キャバクラのお仕事って楽に稼げるんでしょうか?

求人検討中の方必見!キャバクラの華やかな世界とお給与について

綺麗なドレスを来て、かつ高額なお給料が貰えるキャバクラのお仕事。
服やらコスメやらエステやら、普段我慢しているアレやコレ。お金さえあれば我慢も必要無く、華やかに稼ぎたい!と憧れている人もいるのではないでしょうか。

今回はそんなキャバクラの求人に応募するか迷っている方々にむけて入ってすぐ後悔の連続・・・なんてならないように私の主観でメリットやデメリットを綴っていきます。

メリットはなんといっても高給

メリットはやはりなんといっても高額な時給!カフェや居酒屋でのアルバイトだと千数百円が関の山ですがしかしキャバクラでは2〜3,000円と今の数倍貰えるのが普通です。
1時間働いて2〜3時間分の給料を貰えるので、ダブルワークしている人など時間が無い人は特に良いかもしれません。

さらにそこに指名やドリンクを貰った場合ロイヤリティが払われます。売れてくると一ヶ月で100万円以上稼いだ!という話もザラに聞きます。
さらに一緒に働くのは美意識の高い若い女の子たちです。

いろいろ情報も入ってきて女子力が上がる!という意見もあります。

メリットだけではありません!努力も必要!

一見良いとこ尽くしのキャバクラ求人。しかし楽しいだけでは勿論ありません。
そもそも高額なお給料は余ってる訳ではなく、それに見合った仕事を求めるから払われます。

キャバクラ此所の格式にもよりますが、世間一般的な常識や振る舞い、話題を提供し楽しませられる程度の教養が求められあまりにひどいと怒って帰ってしまうお客さんもいるでしょう。
しかし、そういった場に身を置く事で、嫌が応にも教養や常識的な立ち振る舞いが身につく。といった側面もあります。
またキャバクラでは一定の”ノルマ”を課しているお店がほとんどです。

もちろん罰則目的でやってる訳では無いので、必死に頑張れば達成できるよう上手い具合に設けられていますが、ある程度勤めると調子が悪くて伸び悩んでしまう月もあります。
ぜんぜん指名も呼べず売上が立てれなくて、男子従業員の圧が怖い。なんて事もありえます。

そして思いの外大きい”罰金”制度。遅刻や当日欠勤、無断欠勤。全て罰金対象です。

遅刻は勤務時間を減らされるなどの場合もありますが、欠勤は1万円以上が殆どです。

理由など話を聞いてくれるお店もありますが、お店のスケジュールは遵守しましょう。

     

デメリットもいくつかあげましたが、個人的にはおしゃべりが好きな人、ニコニコと愛嬌のある人、気配りのできる真面目な人なんかは以外とキャバクラは向いているかもしれません。
高額なお給料の反面、他では経験しない苦労もしうるキャバクラの求人。

求人に応募した後、上手く立ち回れず伸び悩む期間があると思いますが最初からなんでもうまくこなせる人なんて本当に一握りです。なにがあっても、ある程度続ける事で見えてくるものもあるのでしばらくは続ける!という覚悟は持って挑みましょう。

アルバイトでホストとして働くと、後々の就活に響きますか?

世間から見た「ホスト」のイメージとは

近年、様々なメディアに取りただされるホストクラブ。一時期よりかは減った気もしますが、それでもやはり特集が組まれれば興味本位で観る方も多いのではないでしょうか?
メディアに出る事で多少の偏見は減ったものの、「いろんな女性と会話する→女性関係が淫ら」という発想が未だ根強いようです。
テレビや雑誌などに露出するということは、もちろんそれだけ知名度も上がります。安易にホストという立場を利用し女性に近づいたところで話は尾ひれがついて広まり、自分の営業成績にも関わってきてしまいます。このようなことから、デキるホストほど「女遊び」というものについてそこまでの執着もないのではないでしょうか。

トラブルばかりが露出してしまう?

ホストの仕事のモットーは「決して安くはない飲食代に見合うような接客でお客様に満足してもらうこと」だと思います。
しかし、仕事にも慣れある程度稼げるようになってくると自分の貰うお給料のことしか考えられなくなり、だんだんお客様をないがしろにするようになってきてしまいます。このような一部のホストが、男性に依存しやすい女性に目をつけ多額の金額を使わせ、最終的には何かしらのトラブルに発展させてしまう…ということもしばしばあるようです。そしてこの事をメディアが大きなトラブルとして取り上げるたびにホストのイメージが低下するわけです。
自分のやっている仕事が、ある一部のホストのせいでマイナスのイメージがついてしまうのはとても悲しいことですね。

一度ホストになったからにはそれなりに目標を持つ事!

正直、ホストとして働き始めるのは他の仕事よりも比較的簡単だと思いますが、入り口が簡単なだけ思うように稼げるようになるには自分のやる気が重要となってきます。
期間的にも「将来は自分の店が欲しい」などという大きな目標や決意がない限り、長く続けられる仕事でもありません。
しかし入店する店を間違えなければ、普段は知り合う事のないようなお客様との出会いや接客マナーなどが学べたりとたくさんの事を吸収できるはずです。
ホストとして働くのであれば、貯金の目標金額や働く期間などを自分の中で決め、その中で思う存分働いてみましょう!

銀座にも一見さんがフラッと入店できるようなお店はあるのでしょうか?

銀座の代名詞!!一見さんはお断りな高級クラブ

タイトルの通り、高級クラブと呼ばれるお店は一見さんはお断りしている場合がほとんどですので、基本的には飛び込みで飲む事はできません。 つまり、そのお店に知り合いがいないと入れないのです。主に会員制のクラブで飲む方法としては、ママやホステスのお客様、オーナーやスタッフの知り合い、そのクラブを知っている人からの紹介…など要は誰かしらの紹介があれば入店する事ができます。
クラブは時間制ではなく、座っていくらというシステム。 高級クラブでは「座って3万」という言葉をよく聞きますが、 初回は必ずボトルを入れなくてはいけませんので、実際は1番安いボトル代を入れても合計6~8万くらいかかります。しかし最近では1時間30分経つと、タイムチャージを取るお店も出てきました。
「クラブ」にはオーナーママやママが1人以上いて、大箱になるとチーママ含めママが3人くらいいるお店もあります。

アットホーム系クラブ(ミニクラブ)

クラブと呼ばれるお店の中でも、料金設定が高級クラブではない所をアットホーム系クラブといいます。 クラブのような高級志向店と、カラオケがあるような家庭的なお店と大きく分けて2つあります。ある程度お客様を持っているホステスが独立してオーナーママとして自分のお客様だけで営んでいるような所が中心で、全体的に小規模で誰でも気軽に入れます。しかし、特に宣伝をしている訳ではないのでやはり誰かの紹介などで出向くのが一般的です。
また、カラオケがあるお店などはアフターなどで使われる場合も多く、高級クラブで働く女性は何件か使えるお店を知っているので、お客様に合わせてセレクトしています。
料金の相場としては、やはりお店のランクにもよりますが1万〜4万くらいで楽しめるようです。

キャバクラ・ニュークラブもあります!

昔は銀座でキャバクラは邪道だというイメージがありましたが、近年ではだいぶ増えてきているように思えます。
もちろん会員制ではないので、新規のフリーのお客様は広告やビラを見て入ります。また、クラブから出てきたお客様を待ち構えている黒服が外に立っている場合もあります。
通常はママがいなく、指名制で時間制セット料金になっています。ニュークラブはキャバクラより料金の設定が高めなようです。 キャバクラは時間制なので、長くいればいるほど料金が上がります。延長を重ねるとクラブより料金が高くなる場合もあります。
クラブのシステムに慣れていると、時間制をいうことをついつい忘れてしまうので注意が必要です。

この人がナンバーワン!?なぜだか男性にモテる女性の特徴とは?

初対面なのになんだか楽しそうな女性

初対面でたとえ緊張していても、相手に合わせて自分を抑えるよりは最初から自分らしさを見せる素直さはポイントが高いようです。
例えば、あなたの両隣に初対面の男性がいるとしましょう。あなたは少し緊張しています。
ひとりは、緊張のせいかしかめっ面で腕組みした、あなたとの会話に興味がなさそうな無愛想な男性。もうひとりも同じように緊張はしているけど、なんだかソワソワしています。そしてあなたが何か話すたびに反応をして、好奇心を隠さずびっくりしたり感心したりと忙しそうな男性。2人の男性を比べたとき、後者の男性には「なんだか落ち着かない人だけど、この人と話しているほうが楽しい」と思うのではないでしょうか?同じように男性にとっても、相手のペースについつい呑まれてしまう女性のほうが、何を話しても反応がない女性より好感度が高いそうです。

相手の話に対して喜怒哀楽を表現できる女性

どんな話にも同じ態度をするのではなく、「思ったこと、感じたこと」に対して共感し色々な表情を見せることが、「またこの女性に会いたい!話をしたい!」と思わせる秘訣です。
ちゃんと話を聞いてくれる「聞き上手」の態度は水商売の基本ですが、「どうせ嬉しそうにニコニコ笑顔で対応するのが無難なんでしょ?」と思わないこと!男性は「本当に心から興味をもって聞いてくれているか」を女性の表情から読みとろうとしています。
特にモテる男性は、細かな会話も見逃さず常に精一杯の笑顔で話を聞いてくれる姿に女性の下心を感じてしまい、その「常にニコニコ」ぶりに嘘っぽささえ感じるそうです。
それよりも、男性は自分と同じタイミングで笑ったり感動したり悲しんでくれる女性に「価値観が同じで付き合いやすいな」と感じ、もっといろんな話をしたくなるのだそうです。話の内容によっては、思わず一緒に怒りたくなったり、悲しい気持ちになったりすることもありますよね。俗にいう「笑いのツボが同じだから好きになった」という理由で指名を貰えることが多いのもこれが理由かもしれません。

守りたくなる危うさがある女性

よく「モテる女性には隙がある」と言いますが、男性の言う女性の隙には隠れた意味があります。それは、「思わず見守りたくなる危うさ」です。
反対に見た目や会話に危うさがなく、「1人でも生きていけそう」「誰にでも好かれそう」という2つをイメージさせる女性は、チャンスが少ないばかりか、短い恋で終わることが多いようです。最初は仲良くできていたとしても、「僕がいなくても大丈夫そう」と感じ、途中から連絡が途切れがちになり疎遠気味に…。
では、「思わず見守りたくなる危うさ」のある人とはどんな人でしょう?
たとえば、年齢を問わず行きあたりばったりで、興味があれば悩むより先に飛び込む人のこと。「これ美味しいよ、食べてみて」と勧められたものを、今まで一度も食べたことがなくてもとりあえず食べちゃう、こんな潔さなんかも当てはまります。見ていて思わず「おいおい大丈夫?」と笑ってしまうドジ行動も、男性には特別な「そばにいて守ってあげたくなる」存在になるのです。
いい女を意識し、良いところばかり見せようと努力するよりも、素直にここまで見られたらもう何も恥ずかしいことない!というくらいになれれば、あなたにもきっとチャンスが巡ってきますよ!

初めて接客する男性に対して緊張してしまうクセを直すにはどうしたらいいのでしょうか?

予め会話のシナリオをイメージする

まず、1番簡単で有効な方法としては自分があらかじめ初対面の男性に話す内容を、頭のなかで決めておくことです。こうすることで、何を話すかを迷うことはありません。自宅で練習して、本番でもスラスラ言えるようにしてみましょう。誰かに手伝ってもらって、デモンストレーションをしても良いかもしれません。
「でも、シナリオ通りにいかなかったらどうすれば!」と思うかもしれません。そのためには、可能な限り想定されるパターンも考えておいてください。もしそれでも例外的な受け答えを相手がしてきたなら、その時はその時です。
何人かと話していけば、例外的な受け答えにも対処できるようになります。なぜなら、経験を踏むことで場慣れしていくからです。場慣れをするということは、本来のあなたの話し方ができるということ。もうその頃には、緊張するということも少なくなっていくでしょう。

初対面の席での効果的な話題とは?

では、具体的にどのようなことを最初に話すと良いのでしょうか。
まず、あなたらしいことを最初に言うこと。これは、自己開示をするということです。あなたがオープンに話した分だけ、相手もオープンに話してくれます。「こんなこと言ったら嫌われるかも」というようなことこそ、話してみると良いでしょう。
緊張してしまう人は、どちらかというとネガティブに物事を考える傾向にあります。「失敗したらどうしよう」「こんなことが起きたらどうしよう」と起きていない未来に対しての思いがあるのです。
しかし、基本的に想定するようなネガティブな未来は起きません。それにもし、初対面の人に嫌われてしまっても大丈夫。30人と話して、1人と話が会えば十分という気持ちで臨みましょう。全てのフリーのお客様から指名を貰おうとは考えず、まずは楽しく会話をして行く事が先決です。

緊張は案外トークを盛り上げてくれる

もし場慣れしても緊張するような相手が出てきたら、それはサインです。ぜひ緊張に感謝し、相手との仲を深めていきましょう。
そう考えると、緊張というのは悪いものではないと思いませんか? 「いやぁ、私も緊張しているんですよね」と相手と緊張を分ち合って、そこから話題を広げることもできます。人が緊張している姿というのは、案外可愛らしいものです。緊張しているあなたは、男性にとって魅力的に映るかもしれません。
適度な緊張は、あなたのパフォーマンスを上げてくれます。何事も、バランスが大切。緊張を無くそうとばかり意識せず「この緊張があってもオッケーなんだ」と考えてみてください。

クラブで働くことになったのですが、キャバクラと同じ服装でいいのでしょうか?

ヘアセットについて

クラブでは、毎回のヘアセットは必須なお店がほとんどです。出勤時間に間に合わないからと言ってセットを怠るとペナルティをとるお店もあります。出勤前に美容院へ行き、あまり派手にならないような髪型に整えてもらいます。特にクラブは20時オープンのお店がほとんどなので、同伴のない女性は7時台に集中して来店するようです。セット専門の美容院で予約を受け付けているところはあまりないので、自分の出勤時間とその時間帯の混み具合をある程度予測しておくのが大事です。

出勤時の服装にも気を使いましょう

クラブでの勤務中はもちろんドレスやお着物を着用しますが、お客様からいつ同伴やアフターのお誘いがあるか分かりません。せっかく同伴で素敵なお店に誘っていただいても、女性の服装がひどければお客様のテンションは下がってしまいます。勤務時間外である同伴やアフターには、お客様への感謝の意味も込められているのでジーンズやトレーナーなどのラフな服装は避け、一緒に歩いていても恥ずかしくないような服装を心がけると自分への好感度も上がるのではないでしょうか?

着物は必ず着ないといけませんか?

クラブで働く女性のイメージとしてよく聞くのが着物での接客ですが、お正月など何かイベントがある時にお店側から強制されることが多いようです。一通り揃えるとなるとかなりの金額になってしますし、まだ売り上げも安定していなければかなりの痛手ですよね。しかし最近ではより手ごろな値段でレンタルできたり、また着物をたくさん持っているママやお姉さんから譲ってもらうこともできます。毎日は無理でもたまには着物を着て、クラブホステスとしての気合いを入れなおすのもいいかもしれません。

ホステスはお客様に誘われたらたとえ休日でも会わなくてはいけませんか?

休日のゴルフやパーティーの接待

クラブに来店するお客様の中には、自分で会社を経営している方も少なくありません。休日に行われるその会社のゴルフコンペやパーティーなどにホステスが借り出されることもしばしば…このような時は、他のホステスにも協力してもらってできるだけ手をかしてあげましょう。手を貸すことで良い意味でお客様との間に「貸し」を作るのです。お店に呼ぶ口実にもなりますし、お客様側も何か「理由」があるとお店に顔を出しやすいようです。さらに大事なイベントのサポートをしてもらったということで、お客様とホステスの間にも「信頼関係」が結ばれます。ホステスとお客様にはこの「信頼関係」がとても重要なのです。

自分のお客様に普通に誘われた場合

クラブは土日祝日が店休の場合が多いです。ホステスにとって休日は、その週の出来事をリセットするのに重要な日。平日の営業ではお客様には何かと気を使いますし、売り上げのためにお酒も飲まなくてはなりません。貴重な休日にお客様から食事などに誘われた場合は、そのお客様の質で行くか行かないかを決めましょう。全く来店しないのに外で会いたがるお客様には会う必要はありませんが、同伴のノルマなどを毎月助けてくれるようなお客様のお誘いにはある程度応えると、信頼関係は増し定期的な来店に繋がるでしょう。お客様の見極めがポイントです。

他のホステスのお客様に誘われた場合

自分のお客様ではなく他のホステスが係をしているお客様に休日2人で食事に行こうと誘われることもありますよね?毎回席に呼んでくれ、同伴のノルマも助けてくれるお客様。まずは自分で判断するのではなく、その係の女性と話し合いましょう。もちろん誘われた日の自分の予定もあるでしょうし、係の女性がそのお客様をどのような位置づけで営業しているのかもポイントになってきます。この場合はあくまでもヘルプとしての立場なので無理して出向く必要もありませんが後々自分のお客様にと考えているなら、係の女性の許可を取りお誘いを受けるのものもいいかもしれませんね。

高級クラブに採用されるために必要な事はどうしたらよいのでしょうか?

面接日の身だしなみについて

身だしなみとは顔、スタイル、洋服のセンスなど…まさに見た目のことを指しますが、ポイントは 清潔感があって、自分に似合っているという事です。
高級クラブの場合は、美容院でヘアセットした方が条件がよくなる場合があります。 面接官にお仕事している時のイメージを見て採用の決断をさせやすくするというのが狙いです。 基本的に綺麗にしてマイナスになるという事はありません。
また初心者の女性が1人で面接へ行く場合、着物やドレスを着ていると浮いてしまいがちですが間に第三者(紹介者など)を入れることで自然な感じになります。
肌荒れやタトゥーなどの清潔感のない身なりは店側からマイナスのイメージがついてしまうので注意が必要です。

面接で聞かれる内容とは

近年の銀座ではお客様を持たない女性はなかなか採用されるのは難しい傾向にあるようです。ということで、まずあなたにお客様がいるのかどうか?が最大のポイントになってきます。 それ次第では、条件やお給料額などの契約が大きく変わってきます。もちろんお客様がいるのが条件がよくなるのですが、お給料が沢山欲しいからと嘘を言ってノルマを付けられたら大変なことになります。
また今までの経歴も聞かれます。どんなお店で何年働いていたのか?という事です。 ここで重要なのは、いろんなお店で経験があっても何店舗も答える事は控えましょう。何件も店を転々とし、すぐ辞める女性だと思われては採用に繋がりません。
他には、住まいの場所と店の距離も重要です。終電の時間とタクシー代でジャッジされます。 終電の時間は深夜0時以降まであるかないかで天と地ほど違いますし、お客様とのアフターは基本的に終電以降のものですから、タクシー代が高い・アフターに付き合えないとなると評価は下がってしまいます。このことを踏まえて、事前に回答を準備しておくと良いでしょう。

採用されるために大切な事

高級クラブで採用されるには、ビジュアルがお店ごとの最低基準をクリアしていなければお客様を持っていない限りその他の要素が申し分なくても採用は難しいです。 逆にビジュアルが完璧ならその他がかなり厳しくてもどうにでもなったりするのが高級クラブ。
厳しく感じるかもしれませんが、例えば自分がホストクラブに行った場合のことを考えてみて下さい。 せっかく高いお金を出してホストに飲みに来ているのですから、不細工な男性に接客されるより、 自分好みの素敵な男性に接客されたいと思うのではないでしょうか。
このように外見が重要視されるのはもちろんなのですが、お店ごとにカラーがあるので外見面での採用基準はまちまちです。共通する部分としては、最低限の身だしなみを整え面接時にはとにかくニコニコ笑顔でハキハキとした受け答えを心がけることが大切です。

0ヘルを卒業して売上として新しいお店に移るタイミングはいつがいいのでしょうか?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。
今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。
また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。
クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。
また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。
お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。
このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

担当のホストにお店のクリスマスイベントに誘われましたのですが、行くべきですか?

なぜホストはイベントになると必死に営業するのでしょうか

ホストクラブには、お客様獲得の為に毎月様々なイベントを企画しているお店がたくさんあります。
内容は本当に様々で、お客様が得するイベントやホストのコスプレイベントなど楽しめるないようになっていますが、ホスト側はというとただイベントの日に出勤すれば良いというわけではありません。これもお店によりけりですが、イベントごとに指名や売り上げノルマが課せられていてそれをクリアできなければその月の自分のお給料に支障が生じてしまいます。
確かにイベントを開催すればお客様に対して口実もでき営業しやすくなりますが、毎週イベントを開催しているお店はだんだんお客様の負担にもなってきてしまいます。
まずは、イベントはお客様にいつも以上に楽しんでもらう日だという事を念頭においておくのが大切です。

予定がなければホストクラブでクリスマスを過ごすのもアリ!!

世間で数多くあるイベントの中でもクリスマスは一大イベント!!しかし、一緒に過ごすパートナーがいない場合は何をしていいのかわからないかもしれません。そんな時はホストクラブでクリスマスを過ごすのもアリです。
確かにクリスマスまでなんでホストクラブで…と思うかもしれませんが、それぞれのお店ではビンゴゲームや仮装・クリスマスだけの限定シャンパンコールなど内容が盛りだくさんです。ホスト側もクリスマスということでテンションもいつも以上に上がっています!
女性だけでパーティーもいいですが、むしろこの機会にホストクラブデビューするのもいいかもしれませんよ!

クリスマスは常連さんばかり?初回は入れませんか?

クリスマスイベントを開催するホストクラブでは、いつものイベントと同じようにホストそれぞれにノルマが課せられている場合があります。従って、やや常連さんの方が多いように感じるかもしれません。指名のホストから直々にお誘いがあったお客様のために席が確保されています。
お目当てのホストやお店がある場合には、初回も入店する事ができるのかどうか事前に確認しておくと良いでしょう。しかし、ホストクラブは歌舞伎町だけでも何百店舗とあります。もちろんクリスマスも初回OKなお店もたくさんありますし、初回で知っているホストがいなくても楽しいクリスマスになること間違いなしです!ホストクラブの紹介サイトなどをチェックしてみるのもいいかもしれません。

キャバクラだと思って騙されて入店してしまったピンサロを辞めるにはどうしたらいいですか?

実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはある

全てのお店がそうではないのですが、求人広告で「キャバクラ」と記載しておきながら、実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはあります。もちろん、いい求人広告とは言えません。実情としては、大きなグループ展開しているお店の場合なら、求人にもそれなりの予算をかけられますが、小規模でギリギリ営業しているようなお店の場合だと、普通にやっていたんではなかなか思うように女の子を集められないことが多いです。なので、そういうお店では騙しに近いような良くない方法で女の子を集めている場合もあります。

一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さない

求人内容に嘘があったわけですから、一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さずに「ちょっと考えさせてください」と言って、即決をしないのがベストです。しかし中には強く言いくるめられて、つい働てしまう女の子もいることは確かです。もちろん、そのまま働いてもろくなことはないと思います。酷いケースだと、何だかんだと理由をつけられて、ちゃんとした給料を貰えなかったりする可能性だってあります。お店の人に「断り切れない子」と認識されているでしょうし、相手はそれを最大限に利用すると思います。

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しない

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しないのがいいと思います。お店からのメールや電話には一切出ないようにして、知らない番号からの電話や非通知の電話にも絶対に出ないようにした方がいいです。お店の女の子との連絡も絶対にいけません。余裕があれば携帯も変えるくらいで丁度いいです。とにかく無視することが一番です。仮にもし「ピンサロで働いていたことを親にばらすぞ!」のようなことを言われたとしても、怖がったりせずに無視するのが一番です。相手も後ろめたいことをやって商売をしてるのですから、自ら進んで大問題にしようとは思わないはずです。それと話し合って解決しようという考えは持たない方がいいです。話し合ったとしても言いくるめて、無理矢理に働かせようとするのがオチだと思います。

ホストクラブの初回で行ったお店と同じお店にまた飲みに行きたいのですが…

ホストクラブでは必ず誰かを指名しないといけませんか?

お店に行った時に必ず誰かを指名しなくてはいけないというルールはありませんが、基本的にホストは指名を貰えてナンボの世界です。毎月のお給料やナンバー争いにも響いてきます。
ホストクラブに行く理由としてはそのお店で一緒に飲みたいホストがいるからというのがほとんどだと思います。
誰かの付き合いで通う場合もしも気に入っているホストがいるのなら、ぜひ指名してみてください。フリーで飲んでいても指名しないと目当てのホストがその席に着かない可能性もあります。

一度指名したホストを辞めて同じお店の他のホストを指名したい!!

最初こそ気も合い、また一緒に飲みたいと指名してみたものの…やはり何か違ったかもしれない!!
そんな時もあるかと思います。ホストクラブは基本的には永久指名制ですが、最近ではホストクラブでもメンキャバの指名形態を取っているお店も多々見受けられるようになりました。メンキャバは指名替えは自由。キャバクラと同じようなスタイルです。
しかし、指名替えは自由といえども同じお店で何回も指名替えをしてしまってはホスト同士のいざこざの原因にもなり兼ねませんし、何より自分自身がホストからの信頼をなくしてしまうかもしれません。万が一指名替えをするときは、一度内勤の人に相談してみましょう!

本指名のホストの他にもプラスで指名したいのですが…

本指名のホストとの会話も楽しいけど、いつもヘルプで着いてくれるホストとの会話も楽しい。
担当のホストが指名が被ってしまってなかなか自分の所に戻ってこられない時、あまり面識のないヘルプに着いてもらうとこちらも気を使ってしまいます。それよりかは気の知れたヘルプのホストと一緒に盛り上がって担当のホストを待ちたいものですよね?
そんな時は「ヘルプ指名」というシステムを使ってみましょう!その名の通り、ヘルプとしてのホストを指名するのです。ヘルプ指名を入れておけば、担当のホストが抜けた時にこのヘルプ指名したホストが代わりに席に着いてくれます。担当のホストにはなかなか言えないこともヘルプのホストになら話せるということもあるみたいです!
とにかく、その空間を自分が楽しく過ごせるように色々工夫してみましょう!

ホストクラブでナンバーに入るにはどうしたら良いのでしょうか?

毎月のナンバーはどうやって決まっているのか

毎月末の締め日と呼ばれる日に、ほとんどのホストクラブではナンバー争いが繰り広げられるのですが、そもそも「ナンバー」とは一体何なのでしょうか?
女性がホストクラブに一回飲みに行って支払う金額が担当ホストの売上になる訳ですが、この売上が一番多いホストはその店のナンバーワンという称号を得る事ができます。
ホスト達はこのたった一席しかないナンバーワンを毎月目指すわけですが、大きな勝負はやはり毎月末の締め日に焦点が絞られるようです。締め日はその月のナンバーワンが決定する大切な日。ホストはできるだけ自分のお客様を呼び、売上の調整をするのです。そして、締め日の営業が終わった時点で売上が集計されナンバーワンが決定します。

歌う回数が多いほど順位も上がる?ラストソングとは

閉店の時間まで店内で飲んでいると、閉店を知らせる意味も込めてその日の売り上げ一位のホストが好きな歌を歌う事をラストソングと呼んでいます。ラストソングがない店舗もありますし、その月のナンバーワンが毎日歌う店舗もあり形態は様々ですが、このラストソングを歌えるという事はホストとしての一種のステータスでもあります。
歌う曲は、お客様のリクエストであったり自分が得意な曲を選択すればいいわけですが、歌に自信がなくても大丈夫!その場合は近くにいるヘルプのホストに任せるホストも中にはいるようです(笑)
こうしてラストソングを歌う回数が多いほど、その月のナンバーワンに一番近い存在であると言えるのではないでしょうか?

やはりレギュラー出勤しないとナンバーには入れませんか?

もちろん毎日出勤している方が新規のお客様との出会いも多いですし、フラッとやってきた指名のお客様に対応することができます。
しかし、決まった日のみの出勤し売り上げを稼いでいるホストもいます。一度に多額の飲み代を支払ってくれるいわば太客を掴んでしまえば成り立ちもしますが、自分の出勤の日にお客様に来店してもらうというコントロールも必要になってきます。また出勤日が少ない分、お客様の来店もたくさん被ってしまう場合があり、全てのお客様に対してのフォローが難しくなってしまいます。
まずは出勤できる日はなるべく出勤して、コンスタントにお客様を獲得して行くのがナンバーへの近道かもしれませんね。

ホストの求人情報によく書いてある身一つで入店可能とは本当ですか?

即入寮可!!ホストクラブの寮に入るには

ホストとして歌舞伎町で挑戦してみたい!!ホストを経験したら、一度はそんな野望を抱くかもしれません。しかし、水商売の人が住む場所を確保するのはなかなか至難の業…まとまったお金もない…現在歌舞伎町で働いている現役のホストのみなさんはどうしていいるのでしょうか?
ホストクラブの求人に「即入寮可!!」などと書かれた求人広告を見たことはありませんか?このように、多くのホストクラブには新人のための寮が設けられています。お店から近い場所に3LDKほどのマンションをお店が借り上げ何人かのホストに寮として提供するのです。
寮には必要な家財道具も揃っているので、早ければ面接したその日から寮に入り働き始めることが可能です!

髪型は自分でセットしないといけないの?

水商売をしている人は、一般の人よりも特徴的な髪型をしていますよね。
自分自身が売り物の商売ですから周りの誰よりもキレイに、そして目立たなくてはなりません。
中でも重要視したいのが服装と髪型ですが、髪のセットを自分でするのはなかなか難しいのではないでしょうか?
歌舞伎町やホストクラブのある大きな繁華街には、セット専門のヘアサロンがたくさんあります。
出勤前にそのお店に行き、セットしてもらいましょう。また、お店でヘアメイクの会社と契約している所もあり、その場合はお店の中でセットしてもらえます。料金はお店がもってくれる所もあれば、給料から引かれる場合もあるので、入店前によく確認しましょう。

着るものがなくてもOK!!高級スーツの貸し出し

髪型と同じくらい大切なのが着るもの。リクルートスーツはアウト!!ホストと言えばキラキラのスーツが定番ですが、最初から一式揃えるのはやはり費用がかさみますよね。
しかし、求人情報の「身一つで上京OK」と書かれていれば、もちろん入店時に自分のスーツがなくても大丈夫!ほとんどのお店がちゃんと貸し出し用の高級スーツを用意してくれています。
さらに、最近では私服でもOKなお店も増えてきました。私服といってもお客様の前に立っても恥ずかしくない程度の物ですが、スーツよりも比較的揃えやすいかもしれません。どのレベルの物を着たらいいのかは、周りの先輩ホストの服装をよくチェックしてみましょう。

都市伝説!?ホステスの枕営業とは本当に存在するものなのでしょうか?

ホステス達の枕事情

そもそも「枕営業」とは、お客様と性的な行為を行う事でお店に来店させる営業方法の事です。
枕営業は水商売の世界だけではなく、特に性的な魅力(セックスアピール)や擬似的な恋愛(感情労働)などを利用することで成り立つ業種である芸能界やマスメディアに関連する業種などで多く使用されている隠語です。ただし、世間的にも広く知られている隠語であるため、一般の業種やインターネット上の会話などでも通用する隠語となっています。実際にホステスの世界でも枕営業でお客様を繋ぎ止めているホステスはいます。実際、枕営業から始まった関係から結婚をしたホステスさんもいますし、 彼氏彼女の関係の中でお店にも来てもらっているホステスもいます。さらには、自分の為だと完全に割り切って枕をしているホステスもいるようです。

枕ホステスは周りから嫌われる?

枕ホステスは一般的に嫌われます。要は、プロなのに体を売らないと指名や同伴や売り上げを取れないの?という話です。枕ホステスになってしまうと尻軽女的なイメージを持たれます。
また、枕営業をしていると心も削れるでしょうし、精神的にもボロボロになってしまいますよね。さらに、枕営業をするホステスはすぐに滅びます。銀座のホステスはお客さんと長年にわたり関係を築いていかなければなりません。いわゆる特攻と呼ばれる、体を使って生き延びてる女性もいますが、結局長くは続きません。当然、体の飽きはすぐにやってきます。ママに気に入られようとママの指示通りに男性と寝て、ママに飽きられたら解雇などという場合もあります。
実力がなければすぐに解雇されてしまう高級クラブの世界で生き残る女性は、容姿端麗だけではなく知性や教養のある女性がほとんどです。プライドも高いです。多くのホステスさんは恋愛感情のない相手と寝ることはないです。
下心だけで通ってくる男性は逆に寝たらおしまいです。それをわかっている女性は決して枕営業しません。寝なくてもお客さんを惹きつけ続けるだけの魅力を持ち術を心得ているからです。
ですから、枕営業の噂のある女性は三流以下と軽蔑されますし、一流クラブのプロ意識の高いホステスであるほど枕営業はしないと思います。

人気はあっても口説かれないホステスとは

簡単に言えば、お客様から口説かれてもうまく受け流すテクニックがあればいいだけですし、そのホステスの事を好きで通っているお客様で口説きたくない男性はほとんどいないでしょう。
ただ、あまりに自分よりも格が上だと、認識をしてしまい口説けない場合もあるようです。 ある老舗のオーナーママは『支えたくなるような女性になって お客様をファンにしてしまいなさい。 ファンになってもらえば口説かれなくなる』と言っていました。いかに、口説かせないように振舞うかが重要なポイントです。
そして、お客様の中で大切な存在となり、口説いた後に待っている結末をお客様に深く意識をさせれるか?という事に尽きるのではないでしょうか。
手が届きそうで届かない…そんな関係をお客様との間に築く事ができたら、ホステスとしての株も上がるはずです!

チャットレディーと出会い系のサイトは何が違うのでしょうか?

ライブチャットはあくまでも会話を楽しむ場所

チャットレディの仕事場ともいえるライブチャットサイトは、よく出会い系サイトと同一視されることがあるようですが、実際のところライブチャットサイトは、あくまでもチャットを楽しむ場であり連絡先などの交換は禁止されているところが多いです。そのためほとんどの男性会員はこの事を理解した上で、あくまでもバーチャルなものとしてチャットレディとのチャットを楽しんでいるようですが、それでも中には会おうと迫ってくる男性や、出会いを夢見てチャットレディにポイントを貢ぐ男性もおりますが、実際にライブチャットサイトでは連絡先の交換などを禁じ、しっかり出会い系サイトと一線を画しているのでチャットレディのお仕事は詐欺である、なんていうことで中傷してくる男性がいたとしても、運営サイドがサポートしてくれるはずです。
また、チャットレディのお仕事をはじめてみたいけれど詐欺なんて犯罪は嫌だという女性もいると思いますが、もちろんチャットレディのお仕事は詐欺ではありません。バーチャルの世界で、男性の会話相手になり楽しいひとときを提供するちゃんとしたお仕事なのです。

チャットレディーになるには面接がある

多くのライブチャットサイトでは一応「面接」というものが用意されていますが、大きな問題がないかぎりはチャットレディのお仕事の間口は広いので、「面接」で通らないということはないようです。チャットレディのお仕事の場合、面接といっても一般的なお仕事の採用面接のような堅苦しいものではなく、カメラテストが主となっておりパソコンを通じてカメラの設定などを行うことが主体となっていますので、面接で落とされるのではないか、という心配はしなくても大丈夫でしょう。ただしカメラテスト以外にも年齢の下限はクリアしているのかという身分証のチェックなども行いますので、実はチャットレディのお仕事ができる年齢条件をクリアしていないけれど、年齢をごまかしてチャットレディのお仕事をしようなんていうようなことはやめましょう。
またチャットレディのお仕事は自宅で活動する以外にも通勤型の地お仕事もありますので、その場合には面接時にもオンラインではなく実際に顔合わせの面接をすることがあるようです。通勤タイプのチャットレディのお仕事を希望する場合でも面接時に履歴書や職務経歴書が必要、というようなことはないようですので、チャットレディのお仕事の面接自体はあまり緊張せずに臨むことができるのではないでしょうか。

チャットレディーはサポートが充実している

出会い系とは違い、ライブチャットを運営している会社では、女性の為のサポートがあります。
チャットレディのお仕事をしてみようというのであれば、やはりサポートが充実している大手のサイトで活動した方が安心もできるのではないでしょうか。大手のライブチャットサイトは、ライバルのチャットレディが沢山いるから、と思っている人もいるかもしれませんが、ライブチャットサイトのお客さんの多くは男性であり、男性からしてみると沢山チャットレディが在籍しているライブチャットサイトの方がそうでない菜とよりもメリットが多く、イベントなどが開催される活気あるサイトとなっているため、入会しやすいという傾向があるようです。特にマニアックなカテゴリでチャットレディのアルバイトをしたいというような希望があるのではないのならば、まずは大手のライブチャットサイトで、安心できるサポートを受けながら色々なイベントに参加してチャットレディとしての経験を積んだ方がよいでしょう。

担当のホストにお店のクリスマスイベントに誘われました。絶対行くべきですか?

なぜホストはイベントになると必死に営業するのでしょうか

ホストクラブには、お客様獲得の為に毎月様々なイベントを企画しているお店がたくさんあります。
内容は本当に様々で、お客様が得するイベントやホストのコスプレイベントなど楽しめるないようになっていますが、ホスト側はというとただイベントの日に出勤すれば良いというわけではありません。これもお店によりけりですが、イベントごとに指名や売り上げノルマが課せられていてそれをクリアできなければその月の自分のお給料に支障が生じてしまいます。
確かにイベントを開催すればお客様に対して口実もでき営業しやすくなりますが、毎週イベントを開催しているお店はだんだんお客様の負担にもなってきてしまいます。
まずは、イベントはお客様にいつも以上に楽しんでもらう日だという事を念頭においておくのが大切です。

予定がなければホストクラブでクリスマスを過ごすのもアリ!!

世間で数多くあるイベントの中でもクリスマスは一大イベント!!しかし、一緒に過ごすパートナーがいない場合は何をしていいのかわからないかもしれません。そんな時はホストクラブでクリスマスを過ごすのもアリです。
確かにクリスマスまでなんでホストクラブで…と思うかもしれませんが、それぞれのお店ではビンゴゲームや仮装・クリスマスだけの限定シャンパンコールなど内容が盛りだくさんです。ホスト側もクリスマスということでテンションもいつも以上に上がっています!
女性だけでパーティーもいいですが、むしろこの機会にホストクラブデビューするのもいいかもしれませんよ!

クリスマスは常連さんばかり?初回は入れませんか?

クリスマスイベントを開催するホストクラブでは、いつものイベントと同じようにホストそれぞれにノルマが課せられている場合があります。従って、やや常連さんの方が多いように感じるかもしれません。指名のホストから直々にお誘いがあったお客様のために席が確保されています。
お目当てのホストやお店がある場合には、初回も入店する事ができるのかどうか事前に確認しておくと良いでしょう。しかし、ホストクラブは歌舞伎町だけでも何百店舗とあります。もちろんクリスマスも初回OKなお店もたくさんありますし、初回で知っているホストがいなくても楽しいクリスマスになること間違いなしです!ホストクラブの紹介サイトなどをチェックしてみるのもいいかもしれません。

セクキャバの体験入店をしたい。どんなセクキャバならいいお店?

体験入店前の連絡のやり取りや面接は丁寧にしてくれるか?

セクキャバに体験入店するには、その前にお店に応募の連絡をしたり、実際にお店に出向いて面接を受けたりすることになると思います。まずはその連絡のやり取りや面接の対応等が丁寧な対応化かどうか見てみましょう。
入店する前から丁寧な対応をしてくれるお店はしっかりしているので、大体は入店後も丁寧な対応をしてくれます。

営業時もスタッフがちゃんと自分をフォローしてくれるか?

これも丁寧な対応の流れですが、実際に体験入店となった時、営業が始まった時間内でもスタッフがちゃんと自分をフォローしてくれるか見ておきましょう。
営業前に丁寧に色々と教えてくれたとしても、実際に営業が始まったらスタッフが自分のことで手一杯で、こちらが困っていても何もしてくれなかったなんてケースもあります。

分からない所を質問してもちゃんと答えてくれるか?

最後に営業中でも一通り営業が終わった後でも、分からない所があった時に質問してもちゃんと答えてくれるか見ておくことです。
決められた教え方しか出来ないで、スタッフもちゃんと分かってないので曖昧な答えしか返ってこなかったでは入店後が心配です。

おっパブを初体験したい。どんなところ?どんな感じなの?

おっパブとは、簡単には「堂々とボディータッチの出来るキャバクラ」

おっパブとは、簡単に言えば「堂々とボディータッチの出来るキャバクラ」というところです。キャバクラのように1セット何円で女の子が接客してくれるのですが、それに付け加えてボディータッチもできるというのがおっパブの簡単な説明です。

「常時おさわり」と「ダウンタイム制」の2通りがある。

おっぱパブには、大きく分ければ「常時おさわり」と「ダウンタイム制」の2通りのサービスシステムあります。
「常時おさわり」というのは入店してから時間内ずっとボディータッチなどのセクシーなサービスを提供し続けてくれるシステムのことです。
「ダウンタイム制」というのは一定の時間ごとにサービスタイムを区切ってセクシーなサービスを受けることが出来るシステムです。
両方ともメリットポイントが違いますが、ダウンタイム制の方がサービスタイムが区切られているので、比較的キャバクラの要素が強いです。

キャバクラのような落ち着いた雰囲気はあまりない

「常時おさわり」でも「ダウンタイム制」だとしても、おっパブの雰囲気としてはキャバクラと比べると落ち着いた雰囲気はありません。
おっパブの店内では、テンションを上げて盛り上がるようにトランス系やテンポの速いBGMを流していることが多いです。お店にもよると思いますが、キャバクラのように店内の雰囲気も味わうといった感じでありません。
騒がしいところが苦手な人だと、おっパブは苦手とするかもしれません。

キャバクラやセクキャバで女の子同士のいじめってあるの?

色々な女の子が集まる場所。どうしてもグループや派閥は出来やすい。

キャバクラやセクキャバでなくても、働く場所というのは色々な人が集まる場所です。それはキャバクラやセクキャバでも一緒で、色々な女の子が集まる場所です。気の合う子もいればあまり一緒に仕事をしたくないと思える女の子も居るかも知れません。
いじめがなくても、どうしてもグループや派閥は出来やすいものです。これはちょっと気にするかしないかにもよりますが・・・。

いじめがあっても、男子スタッフがしっかりしていれば大丈夫。

もし女の子同士でいじめがあったとしても、お店の男子スタッフがしっかりしていれば大丈夫な話でもあります。本来、お店のなかで派閥やグループがあったとしても、絶えず男子スタッフが気にかけてフォローしてくれていれば、大きないじめ問題まで発展することは少ないです。
逆に何か気になることや気づいたことがあれば男子スタッフに相談したほうがいいでしょう。

全てのキャバクラやセクキャバでいじめがあるわけじゃない。

いくらキャバクラもセクキャバも女の子が集まる場所といっても、全てのキャバクラやセクキャバでいじめがあるわけではもちろんないです。女の子同士仲良く一緒に楽しく仕事をしている所だってあります。
体験入店や本入店してしばらく働いてみれば、女の子の雰囲気も分かると思います。自分が働くお店ですから、自分でも楽しく働ける職場作りに力を入れてみてもいいと思います。

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool