キャバクラのお仕事って楽に稼げるんでしょうか?

求人検討中の方必見!キャバクラの華やかな世界とお給与について

綺麗なドレスを来て、かつ高額なお給料が貰えるキャバクラのお仕事。
服やらコスメやらエステやら、普段我慢しているアレやコレ。お金さえあれば我慢も必要無く、華やかに稼ぎたい!と憧れている人もいるのではないでしょうか。

今回はそんなキャバクラの求人に応募するか迷っている方々にむけて入ってすぐ後悔の連続・・・なんてならないように私の主観でメリットやデメリットを綴っていきます。

メリットはなんといっても高給

メリットはやはりなんといっても高額な時給!カフェや居酒屋でのアルバイトだと千数百円が関の山ですがしかしキャバクラでは2〜3,000円と今の数倍貰えるのが普通です。
1時間働いて2〜3時間分の給料を貰えるので、ダブルワークしている人など時間が無い人は特に良いかもしれません。

さらにそこに指名やドリンクを貰った場合ロイヤリティが払われます。売れてくると一ヶ月で100万円以上稼いだ!という話もザラに聞きます。
さらに一緒に働くのは美意識の高い若い女の子たちです。

いろいろ情報も入ってきて女子力が上がる!という意見もあります。

メリットだけではありません!努力も必要!

一見良いとこ尽くしのキャバクラ求人。しかし楽しいだけでは勿論ありません。
そもそも高額なお給料は余ってる訳ではなく、それに見合った仕事を求めるから払われます。

キャバクラ此所の格式にもよりますが、世間一般的な常識や振る舞い、話題を提供し楽しませられる程度の教養が求められあまりにひどいと怒って帰ってしまうお客さんもいるでしょう。
しかし、そういった場に身を置く事で、嫌が応にも教養や常識的な立ち振る舞いが身につく。といった側面もあります。
またキャバクラでは一定の”ノルマ”を課しているお店がほとんどです。

もちろん罰則目的でやってる訳では無いので、必死に頑張れば達成できるよう上手い具合に設けられていますが、ある程度勤めると調子が悪くて伸び悩んでしまう月もあります。
ぜんぜん指名も呼べず売上が立てれなくて、男子従業員の圧が怖い。なんて事もありえます。

そして思いの外大きい”罰金”制度。遅刻や当日欠勤、無断欠勤。全て罰金対象です。

遅刻は勤務時間を減らされるなどの場合もありますが、欠勤は1万円以上が殆どです。

理由など話を聞いてくれるお店もありますが、お店のスケジュールは遵守しましょう。

     

デメリットもいくつかあげましたが、個人的にはおしゃべりが好きな人、ニコニコと愛嬌のある人、気配りのできる真面目な人なんかは以外とキャバクラは向いているかもしれません。
高額なお給料の反面、他では経験しない苦労もしうるキャバクラの求人。

求人に応募した後、上手く立ち回れず伸び悩む期間があると思いますが最初からなんでもうまくこなせる人なんて本当に一握りです。なにがあっても、ある程度続ける事で見えてくるものもあるのでしばらくは続ける!という覚悟は持って挑みましょう。

スナックで女性とうまく楽しく飲むにはどのようにしたらいいのでしょうか?

女性の年齢をわざわざ聞かない

スナックにも若い女の子は沢山いますが、やはりキャバクラに比べると年齢層は若干高め。びっくりするような若い女の子がいる店も多いですが、人数はそれほど多くなくて若い子は争奪戦になる事もしばしばです。
でも、ちょっと年齢が行っている女性でも可愛らしい女の子は沢山いますから、となりに付いた女の子にはなるべく年齢は聞かないようにするのがスナックのマナーです。
30前後の女の子はとても年齢の事を気にしています。初対面ですから話題がなくて、別に変な気持ちはなくてもつい年齢の事を話題にしてしまうかもしれませんが、そこは培った話術で補うようにして年齢を聞かないようにしてみましょう。
「お客さん、私の歳聞かないんだね」という風な事を女の子が言えば、その子はあなたの事が気に入っているサインです。そういう話題が出た時には、さりげなく年齢を聞くようにすると良いでしょう。

簡単に女性を口説こうとしない

スナックにも綺麗で可愛く、話も上手な女の子が沢山いますから、そこで恋心を抱いてしまう男性が多いのも事実です。
でも、そこで好意を抱き過ぎてしまうと、スナックでモテる男にはなる事ができません。スナックの女の子たちはキャバクラの女の子以上に男の本性を良く見ています。相手も営業ですから、好意を持っているような態度を取る事もありますが、初めのうちは殆どが営業用の態度であると思っておくようにした方が良いでしょう。
ちょっと営業用の甘い態度をとられると、すぐに「相手が自分に好意がある」と思い込んでしまう男性が多いですが、それでは相手は逃げていってしまいます。嬉しくなる気分は理解ができますが、大人のたしなみとしてクールに振る舞い、「それでも、自分の世界には入り込ませないよ」という思いを口ではなく態度に出すようにして接するようにしてみましょう。
相手は今までのお客さんとは違う反応に驚き、あなたを「ちょっとこの人は違う」という風に見るようになってきます。そうなると次回にお店に行った時でも呼ばなくともあなたの側に付いてくれるようになりますから、そうなってから段々と女の子と打ち解けるようにするのがスナックの女の子からモテる秘訣になります。
すぐに身体を触ったりする男性もいますが、これもご法度です。触りたい気持ちはわかりますが、ある程度クールに紳士を気取って振舞っていれば相手から近づいてきてくれるようになりますから、ぐっと堪えてとにかくクールに振舞うようにしましょう。

その店のママに好かれるようにする!

何よりも大事なのは、その店のママさんに好かれるようにする事。これが、スナックでモテる為の最大の秘訣になります。
キャバクラと違ってスナックにはママさんが必ずいます。お店で女の子をどのお客に付かせるかも全て采配をしているのがママさんですから、スナックでモテたいと思ったら、まずはこのママさんに好かれなくては勝負になりません。ママさんに好かれると言っても、別にお店でガンガンお金を使ったりするだけが経営者であるママさんから好かれる秘訣なわけではありません。
お金をある程度使ってあげるのは当然ですが、もっと大事なのはお店の雰囲気をワイワイ楽しいものにするお手伝いを買って出てあげるという事です。他のお客さんがカラオケで盛り上がっていれば合いの手の一つも入れてあげたり、お気に入りの女の子が別のお客さんに付いてしまってヘルプの女の子が付いてしまっても、寛大な態度で楽しく振舞ってあげたり。
その辺のコミュニケーション力などをママさんは常に観察していますから、ママさんにそのあたりの能力を認めてもらえば、「ここは勝負」という時には必ずお気に入りの女の子を付けてくれるようにもなりますし、女の子の前でもあなたの事を褒めて、あなたのポイントアップにも色々と貢献をしてくれるようにもなります。
「ママを制するものがスナックを制する」というのは少々大袈裟かも知れませんが、とにかくママさんを抑える事がスナックでモテる男になる為の必須条件である事は間違いありません。是非とも現場で実践してみてください。

今流行りのスナックを楽しむにはどうしたら良いのでしょうか?

そもそもスナックとはどんなところ?

スナックとは、元来スナックバー(snack bar)のことで、軽食(スナック)を提供するバーを意味しています。
飲み屋でお店の女性が隣に座って接客すると風営法の対象となるため、営業時間は深夜0時までとなってしまいますが、 スナックの接客はカウンター越しですので風営法は適用外となり、明け方近くまで営業しているお店も少なくありません。
一昔前の大半のスナックには男性のマスターやバーテンダーがいましたが、 最近ではお店を切り盛りしているのは、ほとんどがママと呼ばれる女性です。 スナックというと、お店の方もお客さんも年齢層は高めというイメージがあるかと思います。 確かに大部分のお店はその通りです。しかし、最近は「本当にスナック?」と疑問に思ってしまほど、若くてキレイなママ・店員さんが増えています。 都市部では20代のママも見かけるようになりました。しかもクラブやキャバクラよりも安く楽しめるのです!

キャバクラとは何が違うのでしょうか?

スナックはママや店員さんだけでなくお店の常連さんまでが温かいです。とにかくアットホームです。
また、2時間~3時間で3000円~5000円前後という良心的なお店が多いと思われます。
ボトルを入れるとそこにボトル代がかかりますが、キープしておけば次回以降は更に安上がり。
セット料金ではなく、チャージ料金を取るお店であれば、時間無制限ですのでいつまででも呑めてしまいます。
また接客にも大きな違いがあります。お店の女の子がお客の隣に座って接客してしまうと、風営法が適用されてしまい、 午前0時に閉店しなければならなくなります。 ですから、接客はカウンター越しです。
キャバクラに比べ、スナックに若い子が増えていると言ってもやはり年齢層は高めです。しかしその分、重みや含蓄がある話を聞けたりするのです。

キャバクラにはないスナックのとは何なのでしょうか?

キャバクラとの違いがそのまま魅力と言ってもいいですが、キャバクラやクラブなどと比べると料金は安価です。
オーナーママのお店では、常連になると会計が不明瞭になってきたりもします。
不明瞭と言っても、高額な料金を請求されるのではなく、むしろ逆に非常に安い値段を請求されることもあるのです(笑)
そして何より、やはりアットホームな空気感が魅力です。おつまみにママの手料理が出てくると、心も温まります。
ママや店員さん、お客さんの年齢層は高めですし、常連さんが多いと行きづらいと思うかもしれませんが、思い切って飛び込んでみれば、きっとみんな温かく迎えてくれますよ。
愚痴をこぼせば叱咤激励してもらえますし、嬉しいことがあれば一緒に喜んでくれます。
スナックの中には、古き良き日本の姿があるのです。

スナックで女性とうまく楽しく飲むにはどのようにしたらいいのでしょうか?

女性の年齢をわざわざ聞かない

スナックにも若い女の子は沢山いますが、やはりキャバクラに比べると年齢層は若干高め。びっくりするような若い女の子がいる店も多いですが、人数はそれほど多くなくて若い子は争奪戦になる事もしばしばです。
でも、ちょっと年齢が行っている女性でも可愛らしい女の子は沢山いますから、となりに付いた女の子にはなるべく年齢は聞かないようにするのがスナックのマナーです。
30前後の女の子はとても年齢の事を気にしています。初対面ですから話題がなくて、別に変な気持ちはなくてもつい年齢の事を話題にしてしまうかもしれませんが、そこは培った話術で補うようにして年齢を聞かないようにしてみましょう。
「お客さん、私の歳聞かないんだね」という風な事を女の子が言えば、その子はあなたの事が気に入っているサインです。そういう話題が出た時には、さりげなく年齢を聞くようにすると良いでしょう。

簡単に女性を口説こうとしない

スナックにも綺麗で可愛く、話も上手な女の子が沢山いますから、そこで恋心を抱いてしまう男性が多いのも事実です。
でも、そこで好意を抱き過ぎてしまうと、スナックでモテる男にはなる事ができません。スナックの女の子たちはキャバクラの女の子以上に男の本性を良く見ています。相手も営業ですから、好意を持っているような態度を取る事もありますが、初めのうちは殆どが営業用の態度であると思っておくようにした方が良いでしょう。
ちょっと営業用の甘い態度をとられると、すぐに「相手が自分に好意がある」と思い込んでしまう男性が多いですが、それでは相手は逃げていってしまいます。嬉しくなる気分は理解ができますが、大人のたしなみとしてクールに振る舞い、「それでも、自分の世界には入り込ませないよ」という思いを口ではなく態度に出すようにして接するようにしてみましょう。
相手は今までのお客さんとは違う反応に驚き、あなたを「ちょっとこの人は違う」という風に見るようになってきます。そうなると次回にお店に行った時でも呼ばなくともあなたの側に付いてくれるようになりますから、そうなってから段々と女の子と打ち解けるようにするのがスナックの女の子からモテる秘訣になります。
すぐに身体を触ったりする男性もいますが、これもご法度です。触りたい気持ちはわかりますが、ある程度クールに紳士を気取って振舞っていれば相手から近づいてきてくれるようになりますから、ぐっと堪えてとにかくクールに振舞うようにしましょう。

その店のママに好かれるようにする!

何よりも大事なのは、その店のママさんに好かれるようにする事。これが、スナックでモテる為の最大の秘訣になります。
キャバクラと違ってスナックにはママさんが必ずいます。お店で女の子をどのお客に付かせるかも全て采配をしているのがママさんですから、スナックでモテたいと思ったら、まずはこのママさんに好かれなくては勝負になりません。ママさんに好かれると言っても、別にお店でガンガンお金を使ったりするだけが経営者であるママさんから好かれる秘訣なわけではありません。
お金をある程度使ってあげるのは当然ですが、もっと大事なのはお店の雰囲気をワイワイ楽しいものにするお手伝いを買って出てあげるという事です。他のお客さんがカラオケで盛り上がっていれば合いの手の一つも入れてあげたり、お気に入りの女の子が別のお客さんに付いてしまってヘルプの女の子が付いてしまっても、寛大な態度で楽しく振舞ってあげたり。
その辺のコミュニケーション力などをママさんは常に観察していますから、ママさんにそのあたりの能力を認めてもらえば、「ここは勝負」という時には必ずお気に入りの女の子を付けてくれるようにもなりますし、女の子の前でもあなたの事を褒めて、あなたのポイントアップにも色々と貢献をしてくれるようにもなります。
「ママを制するものがスナックを制する」というのは少々大袈裟かも知れませんが、とにかくママさんを抑える事がスナックでモテる男になる為の必須条件である事は間違いありません。是非とも現場で実践してみてください。

キャバクラよりも気軽に行ける!?スナックの魅力とは何なのでしょうか?

そもそもスナックとはどんなところ?

スナックとは、元来スナックバー(snack bar)のことで、軽食(スナック)を提供するバーを意味しています。
飲み屋でお店の女性が隣に座って接客すると風営法の対象となるため、営業時間は深夜0時までとなってしまいますが、 スナックの接客はカウンター越しですので風営法は適用外となり、明け方近くまで営業しているお店も少なくありません。
一昔前の大半のスナックには男性のマスターやバーテンダーがいましたが、 最近ではお店を切り盛りしているのは、ほとんどがママと呼ばれる女性です。 スナックというと、お店の方もお客さんも年齢層は高めというイメージがあるかと思います。 確かに大部分のお店はその通りです。しかし、最近は「本当にスナック?」と疑問に思ってしまほど、若くてキレイなママ・店員さんが増えています。 都市部では20代のママも見かけるようになりました。しかもクラブやキャバクラよりも安く楽しめるのです!

キャバクラとは何が違うのでしょうか?

スナックはママや店員さんだけでなくお店の常連さんまでが温かいです。とにかくアットホームです。
また、2時間~3時間で3000円~5000円前後という良心的なお店が多いと思われます。
ボトルを入れるとそこにボトル代がかかりますが、キープしておけば次回以降は更に安上がり。
セット料金ではなく、チャージ料金を取るお店であれば、時間無制限ですのでいつまででも呑めてしまいます。
また接客にも大きな違いがあります。お店の女の子がお客の隣に座って接客してしまうと、風営法が適用されてしまい、 午前0時に閉店しなければならなくなります。 ですから、接客はカウンター越しです。
キャバクラに比べ、スナックに若い子が増えていると言ってもやはり年齢層は高めです。しかしその分、重みや含蓄がある話を聞けたりするのです。

キャバクラにはないスナックのとは何なのでしょうか?

キャバクラとの違いがそのまま魅力と言ってもいいですが、キャバクラやクラブなどと比べると料金は安価です。
オーナーママのお店では、常連になると会計が不明瞭になってきたりもします。
不明瞭と言っても、高額な料金を請求されるのではなく、むしろ逆に非常に安い値段を請求されることもあるのです(笑)
そして何より、やはりアットホームな空気感が魅力です。おつまみにママの手料理が出てくると、心も温まります。
ママや店員さん、お客さんの年齢層は高めですし、常連さんが多いと行きづらいと思うかもしれませんが、思い切って飛び込んでみれば、きっとみんな温かく迎えてくれますよ。
愚痴をこぼせば叱咤激励してもらえますし、嬉しいことがあれば一緒に喜んでくれます。
スナックの中には、古き良き日本の姿があるのです。

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool