春から初めて水商売をを始めたのですが、お客様との会話をうまく進めるコツってなんですか?

まずは相手に対してたくさんほめる事ができるようになるのを目標に!

初対面の相手に対して、親しくなりたい(指名が欲しい)とおもっているならまずはほめ上手になるのを目標にしてみましょう。ネクタイや髪型などの見た目を褒めたり、それに慣れてきたら今度は会話の中で褒められるポイントを見つけていきましょう。
しかし、やみくもに褒めすぎても相手の人には嘘っぽく伝わってしまいます。相手の人を褒めたいときは、相手がこだわっている部分を見つけて褒めるのがポイントです。
ファッションにこだわっている人ならファッションのことを褒め、仕事をがんばっている人なら、仕事のことを褒めましょう。ただし、上から目線で話さないようにしてくださいね!

会話の中からお客様との共通点を探す

ある程度会話のキャッチボールができるようになってきたら、話しているお客様と自分との共通点を見つけるのも盛り上がるポイントです。
趣味や同年代なら学生時代の話を投げかけて共通点を探すのです。人は何か同じだと感じる物があると不思議と親近感を覚えます。
万が一共通点がなくても大丈夫!お客様の興味のある事を聞き出し色々教えてもらってみてください。そして、次回来店するまでに自分なりにその事を調べて次の話のネタにするのです。この話題は営業メールのネタにもなりますしお客様も自分のことに関心を持ってくれているのかと好印象を与える事もできます。

本当に困った時は接客される側になってみる

常に接客する側だと、お客様はどう思っているのか不安に感じた事はありませんか?褒めるポイントや共通点を見つけられてもスムーズな会話に生かせないのであれば意味がありません。
そこで、たまには「接客される側」になってみるのはどうでしょうか?手っ取り早いのはバーなどよりも一番形態の近い「ホストクラブ」です。
ホストクラブは初回の場合ならば3000〜5000円の間で飲みに行く事ができます。
人気のあるホストは、まず押しつけがましい会話をしません。お天気や最近のニュースから面白そうなトピックを選び、話し、女性の心がほぐれてきたところで、今度はさりげなくプライベートをリサーチしてきます。そうして会話をしながら女性の趣味や趣向を把握し、今度は巧みにお客さんをほ褒めます。これを体験すれば「相手はどんなふうに接してもらうと嬉しいのか」ということがよりわかりやすくなり、自分のお客様との会話もスムーズに進むのではないでしょうか。

お酒が接客の武器になる!?程よく酔って自分をアピールできるお酒の飲み方とは?

少しオーバーかな?と思うくらいのリアクションが大切!

キャバクラやクラブでは女性がお客様の話を聞く側になるのは基本ですが、特に男の人が酔っ払っているときは大抵「他人の話を聞くより、自分の話を聞いて欲しい」と考えています。しかも、ただ聞いてくれる人を求めているわけではありません。「ちゃんと興味を持って」聞いてくれる人を求めているのです。
そこで「この子は俺の話に興味があるんだ」と思わせてくれる、リアクションの大きい女子は飲み会ではかなり重宝されます。大きな声で笑ったり、話の内容によっては神妙な顔をしたりと、色々なリアクションを多用してみましょう。
さらに、その会話の節々にさりげないボディータッチを取り入れると、更に親密感が増します。ベタベタと触るのはもちろんNGですが、肩にちょっと触れたりさりげなく腕に触れるくらいであれば、男性は「この子は俺のこと嫌いじゃなさそうだぞ」と、ボディタッチを女性からの好意として受け止めます。

「モテ」と「酒」のベストバランスとは?

夜のお店にはお酒がつきもの。お酒は、初対面の人とでも距離を縮めることができる大人のための心強いコミュニケーションツール。人見知りするタイプの人も、ひとたびお酒の力を借りれば、楽しくおしゃべりができるようになるから不思議なものです。
さらに、普段「スキがない」といわれがちな女性も、お酒を上手に味方につければ男性ウケするフンワリ系になれるというもの。実際、バリキャリ風の女性がいい感じにモテ女子に変貌をとげるさまを見ていると、そのギャップが受け指名を貰えるパターンもしばしば見受けられます。
しかし大勢の人がいる酒の席では、対象となる男性だけに目を向けるのではなく女性を味方につけることも重要です。キャスト陣からの反感を買わないためにも、酔いに任せた過度な“女らしさ”は振りまかないほうが無難でしょう。

自分がどれだけ飲めるのかを把握しておくのがお酒とうまく付き合えるポイント

いくらお酒が飲めると言っても、泥酔してしまいお客様に結局迷惑をかけてしまうということでは元も子もありません。
普段飲んでないときは、静かで気遣いのできるすごく性格がいい女性なのに、酒量がある一定以上を超えると豹変してしまい、お客様に向かって「はげ」「デブ」「くさい」など、暴言を吐き、暴れ、収集がつかなくなる女性。また、酔うと必ず悲しい過去の経験、つらい今の現実などについて話し始め、不幸話の独壇会となります。そして延々泣き続け、お客様の話を聞くどころではなくなってしまう女性。中にはこのような女性を奇特だとおもしろがるお客様もいますが、基本的に仕事にならない飲み方をしてはいけません。
楽しいお酒は会話やコミュニケーションのお手伝いをしてくれますが、酔って絡んだり泣いたりする酒癖があるなら自分の飲める量を予め把握し調節しながら飲むようにしましょう。

初めて接客する男性に対して緊張してしまうクセを直すにはどうしたらいいのでしょうか?

予め会話のシナリオをイメージする

まず、1番簡単で有効な方法としては自分があらかじめ初対面の男性に話す内容を、頭のなかで決めておくことです。こうすることで、何を話すかを迷うことはありません。自宅で練習して、本番でもスラスラ言えるようにしてみましょう。誰かに手伝ってもらって、デモンストレーションをしても良いかもしれません。
「でも、シナリオ通りにいかなかったらどうすれば!」と思うかもしれません。そのためには、可能な限り想定されるパターンも考えておいてください。もしそれでも例外的な受け答えを相手がしてきたなら、その時はその時です。
何人かと話していけば、例外的な受け答えにも対処できるようになります。なぜなら、経験を踏むことで場慣れしていくからです。場慣れをするということは、本来のあなたの話し方ができるということ。もうその頃には、緊張するということも少なくなっていくでしょう。

初対面の席での効果的な話題とは?

では、具体的にどのようなことを最初に話すと良いのでしょうか。
まず、あなたらしいことを最初に言うこと。これは、自己開示をするということです。あなたがオープンに話した分だけ、相手もオープンに話してくれます。「こんなこと言ったら嫌われるかも」というようなことこそ、話してみると良いでしょう。
緊張してしまう人は、どちらかというとネガティブに物事を考える傾向にあります。「失敗したらどうしよう」「こんなことが起きたらどうしよう」と起きていない未来に対しての思いがあるのです。
しかし、基本的に想定するようなネガティブな未来は起きません。それにもし、初対面の人に嫌われてしまっても大丈夫。30人と話して、1人と話が会えば十分という気持ちで臨みましょう。全てのフリーのお客様から指名を貰おうとは考えず、まずは楽しく会話をして行く事が先決です。

緊張は案外トークを盛り上げてくれる

もし場慣れしても緊張するような相手が出てきたら、それはサインです。ぜひ緊張に感謝し、相手との仲を深めていきましょう。
そう考えると、緊張というのは悪いものではないと思いませんか? 「いやぁ、私も緊張しているんですよね」と相手と緊張を分ち合って、そこから話題を広げることもできます。人が緊張している姿というのは、案外可愛らしいものです。緊張しているあなたは、男性にとって魅力的に映るかもしれません。
適度な緊張は、あなたのパフォーマンスを上げてくれます。何事も、バランスが大切。緊張を無くそうとばかり意識せず「この緊張があってもオッケーなんだ」と考えてみてください。

いつも指名をしてくれるお客様の誕生日には何をしてあげたら良いのでしょうか?

無難なプレゼントをお客さんにあげる

お客さんでなくても女性から男性へのプレゼントは頭を悩ませるところかもしれません。何を選んだら喜ばれるか、お金をどれくらいかけたらいいのか悩むところだと思います。
お客さんにあげるプレゼントとして無難なのは、ネクタイやハンカチ、靴下、ライターなどがプレゼントの定番だと思います。これらの定番アイテムであれば、値段もそれほど高くないですし、貰ったほうも困るような物ではないので比較的選びやすいと思います。

お客さんの好きなものをプレゼントする

他のプレゼントとしては、そのお客さんの好きなものをプレゼントする方法です。例えば、お酒の好きなお客さんであればワインをプレゼントしたり、甘いものが好きなお客さんであれば有名なスイーツや手作りスイーツをプレゼントするのもいいかもしれません。以前にお客さんから誕生日プレゼントをもらっていた場合、それが高い物なら、やはりこちらもある程度奮発してある程度値の貼るものをプレゼントした方がいいです。お客さんも高いものが欲しいと望んでいるか分かりませんが、こちらの頑張りが伝われば、お客さんも喜んでくれると思います。

お客さんの体を気遣った癒しのプレゼントというのも効果的

あとは、お客さんの体を気遣った癒しのプレゼントというのも効果的だと思います。例えば、男性用のコスメ用品です。お客さんに渡す時に、「いつまでも若くて格好いいままでいてね♪」のようなことを言ったら喜んでくれると思います。男性も若い姿のままでいたいと願っているものです。でも自分で買いに行くのは恥ずかしいし、何を選んだらいいのかわからない男性は意外と多いです。そういったものをプレゼントで贈るというのはとても効果的です。または健康グッズなどもいいかもしれません。いつも忙しそうにして疲れが見えるお客さんには、入浴剤やマッサージグッズのようなものを送るのもいいと思います。メンズコスメや健康グッズのような、金額ではなくて気持ちを感じさせる物にしてもいいプレゼントになると思います。

ホストクラブにはどのような職種の人が来ているのでしょうか?

そもそもホストクラブはどうやって出来上がったのか

ホストクラブは女性が多額の金額を払い指名のホストとひとときの時間を楽しむ空間ですが、一体何の目的でどのようにして出来上がっていったのでしょうか。
時代は高度経済成長の真っ只中で、忙しい主人に対してお金に余裕のある主婦は少々時間を持て余していたようで、流行のダンスを踊りたいがその場所がない…。このような女性を対象に生まれたのが巨大なダンスフロアでした。これがホストクラブの起源です。
Wikipediaによれば、東京にホストクラブが誕生したのは1965年に東京駅八重洲口前でオープンしたナイト東京であると言われています。前身は「京の花」というグランドキャバレーでしたが経営に行き詰まり、大量のダンス講師を雇いその広大なフロアをいかした女性のためのダンスホールとして生まれ変わります。そのダンスホールには、休憩のためにソファーが置かれたサロンスペースがあり、講師にチップを払うことで一緒に酒を飲むことができたようです。
当時は、女性が楽しむ為の場所という感覚が今以上に強かった為、従業員の男性のお給料は小額のバックやチップはあるものの基本給などはなく、タレント性を持ったごくわずかな男性が稼げる世界だったようです。

変化していくホストクラブ

以前はホストクラブのイメージとしては深夜に営業していた事もあり「中年女性向けのいかがわしい店」という印象が強かったのですが、ホストクラブ出身のタレントやホストクラブを題材とした漫画やメディアの普及に伴い、若い女性も楽しめる店という印象が強くなっていきました。
特に人気のお店やホストはテレビや雑誌に接客のプロフェッショナルとして紹介され、2000年代にはホストをモデルとして起用したファッション雑誌が登場し社会的認知度も高まってきました。
さらに時代はネット社会を迎え、自店舗のホームページを開設する店も増え、ホストクラブの求人や所属ホストを紹介する総合サイトも誕生し、さらに若い女性に身近な存在になっていくのです。しかし、このネット環境の普及に伴いホスト関連の噂が囁かれる掲示板サイトも誕生。店やホスト個人に関するスレッド(掲示板)が作られ、客である女性同士の情報交換が盛んに行われていますが、この書き込みからしばしばトラブルになってしまうこともあります。また、ブログなどでホストのプライベートな写真を晒したりと、どんどんエスカレートしているように思えます。
エスカレートした結果、社会的な事件に発展してしまった利する場合もあり、単純に女性の癒しの場としての空間としては考えづらくなってきました。
一部のホストが、ホストクラブのイメージをクリーンなものにする運動もしているようですが、都条例により深夜帯の営業が禁止になってしまいました。そこで今の一部・二部(日の出)という営業スタイルが生まれた訳ですが、時間帯は違えどやはり現実的にはあまり何も変わっていないように思えます。

ホストクラブに通いたいが為にキャバクラや風俗で働く

こうして色々規制がかかってもどんどん勢いを増すホストクラブ業界ですが、若い女性が気軽に入店できるようになるとうことは、つまりホストへの窓口が広がったということです。確かに初回料金は驚くほど安いのですが、二回目以降はこの金額で飲む事は基本的には不可能です。二回・三回と通ううちに金銭感覚はどんどん麻痺していき、最終的には担当のホストに会いたい・喜んでほしいという目的の為に高収入な職業に転職する女性も少なくありません。
これは水商売全般に言える事ですが、収入が高い分精神的なリスクも高めです。もちろん、何か明確な目的があってこのような業界で働くのは良いと思いますが、ただただ担当の為にキャバクラや風俗で働き、そのお金をほとんどホストクラブで使ってしまうのはいかがなものでしょうか?たくさんのお金を使ったからといって、そのホストが手に入る訳ではありません。
ホストクラブという空間を楽しむのであれば、ホストを客観的に見られるような感覚が必要なのではないでしょうか。

キャバクラで働いていると、お触りをしてくるお客さんが多くて困るのですがどう対処するのがいいの?

お触りの激しいお客さんはキャバクラにはつきもの

お触りの激しいお客さんはキャバクラにはつきものです。どこのキャバクラに行っても大概いるものです。中には思いきり開き直って手におえないお客さんもいると思います。
とりあえず初歩的なお触り回避法としては、基本ですがソファーに対して斜めに座ることがベストです。ぴったりとお客さんの横に平行に座ってしまうと、それだけお客さんとの距離が近づてしまいますから、ソファーに浅めに腰掛けて、ソファーに対して斜め45度の向きで座るようにするといいです。そうやって座るとお客さんと自分の間に三角形の空間が生まれると思います。それだけお客さんとの距離が遠くなりますが、膝のあたりはお客さんの足とくっつくぐらいの距離しかないので、あからさまに離れて座っているとは思われないベストな座り方です。

大切なのは、いかにしてその場をごまかせるかということ

お触りを回避する座わり方をしたとしても、キャバクラで触ってくるようなお客さんの場合には、強引にでも近づいてきて何とか必死に触ろうとするものだと思います。そして、そういうお客さんに限って強い姿勢で拒んだりすると、怒りだす人もいるので厄介であったりもします。
結局、絶対に触られないという確かな安全策は存在はしないのですが、大切なのは、いかにしてその場をごまかせるかということだと思います。たとえば「オッパイ大きいよね。何カップ?」等の話が来た時に、それ以上そういう下ネタが出ないように事前の段階で「オッパイは2つだよー。」などとあえて少し乗って、軽くごまかしてしまうのも手かと思います。些細なことですが、エロそうなお客さんの場合には、早めの段階でエッチなほうに話が流れないようにしてあげるのがいいです。だいたいお触りしてくるような人は、会話がちょっとエッチな方向に流れて、そこから手を出してくるパターンも多いですから、そうならないためにも会話の段階でうまくかわして行ったほうがいいです。

キャバクラでも触られやすい子と触られにくい子が絶対に存在する

例えですが、痴漢は気の弱そうな女の子に絞って痴漢行為をするように、キャバクラでも触られやすい子と触られにくい子が絶対に存在します。特に新人の場合には、まだ場にもお客さんにも慣れていないので、色々な意味で隙が多いと思います。だからどうしても狙われやすいと思います。今はまだ何もかもが不慣れで、接客をするってことだけでも必死という場合が多いから、ある意味で触られてしまうのも仕方がないのかもしれません。ただ、接客に余裕が持てるようになってくると、自然と堂々と構えていられるようになるので、必然的に触られないオーラというものが出てくると思います。一番の対応策は、キャバクラの仕事に慣れて、堂々としていられることなのかもしれません。

ホステスはお客様に誘われたらたとえ休日でも会わなくてはいけませんか?

休日のゴルフやパーティーの接待

クラブに来店するお客様の中には、自分で会社を経営している方も少なくありません。休日に行われるその会社のゴルフコンペやパーティーなどにホステスが借り出されることもしばしば…このような時は、他のホステスにも協力してもらってできるだけ手をかしてあげましょう。手を貸すことで良い意味でお客様との間に「貸し」を作るのです。お店に呼ぶ口実にもなりますし、お客様側も何か「理由」があるとお店に顔を出しやすいようです。さらに大事なイベントのサポートをしてもらったということで、お客様とホステスの間にも「信頼関係」が結ばれます。ホステスとお客様にはこの「信頼関係」がとても重要なのです。

自分のお客様に普通に誘われた場合

クラブは土日祝日が店休の場合が多いです。ホステスにとって休日は、その週の出来事をリセットするのに重要な日。平日の営業ではお客様には何かと気を使いますし、売り上げのためにお酒も飲まなくてはなりません。貴重な休日にお客様から食事などに誘われた場合は、そのお客様の質で行くか行かないかを決めましょう。全く来店しないのに外で会いたがるお客様には会う必要はありませんが、同伴のノルマなどを毎月助けてくれるようなお客様のお誘いにはある程度応えると、信頼関係は増し定期的な来店に繋がるでしょう。お客様の見極めがポイントです。

他のホステスのお客様に誘われた場合

自分のお客様ではなく他のホステスが係をしているお客様に休日2人で食事に行こうと誘われることもありますよね?毎回席に呼んでくれ、同伴のノルマも助けてくれるお客様。まずは自分で判断するのではなく、その係の女性と話し合いましょう。もちろん誘われた日の自分の予定もあるでしょうし、係の女性がそのお客様をどのような位置づけで営業しているのかもポイントになってきます。この場合はあくまでもヘルプとしての立場なので無理して出向く必要もありませんが後々自分のお客様にと考えているなら、係の女性の許可を取りお誘いを受けるのものもいいかもしれませんね。

ホストが思わず枕営業したくなる女性とはどのような人でしょうか?

一人暮らしの女性は狙われやすい

「ホストは、寮に住んでいながら、何人かの女性の家にもちょっとだけ荷物を置いて、女性の家を泊めてもらいながら渡り歩く。こういう、“半同棲型”の枕営業は、店から近いところに住んでいる女性の方がしやすいね」と語るホストのAさん。
さらに、閉店まで飲んでいる女性だとさらに誘いやすくなるんだとか。「やっぱりなにかと、閉店まで飲んでくれている子は狙いやすい。向こうもアフター狙いな感じもするし、そのまま朝まで。こういう関係にして、リピーターを作るのも立派な営業方法だと思う」だそうです。
逆に大好きなホストに枕営業されたいのなら、閉店までいてみてもいいのかもしれません。ただし、“枕”をするホストは不特定多数の女性とそういうことをしているので、うっかり自分だけと錯覚しないようにその点は十分にご注意を。

ズバリ、顔が可愛い子

Aさんは続けて語ります。「ぶっちゃけ、店からの指示で枕営業することなんてあまりないんです。ここだけの話、9割が趣味。だから、チャラいホストがいろんな女と好きで寝ているだけっていうのが多いかな。ただ逆に言えば、ほんとうに好みの女性への個人的なアプローチとしての枕営業もなくはないね」
いくらホストといえど、仕事が終われば一人の男性です。お店にタイプの女性が飲みに来たら、口説きたくなるのは男性の本能からでしょう。
全ての女性に営業目的で枕営業をしていたら体力も持ちません!営業なのか、趣味なのか…ホストとうまく遊ぶにはしっかりと冷製に見極める力を身につけましょう。

ホストの枕営業にそれ以上の感情はありません!

働いている女性のみなさんのなかには、自分へのご褒美としてホストクラブに通っている人もいるかもしれません。それは男性がキャバクラを娯楽としているのと同じように、女性にとってもホストクラブは立派なエンターテインメント。
そして枕営業は都市伝説なんかではなく、ほんとうにある話なのです。愛しているフリでお金を奪ってしまうこの枕営業に引っかかってしまうと、もう引き返すのは難しいでしょう。女性は感情的な生き物なので、一度体の関係を持ってしまうと情が移りやすいですが、ホストからしてみれば一時の快楽と次の来店へ繋げる手段の一つでしかありません。
愛を与えているつもりが、相手が受け取っているのはお金だけで、気持ちはスルー。そんなの辛すぎます。あくまでも、相手がホストであるという現実を忘れずに向かい合ってくださいね!

自分のステップアップの為に働くお店を変えるのはアリですか?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。 今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。 また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。 クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。 また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。 お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。 このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

女子大生がキャバクラでバイトすると何かが変わってしまうのでしょうか?

典型的な職業病にかかり、身なりが派手になる

プライベートでお酒を飲みに行っても、グラスの汗をハンカチで拭いてしまう、タバコを吸おうとする男性にライターをサッと出してしまう、灰皿が汚れるたびに取り替えてしまう…などは、キャバ嬢になるともれなくかかる職業病だと言えます。テーブルの状態を常に気にしてしまうこともしばしば(笑)
また、付き合いで男性とお酒を飲んでいるときでも、「これがお店だったら、いま頃5000円稼いでるなー」などと、ついつい時給換算してしまうこともあるでしょう。また、店員さんを呼ぶ際の「お願いしまぁ~す」という言い方がいかにもキャバ嬢らしくなります。
さらに「朱に交われば赤く染まる」のことわざ通り、入店当初は地味だった子もだんだんと服装やメークが派手になっていくのがキャバクラ。毎日濃いめのメイクをしていると、だんだん麻痺してしまうのです。暗い店内ではいつもの3割増メークになるため、それが普段の生活にも影響してしまうようです。
深夜営業のため寝不足や不規則な生活が続き、お肌も荒れがちですから、それを隠すためにさらにメークが濃くなるという悪循環にも陥る子もいます。

同世代や男性に対する見方が変わる

キャバクラに来るお客様は、ほとんどが年上のおじさま。そういった方々と話す機会が増えるため、同年代の男子はよく言えばピュアに、悪く言えば子どもっぽく見えてしまいます。
湯水のようにお金を使う年上の男性を見て、「いいなー、付き合うなら絶対金持ちだな」と考える子もいれば、そんな男性ばかり見ているがゆえに、「私生活ではもっとピュアな恋愛をしたい」という思いが余計に強まる子もいます。
世の中の男性に対し、偏見を持つようになる子も少なくありません。奥さんや彼女がいてもキャバクラに来るし、なんだかみんなギラギラしてるし、酔うとお触りしてくるし……という毎日を繰り返していては、「男ってみんなこうなのね」という偏った見方をするようになるのも無理はないでしょう。
そうではない男性もいるということを理解するには、キャバクラという世界は狭すぎるのかもしれません。

大学生ではありえない金銭感覚になる

学費の支払い、自分のお店を出したい、外反母趾の手術費を稼ぐためなど、はっきりした目標を持っていれば目標金額が貯まった時点で足を洗えますし、無駄遣いも避けられます。
しかし、「バッグが欲しいなー」とか「お給料高いしー」という理由でなんとなく働いている子はなかなか貯蓄ができず、ズルズルとバイトを続けがち。毎日日払いでお給料をもらってしまう子は、「明日またもらえるし」という考えから散財してしまう傾向が強いです。
こちらも、メイク同様にどんどん麻痺してしまうのです。
得るものも多い反面、少なからず失うものもあるキャバクラでのアルバイトですが、期間限定の人生勉強としてはいいかもしれません。

実は就活に有利?「キャバクラ経験のある女子学生」が就活に強い理由とは?

キャバクラは入店してからが大変

一見、綺麗なドレスを着て高いお酒を飲みながらお客様と楽しく会話するだけの華やかな空間に見えるキャバクラですが、実は入店してからが大変なのです。
ある程度ランクの高いキャバクラは時給はいいものの、入店してしばらくすると一人一人にノルマが課せられることがあります。また、ナンバー争いや不規則な生活などが続き、精神的にも肉体的にも疲労が溜まりやすくなります。
しかし、この厳しい環境で得られる物も多くあります。ある程度のまとまったお金はもちろん、様々な業界の男性との人脈が増える事で高いコミュニケーション能力も身に付くのです。このコミュニケーション能力が、女子大生には後々の就職活動で大きく活躍してくれることがしばしばあるようです。

キャバクラ経験者が総じて持っている、企業が求める「力」

就活生向けのセミナーでは、講師が一方的に話すだけではなく、学生同士をグループにしてディスカッションをさせたりする機会がよくあります。その際、経験豊富な人事担当者などは学生同士が話し合っている様子を見るだけでポテンシャルの高い学生を見つけるだけでなく、その学生が積んできた「経験」も見抜くことができたりするのです。
例えば、あるセミナーで非常に意見交換が活発で盛り上がっているグループがありました。そのグループは1人の女子学生を中心に、ほとんどすべてのメンバーが自分の意見を発表していたそうです。他のグループとは違い、ときには笑いも溢れながらお互いの意見を遠慮せず言い合っている…これは正に水商売の現場で培われた「コミュニケーション力」によるものです。元々の性格もあるでしょうが、実際彼女もグループの中で和やかな雰囲気を作りながら1人1人の意見を聞き出すなど、高いコミュニケーション力を発揮していたのです。

成果を出す人が持っている「コミュニケーション能力」

最近では男女問わず「一般職」に人気があるようです。出世して管理職になるコースではありませんが、総合職のように重い責任や業務を担うこともなく、ワークライフバランスを大事にして働けるイメージがあるのでしょう。
一般職人気が表すように、今の若者はあまり競争を好まず仕事で高い成果を出すことよりも、自分のプライベートを充実させたいという志向が強いのです。
キャバクラ経験者なら分かると思いますが、基本的に女の子の給料は指名料やお客様のドリンク料などの歩合で決まるといっても過言ではありません。つまり、自分が頑張った分だけそのままお給料として返って来るのです。
そのため、ただニコニコ接客しているだけではダメで、まずはいかに自分のファンになってもらうかを真剣に考えます。社会人とのトークを磨くためには新聞やニュースもチェックし、当然メイクの仕方なども勉強。そしてそれらの努力は数字として如実にフィードバックされるのです。
アルバイト経験のある大学生は多くいても、中でもキャバクラのように極端な「成果主義」の環境に身をおいたことのある学生はかなり少数なのではないでしょうか。学生時代に1度でも「地道な努力が成果に結びついた」経験をしている学生は、社会に出てからも必ず成果に対して楽しみながらコミットする。それを経験ある企業の人事担当者はよく理解しているのだと思います。

水商売の男性にモテる女性とはどのような人なのでしょうか?

「ありがとう」や「ごめんなさい」がちゃんと言える素直な女性

ホストクラブなんだからホスト達から何でも“してもらうのが当たり前”という女性も中にはいます。実際、女性はお客様なわけですからおもてなしを施してもらって当然なわけですが、逆を言えばちょっとしたことで“ありがとう”が言える人はホスト達からのイメージがアップします。
ホストとお客様との間には金銭が絡んでいるので、何かしらのトラブルは生じやすいかもしれません。例えば何か担当のホストとケンカした時に自分の悪い所はちゃんと謝れるような女性も好感度が増すのではないでしょうか。
確かに女性はお客様ですし、ホストとも金銭が絡んでいる関係上求めるものも多いでしょう。しかし、何かを求める前にまずは信頼関係が必要です。ちょっとした時に感謝や謝罪の気持ちが伝えられるようになると好印象の持続力はさらに長持ちするのではないでしょうか。

絶妙なタイミングで気遣いができる女性

自分でお酒の量をセーブできたり、相手のホストの仕事のことを考えることができる女性や、「飲み過ぎた?大丈夫?」と声をかけてくれる女性は好感度がいいようです。
会話の中でこのようにさりげない気遣いのセリフを挟んでラリーができる女性は、たいていどの場面でも気遣いができるのではないでしょうか。
また「お疲れ様」などと、相手の仕事が終わった時間の絶妙なタイミングで連絡を入れるのも効果的です。
気遣いとは考えたらうまくできなさそうですが大切なのはホストとお客様という立場関係なく、一緒に楽しい時間を過ごそうという気持ちを持つことが大切だということです。

一般的な常識を持っている女性

ホストクラブという空間は、女性をお姫様扱いしてくれる非日常的な空間です。女性はお金を払えばたくさんの男性が最高のおもてなしをしてくれるでしょう。しかし、ホストとは言え一人の男性です。あまりにも上から目線でワガママだったり、お酒の飲み方が分かっていない女性に惹かれることはまずありません。
他の席にいる女性の悪口やヘルプのホストにキツくあたるという行為は避けましょう。こんなことでストレスは発散できませんし、なにより言っている本人のイメージが悪くなってしまいます。
もちろん女性はお客様なので、過剰な気を使う必要なもちろんありません。しかし、みんなで笑って楽しいお酒を飲めるようなホストクラブの使い方ができる女性になる事ができれば、ホストからの印象も必然的にアップするのではないでしょうか。

キャバクラ嬢として、おさわりの激しいお客様にはどのような対応をすればいいのでしょうか?

お触りの激しいお客さんはキャバクラにはつきもの

お触りの激しいお客さんはキャバクラにはつきものです。どこのキャバクラに行っても大概いるものです。中には思いきり開き直って手におえないお客さんもいると思います。
とりあえず初歩的なお触り回避法としては、基本ですがソファーに対して斜めに座ることがベストです。ぴったりとお客さんの横に平行に座ってしまうと、それだけお客さんとの距離が近づてしまいますから、ソファーに浅めに腰掛けて、ソファーに対して斜め45度の向きで座るようにするといいです。そうやって座るとお客さんと自分の間に三角形の空間が生まれると思います。それだけお客さんとの距離が遠くなりますが、膝のあたりはお客さんの足とくっつくぐらいの距離しかないので、あからさまに離れて座っているとは思われないベストな座り方です。

大切なのは、いかにしてその場をごまかせるかということ

お触りを回避する座わり方をしたとしても、キャバクラで触ってくるようなお客さんの場合には、強引にでも近づいてきて何とか必死に触ろうとするものだと思います。そして、そういうお客さんに限って強い姿勢で拒んだりすると、怒りだす人もいるので厄介であったりもします。
結局、絶対に触られないという確かな安全策は存在はしないのですが、大切なのは、いかにしてその場をごまかせるかということだと思います。たとえば「オッパイ大きいよね。何カップ?」等の話が来た時に、それ以上そういう下ネタが出ないように事前の段階で「オッパイは2つだよー。」などとあえて少し乗って、軽くごまかしてしまうのも手かと思います。些細なことですが、エロそうなお客さんの場合には、早めの段階でエッチなほうに話が流れないようにしてあげるのがいいです。だいたいお触りしてくるような人は、会話がちょっとエッチな方向に流れて、そこから手を出してくるパターンも多いですから、そうならないためにも会話の段階でうまくかわして行ったほうがいいです。

キャバクラでも触られやすい子と触られにくい子が絶対に存在する

例えですが、痴漢は気の弱そうな女の子に絞って痴漢行為をするように、キャバクラでも触られやすい子と触られにくい子が絶対に存在します。特に新人の場合には、まだ場にもお客さんにも慣れていないので、色々な意味で隙が多いと思います。だからどうしても狙われやすいと思います。今はまだ何もかもが不慣れで、接客をするってことだけでも必死という場合が多いから、ある意味で触られてしまうのも仕方がないのかもしれません。ただ、接客に余裕が持てるようになってくると、自然と堂々と構えていられるようになるので、必然的に触られないオーラというものが出てくると思います。一番の対応策は、キャバクラの仕事に慣れて、堂々としていられることなのかもしれません。

水商売を始めたら、頻繁に知らない番号から着信があるがどう対処したらいいのでしょうか?

お客さんの中には番号入りの名刺でも構わずに道端などに捨ててしまう人もいる

まずは、今までにお客さんに渡す名刺に自分の携帯番号を書いてお客さんに渡したことがあるでしょうか?悲しい話ですが、お客さんの中には番号入りの名刺でも構わずに道端などに捨ててしまう人もいるのが実情です。捨てられた名刺を拾った人が面白がって電話してくるケースもあります。こういうパターンは、実は時々ある話です。

確実にお客さんの番号ではないと判断した場合なら、その電話に出る必要はない

もし確実にお客さんの番号ではないと判断した場合なら、その電話に出る必要はないと思います。どちちらにしても、覚えのない電話番号であるその人がお店に来る可能性はほとんど0に近いと思います。電話につきあうだけムダだと思います。仮にお店に来たとしても自分が番号を覚えてない人ですから、相手もそこまで自分のことを気にしているとは考えづらいと思います。自分の顧客管理不足から来るものであれば、その辺は反省点として次回からの顧客管理に活かしましょう。

確実に把握しているちゃんとしたお客さんのために時間を使ったほうがずっといい

やはり水商売で稼ごうと思った以上、一人でも多くのお客さんに来てもらいたいという気持ちは少なからずみんなあると思います。しかし、自分が分からないのにお客さんかどうか訳の分からない人まで相手にすることはないと思います。そんな所に営業の力を入れるくらいなら、もっと確実に把握しているちゃんとしたお客さんのために時間を使ったほうがずっといいです。広く浅くで頑張るのも悪くないですが、どのお客さんが本当に大切で、どのお客さんがそこまでではないかをちゃんと見極めるべきだと思います。

キャバクラよりも気軽に行ける!?スナックの魅力とは何なのでしょうか?

そもそもスナックとはどんなところ?

スナックとは、元来スナックバー(snack bar)のことで、軽食(スナック)を提供するバーを意味しています。
飲み屋でお店の女性が隣に座って接客すると風営法の対象となるため、営業時間は深夜0時までとなってしまいますが、 スナックの接客はカウンター越しですので風営法は適用外となり、明け方近くまで営業しているお店も少なくありません。
一昔前の大半のスナックには男性のマスターやバーテンダーがいましたが、 最近ではお店を切り盛りしているのは、ほとんどがママと呼ばれる女性です。 スナックというと、お店の方もお客さんも年齢層は高めというイメージがあるかと思います。 確かに大部分のお店はその通りです。しかし、最近は「本当にスナック?」と疑問に思ってしまほど、若くてキレイなママ・店員さんが増えています。 都市部では20代のママも見かけるようになりました。しかもクラブやキャバクラよりも安く楽しめるのです!

キャバクラとは何が違うのでしょうか?

スナックはママや店員さんだけでなくお店の常連さんまでが温かいです。とにかくアットホームです。
また、2時間~3時間で3000円~5000円前後という良心的なお店が多いと思われます。
ボトルを入れるとそこにボトル代がかかりますが、キープしておけば次回以降は更に安上がり。
セット料金ではなく、チャージ料金を取るお店であれば、時間無制限ですのでいつまででも呑めてしまいます。
また接客にも大きな違いがあります。お店の女の子がお客の隣に座って接客してしまうと、風営法が適用されてしまい、 午前0時に閉店しなければならなくなります。 ですから、接客はカウンター越しです。
キャバクラに比べ、スナックに若い子が増えていると言ってもやはり年齢層は高めです。しかしその分、重みや含蓄がある話を聞けたりするのです。

キャバクラにはないスナックのとは何なのでしょうか?

キャバクラとの違いがそのまま魅力と言ってもいいですが、キャバクラやクラブなどと比べると料金は安価です。
オーナーママのお店では、常連になると会計が不明瞭になってきたりもします。
不明瞭と言っても、高額な料金を請求されるのではなく、むしろ逆に非常に安い値段を請求されることもあるのです(笑)
そして何より、やはりアットホームな空気感が魅力です。おつまみにママの手料理が出てくると、心も温まります。
ママや店員さん、お客さんの年齢層は高めですし、常連さんが多いと行きづらいと思うかもしれませんが、思い切って飛び込んでみれば、きっとみんな温かく迎えてくれますよ。
愚痴をこぼせば叱咤激励してもらえますし、嬉しいことがあれば一緒に喜んでくれます。
スナックの中には、古き良き日本の姿があるのです。

キャバクラで若い女性と働くのが不安なのですが、どうしたら良いのでしょうか?

女の子同士の関係は、男性よりうまくいかないもの

キャバクラやセクキャバなど、水商売の女の子同士の関係を考えた時には、怖そうなイメージがよぎる人も少なくはないと思います。男対女の関係の場合、ある意味楽に考えられる部分もあります。男性に女の子の本心はなかなか理解できないものですから
、多少の嘘ぐらいなら、案外見抜かれたりしないものです。たとえば、女の子にはうけが悪いような女の子でも、男性からは何故かチヤホヤされたりすることもあると思います。女の子の目から見れば、その子が演技をしていことがバレバレでも、異性が相手になると意外とそうは思わなかったりするものなのです。でも、キャバクラやセクキャバなどの水商売でなくても、女の子同士の関係だとそうはうまくいかないものです。過剰に自分を作ってしまったり、変に媚びてしまったり、変に周りを気にしすぎてしまったりするのは、逆効果になってしまうことのほうが多いと思います。

水商売の女の子同士の世界で一番大事なことは、いじめられる対象にならないこと

特に水商売の女の子同士の世界で一番大事なことは、「仲良くしよう」と考えるよりも、「いじめられる対象にならない」ということだと思います。一度いじめの対象になってしまうと、なかなかそこからは抜け出せないものです。まずは、相手に目を付けられないようにすることが一番です。具体的にどうすればいいかというところですが、基本的にいじめられる子というのは何かしらの特長があるはずです。そういう特長的なことをしないことが大切になってきます。例えば、やたらと男性スタッフに媚びる女の子や、必要以上にまとわりついてくる女の子、他人の噂話ばかりしている女の子、会う度にあれこれ質問ばかりしてくる女の子、人のお客さんに色目を使う女の子、周囲と一切馴染もうとしない女の子など、他人にうざったいと感じられてしまう行為を取らないことが大事です。そしてそういうことを自分の価値観で計るのではなく、周囲の人間の価値観で計ることが必要になってきます。自分ではそんなつもりでなくても、相手にうざったがられてしまったとしたら、それは何の意味もありません。周囲の人がどう感じるかということが重要なことです。

まずは誰か1人でいいので仲良くなること

コツとしては、まずは誰か1人でいいので仲良くなることです。いきなり大ベテランの女の子と仲良くなろうとするのは難しいかもしれないので、自分よりもちょっと先輩のような子がいいと思います。とりあえずは待機中などに、たまたま一緒になった人で、話しやすそうな人に、挨拶程度から普通に話しかけてみるのがいいと思います。そして、相手の名前を聞いたら忘れたりしないでちゃんと覚えておくことです。それと最初は敬語で喋った方がいいです。それは常識の範囲内での対応を心がけるということです。話しかける内容についてですが、これも何を話せばいいかということよりも、むしろ何を話したらダメかということのほうが大事です。話しかけるなり「このお店の派閥はどうなってますか?」「ナンバー1は誰ですか?」などの内部事情を探るようなことばかり言われたら、きっと相手もうんざりすると思います。理想としてはまだ仕事に不慣れだから、色々と教えてくださいというスタンスで、あまり質問しすぎないことだと思います。特に興味本位の質問についてはそうです。そうやって誰か1人と仲良くなることができれば、まずは大丈夫だと思います。1人だけ孤立した存在になってしまうと、周りから何かと目を付けられやすいものです。

指名をいただいているお客様の誕生日には何をあげたら良いのでしょうか?

無難なプレゼントをお客さんにあげる

お客さんでなくても女性から男性へのプレゼントは頭を悩ませるところかもしれません。何を選んだら喜ばれるか、お金をどれくらいかけたらいいのか悩むところだと思います。 お客さんにあげるプレゼントとして無難なのは、ネクタイやハンカチ、靴下、ライターなどがプレゼントの定番だと思います。これらの定番アイテムであれば、値段もそれほど高くないですし、貰ったほうも困るような物ではないので比較的選びやすいと思います。

お客さんの好きなものをプレゼントする

他のプレゼントとしては、そのお客さんの好きなものをプレゼントする方法です。例えば、お酒の好きなお客さんであればワインをプレゼントしたり、甘いものが好きなお客さんであれば有名なスイーツや手作りスイーツをプレゼントするのもいいかもしれません。以前にお客さんから誕生日プレゼントをもらっていた場合、それが高い物なら、やはりこちらもある程度奮発してある程度値の貼るものをプレゼントした方がいいです。お客さんも高いものが欲しいと望んでいるか分かりませんが、こちらの頑張りが伝われば、お客さんも喜んでくれると思います。

お客さんの体を気遣った癒しのプレゼントというのも効果的

あとは、お客さんの体を気遣った癒しのプレゼントというのも効果的だと思います。例えば、男性用のコスメ用品です。お客さんに渡す時に、「いつまでも若くて格好いいままでいてね♪」のようなことを言ったら喜んでくれると思います。男性も若い姿のままでいたいと願っているものです。でも自分で買いに行くのは恥ずかしいし、何を選んだらいいのかわからない男性は意外と多いです。そういったものをプレゼントで贈るというのはとても効果的です。または健康グッズなどもいいかもしれません。いつも忙しそうにして疲れが見えるお客さんには、入浴剤やマッサージグッズのようなものを送るのもいいと思います。メンズコスメや健康グッズのような、金額ではなくて気持ちを感じさせる物にしてもいいプレゼントになると思います。

彼氏がキャバクラの様な女性が接客してくれるお店に行っているみたいなんですが、どうしたらいいですか?

男性がクラブ・キャバクラに行く理由とは?

なぜ彼女や妻がいながらも、男性はキャバクラに行くのか?
お酒が飲みたいなら居酒屋に行けばいいものを、わざわざ高いお金を払って女性にお酒を作ってもらう。これは女性にとっては理解しがたい行為だと思います。水商売経験のない女性なら尚更のことでしょう。
ここでは「男性」と一括りにしましたが、クラブやキャバクラに行く理由はもちろん人それぞれ。
個人的に気に入った女性がいて、その女性に会うために飲みに行く男性やただ仲間で盛り上がりたいがために飲みに行く男性。または、仕事でクラブを接待の場にする時もあります。
一時期よりは少なくなりましたが、仕事の接待の二次会はクラブで…というのが一般的だった時代がありました。
固い会議で無事に契約もまとまり、夜はそのメンバーで食事に向かう。そこで多少お酒も入り、ざっくばらんな会話ができるようになります。これから仕事で付き合っていく上で、さらに仲を深めておきたい…そんな時に、クラブのホステスのような接客のプロが間に入ると、会話がより円滑に進むことがあります。もちろんホステスはその場の空気を読んで接客するので、無理に会話に入ってくることもありませんし、必要な時に相づちを打ちちょうどいいタイミングでお酒を作ってくれるのです。
仕事の固い姿だけでなく、女性と話しているところを相手に見られることにより、男性は鎧を脱いだ気分で親近感が湧くのではないでしょうか?

相手から潔く報告された場合

上にも述べたように、目的は人それぞれです。接待で行く場合などには事前に報告をする男性もいるようですが、特にやましいこともなければ行ったこと自体を報告しない男性もいます。
しかし、それが相手にバレた時に「なぜ言わなかったのか?」と問いつめられても厄介なので先に自分から報告をしてしまうのです。
相手が夜のお店に行っている事実を本人からきっぱりと報告された場合、まずは何の目的があって行ったのかをこちらも冷静に聞いてみましょう。お疲れ様の一言も言えるくらいの理解を示せば、女性側の株も上がるはずですよ!

隠れてこっそり行っていた場合

一方、相手がキャバクラやクラブに行っているのを相手から直接ではなく何かのタイミングで知ってしまった場合もまずは行った目的をそれとなく聞いてみましょう。
もちろん、気に入っているコがいるから通ってると正直に話す男性はほとんどいないとは思いますが、この時の男性側の回答で真相を探って行くしかありません。
仕事の都合で仕方なく飲みに行っただけだけど、余計な心配をかけたくないから彼女(妻)にはあえて言わないパターンもありますし、隠していたからとはいえ相手の話を聞かず一概に責め立てるのもよくありません。
判断材料であるメールのやりとりも、ハートマークが付いていてもホステスやキャバ嬢側からしたらただの営業メールにすぎません。
また、そのような色恋営業はたいてい長くは続かないので、仕事の息抜きだと思って多少目をつぶってあげるのも必要かも知れませんね。

男性が仕事の接待でキャバクラやクラブに行くのは仕方の無いことなのでしょうか?

男性がクラブ・キャバクラに行く理由とは?

なぜ彼女や妻がいながらも、男性はキャバクラに行くのか?
お酒が飲みたいなら居酒屋に行けばいいものを、わざわざ高いお金を払って女性にお酒を作ってもらう。これは女性にとっては理解しがたい行為だと思います。水商売経験のない女性なら尚更のことでしょう。
ここでは「男性」と一括りにしましたが、クラブやキャバクラに行く理由はもちろん人それぞれ。
個人的に気に入った女性がいて、その女性に会うために飲みに行く男性やただ仲間で盛り上がりたいがために飲みに行く男性。または、仕事でクラブを接待の場にする時もあります。
一時期よりは少なくなりましたが、仕事の接待の二次会はクラブで…というのが一般的だった時代がありました。
固い会議で無事に契約もまとまり、夜はそのメンバーで食事に向かう。そこで多少お酒も入り、ざっくばらんな会話ができるようになります。これから仕事で付き合っていく上で、さらに仲を深めておきたい…そんな時に、クラブのホステスのような接客のプロが間に入ると、会話がより円滑に進むことがあります。もちろんホステスはその場の空気を読んで接客するので、無理に会話に入ってくることもありませんし、必要な時に相づちを打ちちょうどいいタイミングでお酒を作ってくれるのです。
仕事の固い姿だけでなく、女性と話しているところを相手に見られることにより、男性は鎧を脱いだ気分で親近感が湧くのではないでしょうか?

相手から潔く報告された場合

上にも述べたように、目的は人それぞれです。接待で行く場合などには事前に報告をする男性もいるようですが、特にやましいこともなければ行ったこと自体を報告しない男性もいます。
しかし、それが相手にバレた時に「なぜ言わなかったのか?」と問いつめられても厄介なので先に自分から報告をしてしまうのです。
相手が夜のお店に行っている事実を本人からきっぱりと報告された場合、まずは何の目的があって行ったのかをこちらも冷静に聞いてみましょう。お疲れ様の一言も言えるくらいの理解を示せば、女性側の株も上がるはずですよ!

隠れてこっそり行っていた場合

一方、相手がキャバクラやクラブに行っているのを相手から直接ではなく何かのタイミングで知ってしまった場合もまずは行った目的をそれとなく聞いてみましょう。
もちろん、気に入っているコがいるから通ってると正直に話す男性はほとんどいないとは思いますが、この時の男性側の回答で真相を探って行くしかありません。
仕事の都合で仕方なく飲みに行っただけだけど、余計な心配をかけたくないから彼女(妻)にはあえて言わないパターンもありますし、隠していたからとはいえ相手の話を聞かず一概に責め立てるのもよくありません。
判断材料であるメールのやりとりも、ハートマークが付いていてもホステスやキャバ嬢側からしたらただの営業メールにすぎません。
また、そのような色恋営業はたいてい長くは続かないので、仕事の息抜きだと思って多少目をつぶってあげるのも必要かも知れませんね。

普通の女性ほど危険!!ホストに目を付けられやすい女性の特徴とは?

グラドル・モデルなど芸能関係の仕事をしている女性

「まず、グラビアアイドル、モデルや女優は、撮影とか仕事の打ち上げで、大人数で使ってくれるんですよ。もちろんお金も結構落とします。
あとは、単純に可愛いから仲良くしたいですね(笑)。
ホストはしゃべりがうまくて聞き上手だから、芸能関係の女の子も、悩みを聞いてもらうところからどんどんハマって行く人も少なくないんですよ」
とホストクラブを経営するAさんは語ります。
グラビアなど、普段から周りの男性にチヤホヤされていればどんな男性からも優しくされて当たり前という感覚が身に付くようですが、ホストを仕事として割り切っている男性からすればそのような女性はいいターゲットになるのです。

水商売や風俗で働いている女性

「風俗嬢もイイですね。彼女らは日払いでお給料をもらってることが多いので、その足で来てもらえると結構お金を使う。しかも、僕らにとってツケにされないというのはありがたいんですよ。まあ、お互い同じ水商売だけあって話も合うしね」
確かに、風俗は日払いで高額をもらえるわけですが、ホストにうっかりハマってしまいその日一日稼いだお給料をそのまま担当のお店で使ってしまっているようではホストの思うつぼです!
水商売の女性も、同業だからと油断していると気付いた時にはハマっているなんてパターンもあり得ます。
自分が生活できる範囲内で飲みに行く分にはいいですが、お給料をホストに握られてしまっては楽しく飲む事はできませんよ!

持ってなさそうで持っている!!独身30代のOL

「なんだかんだいって、1位は30代のOLです。なんでって?そりゃ、男がいなくてさみしいし、その分貯金もしっかりある人が多いからですよ。実際お店に来たら、それがわかります。
まわりが結婚とかして子供もいるなか、それを紛らわすために強がっている女性なんかは、かっこうのカモ、ですね(笑)」
30代OLは、実はホストクラブに興味がある女性が隠れています(笑)
30代ともなればそこそこお給料も貰えるようになっており、未婚で彼氏もいないとなると、使える額も自由なので一気に危険度もアップです。みなさんも、彼らの罠にハマってしまわないように気をつけてくださいね。
ホストクラブは楽しくお酒を飲める場所ですが、一種にエンターテイメントと捉え本気でハマってしまわないように気をつけましょう!

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool