0ヘルを卒業して売上として新しいお店に移るベストなタイミングとは?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。
今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。
また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。
クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。
また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。
お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。
このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

キャバクラのエスコートとはどのような仕事をするのでしょうか?

キャバクラのエスコートとは、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職

キャバクラのエスコートとは、厳密には違う部分もあるのですが、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職のことです。キャバクラでもエスコートの役職があるお店とないお店もがあるので、そこは求人情報等で確認が必要です。エスコートだけでなく、キャバクラによっては女性が店長をやっているお店もあります。
しかしボーイの仕事はキャバ嬢とはまた違った部分で大変なところがあります。一番の違いは、キャバ嬢として働くより拘束時間が長いということです。開店準備や閉店作業もしなければならなくなりますし、給料もキャバ嬢として働くより絶対的に少なくなると思います。

男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けている

エスコートやキャバクラのスタッフとして女性を採用しているお店の狙いとしては、男性ボーイの気が利かない部分や、男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けているところがあります。または、女性スタッフの見栄えの良さを求めているキャバクラのお店もあります。
キャバ嬢達も、もっと女の子の気持ちをわかってくれるボーイと一緒に仕事をしていたいものなのも事実です。キャバ嬢の経験がある女性がエスコートをやってくれれば、きっと働くキャバ嬢達もやりやすいと思うはずです。

エスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ない

求人を見てみると分かりますが、意外とエスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ないです。理由としては、男性スタッフありきの運営ですので、ある程度広い店内のキャバクラでないとサブで活躍するポジションのエスコートは必要としていなかったり、お店自体が女性の人員を必要としていない等が挙げられます。
六本木や新宿など、比較的大きなキャバクラが多い繁華街の方がエスコートの求人募集は多いです。

30を過ぎて水商売をやっているアラサー女性は結婚できるのでしょうか?

実際のところ、アラサーの独身率はどのくらい?

近年の日本では未婚化、晩婚化という言葉を頻繁にニュースなどで見かけるようになりました。実際のところ、アラサー、アラフォー女性の結婚事情はどのようになっているのでしょうか?
国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集2012」によると、2010年の女性の平均初婚年齢は29.69歳でした。現在30歳前後の人たちの親世代が結婚した頃…1980年の女性はというと、25.11歳。30年の間に日本の女性の平均初婚年齢は4.58歳上昇しています。1980年にはアラフォー女性の約9割、アラサー女性の約8割が結婚していましたが、30年後の2010年になるとアラフォーは約7割、アラサーになるとほぼ5割と大きく減少しています。一方、未婚率を見ると、アラフォー女性の5人に1人、アラサー女性のほぼ2人に1人が未婚です。「40歳・独身」というのはいまや珍しくありません。
これは、女性がより社会で活躍できる場が増えているということでもあります。水商売に限らずどの職業にも共通して言える事ですが、仕事にやりがいを感じているとどうしても恋愛面がおろそかになるものです。無理矢理恋愛をする必要はありませんが、先々の事を考えた計画が大切なのです。

既婚者の女性が現在の夫と出会ったきっかけとは

未婚の女性で「結婚したいけれど相手がいない」「どこに出会いがあるの?」と感じる人は少なくないそうです。将来自分の夫となる人との「出会い」は一体どこにあるのでしょうか。
某研究所で2011年に実施した「女性の幸せに関する意識調査」の、25~44歳のアラサー、アラフォー既婚女性の「夫との出会いのきっかけ」に対する回答結果によると、「職場・仕事関係」が約4割と圧倒的に多く、「友人などの紹介」「大学等(短大や専門学校も含みます)」と続き、これらの3つのきっかけで出会った人が全体の65.2%を占めます。遠くの親類より近くのナントカ…まずは、近くにいる異性や友人との関係を見直してみることが「出会い」の近道となるかもしれません。
さらに、最近では「復縁婚」なるものもしばしば耳にします。30歳を過ぎてから人との関係を一から築くのはなかなか大変。そうなると、やはり自分の事を良く知ってくれている昔の恋人がよく見えてくるのだとか…。離れてみて分かる事も色々とあるのかもしれませんね。

増えつつある「ネット婚活」とは

最近ではパソコンだけでなく、ケータイやスマートフォン等で誰もが気軽にインターネットにアクセスできるようになり、FacebookやTwitter、mixiなどのSNSも世代を問わず身近なものになっています。
ブログやSNS内のコミュニティーを通じて趣味の仲間を見つけたり、懐かしい友人と再会したり…という経験がある人も珍しくはないでしょう。
20代の頃は頻繁にあった飲み会のお誘いも30代になると急激に減ったと感じた事はありませんか?出会いがないと感じたら自分から動いてみましょう。インターネット上でのやり取りの良いところはサイト内の情報で出会う前から相手のある程度の人柄や趣味がわかること。これで「お付き合い」や「結婚」への後押しになっているものと思われます。一昔前は「出会い系」などと呼ばれ少々危険な感じもありましたが、ある程度人生経験を積んだアラサー・アラフォーの女性は男性を見分ける力もついているはず。特に水商売を経験していれば尚更です。
個人情報の取り扱いや安全面等に配慮する必要はありますが、インターネットの各種サービスを賢く利用してみるのも「出会い」や自分の世界を広げるきっかけになることでしょう。

0ヘルから売り上げのホステスになるのは不可能なのでしょうか?

「売り上げ」と「0ヘル」の違い

クラブのホステスには3パターンの給料システムがあります。まず、全くお客様を持っていない未経験の新人ホステスは「0ヘル」と呼ばれ、決まった日給をもらい他のお姉さんのヘルプをします。そしてママやチーママと呼ばれるタイトルが付いているホステスは基本的には毎月の売り上げを店側との折半で受け取ります。もちろん普通のホステスで折半の女性もいますが、これは稼げる金額は大きいですがかなりリスクを伴うためにママやチーママの肩書きを持っていないがお客様を持っているホステスは「売り上げ」と呼ばれるシステムで毎月の給料を受け取ります。
中でも、売り上げも多少あるが自分のお客様がいない時は他席のヘルプにも付く「半売り半ヘル」と呼ばれる売り上げ兼ヘルプが一番多く存在しています。この場合だと日給も保証されますし、売り上げのノルマをクリアすればそれだけのバックも貰えるのでリスクはあまり大きくはありません。
売り上げのホステスになるには、お客様を持っているお姉さんが辞める際に譲り受ける場合と、お店、男性スタッフの係りを貰える場合位しかありません。

売り上げホステスのポイント

クラブで働く売り上げのあるホステス達は「個人事業主」として店舗と契約しそこで自分のお客様をおもてなしすることで売り上げを作り、そこから毎月お店に諸経費を払い残りをお給料として受け取るという仕組みになっています。
また、銀座には売り掛け制度がありお客様はツケで飲むことが可能です。 そのお客様の係りのホステスはツケを期限までに回収できないと、自分の借金となりお給料から引かれます。
お店とは入店前の面接でどのくらいの売り上げを出せるのかを聞かれると思いますが、その数字次第でノルマも変動してきます。
お店に入店する際に女性からお店に対して売り上げの約束をする「打ち込み」や、お店が入店する女性のキャリア話の中で得た情報の中から見込んだ売り上げの「見込み」と呼ばれる売り上げのノルマを決め、そのノルマをこなせない場合はお給料からペナルティとして差し引かれます。

安定した売り上げを稼ぐ為には

ヘルプから売り上げの女性を目指しているのなら、係りのお姉さんがいなくなるのを待つのではなくお店を変えるのが1番早いでしょう。ただ、移るお店はかなり厳選しなければいけません。現在のお店で獲得したお客様には次のお店との相性もありますし、移るお店に自分のメインのお客様の係りがいる場合などもあります。
しかし、ある程度の売り上げを作る事ができる見込みがあって移籍を考えるのは当然のことですが、自分の条件に見合った金額で働きましょう。面接の際に高額の日給を提示されることがあるかもしれませんが金額が高いという事は、それなりの事を要求されます。厳しいノルマは後で苦しくなってストレスや挫折のもとです。
目先の利益に飛びついてしまうのではなく、入店・移籍をしたらしばらくは腰を据えて働くのが大切です。

担当のホストにクリスマスプレゼントを渡したいのですが、何がいいですか?

ホストがよく身につけるアクセサリーとは

仕事中も身につけていられるものといえば、アクセサリーですよね。はたして、ホストな男性たちはどんなアクセサリーを愛用しているのでしょうか。
多くのホストのファッションに見られるのは、まずはブレスレット・リング・ネックレスといったところでしょう。もう少し凝ったコーディネートをしているホストが身につけているのはカフスやタイピンなど、ふとした時に見えるアクセサリー類です。
しかし、最近のホストはキラキラしたスーツよりもより私服に近い服装をしているホストも見受けられます。とはいえ、やはりアクセサリーはやはり一番渡しやすいプレゼントなのではないでしょうか?担当ホストが普段どのようなアクセサリーを身につけているのかチェックしてみましょう。

物をあげる代わりに、お店で高級ボトルを卸す

何をあげたらいいか迷った時に最も手っ取り早く喜んでくれるものといえば、やはりシャンパンや高級ボトルなどの酒類ではないでしょうか。むしろ、物よりもボトルを入れてくれた方が喜ぶホストもいると思います。
身につける物をプレゼントしたとしても、そのホストが常に身につけてくれるとは限りません。でしたら、お店に行けばテーブルに飾っておくことのできる高級ボトルをたまにはプレゼントするのもいいのではないでしょうか?

プレゼントはインパクトが大切

男のひとだって、キャバクラやガールズバーに楽しく飲みに行くんだから、女性だってホストクラブに行って悪いわけがありません。
それに、店員とお客とはいえ、そこはひとりの男と女。いつの間にか、恋人同士に発展するということもあるでしょう。
そんなホストな彼は、クリスマスはお仕事かもしれません。ですが、せめてクリスマスプレゼントは贈りたいですよね。
お酒にしろ、アクセサリーにしろ彼の思い出に残るようなプレゼント選びをしてみましょう。

生理的に合わないお客様をホステスとして接客する時はどのようにしたら良いのでしょうか?

生理的に合わないかも!?と思ってしまう苦手なお客様

夜のお店はお酒を提供する場ですが、お酒が入ると人格が変わってしまう人がいます。さらに、大声で怒鳴り散らしたりしまいには説教をはじめたりする人も中にはいます。
何でそんな事するのか…?それは怒鳴り散らす事や説教をする事で、ストレス解消をしているのです。どのホステスが着いてもそのような態度だと、その確率が非常高いようです。また、飲み慣れているお客様の中には新人ホステスを育てるのが好きなお客様もいるので、親心のようなものから色々言われる場合もあります。 とにかく普段できない事を、お金を払う事で解消している場合が多いです。そうじゃなければ何度もお店に来ませんし、気に入らないお店や女性だったらそもそも飲みになんて来ないからです。つまりホステスの高いお給料の中には、そのようなお客様からのお小言にもガマンして耐える料金も入っていると考えていいと思います。

気難しいお客様への対処方法

気難しいお客様の接客は疲れるので避けてしまうホステスが多いですが、 お客様も自分が気難しい事くらいは分かっているのです。 それでも自分に付いてきてくれる、というその気持ちがどこまで本当のなのかあえて試しているのかも知れません。実際、女性の事を信頼したそのようなお客様はとても良いお客様に変化したりするのです。
夜のお店は、スタッフ、ママ、お姉さん達から試される場面というのがあります。 そこをどう乗り切るか、切り替えすかでホステスとしての才能や素質を見られているのです。 嫌な事があるからとすぐ訴えるのではなく、そのような場面をうまくクリアできれば周りからの評判もさらにアップするでしょう。
気難しいお客様はどのお店にもいます。しかし気難しいと言われているお客様にこそ愛情持って接するべきなのかも知れません。

お客様の前でホステスである為の心構えとは

ホステスは女性特有のお仕事です。 外見をより女性らしく華やかにする必要があります。 お店やお給料によっても、ホステスとして求められるレベルの差がありますが、 「女性らしく」というのは、全てのホステスにおいて共通して求められるものです。
この女性らしく、というのは仕草であったり言葉遣いであったりするわけですが、 これは最初はできなくても、 色々なお客様と接して行く事で段々磨かれていくのです。
このような仕草や振る舞いは、意識的に女性らしさを演出しても限界があり、やはり自分が内面から女性らしくなろう、という気持ちがなければ所詮それは形だけのものになってしまいます。自分で努力しているつもりでも、相手に伝わらなければ結局それは自己満足なのです。
気持ちを込めたおもてなしでなければ、当然相手の心には響きません。上手くできなくても、心を込めるというのが何より大切です。

初めて入店した店でナンバーに入るにはどうしたら良いのでしょうか?

毎月のナンバーはどうやって決まっているのか

毎月末の締め日と呼ばれる日に、ほとんどのホストクラブではナンバー争いが繰り広げられるのですが、そもそも「ナンバー」とは一体何なのでしょうか?
女性がホストクラブに一回飲みに行って支払う金額が担当ホストの売上になる訳ですが、この売上が一番多いホストはその店のナンバーワンという称号を得る事ができます。
ホスト達はこのたった一席しかないナンバーワンを毎月目指すわけですが、大きな勝負はやはり毎月末の締め日に焦点が絞られるようです。締め日はその月のナンバーワンが決定する大切な日。ホストはできるだけ自分のお客様を呼び、売上の調整をするのです。そして、締め日の営業が終わった時点で売上が集計されナンバーワンが決定します。

歌う回数が多いほど順位も上がる?ラストソングとは

閉店の時間まで店内で飲んでいると、閉店を知らせる意味も込めてその日の売り上げ一位のホストが好きな歌を歌う事をラストソングと呼んでいます。ラストソングがない店舗もありますし、その月のナンバーワンが毎日歌う店舗もあり形態は様々ですが、このラストソングを歌えるという事はホストとしての一種のステータスでもあります。
歌う曲は、お客様のリクエストであったり自分が得意な曲を選択すればいいわけですが、歌に自信がなくても大丈夫!その場合は近くにいるヘルプのホストに任せるホストも中にはいるようです(笑)
こうしてラストソングを歌う回数が多いほど、その月のナンバーワンに一番近い存在であると言えるのではないでしょうか?

やはりレギュラー出勤しないとナンバーには入れませんか?

もちろん毎日出勤している方が新規のお客様との出会いも多いですし、フラッとやってきた指名のお客様に対応することができます。
しかし、決まった日のみの出勤し売り上げを稼いでいるホストもいます。一度に多額の飲み代を支払ってくれるいわば太客を掴んでしまえば成り立ちもしますが、自分の出勤の日にお客様に来店してもらうというコントロールも必要になってきます。また出勤日が少ない分、お客様の来店もたくさん被ってしまう場合があり、全てのお客様に対してのフォローが難しくなってしまいます。
まずは出勤できる日はなるべく出勤して、コンスタントにお客様を獲得して行くのがナンバーへの近道かもしれませんね。

この人がナンバーワン!?なぜだか男性にモテる女性の特徴とは?

初対面なのになんだか楽しそうな女性

初対面でたとえ緊張していても、相手に合わせて自分を抑えるよりは最初から自分らしさを見せる素直さはポイントが高いようです。
例えば、あなたの両隣に初対面の男性がいるとしましょう。あなたは少し緊張しています。
ひとりは、緊張のせいかしかめっ面で腕組みした、あなたとの会話に興味がなさそうな無愛想な男性。もうひとりも同じように緊張はしているけど、なんだかソワソワしています。そしてあなたが何か話すたびに反応をして、好奇心を隠さずびっくりしたり感心したりと忙しそうな男性。2人の男性を比べたとき、後者の男性には「なんだか落ち着かない人だけど、この人と話しているほうが楽しい」と思うのではないでしょうか?同じように男性にとっても、相手のペースについつい呑まれてしまう女性のほうが、何を話しても反応がない女性より好感度が高いそうです。

相手の話に対して喜怒哀楽を表現できる女性

どんな話にも同じ態度をするのではなく、「思ったこと、感じたこと」に対して共感し色々な表情を見せることが、「またこの女性に会いたい!話をしたい!」と思わせる秘訣です。
ちゃんと話を聞いてくれる「聞き上手」の態度は水商売の基本ですが、「どうせ嬉しそうにニコニコ笑顔で対応するのが無難なんでしょ?」と思わないこと!男性は「本当に心から興味をもって聞いてくれているか」を女性の表情から読みとろうとしています。
特にモテる男性は、細かな会話も見逃さず常に精一杯の笑顔で話を聞いてくれる姿に女性の下心を感じてしまい、その「常にニコニコ」ぶりに嘘っぽささえ感じるそうです。
それよりも、男性は自分と同じタイミングで笑ったり感動したり悲しんでくれる女性に「価値観が同じで付き合いやすいな」と感じ、もっといろんな話をしたくなるのだそうです。話の内容によっては、思わず一緒に怒りたくなったり、悲しい気持ちになったりすることもありますよね。俗にいう「笑いのツボが同じだから好きになった」という理由で指名を貰えることが多いのもこれが理由かもしれません。

守りたくなる危うさがある女性

よく「モテる女性には隙がある」と言いますが、男性の言う女性の隙には隠れた意味があります。それは、「思わず見守りたくなる危うさ」です。
反対に見た目や会話に危うさがなく、「1人でも生きていけそう」「誰にでも好かれそう」という2つをイメージさせる女性は、チャンスが少ないばかりか、短い恋で終わることが多いようです。最初は仲良くできていたとしても、「僕がいなくても大丈夫そう」と感じ、途中から連絡が途切れがちになり疎遠気味に…。
では、「思わず見守りたくなる危うさ」のある人とはどんな人でしょう?
たとえば、年齢を問わず行きあたりばったりで、興味があれば悩むより先に飛び込む人のこと。「これ美味しいよ、食べてみて」と勧められたものを、今まで一度も食べたことがなくてもとりあえず食べちゃう、こんな潔さなんかも当てはまります。見ていて思わず「おいおい大丈夫?」と笑ってしまうドジ行動も、男性には特別な「そばにいて守ってあげたくなる」存在になるのです。
いい女を意識し、良いところばかり見せようと努力するよりも、素直にここまで見られたらもう何も恥ずかしいことない!というくらいになれれば、あなたにもきっとチャンスが巡ってきますよ!

30を過ぎて水商売をやっている女性は結婚できるのでしょうか?

実際のところ、アラサーの独身率はどのくらい?

近年の日本では未婚化、晩婚化という言葉を頻繁にニュースなどで見かけるようになりました。実際のところ、アラサー、アラフォー女性の結婚事情はどのようになっているのでしょうか?
国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集2012」によると、2010年の女性の平均初婚年齢は29.69歳でした。現在30歳前後の人たちの親世代が結婚した頃…1980年の女性はというと、25.11歳。30年の間に日本の女性の平均初婚年齢は4.58歳上昇しています。1980年にはアラフォー女性の約9割、アラサー女性の約8割が結婚していましたが、30年後の2010年になるとアラフォーは約7割、アラサーになるとほぼ5割と大きく減少しています。一方、未婚率を見ると、アラフォー女性の5人に1人、アラサー女性のほぼ2人に1人が未婚です。「40歳・独身」というのはいまや珍しくありません。
これは、女性がより社会で活躍できる場が増えているということでもあります。水商売に限らずどの職業にも共通して言える事ですが、仕事にやりがいを感じているとどうしても恋愛面がおろそかになるものです。無理矢理恋愛をする必要はありませんが、先々の事を考えた計画が大切なのです。

既婚者の女性が現在の夫と出会ったきっかけとは

未婚の女性で「結婚したいけれど相手がいない」「どこに出会いがあるの?」と感じる人は少なくないそうです。将来自分の夫となる人との「出会い」は一体どこにあるのでしょうか。
某研究所で2011年に実施した「女性の幸せに関する意識調査」の、25~44歳のアラサー、アラフォー既婚女性の「夫との出会いのきっかけ」に対する回答結果によると、「職場・仕事関係」が約4割と圧倒的に多く、「友人などの紹介」「大学等(短大や専門学校も含みます)」と続き、これらの3つのきっかけで出会った人が全体の65.2%を占めます。遠くの親類より近くのナントカ…まずは、近くにいる異性や友人との関係を見直してみることが「出会い」の近道となるかもしれません。
さらに、最近では「復縁婚」なるものもしばしば耳にします。30歳を過ぎてから人との関係を一から築くのはなかなか大変。そうなると、やはり自分の事を良く知ってくれている昔の恋人がよく見えてくるのだとか…。離れてみて分かる事も色々とあるのかもしれませんね。

増えつつある「ネット婚活」とは

最近ではパソコンだけでなく、ケータイやスマートフォン等で誰もが気軽にインターネットにアクセスできるようになり、FacebookやTwitter、mixiなどのSNSも世代を問わず身近なものになっています。
ブログやSNS内のコミュニティーを通じて趣味の仲間を見つけたり、懐かしい友人と再会したり…という経験がある人も珍しくはないでしょう。
20代の頃は頻繁にあった飲み会のお誘いも30代になると急激に減ったと感じた事はありませんか?出会いがないと感じたら自分から動いてみましょう。インターネット上でのやり取りの良いところはサイト内の情報で出会う前から相手のある程度の人柄や趣味がわかること。これで「お付き合い」や「結婚」への後押しになっているものと思われます。一昔前は「出会い系」などと呼ばれ少々危険な感じもありましたが、ある程度人生経験を積んだアラサー・アラフォーの女性は男性を見分ける力もついているはず。特に水商売を経験していれば尚更です。
個人情報の取り扱いや安全面等に配慮する必要はありますが、インターネットの各種サービスを賢く利用してみるのも「出会い」や自分の世界を広げるきっかけになることでしょう。

ホストにハマってしまうのはどのような女性が多いのでしょうか?

寂しがりやでネガティブな女性

とにかく寂しがりやで誰かにチヤホヤされたい女性はホストにハマってしまいやすい傾向が。さらに、寂しがりやな女性はネガティブな考えを持つ女性が多いようです。
例えば、他人が親切であなたの間違いを指摘してくれただけなのに、「あの人は私のことを嫌っている」といったネガティブな解釈をしてしまう傾向はありませんか?
それだけにとどまらず、「あの人だけでなく、きっとみんなが私を嫌っている!」なんて被害妄想に陥ることは?
そんなあなたをホスト達はきっと満面の笑みで癒してくれることでしょう。そのうち「ここだけが私の居場所…」という幻想に陥り、気づいたら常連客になっているかも…!?

人間関係に不満があり、平凡な毎日から脱却したい女性

夫や彼氏などパートナーがいる場合でも、彼との関係に問題を抱えていて悩みを相談できる友達もいない場合は危ないかもしれません。お店でつい愚痴を聞いてもらっているうちに、ホストに恋してしまって、最終的には彼と別れてしまうなんてことも…。
また、会社と家を往復するだけの毎日を送っている女性も危険です。単調な毎日に先の見えない将来が不安になりホストに悩みを聞いてもらっているうちに、ホスト達の非日常な扱いに慣れてしまうのです。この扱いにすっかり陶酔した女性は、飲み代を稼ぐために仕事を変えてしまう可能性も出てきてしまいます。

自分に極端に自信がない女性

「自分にはいいところなんてひとつもない」というように自己評価の低い女性は、ホストクラブにハマりやすいかもしれません。
ホストは言葉を操るプロです。太っているとか痩せすぎているとか、体型のコンプレックスを抱えている人に対しても、とにかく褒め言葉を浴びせます。
女性が「コンプレックスなんだけど…」と謙遜したところで、今度は「えー!信じられない。俺にとってはドストライクだよ」とか驚いてみたりするのです。
自分に自信のある人だと、そんなふうにチヤホヤされても、「あら、そう」と感動が薄かったり、逆に「なんか見え透いていて気持ち悪い」という直感が働いたりするものですが、自己評価の低い人だと聞きなれない褒め言葉に完全に舞い上がってしまいます。
それで少しでも自信がつき女性にとってプラスに働けばいいのですが、日常生活では相変わらず自尊心が低いまま。そんな自分が不安で仕方なくて、ついついホストに依存してしまうのです。

キャバクラのエスコートとはどのような仕事をするのでしょうか?

キャバクラのエスコートとは、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職

キャバクラのエスコートとは、厳密には違う部分もあるのですが、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職のことです。キャバクラでもエスコートの役職があるお店とないお店もがあるので、そこは求人情報等で確認が必要です。エスコートだけでなく、キャバクラによっては女性が店長をやっているお店もあります。
しかしボーイの仕事はキャバ嬢とはまた違った部分で大変なところがあります。一番の違いは、キャバ嬢として働くより拘束時間が長いということです。開店準備や閉店作業もしなければならなくなりますし、給料もキャバ嬢として働くより絶対的に少なくなると思います。

男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けている

エスコートやキャバクラのスタッフとして女性を採用しているお店の狙いとしては、男性ボーイの気が利かない部分や、男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けているところがあります。または、女性スタッフの見栄えの良さを求めているキャバクラのお店もあります。
キャバ嬢達も、もっと女の子の気持ちをわかってくれるボーイと一緒に仕事をしていたいものなのも事実です。キャバ嬢の経験がある女性がエスコートをやってくれれば、きっと働くキャバ嬢達もやりやすいと思うはずです。

エスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ない

求人を見てみると分かりますが、意外とエスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ないです。理由としては、男性スタッフありきの運営ですので、ある程度広い店内のキャバクラでないとサブで活躍するポジションのエスコートは必要としていなかったり、お店自体が女性の人員を必要としていない等が挙げられます。
六本木や新宿など、比較的大きなキャバクラが多い繁華街の方がエスコートの求人募集は多いです。

担当のホストにクリスマスプレゼントを渡したいのですが、何がいいですか?

ホストがよく身につけるアクセサリーとは

仕事中も身につけていられるものといえば、アクセサリーですよね。はたして、ホストな男性たちはどんなアクセサリーを愛用しているのでしょうか。
多くのホストのファッションに見られるのは、まずはブレスレット・リング・ネックレスといったところでしょう。もう少し凝ったコーディネートをしているホストが身につけているのはカフスやタイピンなど、ふとした時に見えるアクセサリー類です。
しかし、最近のホストはキラキラしたスーツよりもより私服に近い服装をしているホストも見受けられます。とはいえ、やはりアクセサリーはやはり一番渡しやすいプレゼントなのではないでしょうか?担当ホストが普段どのようなアクセサリーを身につけているのかチェックしてみましょう。

物をあげる代わりに、お店で高級ボトルを卸す

何をあげたらいいか迷った時に最も手っ取り早く喜んでくれるものといえば、やはりシャンパンや高級ボトルなどの酒類ではないでしょうか。むしろ、物よりもボトルを入れてくれた方が喜ぶホストもいると思います。
身につける物をプレゼントしたとしても、そのホストが常に身につけてくれるとは限りません。でしたら、お店に行けばテーブルに飾っておくことのできる高級ボトルをたまにはプレゼントするのもいいのではないでしょうか?

プレゼントはインパクトが大切

男のひとだって、キャバクラやガールズバーに楽しく飲みに行くんだから、女性だってホストクラブに行って悪いわけがありません。
それに、店員とお客とはいえ、そこはひとりの男と女。いつの間にか、恋人同士に発展するということもあるでしょう。
そんなホストな彼は、クリスマスはお仕事かもしれません。ですが、せめてクリスマスプレゼントは贈りたいですよね。
お酒にしろ、アクセサリーにしろ彼の思い出に残るようなプレゼント選びをしてみましょう。

高級クラブに採用されるために必要な事はどうしたらよいのでしょうか?

面接日の身だしなみについて

身だしなみとは顔、スタイル、洋服のセンスなど…まさに見た目のことを指しますが、ポイントは 清潔感があって、自分に似合っているという事です。
高級クラブの場合は、美容院でヘアセットした方が条件がよくなる場合があります。 面接官にお仕事している時のイメージを見て採用の決断をさせやすくするというのが狙いです。 基本的に綺麗にしてマイナスになるという事はありません。
また初心者の女性が1人で面接へ行く場合、着物やドレスを着ていると浮いてしまいがちですが間に第三者(紹介者など)を入れることで自然な感じになります。
肌荒れやタトゥーなどの清潔感のない身なりは店側からマイナスのイメージがついてしまうので注意が必要です。

面接で聞かれる内容とは

近年の銀座ではお客様を持たない女性はなかなか採用されるのは難しい傾向にあるようです。ということで、まずあなたにお客様がいるのかどうか?が最大のポイントになってきます。 それ次第では、条件やお給料額などの契約が大きく変わってきます。もちろんお客様がいるのが条件がよくなるのですが、お給料が沢山欲しいからと嘘を言ってノルマを付けられたら大変なことになります。
また今までの経歴も聞かれます。どんなお店で何年働いていたのか?という事です。 ここで重要なのは、いろんなお店で経験があっても何店舗も答える事は控えましょう。何件も店を転々とし、すぐ辞める女性だと思われては採用に繋がりません。
他には、住まいの場所と店の距離も重要です。終電の時間とタクシー代でジャッジされます。 終電の時間は深夜0時以降まであるかないかで天と地ほど違いますし、お客様とのアフターは基本的に終電以降のものですから、タクシー代が高い・アフターに付き合えないとなると評価は下がってしまいます。このことを踏まえて、事前に回答を準備しておくと良いでしょう。

採用されるために大切な事

高級クラブで採用されるには、ビジュアルがお店ごとの最低基準をクリアしていなければお客様を持っていない限りその他の要素が申し分なくても採用は難しいです。 逆にビジュアルが完璧ならその他がかなり厳しくてもどうにでもなったりするのが高級クラブ。
厳しく感じるかもしれませんが、例えば自分がホストクラブに行った場合のことを考えてみて下さい。 せっかく高いお金を出してホストに飲みに来ているのですから、不細工な男性に接客されるより、 自分好みの素敵な男性に接客されたいと思うのではないでしょうか。
このように外見が重要視されるのはもちろんなのですが、お店ごとにカラーがあるので外見面での採用基準はまちまちです。共通する部分としては、最低限の身だしなみを整え面接時にはとにかくニコニコ笑顔でハキハキとした受け答えを心がけることが大切です。

実は就活に有利?「キャバクラ経験のある女子学生」が就活に強い理由とは?

キャバクラは入店してからが大変

一見、綺麗なドレスを着て高いお酒を飲みながらお客様と楽しく会話するだけの華やかな空間に見えるキャバクラですが、実は入店してからが大変なのです。
ある程度ランクの高いキャバクラは時給はいいものの、入店してしばらくすると一人一人にノルマが課せられることがあります。また、ナンバー争いや不規則な生活などが続き、精神的にも肉体的にも疲労が溜まりやすくなります。
しかし、この厳しい環境で得られる物も多くあります。ある程度のまとまったお金はもちろん、様々な業界の男性との人脈が増える事で高いコミュニケーション能力も身に付くのです。このコミュニケーション能力が、女子大生には後々の就職活動で大きく活躍してくれることがしばしばあるようです。

キャバクラ経験者が総じて持っている、企業が求める「力」

就活生向けのセミナーでは、講師が一方的に話すだけではなく、学生同士をグループにしてディスカッションをさせたりする機会がよくあります。その際、経験豊富な人事担当者などは学生同士が話し合っている様子を見るだけでポテンシャルの高い学生を見つけるだけでなく、その学生が積んできた「経験」も見抜くことができたりするのです。
例えば、あるセミナーで非常に意見交換が活発で盛り上がっているグループがありました。そのグループは1人の女子学生を中心に、ほとんどすべてのメンバーが自分の意見を発表していたそうです。他のグループとは違い、ときには笑いも溢れながらお互いの意見を遠慮せず言い合っている…これは正に水商売の現場で培われた「コミュニケーション力」によるものです。元々の性格もあるでしょうが、実際彼女もグループの中で和やかな雰囲気を作りながら1人1人の意見を聞き出すなど、高いコミュニケーション力を発揮していたのです。

成果を出す人が持っている「コミュニケーション能力」

最近では男女問わず「一般職」に人気があるようです。出世して管理職になるコースではありませんが、総合職のように重い責任や業務を担うこともなく、ワークライフバランスを大事にして働けるイメージがあるのでしょう。
一般職人気が表すように、今の若者はあまり競争を好まず仕事で高い成果を出すことよりも、自分のプライベートを充実させたいという志向が強いのです。
キャバクラ経験者なら分かると思いますが、基本的に女の子の給料は指名料やお客様のドリンク料などの歩合で決まるといっても過言ではありません。つまり、自分が頑張った分だけそのままお給料として返って来るのです。
そのため、ただニコニコ接客しているだけではダメで、まずはいかに自分のファンになってもらうかを真剣に考えます。社会人とのトークを磨くためには新聞やニュースもチェックし、当然メイクの仕方なども勉強。そしてそれらの努力は数字として如実にフィードバックされるのです。
アルバイト経験のある大学生は多くいても、中でもキャバクラのように極端な「成果主義」の環境に身をおいたことのある学生はかなり少数なのではないでしょうか。学生時代に1度でも「地道な努力が成果に結びついた」経験をしている学生は、社会に出てからも必ず成果に対して楽しみながらコミットする。それを経験ある企業の人事担当者はよく理解しているのだと思います。

ホステスとしていつまでも自分を高く魅せるにはどうしたらいいのでしょうか?

高級クラブで求められるスタイル

例えば銀座には高級クラブが何件もあるので、全てはお店側の判断になりますがお客様を持っていない場合はやはりビジュアル面は重要です。理想としては身長から体重を引いて110~115位がベストなようです。太めの方は着物でカバーもできますが、「体型ぐらいしっかり節制をしてみせる」という意気込みだと自分にも自信がつきます。つまり、体形には日頃の自分の生活スタイルが表れてくるのです。
近年、銀座は顔よりも全体的なスタイル重視の傾向がありますがダイエットのしすぎは禁物です。痩せていれば良いという訳でもないのです。痩せ気味の女性は肌質にも注意です。肌質はすぐに改善できるものではありませんが顔色が悪い場合は、チークやコントロールカラーで調整しましょう。胸の開いたドレスを着るとどうしてもバストが小さくなりがちですが、ヌーブラ2枚重ねてみるなどテクニックを磨きましょう。また、特に髪質には厳しいお店が多いので髪にいいものを意識して食べたり、ストレスと上手にお付き合いしなくてはいけません。

身長が低い場合にはどうしたらいいのか

銀座の高級クラブ、特に大箱は背の高い女性を好む傾向にあります。とは言え、ヒールを履いたら170cm以上になってしまうとさすがに高すぎるのではと思うかもしれませんが、このようなお店には派手なお客様も多く、つれて歩いていて見栄えのする女性が良いとされているので、背が高すぎるというような心配もいりません。体型を生かし、ロングドレスやスーツを着こなすとカッコいいです。その際は、猫背に気をつけて堂々と歩きましょう。
一方老舗のクラブにいるオーナーママなどは、綺麗な女性よりもかわいい女性を好む場合が多いです。しかし、それでも140cm台の女性は少し低めだと思いますので、ヒールが高めの靴を履いた方がいいかもしれません。
スーツよりドレスいいでしょう。ロングよりもミディアムドレスがバランスよく見えます。ワンピースもいいですね。着物を着ると、より可愛らしい姿をアピールすることができます。

自分を綺麗に見せるコツとは?

常に自分を研究している女性は、自分がどのようにすれば美しく見えるか分かっています。 自分に似合う服装、色、デザイン。しかし他の人の服装やヘアースタイルが可愛いからと言っても全ての人に当てはまるものでもなく、身長や肌の色でも変わってきます。
全体的に重要なのは姿勢です。どんなに着飾っていても姿勢が悪いようでは、野暮ったくなり全てが台無しになります。
水商売は自分自身が商品のようなところがありますので、姿見などでしっかりと研究しておきましょう。女性らしい立ち振る舞いは、雑誌や映画を見て自分が美しいと思う人の動きを研究してみるのもいいでしょう。ポイントは優雅に見える、という事なのですが、直線と曲線と余裕、これに注目です。
目の位置、手の場所、足の置き方、など少し意識することで、ぐっと変わります。
全体的には肩甲骨を閉めるような感じで、あとは何でも交差するようにすると女性らしさがアップします。

クラブの「ママ」や「チーママ」とはどのようなポジションなのでしょうか?

そもそもママって?

クラブには大抵「ママ」とタイトルのつく女性が1人はいます。大箱では3人以上のママが在籍するお店もあります。ママの種類にも色々あって、お店の経営権のあるママを「オーナーママ」や「大ママ」と呼び、契約で働いているママを「チーママ」などと呼んだりします。このチーママとはまさに「小さいママ」の略で大ママの1つ下の役職になり、大ママが一人では補えない部分などのサポート的な役割も果たします。

ママには誰でもなれるのでしょうか?

ホステスとして働いたからには、一度はママと呼ばれてみたいもの。もちろん誰にでもなるチャンスはありますが、そのチャンスを掴ためにはやはりそれなりの売り上げと営業力が必要です。自分のお客様だけではなく、他の女性のお客様にも常に気を使えるような立ち振る舞いができなくてはいけませんし、さらにその女性の接客に対するアドバイスなどもできなくてはいけません。こういった行いが認められて初めてママというタイトルが貰えるのです。

30歳を過ぎてママを目指すのはもう遅いですか?

20代でママというタイトルを手に入れる女性もいるようですが、日々の営業態度や毎月の売り上げが認められてママになれるわけですから、ママを目指す上で年齢はさほど関係ないといえるでしょう。この日々の営業態度は、自分のお客様の質にも表れてきます。たとえ晴れてママになれたとしても、そこで働く女性のサポートなしではクラブは成立しません。ガラの悪いお客様では下の女性はついてきてはくれませんよね?年齢よりも何よりも、まずは誠実な接客で質の良いお客様を獲得するのがママになるための第一歩なのではないでしょうか?

銀座で働くホステスで売れている女性とはどのような人なのでしょうか?

出会いに積極的な女性

ホステスとして働くなら、それは売れっ子になった方がいいですよね。何より待遇が違いますし、お店にも大切にされてより働きやすい環境になります。 そしてさらにお店に対して意見が言える立場にもなることができます。
そんな売れっ子になるには、まずいい出会いがなければいけません。 お手本となるママやお姉さん、自分を導いてくれるスタッフ、仲間のホステス、そしていいお客様。
とにかく人とのお付き合いや縁を大切にし、同伴やアフターはたとえ自分のお客様ではなくても積極的に参加します。ひとつ良い出会いがあればマメに連絡を取り、自分や人に対しての先行投資を忘れてもいけません。ちょっとしたプレゼントはとても効果的です。
加えてとても重要なのは、自分に合うお店で働くという事です。そのお店ごとの客層に合ったビジュアルを確実に持っているので、良い縁もスムーズに繋がりやすいのです。

「良いお客様」をたくさん持っている

高級クラブにはいろいろなタイプのお客様がいらっしゃいます。
とても和やかで紳士的な男性から、面白い男性、普通の男性、個性的な男性、酒癖の悪い男性まで…
そんなたくさんの男性と毎日出会う中で、売れっ子になるためにはやはりよいお客様との出会いは不可欠です。
指名や同伴を取るにも自分と合う、自分のことを気に入ってくれるようなお客様と出会わなくてはいけません。
よいお客様とめぐりあうためには、人を見抜く目を養わなくてはいけません。
話が合うことも重要ですが、ただ気が合うだけではホステスとしてお店の売上げに貢献することはできまん。ですからお金払いがよく、こちらのことも考えてくれて話が合う、気に入ってもらえるようなお客様に営業しなくてはいけません。
相手は自分の鏡と言うように、性格のいいホステスには性格のよいお客様が、ヤクザ好きのホステスにはヤクザのお客様が、きちっとしているホステスにはきちっとしたお客様が、お金の好きなホステスにはお金持ちが好きなお客様が集まってくるものです。
ですから、自分の好きなタイプのお客様と出会いたければ、まずは自分がその理想像に近づきどんどん人脈を広げていく事が大切です。

客観的に見た「売れっ子像」とは

一時的に太いお客様を掴み売れっ子になるホステスは大勢いても、長い間売れっ子になるというのは、簡単なことではありません。 日々努力の積み重ねで、自分磨きにも相当お金をかけています。
売れっ子に欠かせない条件は、ずばり人に嫌われない人!お客様がその子を好きか嫌いかの世界です。
売れっ子は周りの人から応援されているというのも特徴的で、要は色恋で繋ぐのではなく、人として好いてくれる自分のファンをたくさん作るのがポイントのようです。 どんなに沢山お客様がいても体はひとつしかないのですから、自分を支えてくれる周りにいる人を大切にしています。
さらに売れっ子は急がない、走らない。いつも余裕がある感じの女性が多いような気がします。例えば一件の同伴がダメになってもそのお客様を責める事なく他のお客様にお願いする事ができるほどの営業力があれば常に余裕を持っていられますし、同伴を断ってしまったお客様側も罪悪感を感じて穴埋めをしてくれるのです。
これは一般的にも言える事ですが、常に追われる女性であることが大切なのではないでしょうか。

都市伝説!?ホステスの枕営業とは本当に存在するものなのでしょうか?

ホステス達の枕事情

そもそも「枕営業」とは、お客様と性的な行為を行う事でお店に来店させる営業方法の事です。
枕営業は水商売の世界だけではなく、特に性的な魅力(セックスアピール)や擬似的な恋愛(感情労働)などを利用することで成り立つ業種である芸能界やマスメディアに関連する業種などで多く使用されている隠語です。ただし、世間的にも広く知られている隠語であるため、一般の業種やインターネット上の会話などでも通用する隠語となっています。実際にホステスの世界でも枕営業でお客様を繋ぎ止めているホステスはいます。実際、枕営業から始まった関係から結婚をしたホステスさんもいますし、 彼氏彼女の関係の中でお店にも来てもらっているホステスもいます。さらには、自分の為だと完全に割り切って枕をしているホステスもいるようです。

枕ホステスは周りから嫌われる?

枕ホステスは一般的に嫌われます。要は、プロなのに体を売らないと指名や同伴や売り上げを取れないの?という話です。枕ホステスになってしまうと尻軽女的なイメージを持たれます。
また、枕営業をしていると心も削れるでしょうし、精神的にもボロボロになってしまいますよね。さらに、枕営業をするホステスはすぐに滅びます。銀座のホステスはお客さんと長年にわたり関係を築いていかなければなりません。いわゆる特攻と呼ばれる、体を使って生き延びてる女性もいますが、結局長くは続きません。当然、体の飽きはすぐにやってきます。ママに気に入られようとママの指示通りに男性と寝て、ママに飽きられたら解雇などという場合もあります。
実力がなければすぐに解雇されてしまう高級クラブの世界で生き残る女性は、容姿端麗だけではなく知性や教養のある女性がほとんどです。プライドも高いです。多くのホステスさんは恋愛感情のない相手と寝ることはないです。
下心だけで通ってくる男性は逆に寝たらおしまいです。それをわかっている女性は決して枕営業しません。寝なくてもお客さんを惹きつけ続けるだけの魅力を持ち術を心得ているからです。
ですから、枕営業の噂のある女性は三流以下と軽蔑されますし、一流クラブのプロ意識の高いホステスであるほど枕営業はしないと思います。

人気はあっても口説かれないホステスとは

簡単に言えば、お客様から口説かれてもうまく受け流すテクニックがあればいいだけですし、そのホステスの事を好きで通っているお客様で口説きたくない男性はほとんどいないでしょう。
ただ、あまりに自分よりも格が上だと、認識をしてしまい口説けない場合もあるようです。 ある老舗のオーナーママは『支えたくなるような女性になって お客様をファンにしてしまいなさい。 ファンになってもらえば口説かれなくなる』と言っていました。いかに、口説かせないように振舞うかが重要なポイントです。
そして、お客様の中で大切な存在となり、口説いた後に待っている結末をお客様に深く意識をさせれるか?という事に尽きるのではないでしょうか。
手が届きそうで届かない…そんな関係をお客様との間に築く事ができたら、ホステスとしての株も上がるはずです!

キャバ嬢にモテる男性が送るメールの特徴とはどのよう内容なのでしょうか?

用件のみのそっけない内容のメールを送ってくる

キャバクラで働く女性が営業の手段として欠かせないのがメールやLINEといったツールです。毎日たくさんのお客様に営業メールを送るわけですが、返信でキャバ嬢がキュンとくるのは“明日、○時によろしく”などという用件のみの淡白なメール。
お目当てのキャバ嬢に好かれようと長めのメッセージを送る男性が多い中、男らしい短文メッセージは珍しくそれだけで好感度アップするそうです。また、長ったらしい返信をする必要がない点もキャバ嬢にはポイントが高いです。
さらに短文の中にもきちんと、“今夜は楽しかったよ。ありがとう”等とサラリとメッセージを送ってくれる男性は完璧なのではないでしょうか。

日記のようなメールを送らない

上記で述べた事とは逆の殊になりますが、男性でも“今日はどこどこに行って、なになにを食べて、どうだった、楽しかった”みたいな、まるで日記のような報告メールを送る人がいますよね。キャバ嬢はそういうものが嫌いです。お仕事で人の話はさんざん聞いていますし、プライベートな時間にまでまでもそういう話は聞きたくないのです。アピールしたい気持ちは分かりますが、話を聞いてほしいならお店に行く方がはるかに印象的です。
どうしても何かを伝えたい場合は、写メと一緒に簡単な文を送ると良いでしょう。写真で十分に雰囲気は伝わりますし、たまに送ってくる食べ物なんかの写真が上手だと、ドキッとくるキャバ嬢が多いようです。

端的な文章や印象的な写真を添付して印象づける

メールやLINEは、電話よりずいぶんと気軽に連絡が取れてしまう上に、その連絡先交換も手軽ですよね。
本当にただの社交辞令的な付き合いならば普段から頻繁に連絡を取る事もないでしょうが、お気に入りのキャバ嬢がいるならば何気ないLINEがキャバ嬢の心をくすぐるようです。
毎日毎日必死に連絡をするのではなく、余裕を持って連絡を取れるような気持ちを持つ事が必要なのではないでしょうか。

ついつい何でも許してしまう…気をつけた方がいいホストの特徴はあるのでしょうか?

なんだか憎めない!?失敗は笑顔でカバーするホスト

周囲から「ダメ男」のレッテルを貼られているのに、なぜか女の子にモテる人を見かけたことはないでしょうか。
ホストはその女性特有の心理を見事に突いている職業なのではないでしょうか?
そんなホストの特徴としては、まずはおっちょこちょいな男性。こんな男性のことを手がかかる子どものように感じるようです。
また、ダメな人の笑顔ほどキュンとしてしまう女性も多いようです。「おバカな発言」をしたときは言いわけをせず、笑顔でごまかしてしまうのです!さらにそれがまかり通ってしまうから不思議ですよね。

頼りないけど、甘え上手なホスト

『○○がいないとダメなんだよー』とか言われると断れなくなる」という声もあるように、目当てのホストから上手に甘えられるとかまってあげたくなるようです。
ひたすら低姿勢でお願いされると、つい応じてしまうのかもしれません。しかし、自分が叶えてあげられるお願いならまだ良いのですが、高いシャンパンやボトルなど女性側が無理しなくてはいけないお願いはキッパリと断れるようでないといけません!
また、一生懸命な姿に胸を打たれる女性もいます。かなりの不器用でも、なんでも全力で取り組んでいれば、その姿を愛おしいと感じるようです。この行為、直接的なお願いではありませんが結局女性が心を動かされている事から、間接的に甘え上手だと言えるのではないでしょうか。

とにかく母性本能をくすぐるホストには要注意!

放っておいたら消えてしまいそうな男性、頼りない男性・・・母性本能をくすぐられるポイントは様々です。また、締め日などの一番大切なところで失敗してしまうところに同情する女性もいます。勝負までの過程を知っているだけになおさら母性をくすぐられてしまい、そのホストをささえてあげたいという気持ちになるようです。
「母性本能」とは、女性特有の感情です。目当ての担当ホストが、意図的にやっているのかそれとも本当におっちょこちょいで頼りないのか・・感情のまま言いなりになりお願いを聞いてしまうのではなく、女性側もその都度冷静な判断ができるようになることが必要なのではないでしょうか?

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool