ホストにモテる女性とはどのような人なのでしょうか?

「ありがとう」や「ごめんなさい」がちゃんと言える素直な女性

ホストクラブなんだからホスト達から何でも“してもらうのが当たり前”という女性も中にはいます。実際、女性はお客様なわけですからおもてなしを施してもらって当然なわけですが、逆を言えばちょっとしたことで“ありがとう”が言える人はホスト達からのイメージがアップします。
ホストとお客様との間には金銭が絡んでいるので、何かしらのトラブルは生じやすいかもしれません。例えば何か担当のホストとケンカした時に自分の悪い所はちゃんと謝れるような女性も好感度が増すのではないでしょうか。
確かに女性はお客様ですし、ホストとも金銭が絡んでいる関係上求めるものも多いでしょう。しかし、何かを求める前にまずは信頼関係が必要です。ちょっとした時に感謝や謝罪の気持ちが伝えられるようになると好印象の持続力はさらに長持ちするのではないでしょうか。

絶妙なタイミングで気遣いができる女性

自分でお酒の量をセーブできたり、相手のホストの仕事のことを考えることができる女性や、「飲み過ぎた?大丈夫?」と声をかけてくれる女性は好感度がいいようです。
会話の中でこのようにさりげない気遣いのセリフを挟んでラリーができる女性は、たいていどの場面でも気遣いができるのではないでしょうか。
また「お疲れ様」などと、相手の仕事が終わった時間の絶妙なタイミングで連絡を入れるのも効果的です。
気遣いとは考えたらうまくできなさそうですが大切なのはホストとお客様という立場関係なく、一緒に楽しい時間を過ごそうという気持ちを持つことが大切だということです。

一般的な常識を持っている女性

ホストクラブという空間は、女性をお姫様扱いしてくれる非日常的な空間です。女性はお金を払えばたくさんの男性が最高のおもてなしをしてくれるでしょう。しかし、ホストとは言え一人の男性です。あまりにも上から目線でワガママだったり、お酒の飲み方が分かっていない女性に惹かれることはまずありません。
他の席にいる女性の悪口やヘルプのホストにキツくあたるという行為は避けましょう。こんなことでストレスは発散できませんし、なにより言っている本人のイメージが悪くなってしまいます。
もちろん女性はお客様なので、過剰な気を使う必要なもちろんありません。しかし、みんなで笑って楽しいお酒を飲めるようなホストクラブの使い方ができる女性になる事ができれば、ホストからの印象も必然的にアップするのではないでしょうか。

気になるホストが営業か本気なのかを見極める方法はあるのでしょうか?

目が笑っていてふざけた感じの笑みを投げかけてくる

作り笑いと下心がある笑いと、本当にあなたのことが好きな笑いって何が違うと思いますか?それは“目が笑っているかいないか”です。
例えば、かわいい仔犬や赤ちゃんを見たら純粋に目が笑ってしまいませんか?それと同じで優しそうな目線でホストの彼の目が笑っていたら、かなりあなたのことが好きな証拠です。
さらにちょっとふざけた感じの笑みを投げかけてくるホストは、チャレンジが好きな人です。簡単に落ちない女性を追いかけるのが好きなタイプなので、もし彼に興味があるのならすぐに捕まらないようもったいぶってみるのも彼の本性が出て来るのではないでしょうか。
しかし、男性だって好きな女性と冗談を言い合って大笑いすることはありますが、毎回毎回ガハハ笑いだったら残念ですがそのホストはあなたのことを指名客としか思っていないサインです。

女性との距離感でホストの本心を探ってみる

誰だって嫌いな人に顔を近づけたいとは思いませんよね?相手のホストがあなたより背が高い場合、話している時に彼の頭があなたに向けて前かがみになっているなら青信号です。仮に彼があなたより身長が低くても、好意があるなら顔を近づけてくるでしょう。
逆に、男は本能的に好きな女性に下半身を近づけたいと思っているので、そのホストがあなたの側に立っている時やハグをする時に腰が引けているなら、あなたに恋愛感情がない証拠です。
彼が無意識のうちにしてしまう仕草や表情で判断して、望みのないホストに貴重な時間を費やさないようにしたいものですね。

男性は言葉よりも仕草や行動に本音が出る

しゃべる前には、口から出る言葉をある程度選んでから発しますが、意外と無防備になりがちなのが仕草と表情です。
一般の男性はカッコつけて自分の気持ちを素直に語らないことが多いのですが、ホストという職業は女性との会話が仕事になっているので、甘い言葉をたくさん言われたとしても、このことだけであなたをどう思っているのかを判断するのは至難の業でしょう。
彼からの一言一言に一喜一憂するのではなく、無意識にやっている行動や仕草をよく観察して本当の気持ちを判断してみてさいね!

どうしても苦手なお客様への対応はどのようにしたらいいのでしょうか?

生理的に合わないかも!?と思ってしまう苦手なお客様

夜のお店はお酒を提供する場ですが、お酒が入ると人格が変わってしまう人がいます。さらに、大声で怒鳴り散らしたりしまいには説教をはじめたりする人も中にはいます。
何でそんな事するのか…?それは怒鳴り散らす事や説教をする事で、ストレス解消をしているのです。どのホステスが着いてもそのような態度だと、その確率が非常高いようです。また、飲み慣れているお客様の中には新人ホステスを育てるのが好きなお客様もいるので、親心のようなものから色々言われる場合もあります。 とにかく普段できない事を、お金を払う事で解消している場合が多いです。そうじゃなければ何度もお店に来ませんし、気に入らないお店や女性だったらそもそも飲みになんて来ないからです。つまりホステスの高いお給料の中には、そのようなお客様からのお小言にもガマンして耐える料金も入っていると考えていいと思います。

気難しいお客様への対処方法

気難しいお客様の接客は疲れるので避けてしまうホステスが多いですが、 お客様も自分が気難しい事くらいは分かっているのです。 それでも自分に付いてきてくれる、というその気持ちがどこまで本当のなのかあえて試しているのかも知れません。実際、女性の事を信頼したそのようなお客様はとても良いお客様に変化したりするのです。
夜のお店は、スタッフ、ママ、お姉さん達から試される場面というのがあります。 そこをどう乗り切るか、切り替えすかでホステスとしての才能や素質を見られているのです。 嫌な事があるからとすぐ訴えるのではなく、そのような場面をうまくクリアできれば周りからの評判もさらにアップするでしょう。
気難しいお客様はどのお店にもいます。しかし気難しいと言われているお客様にこそ愛情持って接するべきなのかも知れません。

お客様の前でホステスである為の心構えとは

ホステスは女性特有のお仕事です。 外見をより女性らしく華やかにする必要があります。 お店やお給料によっても、ホステスとして求められるレベルの差がありますが、 「女性らしく」というのは、全てのホステスにおいて共通して求められるものです。
この女性らしく、というのは仕草であったり言葉遣いであったりするわけですが、 これは最初はできなくても、 色々なお客様と接して行く事で段々磨かれていくのです。
このような仕草や振る舞いは、意識的に女性らしさを演出しても限界があり、やはり自分が内面から女性らしくなろう、という気持ちがなければ所詮それは形だけのものになってしまいます。自分で努力しているつもりでも、相手に伝わらなければ結局それは自己満足なのです。
気持ちを込めたおもてなしでなければ、当然相手の心には響きません。上手くできなくても、心を込めるというのが何より大切です。

振り回されるのも嫌じゃない?…ホストの思わせぶりな態度はどうやって見極めたらいいのでしょうか?

ホストクラブでよく使われている「本営」と「友営」とは

ホストクラブへ居酒屋感覚で通える女性はごくわずかなのではないでしょうか。
一回飲みに行けば万単位のお金を使うことになりますし、イベントなどでは特別にシャンパンや高級ボトルでお祝いしてあげるなんてこともしばしば…
ホスト側もその金額に見合った接客しなくてはなりませんし、お客様によって営業方法を変えています。
みんなでワイワイ飲んで楽しみたいお客様には「友営」と呼ばれる方法で営業をかけます。時には女性の相談に乗ったりしてまるで男友達のように接し、身近な存在に感じてもらうのです。一方、さも付き合っているかのような感覚で営業をかけることを「本営」と言い、恋人のようなメールや電話をしてお客様との距離を縮めていきます。

一度も指名していないのに、休日デートに誘われた!!これはいわゆる育て?

初回で飲みに行った先のホストと連絡先を交換し、やり取りを続けているうちに「休日どこか遊びに行こう」とデートに誘われた!!まだ一度も指名してないし、正直飲みに行くお金もないので外で会うのはなんだか悪い気がする…こんな経験をしたことのある方もいるのではないでしょうか?
初回から次の本指名へと繋げるのはホストにとって腕の見せ所な訳ですが、やはりお金が絡んでいることもあり女性は警戒しがちです。そこで、休日など自分のプライベートな時間を使うことで警戒心を解いていくのです。これをホスト業界では「育て」と呼びます。そして警戒心がなくなったところで初めてお店に呼ぶのです。
しかし、中には営業関係なく「趣味カノ」として本当にデートに誘われている場合もあるようです(笑)
何を考えているのか分からないと最初からガチガチの警戒心で挑むのではなく、誘われたら素直にお誘いに乗ってみるのも何か新しい発見があるかもしれませんよ!

ホストから家に行きたいと言われた…、その真意とは?

女性の家に行きたがる男性はなにもホストでなくてもたくさんいるでしょう。女性側も気になるホストから家に行きたいと言われればさらに親近感が湧く気がして、ついつい招いてしまいたくなりますよね。
しかしホストがこのような言葉を発する時は、次へ繋げる営業のため、または自宅よりもお店から近いなどの理由で単なる宿目的で女性の家に行きたがる場合がほとんどです。特に色恋営業をしているホストはやたら家庭訪問をしたがりますが、あまり自分のプライベートな領域に招くのはオススメしません。あくまでもお店の中で楽しむというスタンスを崩さないようにするのがホストクラブをうまく楽しむコツなのではないでしょうか?

担当のホストにクリスマスプレゼントを渡したいのですが、何がいいですか?

ホストがよく身につけるアクセサリーとは

仕事中も身につけていられるものといえば、アクセサリーですよね。はたして、ホストな男性たちはどんなアクセサリーを愛用しているのでしょうか。
多くのホストのファッションに見られるのは、まずはブレスレット・リング・ネックレスといったところでしょう。もう少し凝ったコーディネートをしているホストが身につけているのはカフスやタイピンなど、ふとした時に見えるアクセサリー類です。
しかし、最近のホストはキラキラしたスーツよりもより私服に近い服装をしているホストも見受けられます。とはいえ、やはりアクセサリーはやはり一番渡しやすいプレゼントなのではないでしょうか?担当ホストが普段どのようなアクセサリーを身につけているのかチェックしてみましょう。

物をあげる代わりに、お店で高級ボトルを卸す

何をあげたらいいか迷った時に最も手っ取り早く喜んでくれるものといえば、やはりシャンパンや高級ボトルなどの酒類ではないでしょうか。むしろ、物よりもボトルを入れてくれた方が喜ぶホストもいると思います。
身につける物をプレゼントしたとしても、そのホストが常に身につけてくれるとは限りません。でしたら、お店に行けばテーブルに飾っておくことのできる高級ボトルをたまにはプレゼントするのもいいのではないでしょうか?

プレゼントはインパクトが大切

男のひとだって、キャバクラやガールズバーに楽しく飲みに行くんだから、女性だってホストクラブに行って悪いわけがありません。
それに、店員とお客とはいえ、そこはひとりの男と女。いつの間にか、恋人同士に発展するということもあるでしょう。
そんなホストな彼は、クリスマスはお仕事かもしれません。ですが、せめてクリスマスプレゼントは贈りたいですよね。
お酒にしろ、アクセサリーにしろ彼の思い出に残るようなプレゼント選びをしてみましょう。

ホストの求人情報にうたい文句で書いてある身一つで入店可能とは本当ですか?

即入寮可!!ホストクラブの寮に入るには

ホストとして歌舞伎町で挑戦してみたい!!ホストを経験したら、一度はそんな野望を抱くかもしれません。しかし、水商売の人が住む場所を確保するのはなかなか至難の業…まとまったお金もない…現在歌舞伎町で働いている現役のホストのみなさんはどうしていいるのでしょうか?
ホストクラブの求人に「即入寮可!!」などと書かれた求人広告を見たことはありませんか?このように、多くのホストクラブには新人のための寮が設けられています。お店から近い場所に3LDKほどのマンションをお店が借り上げ何人かのホストに寮として提供するのです。
寮には必要な家財道具も揃っているので、早ければ面接したその日から寮に入り働き始めることが可能です!

髪型は自分でセットしないといけないの?

水商売をしている人は、一般の人よりも特徴的な髪型をしていますよね。
自分自身が売り物の商売ですから周りの誰よりもキレイに、そして目立たなくてはなりません。
中でも重要視したいのが服装と髪型ですが、髪のセットを自分でするのはなかなか難しいのではないでしょうか?
歌舞伎町やホストクラブのある大きな繁華街には、セット専門のヘアサロンがたくさんあります。
出勤前にそのお店に行き、セットしてもらいましょう。また、お店でヘアメイクの会社と契約している所もあり、その場合はお店の中でセットしてもらえます。料金はお店がもってくれる所もあれば、給料から引かれる場合もあるので、入店前によく確認しましょう。

着るものがなくてもOK!!高級スーツの貸し出し

髪型と同じくらい大切なのが着るもの。リクルートスーツはアウト!!ホストと言えばキラキラのスーツが定番ですが、最初から一式揃えるのはやはり費用がかさみますよね。
しかし、求人情報の「身一つで上京OK」と書かれていれば、もちろん入店時に自分のスーツがなくても大丈夫!ほとんどのお店がちゃんと貸し出し用の高級スーツを用意してくれています。
さらに、最近では私服でもOKなお店も増えてきました。私服といってもお客様の前に立っても恥ずかしくない程度の物ですが、スーツよりも比較的揃えやすいかもしれません。どのレベルの物を着たらいいのかは、周りの先輩ホストの服装をよくチェックしてみましょう。

お金を払ってチャットを続けていれば目当ての女性と結ばれますか?

あわよくば精神で出会いを求める男性もいる

普段からライブチャットサイトでチャットレディとの会話を楽しんでいる男性は、少なからずチャットレディと実際に出会いたいと思っている人がいると言えるでしょう。
しかしあくまでもライブチャットサイトの定義としては、バーチャルな空間での楽しみという位置づけであり連絡先などの交換は禁止しているサイトが多いようです。ただ、それでもツーショットチャットなどでは基本的にお客である男性とチャットレディとのマンツーマンのチャットとなりますので、その際に連絡先などの交換を希望する男性は少なからずいるようです。
サイト内で働く多くのチャットレディが本当にごく普通の女性でありますので、もしかしたらいけるかもしれないという下心を持って足繁くチャットをしにライブチャットサイトにログインする男性もいるようです。

女性側も出会いを求めているのか

実際のところは、このようなライブチャットの中でインターネットの枠を超えてチャットレディとリアルで出会う事ができるものなのでしょうか。
もちろん気が合えば出会えることもあると思います。しかし、お客である男性があわよくばという下心を持っているのとは対照的に多くのチャットレディはあくまでも実際に男性と会うことなく仕事ができる、ということにメリットを感じてチャットレディのお仕事をしているケースが殆どであるようです。実際に出会うチャンスはまったくゼロではないものの、あまり現実の出会いを求めているという女性ではないことが多いと言えるでしょう。
またチャットレディはあくまでバーチャルでありますので、パフォーマンスをする際にすべて本当のことをさらしてチャットレディの活動をしなくてはならない、ということもありません。本当は専業主婦で子育て中だという女性が、独身といつわってチャットレディをやっていたり、多少の年齢の詐称などをしてチャットレディをやっているケースもありますので、もとから実際に出会うつもりや期待がないという表れであることがわかるのではないでしょうか。

女性がなぜライブチャットサイトで働いているのかを考える

上でもお話した通り、実際に接客するキャバクラとは違ってチャットレディのお仕事はインターネット回線を通じてのあくまで「チャット」だからということが、高い安全性があるとしてメリットと感じている女性がほとんどだということです。
実際に会わなくてよいチャットがお仕事であるチャットレディだからこそ、その仕事に魅力を感じているということが少なくなく、ライブチャットサイトを利用している男性には酷ですが、チャットレディと実際に出会えるチャンスの期待は薄いといってもよいのではないでしょうか。
このようにチャットレディのお仕事は、ネットの枠を超えて男性から連絡先の交換の希望や実際に出会いたいというお誘いがあることも多いのですが、もちろん会う必要はなくまた自分の身を守るためにもお客さんとはあくまでもバーチャルな関係で居た方がよいようです。

アダルトのライブチャットはどのくらい稼げるのでしょうか?

アダルトとノンアダルトの違い

ノンアダルトとは、お客さんと会話するだけのお仕事の事を言います。一見簡単そうに見られますが、お客さんを会話だけで繋ぎ止めなければならないので意外と難しく、会話を長く続けるための高いコミュニケーション能力が必要となります。
また、パーティーチャットで同時に複数のお客さんを相手にして短時間でも高収入を稼ぐことができるアダルトとは異なり、お客さんと2人きりで会話する2ショットチャットと呼ばれる機能がメインとなるので、高収入を稼ぐためには会話の時間を伸ばしていくほかありません。
一方アダルトなライブチャットは、会話だけに限らず服を脱いで裸を見せたり、自慰行為を見せたりと、性的なサービスをするサイトになります。過激なサービスだけに負担も大きいように感じますが、チャットレディの中では最も人気のあるカテゴリになります。
人気の理由は、会話だけのノンアダルトサイトに比べて、演出で誤魔化せるのでコミュニケーション能力に自信のない方でも簡単に稼げる点や、同時に複数のお客さんを相手にするパーティーチャットや覗きが盛り上がるので短時間でも高収入を稼げる点などが挙げられます。(パーティーチャットや覗きでは、時間×参加人数=報酬となるので、参加人数が多ければ多いほど比例して稼ぐことができます。

実際に触られないけど、本当に需要はあるの?

インターネットが当たり前になった近年、ネット上には魅力的なサービスが多いです。中でも、特にアダルトサイトの人気は高く需要はとても高いようです。
アダルトのライブチャットもその中の一つで、チャットレディーとリアルタイムで会話しながら楽しめるサービスは年々人気を増してきています。
このライブチャットは、アダルト動画をただ眺めて楽しむというわけではなく、実際に話して相手の反応を映像で見る事ができます。男性であれば、ものすごく興奮できる体験なのではないでしょうか?また、実際に相手と会うわけではないので、恥ずかしがりの人でも楽しめるというところもポイント!
こうしてアダルトのライブチャットは最高に楽しめるサービスの一つな訳ですが、一つだけが欠点があります。それは、料金が高いという事です。たった一晩で、何万も消えていくケースもあるようです。男性側がそれだけの課金をしているということは、女性は実際に会わなくてもそこそこ稼げるはずです。女性と接したいという男性の欲望は、それだけ強いという事なのではないでしょうか?

アダルト系チャットでのリスクとは

基本的にアダルト系チャットで長期間続ける事ができるのは精神的にタフでなければ難しいと言えるでしょう。 特に高い稼ぎのためにアダルトをやる場合、ビジネスだと割り切る事ができなければメンタル面で疲れてしまいます。 未婚で家族や恋人、友人にばれないか冷や冷やしながら、顔出しでなくても恋愛感情がない相手に自分の体を見せるという行為は慣れてしまえばどうとも思わないようですが、そうなるのは稀なケースです。お金のため、時給がいいからという言い訳ができるのはアルバイトやパートしている時より平均すれば稼げている場合のみです。 待機の時間が長くなり掛け持ちをしていても稼げなくなってきたりすると、ネガティブな要素に耐えられなくなってきます。 いくら強制ログアウトや拒否の機能があったとしてもカバーしきれない所はチャットレディの現段階のシステム上当然出てきてしまうのです。 普段の生活では確実に使われる事のない下品で暴力的な言葉を浴びせられたり、嫌な気持ちになるような酷い事も言われる事はあります。
いくら実際に会う事はないとは言え、やはり水商売のようにリスクは伴います。全てが紳士的で丁寧な優しいお客様ではないということを予め理解しておく事が大切です。

金遣いの荒い女は嫌われる!?金銭感覚の狂わないホスト遊びの方法とは?

普通の金銭感覚を忘れていないか確認してみる

ホストクラブで遊び慣れてくると、一回2〜3万の飲み代が安く感じてくることはありませんか?ホストに通う女性の中には、一度に何百万も使ったりする女性もいるので、数万円の飲み代が安く思えてくるのです。しかし、その金銭感覚を持つようになったら要注意です!!いざ、ホスト通いを卒業した時に、元の金銭感覚に戻すのは大変苦労するようです。
まず一番大変なのはそもそもその金銭感覚が狂っているという自覚がない事。例えばフレンチやお寿司などのいかにも高そうな外食を頻繁にして、さらにその写真をSNSにバンバン投稿していると、それを見た周りの人から“金遣い荒いな”と思われる恐れがあります。
平日ランチで1,000円というのもいただけません。“1,000円くらい……”とあなたは思うかもしれませんが、一般社会人の場合一食1,000円は贅沢。あなたが思っている以上に、周囲は価格にシビアなようです。

自分の見栄の為に大金を使っていないか思い返してみる

ホストクラブにハマるようになると、どんどんお金を使って遊びたくなってきます。指名している担当の為に、はたまた周りの女性よりもより目立てるように…などハマればハマる程、その欲は大きくなっていきます。要は周囲に対して見栄を張りたくなるのです。
ホスト遊びを知らない恋人や友達からしたら、この感覚はやはり距離をあけてしまう原因となり兼ねません。
例えば恋人や友人と食事に行ったときに、あれもこれもとはじめから注文しすぎないようにしましょう。もちろん本当によく食べる人で、“おいしい、おいしい”と注文したものをきれいに平らげるのであれば清々しいですが。注文するだけしておいて、“もう食べ切れな~い”と残すのは、日本ではマナー違反ですし会食者に与える印象も最悪です。食事は残すけど、お金があるから払えば問題ないというものではありません。
また、社会人ともなればバッグや靴など1点だけブランドものを身に着けているくらいなら、周囲からドン引きされることはないでしょう。しかし新作が出るたびに頻繁に買いかえているとなれば、間違いなく“金遣い荒い”認定されてしまいます!もう一度身の回りの物を見返してみましょう。

自分なりのルールを決めて飲みに行きましょう

ホスト遊びというお金のかかる趣味でも、高収入の女性がきちんと自立して生活をやりくりしながら楽しむのは別に問題ないでしょう。
しかし、一般社会の中で生活するOLや学生なのに金遣いが荒い女性はやはり嫌われるものです。消費税引き上げもなされた今、あなたの金遣いは周囲からしっかりチェックされています。
確かに、大金を使えばホストは使った分だけ優しくもてなしてくれるでしょう。普通の仕事をしてる女性が、この感覚になれてしまうと抜け出すのはなかなか難しいです。最初はいくらボーナスでやりくりしていても、いずれ限界が訪れます。最終的に自分の快楽を選んでしまえば、職を変えなくてはなりません。
また、金銭感覚のおかしな女性は結婚相手としてはもちろんのこと、恋人としてもNGと考える一般男性が少なくないようです。これでは将来の選択肢がかなり狭まってしまいます。
ホストクラブとは非日常なとても楽しい空間で、その居心地の良さについつい依存してしまいがちですが、うまく遊ぶコツとしてはやはり自分の身の丈にあったお金の使い方をするということです。一回に使う金額を予め決めておくなど、自分なりのルールを作って俗世間から完全に引き離されてしまわないように気をつけましょう!!

担当のホストのバースデーイベントでは何をしたらいいのでしょうか?

なぜホストはイベントになると必死に営業するのでしょうか

ホストクラブには、お客様獲得の為に毎月様々なイベントを企画しているお店がたくさんあります。
内容は本当に様々で、お客様が得するイベントやホストのコスプレイベントなど楽しめるないようになっていますが、ホスト側はというとただイベントの日に出勤すれば良いというわけではありません。これもお店によりけりですが、イベントごとに指名や売り上げノルマが課せられていてそれをクリアできなければその月の自分のお給料に支障が生じてしまいます。
特に自分のバースデーイベントとなると、周りからのプレッシャーやそれに伴うプライドも加わってきますので、ホストも必死なのです。
確かにこうしてイベントを開催すればお客様に対して口実もでき営業しやすくなりますが、毎週イベントを開催しているお店はだんだんお客様の負担にもなってきてしまいます。
まずは、イベントはお客様にいつも以上に楽しんでもらう日だという事を念頭においておくのが大切です。

予定が空くようであれば担当のお祝いをしてあげるのは十分アリ!!

世間で数多くあるイベントの中でもバースデーイベントは一大イベント!!しかし、いざ担当のバースデーイベントをお祝いするといっても結局は何をしていいのかわからないかもしれません。そんな時は何をしてほしいか実際に担当に聞いてみるのもアリです。
確かに女性的な意見からしたら、サプライズで何かお祝いしてあげたいと思うかもしれませんが、どうせ大金を使うならどんなお酒を入れてほしいか、当日は来店予定も重なることが予想されますので何時くらいに来てほしいか…など彼のちょっとしたワガママに応えて上げちゃいましょう!
どうしてもサプライズをしてあげたいという場合には、ヘルプのホストにお願いして協力してもらうのも良いかもしれません。

バースデーイベントは常連さんばかり?初回は入れませんか?

バースデーを開催するホストクラブでは、指名のホストのがいるお客様以外は入店できない場合があります。従って、やや常連さんの方が多いように感じるかもしれません。指名のホストから直々にお誘いがあったお客様のために席が確保されています。
お目当てのホストやお店がある場合には、初回も入店する事ができるのかどうか事前に確認しておくと良いでしょう。しかし、ホストクラブは歌舞伎町だけでも何百店舗とあります。もちろんバースデーでも初回OKなお店もたくさんありますし、ホストクラブの紹介サイトなどをチェックしてみるのもいいかもしれません。

付き合ってから彼がホストだと知ったのですが、どうしたらうまく付き合って行けますか?

彼を信用しある程度の自由をあげる

彼との恋愛が始まって最初はドキドキワクワクだったのに、ふとした瞬間に不安になることはありませんか?しかも恋愛の相手がホストだったら尚更不安になってしまいますよね。
しかし自分が不安だからという理由から、いつもベッタリで彼を縛るような面倒くさい女になってはいけません。そもそも男は縛られるのが嫌いな生き物なので、自分からの連絡も控えめにして彼の仕事も尊重してあげてください。男は逆に野放しにされると、彼女を恋しがるもの。彼にあなたを恋しく思う時間を与えてみてはいかがでしょうか。

彼中心になりすぎて自分を見失わない

大好きな彼氏ができた途端に女友達と出かけてなくなって、自分の趣味もやめて彼氏一色の生活になってしまう女性も中にはいるはずです。
ですが彼が好きになったのは、仕事や趣味に一生懸命で友人や家族との時間も大切にするいつも忙しくキラキラと輝いているあなたなのです。ですから彼と交際が始まっても、そんなあなたを見失わないようにしてください。
相手はホストかもしれませんが、ホストの前に一人の男です。男に全てを合わせるような女性を、男性は尊重したり大事にはしないでしょう。

彼に癒しを与えられる女性になる

お付き合いが続いて行く中で、ただカワイイだけの女ではすぐに飽きられてしまいます。外見をキレイに保つことはもちろん大事ですが、それだけではダメ! カワイイうえに彼と楽しい会話ができて、いつも彼を笑わせられる女でいれば、彼があなたに飽きることはありません。
笑いは癒しです。ホストは普段からたくさんの女性と接する仕事ですが、プライベートな時間は逆に癒してほしいはず!
彼の事を考えて不安になるのではなく、彼と一緒にいる時間を最高に楽しく過ごすことを考えておけば、必ず次へとつながるのではないでしょうか。

学生の時にアルバイトでホストとして働くと、後々の就活に響きますか?

世間から見た「ホスト」のイメージとは

近年、様々なメディアに取りただされるホストクラブ。一時期よりかは減った気もしますが、それでもやはり特集が組まれれば興味本位で観る方も多いのではないでしょうか?
メディアに出る事で多少の偏見は減ったものの、「いろんな女性と会話する→女性関係が淫ら」という発想が未だ根強いようです。
テレビや雑誌などに露出するということは、もちろんそれだけ知名度も上がります。安易にホストという立場を利用し女性に近づいたところで話は尾ひれがついて広まり、自分の営業成績にも関わってきてしまいます。このようなことから、デキるホストほど「女遊び」というものについてそこまでの執着もないのではないでしょうか。

トラブルばかりが露出してしまう?

ホストの仕事のモットーは「決して安くはない飲食代に見合うような接客でお客様に満足してもらうこと」だと思います。
しかし、仕事にも慣れある程度稼げるようになってくると自分の貰うお給料のことしか考えられなくなり、だんだんお客様をないがしろにするようになってきてしまいます。このような一部のホストが、男性に依存しやすい女性に目をつけ多額の金額を使わせ、最終的には何かしらのトラブルに発展させてしまう…ということもしばしばあるようです。そしてこの事をメディアが大きなトラブルとして取り上げるたびにホストのイメージが低下するわけです。
自分のやっている仕事が、ある一部のホストのせいでマイナスのイメージがついてしまうのはとても悲しいことですね。

一度ホストになったからにはそれなりに目標を持つ事!

正直、ホストとして働き始めるのは他の仕事よりも比較的簡単だと思いますが、入り口が簡単なだけ思うように稼げるようになるには自分のやる気が重要となってきます。
期間的にも「将来は自分の店が欲しい」などという大きな目標や決意がない限り、長く続けられる仕事でもありません。
しかし入店する店を間違えなければ、普段は知り合う事のないようなお客様との出会いや接客マナーなどが学べたりとたくさんの事を吸収できるはずです。
ホストとして働くのであれば、貯金の目標金額や働く期間などを自分の中で決め、その中で思う存分働いてみましょう!

接客する際、苦手なお客様への対応はどのようにしたらいいのでしょうか?

生理的に合わないかも!?と思ってしまう苦手なお客様

夜のお店はお酒を提供する場ですが、お酒が入ると人格が変わってしまう人がいます。さらに、大声で怒鳴り散らしたりしまいには説教をはじめたりする人も中にはいます。
何でそんな事するのか…?それは怒鳴り散らす事や説教をする事で、ストレス解消をしているのです。どのホステスが着いてもそのような態度だと、その確率が非常高いようです。また、飲み慣れているお客様の中には新人ホステスを育てるのが好きなお客様もいるので、親心のようなものから色々言われる場合もあります。 とにかく普段できない事を、お金を払う事で解消している場合が多いです。そうじゃなければ何度もお店に来ませんし、気に入らないお店や女性だったらそもそも飲みになんて来ないからです。つまりホステスの高いお給料の中には、そのようなお客様からのお小言にもガマンして耐える料金も入っていると考えていいと思います。

気難しいお客様への対処方法

気難しいお客様の接客は疲れるので避けてしまうホステスが多いですが、 お客様も自分が気難しい事くらいは分かっているのです。 それでも自分に付いてきてくれる、というその気持ちがどこまで本当のなのかあえて試しているのかも知れません。実際、女性の事を信頼したそのようなお客様はとても良いお客様に変化したりするのです。
夜のお店は、スタッフ、ママ、お姉さん達から試される場面というのがあります。 そこをどう乗り切るか、切り替えすかでホステスとしての才能や素質を見られているのです。 嫌な事があるからとすぐ訴えるのではなく、そのような場面をうまくクリアできれば周りからの評判もさらにアップするでしょう。
気難しいお客様はどのお店にもいます。しかし気難しいと言われているお客様にこそ愛情持って接するべきなのかも知れません。

お客様の前でホステスである為の心構えとは

ホステスは女性特有のお仕事です。 外見をより女性らしく華やかにする必要があります。 お店やお給料によっても、ホステスとして求められるレベルの差がありますが、 「女性らしく」というのは、全てのホステスにおいて共通して求められるものです。
この女性らしく、というのは仕草であったり言葉遣いであったりするわけですが、 これは最初はできなくても、 色々なお客様と接して行く事で段々磨かれていくのです。
このような仕草や振る舞いは、意識的に女性らしさを演出しても限界があり、やはり自分が内面から女性らしくなろう、という気持ちがなければ所詮それは形だけのものになってしまいます。自分で努力しているつもりでも、相手に伝わらなければ結局それは自己満足なのです。
気持ちを込めたおもてなしでなければ、当然相手の心には響きません。上手くできなくても、心を込めるというのが何より大切です。

ホストクラブでシャンパンコールをやってもらうにはいくらのお酒を入れたら良いのでしょうか?

シャンパンコールをやってもらうには?

ホストクラブでは、シャンパンを入れるとホストが集合して「シャンパンコール」と呼ばれるこの業界独特のコールをしてくれるお店がほとんどです。落ち着いて飲みたい場合はもちろんコールを断ることもできますが、特に締め日にはこのシャンパンコールがあちこちの席で飛び交い、ライバル同士で熱いバトルが繰り広げられるのです。
シャンパンコールはホスト遊びの醍醐味の一つでもあります。担当のバースデーなど特別な日にはちょっと奮発してこのシャンパンコールを味わってみるのも良いかもしれませんね!

その店のホスト全員が大集合するオールコールとは

それぞれのお店にはシャンパンのランク付けがされていて、シャンパンコールのかかるシャンパンとそうでないシャンパンがあります。
またシャンパンコール自体にもパターンがあります。通常のシャンパンコールはある程度決められたホストしか集合しませんが、高額なボトルやシャンパンを入れた時にはその店のホスト全員が集まり通常よりも豪華なシャンパンコールが繰り広げられます。このシャンパンコールを「オールコール」と呼ます。
店内中のホストを独り占めできる訳ですが、同時にオールコールがかかっている間は他の席の女性はオンリーと呼ばれるホストがいない状態でコールが終わるのを待たなくてはなりません。すると、そんな状況に耐えられない女性がまた新たにシャンパンを入れるのです!こうしてホストクラブ特有の不思議な相乗効果が生まれたりもします。

他の店舗に差をつけるためのオリジナルシャンパンコール!

シャンパンコールはどのお店も同じというわけではありません。新しい店舗が増えれば増えるほど他よりも差をつけなくてはなりません。
各店舗それぞれ他のお店に差をつけるために、シャンパンが開封される前にダンスなどのパフォーマンスがあったりBGMもオリジナルで作成していたりします。
お客様の前で完璧なシャンパンコールを披露するために、ホスト達はパフォーマンスの振り付けを覚えるために営業前や休日の貴重な時間を削り練習に励みます。
ホストクラブでシャンパンを一本入れるのは値段的にも容易いことではありません。シャンパンコールには高いお酒を入れてくれたお客様に対する感謝の意味も込められていることを思いながらコールを見てみると、またひと味違った楽しみ方ができるかもしれません。

一人前のホストとして成功するにはどのような働き方をしたら良いのでしょうか?

いくら稼ぎたいのか計画を立てる

ホストとして売れるつまりお金を稼ぐには、まずいったいいくら稼ぎたいのかを明確にしましょう。
水商売は将来自分のお店を持ちたいなど、なにか明確な目標がない限りは長く続けられる仕事ではないと思いますし、だらだらと続けていても意味はありません。そこで、ホストとして働く中で自分の稼ぎたい金額の最終目標を決めるのです。ゴールが見えてくれば、毎月の目標額も決まってきます。
次に、その金額を達成するにはどれくらいのお客さんが必要なのかを考えてください。
例えば月収100万を稼ぎたいのなら、170~200万くらいの売り上げが必要になってきます。そのお店の平均客単価はいくらなのかを内勤さんや店長さんに聞いてみるのもいいでしょう。客単価が平均10万だとしたら200万上げるためには指名が20人必要になります。
この計算をして目標金額を金額を出したら、あとはその目標額を目指してひたすら仕事をしていきましょう。

定期的に来店してくれるお客様を増やす

毎月安定した売り上げを上げるには、大金を使ってくれる一人のお客様に頼るよりも定期的に来店しそこそこの金額を使ってくれるお客様を増やしましょう。
お客様を増やすには、既存のお客さんを育てるのもありですが、やはり無い袖は振れないので新規のお客様を増やすほうが効率がいいでしょう。
そしてお客様を増やすのは初回でついて連絡先を交換するのが一般的だと思いますが、店外でのキャッチも効果的です。
たくさんのホストが働く中で、初回の女性に自分の事をアピールするには時間が限られています。しかし、キャッチであれば自分のペースで話す事ができ、ある程度の印象を与える事ができます。
お客様を増やすには時間が必要ですが、こうして根気よく出会いを増やし定期的に来店してくれるお客様を増やし安定した売り上げを上げて行きましょう。

女性の扱い方を徹底的に覚える

女性はホストクラブの居心地の良さを感じると定期的に通うようになります。
居心地の良さとは、つまり女性を褒めていい気分にしてあげることが欠かせないと思います。
褒めるということはベタすぎてやらないホストが多いのですが、根拠のない会話術や笑いを取りにいくよりは、会話の中で女性を褒めたほうがよっぽど女性ウケは良くなります。容姿に自信のある女性には部分的な所(手や目など)を褒め、容姿に自信がなさそうな女性にはそのまま直球で「かわいいね」などと伝えてあげる事で、褒めてくれたホストへの好意が増します。
そして、お客様を繋ぎ止める為に最も欠かせないのがメールや電話などのマメな連絡です。
しかし連絡を取り合うのは大切ですが、都合が合わずになかなか会えないままだらだらと長い期間メールをしていると、お客様側も段々飽きてきてしまいホストの存在価値が薄れてしまいます。ですからなかなかお店に来てもらう都合がつかないお客さんとは時々、短い時間でもいいので直接会うなどしてみると良いでしょう。
重要なのは、お客さんを「ホストクラブに来る人」と認識してしまいがちですがその前に「女性である」という認識を持つことです。

0ヘルを卒業して売上として新しいお店に移るタイミングはいつがいいのでしょうか?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。
今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。
また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。
クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。
また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。
お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。
このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

0ヘルから売り上げのホステスになるにはどうしたら良いのでしょうか?

「売り上げ」と「0ヘル」の違い

クラブのホステスには3パターンの給料システムがあります。まず、全くお客様を持っていない未経験の新人ホステスは「0ヘル」と呼ばれ、決まった日給をもらい他のお姉さんのヘルプをします。そしてママやチーママと呼ばれるタイトルが付いているホステスは基本的には毎月の売り上げを店側との折半で受け取ります。もちろん普通のホステスで折半の女性もいますが、これは稼げる金額は大きいですがかなりリスクを伴うためにママやチーママの肩書きを持っていないがお客様を持っているホステスは「売り上げ」と呼ばれるシステムで毎月の給料を受け取ります。
中でも、売り上げも多少あるが自分のお客様がいない時は他席のヘルプにも付く「半売り半ヘル」と呼ばれる売り上げ兼ヘルプが一番多く存在しています。この場合だと日給も保証されますし、売り上げのノルマをクリアすればそれだけのバックも貰えるのでリスクはあまり大きくはありません。
売り上げのホステスになるには、お客様を持っているお姉さんが辞める際に譲り受ける場合と、お店、男性スタッフの係りを貰える場合位しかありません。

売り上げホステスのポイント

クラブで働く売り上げのあるホステス達は「個人事業主」として店舗と契約しそこで自分のお客様をおもてなしすることで売り上げを作り、そこから毎月お店に諸経費を払い残りをお給料として受け取るという仕組みになっています。
また、銀座には売り掛け制度がありお客様はツケで飲むことが可能です。 そのお客様の係りのホステスはツケを期限までに回収できないと、自分の借金となりお給料から引かれます。
お店とは入店前の面接でどのくらいの売り上げを出せるのかを聞かれると思いますが、その数字次第でノルマも変動してきます。
お店に入店する際に女性からお店に対して売り上げの約束をする「打ち込み」や、お店が入店する女性のキャリア話の中で得た情報の中から見込んだ売り上げの「見込み」と呼ばれる売り上げのノルマを決め、そのノルマをこなせない場合はお給料からペナルティとして差し引かれます。

安定した売り上げを稼ぐ為には

ヘルプから売り上げの女性を目指しているのなら、係りのお姉さんがいなくなるのを待つのではなくお店を変えるのが1番早いでしょう。ただ、移るお店はかなり厳選しなければいけません。現在のお店で獲得したお客様には次のお店との相性もありますし、移るお店に自分のメインのお客様の係りがいる場合などもあります。
しかし、ある程度の売り上げを作る事ができる見込みがあって移籍を考えるのは当然のことですが、自分の条件に見合った金額で働きましょう。面接の際に高額の日給を提示されることがあるかもしれませんが金額が高いという事は、それなりの事を要求されます。厳しいノルマは後で苦しくなってストレスや挫折のもとです。
目先の利益に飛びついてしまうのではなく、入店・移籍をしたらしばらくは腰を据えて働くのが大切です。

実は就活に有利?「キャバクラ経験のある女子学生」が就活に強い理由とは?

キャバクラは入店してからが大変

一見、綺麗なドレスを着て高いお酒を飲みながらお客様と楽しく会話するだけの華やかな空間に見えるキャバクラですが、実は入店してからが大変なのです。
ある程度ランクの高いキャバクラは時給はいいものの、入店してしばらくすると一人一人にノルマが課せられることがあります。また、ナンバー争いや不規則な生活などが続き、精神的にも肉体的にも疲労が溜まりやすくなります。
しかし、この厳しい環境で得られる物も多くあります。ある程度のまとまったお金はもちろん、様々な業界の男性との人脈が増える事で高いコミュニケーション能力も身に付くのです。このコミュニケーション能力が、女子大生には後々の就職活動で大きく活躍してくれることがしばしばあるようです。

キャバクラ経験者が総じて持っている、企業が求める「力」

就活生向けのセミナーでは、講師が一方的に話すだけではなく、学生同士をグループにしてディスカッションをさせたりする機会がよくあります。その際、経験豊富な人事担当者などは学生同士が話し合っている様子を見るだけでポテンシャルの高い学生を見つけるだけでなく、その学生が積んできた「経験」も見抜くことができたりするのです。
例えば、あるセミナーで非常に意見交換が活発で盛り上がっているグループがありました。そのグループは1人の女子学生を中心に、ほとんどすべてのメンバーが自分の意見を発表していたそうです。他のグループとは違い、ときには笑いも溢れながらお互いの意見を遠慮せず言い合っている…これは正に水商売の現場で培われた「コミュニケーション力」によるものです。元々の性格もあるでしょうが、実際彼女もグループの中で和やかな雰囲気を作りながら1人1人の意見を聞き出すなど、高いコミュニケーション力を発揮していたのです。

成果を出す人が持っている「コミュニケーション能力」

最近では男女問わず「一般職」に人気があるようです。出世して管理職になるコースではありませんが、総合職のように重い責任や業務を担うこともなく、ワークライフバランスを大事にして働けるイメージがあるのでしょう。
一般職人気が表すように、今の若者はあまり競争を好まず仕事で高い成果を出すことよりも、自分のプライベートを充実させたいという志向が強いのです。
キャバクラ経験者なら分かると思いますが、基本的に女の子の給料は指名料やお客様のドリンク料などの歩合で決まるといっても過言ではありません。つまり、自分が頑張った分だけそのままお給料として返って来るのです。
そのため、ただニコニコ接客しているだけではダメで、まずはいかに自分のファンになってもらうかを真剣に考えます。社会人とのトークを磨くためには新聞やニュースもチェックし、当然メイクの仕方なども勉強。そしてそれらの努力は数字として如実にフィードバックされるのです。
アルバイト経験のある大学生は多くいても、中でもキャバクラのように極端な「成果主義」の環境に身をおいたことのある学生はかなり少数なのではないでしょうか。学生時代に1度でも「地道な努力が成果に結びついた」経験をしている学生は、社会に出てからも必ず成果に対して楽しみながらコミットする。それを経験ある企業の人事担当者はよく理解しているのだと思います。

水商売の男性にモテる女性とはどのような人なのでしょうか?

「ありがとう」や「ごめんなさい」がちゃんと言える素直な女性

ホストクラブなんだからホスト達から何でも“してもらうのが当たり前”という女性も中にはいます。実際、女性はお客様なわけですからおもてなしを施してもらって当然なわけですが、逆を言えばちょっとしたことで“ありがとう”が言える人はホスト達からのイメージがアップします。
ホストとお客様との間には金銭が絡んでいるので、何かしらのトラブルは生じやすいかもしれません。例えば何か担当のホストとケンカした時に自分の悪い所はちゃんと謝れるような女性も好感度が増すのではないでしょうか。
確かに女性はお客様ですし、ホストとも金銭が絡んでいる関係上求めるものも多いでしょう。しかし、何かを求める前にまずは信頼関係が必要です。ちょっとした時に感謝や謝罪の気持ちが伝えられるようになると好印象の持続力はさらに長持ちするのではないでしょうか。

絶妙なタイミングで気遣いができる女性

自分でお酒の量をセーブできたり、相手のホストの仕事のことを考えることができる女性や、「飲み過ぎた?大丈夫?」と声をかけてくれる女性は好感度がいいようです。
会話の中でこのようにさりげない気遣いのセリフを挟んでラリーができる女性は、たいていどの場面でも気遣いができるのではないでしょうか。
また「お疲れ様」などと、相手の仕事が終わった時間の絶妙なタイミングで連絡を入れるのも効果的です。
気遣いとは考えたらうまくできなさそうですが大切なのはホストとお客様という立場関係なく、一緒に楽しい時間を過ごそうという気持ちを持つことが大切だということです。

一般的な常識を持っている女性

ホストクラブという空間は、女性をお姫様扱いしてくれる非日常的な空間です。女性はお金を払えばたくさんの男性が最高のおもてなしをしてくれるでしょう。しかし、ホストとは言え一人の男性です。あまりにも上から目線でワガママだったり、お酒の飲み方が分かっていない女性に惹かれることはまずありません。
他の席にいる女性の悪口やヘルプのホストにキツくあたるという行為は避けましょう。こんなことでストレスは発散できませんし、なにより言っている本人のイメージが悪くなってしまいます。
もちろん女性はお客様なので、過剰な気を使う必要なもちろんありません。しかし、みんなで笑って楽しいお酒を飲めるようなホストクラブの使い方ができる女性になる事ができれば、ホストからの印象も必然的にアップするのではないでしょうか。

ホストクラブの初回で行ったお店と同じお店にまた飲みに行きたいのですが…

ホストクラブでは必ず誰かを指名しないといけませんか?

お店に行った時に必ず誰かを指名しなくてはいけないというルールはありませんが、基本的にホストは指名を貰えてナンボの世界です。毎月のお給料やナンバー争いにも響いてきます。
ホストクラブに行く理由としてはそのお店で一緒に飲みたいホストがいるからというのがほとんどだと思います。
誰かの付き合いで通う場合もしも気に入っているホストがいるのなら、ぜひ指名してみてください。フリーで飲んでいても指名しないと目当てのホストがその席に着かない可能性もあります。

一度指名したホストを辞めて同じお店の他のホストを指名したい!!

最初こそ気も合い、また一緒に飲みたいと指名してみたものの…やはり何か違ったかもしれない!!
そんな時もあるかと思います。ホストクラブは基本的には永久指名制ですが、最近ではホストクラブでもメンキャバの指名形態を取っているお店も多々見受けられるようになりました。メンキャバは指名替えは自由。キャバクラと同じようなスタイルです。
しかし、指名替えは自由といえども同じお店で何回も指名替えをしてしまってはホスト同士のいざこざの原因にもなり兼ねませんし、何より自分自身がホストからの信頼をなくしてしまうかもしれません。万が一指名替えをするときは、一度内勤の人に相談してみましょう!

本指名のホストの他にもプラスで指名したいのですが…

本指名のホストとの会話も楽しいけど、いつもヘルプで着いてくれるホストとの会話も楽しい。
担当のホストが指名が被ってしまってなかなか自分の所に戻ってこられない時、あまり面識のないヘルプに着いてもらうとこちらも気を使ってしまいます。それよりかは気の知れたヘルプのホストと一緒に盛り上がって担当のホストを待ちたいものですよね?
そんな時は「ヘルプ指名」というシステムを使ってみましょう!その名の通り、ヘルプとしてのホストを指名するのです。ヘルプ指名を入れておけば、担当のホストが抜けた時にこのヘルプ指名したホストが代わりに席に着いてくれます。担当のホストにはなかなか言えないこともヘルプのホストになら話せるということもあるみたいです!
とにかく、その空間を自分が楽しく過ごせるように色々工夫してみましょう!

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool