事はキャバ嬢とはまた違った部分で大変なところがあります。一番の違いは、キャバ嬢として働くより拘束時間が長いということです。開店準備や閉店作業もしなければならなくなりますし、給料もキャバ嬢として働くより絶対的に少なくなると思います。

男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けている

エスコートやキャバクラのスタッフとして女性を採用しているお店の狙いとしては、男性ボーイの気が利かない部分や、男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けているところがあります。または、女性スタッフの見栄えの良さを求めているキャバクラのお店もあります。 キャバ嬢達も、もっと女の子の気持ちをわかってくれるボーイと一緒に仕事をしていたいものなのも事実です。キャバ嬢の経験がある女性がエスコートをやってくれれば、きっと働くキャバ嬢達もやりやすいと思うはずです。

エスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ない

求人を見てみると分かりますが、意外とエスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ないです。理由としては、男性スタッフありきの運営ですので、ある程度広い店内のキャバクラでないとサブで活躍するポジションのエスコートは必要としていなかったり、お店自体が女性の人員を必要としていない等が挙げられます。 六本木や新宿など、比較的大きなキャバクラが多い繁華街の方がエスコートの求人募集は多いです。

キャバクラだと丁寧に喋っていたのだけれど、ガールズバーで接客する時も敬語を使ったほうがいいの?

業種は違っても、敬語を使った方がいい

キャバクラもガールズバーも同じ水商売の仕事ではありますが、業種は違うので仕事の内容も変わってくるのは確かです。ただし、接客業と言う面では変わりはありませんので、やはり丁寧に接客をすると言う意味でも、敬語を使った方がいいと思います。
ちなみに基本的なキャバクラとガールズバーの違いは、キャバクラの方がマンツーマンでの接客の機会が多くなることや、指名があるかないかということです。ただし、お店によってはマンツーマン接客を徹底したり指名制度を設けているガールズバーもありますので、絶対ではないです。

キャバクラでもガールズバーでも、お触りをしてくるお客さんは居る

キャバクラでもガールズバーでもそうですが、お触りをしてくるお客さんというのは居ると思います。これは業種関係なく、お触りする人はするし、しない人はしないということです。ほとんどのお客さんはそんなことはしないと思いますが、女の子に対してお触りを目的にキャバクラやガールズバーへ来る人だっています。特にキャバクラでは肩に手を回したり、手を握ってくる等の軽いお触りから、胸や太股に触れてきたりする人や、最悪の場合はパンツの中まで手を入れてきそうになる人まで本当に色々います。その点、ガールズバーはカウンター越しの接客が基本なので、そこまで過激なお触りはされにくいです。いずれにしても、キャバクラもガールズバーも身体を売るのが仕事ではありませんから、そういうことにガマンして、敬語を使って丁寧に接客をし続けなければいけない訳ではありません。そういう時にはちゃんとかわしていくことも大切です。

高級感に丁寧な接客や敬語は必要不可欠

キャバクラとガールズバーで上品さに差があるかどうかも業種というよりお店それぞれによって千差万別です。キャバクラでもワイワイはしゃぐようなお店もあれば、高級感を売り物にしている大人っぽいお店もあるように、ガールズバーにも同じ様なことがいえます。共通して言えるのは、やはり高級志向のお店であれば敬語は絶対に使えるべきだと言うことです。高級感に丁寧な接客や敬語は必要不可欠です。逆に言えば、ワイワイ系のお店で言えばそこまで敬語を使う必要のない場合もあります。
求人を見る際は、自分のキャラクターカラーに合ったお店を探せばきっと大丈夫だと思います。

最近ガールズバー働き始めたけど向いていないので辞めたい・・・。上手く辞められる方法はある?

ガールズバーで働くことが向いていない場合もある

やっぱりガールズバーで働くことが向いていない場合もありますし、そのままガールズバーの仕事をして働いていくのは辛いものがあると思います。向き不向きもありますし、求人では「誰にでも出来る仕事!」と書いてあっても、そうでないと思えることもあります。向き不向きを確かめる意味でも、体験入店という制度がありますので、体験入店で自分がガールズバーに向いているかどうかを確認することもできます。ガールズバーで働く女の子の中には、入店して嫌になったら急に飛んでしまったりするような子もいますが、それが当たり前ではありませんので、辞めたい場合はキチンと手続きをしましょう。飛ぶということはお店に対して迷惑をかけることになりますし、社会常識的にも正しいとは言えないです。

辞める時はちゃんとお店の人に伝える

法律的な観点から言えば、どんな事情で辞めたとしても働いた分のお給料というのは貰えるものです。しかし、辞めた理由が自分勝手な理由であったり飛んでしまっては、お店側にお給料の主張をするのもなかなか気まずいものになります。そういった意味合いも含めて、辞める時はちゃんとお店の人に自分はガールズバーでやっていけない理由を説明して、辞めたい気持ちをお店側にわかってもらうようにちゃんとした方がいいと思います。その上で働いた分のお給料についてや辞めるにあたって必要なことなどを相談すべきです。ちなみに、お店の人に辞めないように言いくるめられてしまうのが嫌だから直接話すのは嫌であれば、やはり正統なお給料は諦めなければならないかもしれません。

辞める意思を素直にお店側に伝えるのが一番

辞める意思はあることに間違いがない訳ですから、お店側にどんな体のいい言い訳や理由を用意して説明しても、ただ信用してもらえなだけで、逆に円満に辞めることができなくなってしまう確率が高まるだけです。ヘタな理由は余計に話がややこしくなる可能性が高いです。やはり正直に「どうしてもガールズバーでは働けない」ということを素直にお店側に伝えるのが一番だと思います。ただお店によっては簡単には辞める意思を受けてくれない場合もあると思います。そういう時は、週の出勤回数を減らして数ヶ月はまだ働くとか、後2週間は勤務するから、そこで必ず辞めさせて欲しい等、できる限りの妥協案で、お店の人に何とか納得してもらうようにしてみるのも1つの手だと思います。

今まで5店舗以上のセクキャバで働いたけど、思うようなお店で働けない・・・。

セクキャバは、自分の為だけに求人募集しているわけではない

どこかに自分に合うセクキャバのお店があると思っているかもしれませんが、セクキャバは、自分の為だけに求人募集しているわけではありません。お店は自分の為に存在しているわけではありませんので、自分が合わないと思ってもお店のルールに合わせなければいけない部分があったりするのは当然です。不満の出ない職場はないのです。

自分がセクキャバで働く時に長く続かない理由をお店のせいにしていないか

もしかしたら思うようなお店で働けないということを理由にして、自分がセクキャバで働く時に長く続かない理由をお店のせいにしていませんか?もしそういう気持ちで求人に応募し採用されたとしても、いつまでもどこのセクキャバへ行っても長く続かないと思います。100%満足できる環境で働くことは色々な求人を探してもなかなか難しいものです。例えば自分がなかなかうまく稼げていないとします。色々な理由が考えられると思いますが、仮にお客さんも他の女の子のことも考えない、自分の独りよがりな接客や営業が原因だったとします。基本的にお店のスタッフは、お店の売上やお客さんの入客具合・満足度など、経営に関することを中心に考えます。その上で必要なキャストである女の子を考えるのですから、自分の成績やポイントのことを最優先で考える女の子個人をお店の経営度外視して考えるはずがありません。それで不満に思って同じお店で働けないといっても、それは正統な理由にはなりません。お店に問題があるのではなく、自分自身に原因がないかを考えてもみましょう。

どんなに不満を持っていても、同じお店で成績を残している女の子も居る

セクキャバで働く女の子は多かれ少なかれ、自分の働いているお店に対して不満はもちろんあると思います。しかし、そんなお店でも長く勤めて成績を残している女の子もいるはずです。それは、我慢できた入り働く上で仕方ないレベルの不満だから働けているのではないでしょうか。逆に言えば、そういった女の子が居るのに自分は働けないのであれば、キャストとして劣っている面があると判断されても仕方ありません。辛い状況に置かれることはあります。どんな女の子でも、それを逆にプラスの方向に変化させて頑張ることができるかが稼げるかの差に関わってくるのではないでしょうか。本当にその人次第だと思う部分ですが、その後の結果は大きく変わるものです。

今働いているスナックを辞めてまたキャバクラに復帰しようと考えているのだけれど、ブランクがあっても大丈夫?

スナックとキャバクラの求人を比較

スナックとキャバクラの求人を比較すると、求人には書いてありませんが、キャバクラではお客さんについていない待機時間は時給が発生しないいわゆる「待機カット」があるお店も多いのですが、地域やお店によって違いはありますが、例えば時給1,200円~1,300円程度のスナックと比べたらキャバクラの方が収入は多くなると思います。稼げる金額を優先するのであれば、キャバクラ嬢として復帰するのも良い選択かもしれません。

水商売でブランクは気にしない

復帰する時に気になるのが、キャバクラで働く上でのブランクだと思います。正直、スナックで働いているという水商売経験が今でもあれば、それほど気にするほどのことではないと思います。スナックでも同じ水商売のお店で働いている分けですし、おそらくそういった復帰の経緯を考えている女の子であれば、大体は昔の勘を取り戻せると思います。
最初は新人のキャバクラ嬢みたいに緊張して上手く接客できなくても、きっとすぐに以前の勘を取り戻せると思います。

水商売で大事なのは接客

ブランクがあるにしても、スナックやラウンジで男の人の接客を続けていた接客経験や、過去にキャバクラで働いていた時にしていた接客経験は、復帰後でも決して無駄にはならないと思います。水商売で大事なのは接客です。
今までの接客経験が確かであれば、必ずブランクを埋めてフォローしてくれます。

未経験者が最初からキャバクラの高級店で働こうとするのって、やっぱり難しいこと?

高級店は誰でも働ける場所ではない

高級店の求人募集を選んだということは、働き甲斐があると感じたり、憧れやお金の面、色々な理由からだと思います。確かに高級店であれば、お金持ちのお客さんも多く集まる場所でしょうし、待遇の面でも給料の面でも他のお店と比べても魅力的なものだと思います。しかし、だからこそ誰にでもできるという仕事内容でもないのです。大袈裟かもしれませんが、高級店は選ばれた人が働ける場所という面もあります。

未経験が高級店に採用されるのは難しい

もちろん中には最初から高級キャバクラ店で働き始める女の子もいますが、それはほんの一握りの女の子だと思ったほうがいいです。高級店になれば、同じキャバクラでも接客も容姿も一定レベル以上のものが求められますし、その基準もかなり高いです。
やはり今までの経験や実績があった方が面接スタッフにも分かりやすく理解されますし、その分採用もされやすくなるというものです。「他のお店でナンバークラスだった。」「○○という高級店で働いていたことがある」など、経験と実績は相手を納得させるのにとても有効な手段です。
そういった面でも、一流を求める高級店であれば、面接段階であれば未経験だとかなりの容姿でないと採用は難しいかもしれません。

特別な理由がなければ、高級店以外のキャバクラも考えてみる

もし高級キャバクラ店で働きたい特別な理由がなければ、他のお店も求人の視野に入れて考えてみることも1つの手です。高級店でなくても、良いい成績さえ残せれば、高級店で働く以上の時給を稼ぐことだって可能です。高級キャバクラ店にこだわり過ぎずに、未経験であれば色々なお店の求人を探してもいいと思います。とりあえず色々なお店に体験入店してみるもいいでしょう。

学費を稼ぐ為にキャバクラで働きたいけど、仕事と勉強と勉強の両立は可能?

両立には強い精神力が必要

夜に働きながら昼に学校で勉強するとなると、もしレギュラーで1週間のうちほとんど出勤して仕事をしようと思えば、その分時間をキャバクラでの仕事に取られてしまいますし、学校の方はある程度はちゃんと学校へ行って出席しなければいけないものですし、キャバクラの仕事で二日酔いやストレスが溜まったとしても無理をして勉強しなければいけなくなる時がでたりと、かなり強い精神力が求められると思います。 「今日は昨日がしんどかったし、学校行くのやめよう・・・。」なんて風になってしまえば、ずるずると時間だけが過ぎてしまう危険性もあります。

両立している女の子も居る

もちろん、そういった状況でもちゃんと両立してやっている女の子も居ます。そういう女の子は得てして、夢を実現するためにはどんな努力も惜しまないタイプの女の子が多いです。基本的にそういう子は、必ずこれまでもそういう風にやってきたことがあるタイプなので、今までの自分自身の行いを振り返ってみれば、両立できるかどうかは自然と見えてくるのかもしれません。逆に、「今まではダメだったけれど、今回こそはやってやる!」って言うタイプの人は、なかなか両立が難しいタイプかもしれません。
ちゃんと1年2年先のことを考えて計画的に動けるのであれば、両立は少しでもしやすくなると思います。

周りに流されずに自分がやりたいことを貫く

厳しいですが、勉強する為にはお金も必要ですし、それを受けて勉強もしなくてはいけません。しかし、働いているキャバクラに居る女の子達は楽しそうに遊び回っていたりするところが目に入ると思います。そういう流されやすい状況の中で、自分がやりたいことをしっかり貫くことは、強い精神力を求められます。まずは簡単ではないということを覚悟すべきです。

1回でも体験入店をすると、お店から頻繁に勧誘されたりする?

勧誘されるのは人による

勧誘されるかどうかは、人によって違ってきます。やはり体験入店した時に印象に残る接客をしていたり、容姿が良ければ、お店も「この子はうちに欲しい」と思うでしょうし、その後も入店の勧誘をしてくる可能性が高いと思います。

お店側も欲しい人材は勧誘される

逆に、そうではない女の子の場合には、体験入店以降は連絡が来ないこともあります。タイプとしては、ノリのいい女の子や、体験入店中に指名を取る女の子はお店側も欲しい人材として勧誘されやすいです。もし、できるだけ多くのお店を見てから実際に入店するお店を決めたいと思っているのであれば、色んなお店に体験入店をする分、それだけお店からの連絡の量は増える可能性もあります。

求人応募の段階からあまり怪しいお店には体験入店をしないようにする

体験入店する際ですが、求人応募の段階からあまり怪しいお店には体験入店をしないようにすることは重要です。
大手の求人誌に求人募集を出しているお店や、しっかりとしたホームページを持っているお店であれば、家に直接電話してきたりするような無理矢理な勧誘をしたりするようなことはないと思います。

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool