30を過ぎて水商売をやっているアラサー女性は結婚できるのでしょうか?

実際のところ、アラサーの独身率はどのくらい?

近年の日本では未婚化、晩婚化という言葉を頻繁にニュースなどで見かけるようになりました。実際のところ、アラサー、アラフォー女性の結婚事情はどのようになっているのでしょうか?
国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集2012」によると、2010年の女性の平均初婚年齢は29.69歳でした。現在30歳前後の人たちの親世代が結婚した頃…1980年の女性はというと、25.11歳。30年の間に日本の女性の平均初婚年齢は4.58歳上昇しています。1980年にはアラフォー女性の約9割、アラサー女性の約8割が結婚していましたが、30年後の2010年になるとアラフォーは約7割、アラサーになるとほぼ5割と大きく減少しています。一方、未婚率を見ると、アラフォー女性の5人に1人、アラサー女性のほぼ2人に1人が未婚です。「40歳・独身」というのはいまや珍しくありません。
これは、女性がより社会で活躍できる場が増えているということでもあります。水商売に限らずどの職業にも共通して言える事ですが、仕事にやりがいを感じているとどうしても恋愛面がおろそかになるものです。無理矢理恋愛をする必要はありませんが、先々の事を考えた計画が大切なのです。

既婚者の女性が現在の夫と出会ったきっかけとは

未婚の女性で「結婚したいけれど相手がいない」「どこに出会いがあるの?」と感じる人は少なくないそうです。将来自分の夫となる人との「出会い」は一体どこにあるのでしょうか。
某研究所で2011年に実施した「女性の幸せに関する意識調査」の、25~44歳のアラサー、アラフォー既婚女性の「夫との出会いのきっかけ」に対する回答結果によると、「職場・仕事関係」が約4割と圧倒的に多く、「友人などの紹介」「大学等(短大や専門学校も含みます)」と続き、これらの3つのきっかけで出会った人が全体の65.2%を占めます。遠くの親類より近くのナントカ…まずは、近くにいる異性や友人との関係を見直してみることが「出会い」の近道となるかもしれません。
さらに、最近では「復縁婚」なるものもしばしば耳にします。30歳を過ぎてから人との関係を一から築くのはなかなか大変。そうなると、やはり自分の事を良く知ってくれている昔の恋人がよく見えてくるのだとか…。離れてみて分かる事も色々とあるのかもしれませんね。

増えつつある「ネット婚活」とは

最近ではパソコンだけでなく、ケータイやスマートフォン等で誰もが気軽にインターネットにアクセスできるようになり、FacebookやTwitter、mixiなどのSNSも世代を問わず身近なものになっています。
ブログやSNS内のコミュニティーを通じて趣味の仲間を見つけたり、懐かしい友人と再会したり…という経験がある人も珍しくはないでしょう。
20代の頃は頻繁にあった飲み会のお誘いも30代になると急激に減ったと感じた事はありませんか?出会いがないと感じたら自分から動いてみましょう。インターネット上でのやり取りの良いところはサイト内の情報で出会う前から相手のある程度の人柄や趣味がわかること。これで「お付き合い」や「結婚」への後押しになっているものと思われます。一昔前は「出会い系」などと呼ばれ少々危険な感じもありましたが、ある程度人生経験を積んだアラサー・アラフォーの女性は男性を見分ける力もついているはず。特に水商売を経験していれば尚更です。
個人情報の取り扱いや安全面等に配慮する必要はありますが、インターネットの各種サービスを賢く利用してみるのも「出会い」や自分の世界を広げるきっかけになることでしょう。

今度、おっぱいパブに初めて行くのですが、実際どんなところなんでしょうか?

おっぱいパブは、キャバクラよりセクシーなサービスが受けられるお店

簡単に言えば、おっぱいパブとはキャバクラのようでキャバクラでは出来ないセクシーなサービスを受けられるお店です。キャバクラの感覚も味わえてちょっとエッチなこともしたい時にピッタリです。

おっぱいパブによっては、よりカゲキなサービスも

おっぱいパブによっては、セクシーなサービスといっても、キスや舐め行為が出来たりするおっぱいパブもあります。他にも下半身のタッチまでアリというおっぱいパブまであります。

1セットの時間はおっぱいパブによって違う

おっぱいパブはキャバクラと同じく1セット制の料金システムが主流です。しかし、同じ1セットでもおっぱいパブによってその時間は多少違います。1セット40分のお店もあれば、1セット50分のお店もあります。
事前にホームページや情報誌などで確認すれば安心です。

「常時おさわり」のおっパブって、どんなところなの?

「常時おさわり」のおっパブのポイントは、セクシーなサービスを存分に味わえるところ

「常時おさわり」のおっパブのポイントは、他のサービスシステムのおっパブよりも、セクシーなサービスだけに専念して存分に味わえるということです。時間内ならいつでも好きに女の子をおさわりできるので、時間内ずっと女の子の足をスリスリしていてもOKです。存分派のお客さんは、常時おさわりを選ぶと良いでしょう。

時間内なら、いつでも好きにおさわりできるのが「常時おさわり」のおっパブ

「常時おさわり」とは、その名の通り時間内ならいつでも好きに女の子をおさわりできるシステムのことです。オールタイム制と言ったりもします。

常時おさわり以外のおっパブもある

常におさわりできる常時おさわり以外にも、他のシステムで営業しているおっパブもあります。定期的な時間を区切っておさわりで切る時間を分けている「ダウンタイム制」、サービス事に追加で料金を払う「チップ制」等があり、好みで分かれるところだと思います。

東京都内のおっぱいパブの時給はどれくらいなの?

東京都内のおっぱいパブだから時給5000円もある

都内でも、新宿や池袋とその他の地域で比べると時給相場はかなり変わります。それでもやっぱり都内のおっぱいパブですので、神奈川や埼玉、千葉などの東京の近くで働くよりは時給相場は比較的高いです。
お店によっては時給5000円で求人募集しているので、同じ時間稼ぐのなら時給の高い方がいい!という人は、地域も考慮して求人を見ましょう。

昇給制度もあるから時給10000円も夢じゃない

東京都ない関係なく、おっぱいパブでも昇給制度はもちろんあります。
おっぱいパブの昇給制度は昇給上限を設けていない店舗もありますので、稼ぎ方頑張り方次第ではおっぱいパブで時給10000円も夢じゃないかもしれません。

頑張っているかいないかが給料にダイレクトに反映されるのがおっぱいパブ

頑張れば頑張るほど稼げるシステムのおっぱいパブでは、逆に言うと頑張らないで適当に働いた場合はお給料にかなりの差が付くということになります。
もし時給5000円だとしても、出勤日数や時間が少なかったり、指名やドリンクなどの昇給に関わるものが取れていなければ、せっかくおっぱいパブで働いている意味がないくらいの給料で終わるということも考えられなくもありません。

おっぱいパブの接客の仕方ってどんな感じで接客するの?

基本的におっぱいパブの接客はキャバクラと同じこともする

基本的におっぱいパブでも接客はキャバクラと同じことをします。お客さんの席に付いて会話をしたりお酒の相手をすることにキャバクラとの接客の仕方に差はありません。
ただし、お店によっては席の着き方やお酒の作り方などは、セクキャバのお店それぞれによって違う部分はあります。

おっぱいパブ最大の接客サービスはボディータッチ

おっぱいパブ最大の接客サービスといえばボディータッチOKなことです。普通のキャバクラなら、ボディータッチはNGとされていますが、それがセクキャバなら出来てしまうのです。

セクシーなサービスで人気が変わる部分がある

人気の条件として、キャバクラだと容姿や会話だと思いますが、セクキャバでの人気条件には、その他にセクシーなサービスが加わります。セクシーを売りにしているのですからセクシーなサービスで人気が変わってきてしまうことはあります。
うまくツールとして利用できれば、容姿や会話に自信がなくても人気になれる可能性はあります。

おっぱいパブの衛生管理状態って安心できる?不衛生なことってない?

衛生管理はおっぱいパブのお店によって管理意識の差が激しい

衛生管理はおっぱいパブの店舗によって、管理意識も気を付けている事も激しく違います。ちゃんと衛生管理をしているお店であれば消毒液・うがい薬・爪切りなどの衛生備品を常備していますし、あまり衛生管理に意識をしていないお店では爪切りもないくらいです。やはり衛生管理はちゃんとしているに越した事はないので、面接や体験入店などでそのおっぱいパブの衛生管理状況を見てみましょう。

キス・下半身タッチOKのお店であれば性病の心配も出てくる

おっぱいパブによっては、キスや下半身タッチOKのお店もあります。やはりキスや下半身タッチなど、お客様との接触が高まれば性病の心配も高まります。
衛生管理品がちゃんとあるお店なら予防できますが、ちゃんとしていないお店であれば性病の予防をすることは出来ません。
キス・下半身タッチOKのお店であれば、衛生管理はさらに厳しく必要です。

お店だけに頼るのではなく自己管理も大切

もし自分の働くおっぱいパブが衛生管理の整っているお店だとしても、お店だけに頼るのではなく自己管理は必要です。お店と自分のダブルで衛生管理が出来ている方がより万全です。
自己管理は本当に大切です。

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool