指名をいただいているお客様の誕生日には何をあげたら良いのでしょうか?

無難なプレゼントをお客さんにあげる

お客さんでなくても女性から男性へのプレゼントは頭を悩ませるところかもしれません。何を選んだら喜ばれるか、お金をどれくらいかけたらいいのか悩むところだと思います。 お客さんにあげるプレゼントとして無難なのは、ネクタイやハンカチ、靴下、ライターなどがプレゼントの定番だと思います。これらの定番アイテムであれば、値段もそれほど高くないですし、貰ったほうも困るような物ではないので比較的選びやすいと思います。

お客さんの好きなものをプレゼントする

他のプレゼントとしては、そのお客さんの好きなものをプレゼントする方法です。例えば、お酒の好きなお客さんであればワインをプレゼントしたり、甘いものが好きなお客さんであれば有名なスイーツや手作りスイーツをプレゼントするのもいいかもしれません。以前にお客さんから誕生日プレゼントをもらっていた場合、それが高い物なら、やはりこちらもある程度奮発してある程度値の貼るものをプレゼントした方がいいです。お客さんも高いものが欲しいと望んでいるか分かりませんが、こちらの頑張りが伝われば、お客さんも喜んでくれると思います。

お客さんの体を気遣った癒しのプレゼントというのも効果的

あとは、お客さんの体を気遣った癒しのプレゼントというのも効果的だと思います。例えば、男性用のコスメ用品です。お客さんに渡す時に、「いつまでも若くて格好いいままでいてね♪」のようなことを言ったら喜んでくれると思います。男性も若い姿のままでいたいと願っているものです。でも自分で買いに行くのは恥ずかしいし、何を選んだらいいのかわからない男性は意外と多いです。そういったものをプレゼントで贈るというのはとても効果的です。または健康グッズなどもいいかもしれません。いつも忙しそうにして疲れが見えるお客さんには、入浴剤やマッサージグッズのようなものを送るのもいいと思います。メンズコスメや健康グッズのような、金額ではなくて気持ちを感じさせる物にしてもいいプレゼントになると思います。

気になるホストが営業か本気なのかを見極める方法はあるのでしょうか?

目が笑っていてふざけた感じの笑みを投げかけてくる

作り笑いと下心がある笑いと、本当にあなたのことが好きな笑いって何が違うと思いますか?それは“目が笑っているかいないか”です。
例えば、かわいい仔犬や赤ちゃんを見たら純粋に目が笑ってしまいませんか?それと同じで優しそうな目線でホストの彼の目が笑っていたら、かなりあなたのことが好きな証拠です。
さらにちょっとふざけた感じの笑みを投げかけてくるホストは、チャレンジが好きな人です。簡単に落ちない女性を追いかけるのが好きなタイプなので、もし彼に興味があるのならすぐに捕まらないようもったいぶってみるのも彼の本性が出て来るのではないでしょうか。
しかし、男性だって好きな女性と冗談を言い合って大笑いすることはありますが、毎回毎回ガハハ笑いだったら残念ですがそのホストはあなたのことを指名客としか思っていないサインです。

女性との距離感でホストの本心を探ってみる

誰だって嫌いな人に顔を近づけたいとは思いませんよね?相手のホストがあなたより背が高い場合、話している時に彼の頭があなたに向けて前かがみになっているなら青信号です。仮に彼があなたより身長が低くても、好意があるなら顔を近づけてくるでしょう。
逆に、男は本能的に好きな女性に下半身を近づけたいと思っているので、そのホストがあなたの側に立っている時やハグをする時に腰が引けているなら、あなたに恋愛感情がない証拠です。
彼が無意識のうちにしてしまう仕草や表情で判断して、望みのないホストに貴重な時間を費やさないようにしたいものですね。

男性は言葉よりも仕草や行動に本音が出る

しゃべる前には、口から出る言葉をある程度選んでから発しますが、意外と無防備になりがちなのが仕草と表情です。
一般の男性はカッコつけて自分の気持ちを素直に語らないことが多いのですが、ホストという職業は女性との会話が仕事になっているので、甘い言葉をたくさん言われたとしても、このことだけであなたをどう思っているのかを判断するのは至難の業でしょう。
彼からの一言一言に一喜一憂するのではなく、無意識にやっている行動や仕草をよく観察して本当の気持ちを判断してみてさいね!

キャバクラだと思ってうっかり入店してしまったピンサロを辞めるにはどうしたらいいですか?

実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはある

全てのお店がそうではないのですが、求人広告で「キャバクラ」と記載しておきながら、実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはあります。もちろん、いい求人広告とは言えません。実情としては、大きなグループ展開しているお店の場合なら、求人にもそれなりの予算をかけられますが、小規模でギリギリ営業しているようなお店の場合だと、普通にやっていたんではなかなか思うように女の子を集められないことが多いです。なので、そういうお店では騙しに近いような良くない方法で女の子を集めている場合もあります。

一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さない

求人内容に嘘があったわけですから、一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さずに「ちょっと考えさせてください」と言って、即決をしないのがベストです。しかし中には強く言いくるめられて、つい働てしまう女の子もいることは確かです。もちろん、そのまま働いてもろくなことはないと思います。酷いケースだと、何だかんだと理由をつけられて、ちゃんとした給料を貰えなかったりする可能性だってあります。お店の人に「断り切れない子」と認識されているでしょうし、相手はそれを最大限に利用すると思います。

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しない

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しないのがいいと思います。お店からのメールや電話には一切出ないようにして、知らない番号からの電話や非通知の電話にも絶対に出ないようにした方がいいです。お店の女の子との連絡も絶対にいけません。余裕があれば携帯も変えるくらいで丁度いいです。とにかく無視することが一番です。仮にもし「ピンサロで働いていたことを親にばらすぞ!」のようなことを言われたとしても、怖がったりせずに無視するのが一番です。相手も後ろめたいことをやって商売をしてるのですから、自ら進んで大問題にしようとは思わないはずです。それと話し合って解決しようという考えは持たない方がいいです。話し合ったとしても言いくるめて、無理矢理に働かせようとするのがオチだと思います。

振り回されるのも嫌じゃない?…ホストの思わせぶりな態度はどうやって見極めたらいいのでしょうか?

ホストクラブでよく使われている「本営」と「友営」とは

ホストクラブへ居酒屋感覚で通える女性はごくわずかなのではないでしょうか。
一回飲みに行けば万単位のお金を使うことになりますし、イベントなどでは特別にシャンパンや高級ボトルでお祝いしてあげるなんてこともしばしば…
ホスト側もその金額に見合った接客しなくてはなりませんし、お客様によって営業方法を変えています。
みんなでワイワイ飲んで楽しみたいお客様には「友営」と呼ばれる方法で営業をかけます。時には女性の相談に乗ったりしてまるで男友達のように接し、身近な存在に感じてもらうのです。一方、さも付き合っているかのような感覚で営業をかけることを「本営」と言い、恋人のようなメールや電話をしてお客様との距離を縮めていきます。

一度も指名していないのに、休日デートに誘われた!!これはいわゆる育て?

初回で飲みに行った先のホストと連絡先を交換し、やり取りを続けているうちに「休日どこか遊びに行こう」とデートに誘われた!!まだ一度も指名してないし、正直飲みに行くお金もないので外で会うのはなんだか悪い気がする…こんな経験をしたことのある方もいるのではないでしょうか?
初回から次の本指名へと繋げるのはホストにとって腕の見せ所な訳ですが、やはりお金が絡んでいることもあり女性は警戒しがちです。そこで、休日など自分のプライベートな時間を使うことで警戒心を解いていくのです。これをホスト業界では「育て」と呼びます。そして警戒心がなくなったところで初めてお店に呼ぶのです。
しかし、中には営業関係なく「趣味カノ」として本当にデートに誘われている場合もあるようです(笑)
何を考えているのか分からないと最初からガチガチの警戒心で挑むのではなく、誘われたら素直にお誘いに乗ってみるのも何か新しい発見があるかもしれませんよ!

ホストから家に行きたいと言われた…、その真意とは?

女性の家に行きたがる男性はなにもホストでなくてもたくさんいるでしょう。女性側も気になるホストから家に行きたいと言われればさらに親近感が湧く気がして、ついつい招いてしまいたくなりますよね。
しかしホストがこのような言葉を発する時は、次へ繋げる営業のため、または自宅よりもお店から近いなどの理由で単なる宿目的で女性の家に行きたがる場合がほとんどです。特に色恋営業をしているホストはやたら家庭訪問をしたがりますが、あまり自分のプライベートな領域に招くのはオススメしません。あくまでもお店の中で楽しむというスタンスを崩さないようにするのがホストクラブをうまく楽しむコツなのではないでしょうか?

最近付き合い始めた彼がホストなのですが、長続きさせるためにはどうしたら良いでしょうか?

彼を信用しある程度の自由をあげる

彼との恋愛が始まって最初はドキドキワクワクだったのに、ふとした瞬間に不安になることはありませんか?しかも恋愛の相手がホストだったら尚更不安になってしまいますよね。
しかし自分が不安だからという理由から、いつもベッタリで彼を縛るような面倒くさい女になってはいけません。そもそも男は縛られるのが嫌いな生き物なので、自分からの連絡も控えめにして彼の仕事も尊重してあげてください。男は逆に野放しにされると、彼女を恋しがるもの。彼にあなたを恋しく思う時間を与えてみてはいかがでしょうか。

彼中心になりすぎて自分を見失わない

大好きな彼氏ができた途端に女友達と出かけてなくなって、自分の趣味もやめて彼氏一色の生活になってしまう女性も中にはいるはずです。
ですが彼が好きになったのは、仕事や趣味に一生懸命で友人や家族との時間も大切にするいつも忙しくキラキラと輝いているあなたなのです。ですから彼と交際が始まっても、そんなあなたを見失わないようにしてください。
相手はホストかもしれませんが、ホストの前に一人の男です。男に全てを合わせるような女性を、男性は尊重したり大事にはしないでしょう。

彼に癒しを与えられる女性になる

お付き合いが続いて行く中で、ただカワイイだけの女ではすぐに飽きられてしまいます。外見をキレイに保つことはもちろん大事ですが、それだけではダメ! カワイイうえに彼と楽しい会話ができて、いつも彼を笑わせられる女でいれば、彼があなたに飽きることはありません。
笑いは癒しです。ホストは普段からたくさんの女性と接する仕事ですが、プライベートな時間は逆に癒してほしいはず!
彼の事を考えて不安になるのではなく、彼と一緒にいる時間を最高に楽しく過ごすことを考えておけば、必ず次へとつながるのではないでしょうか。

0ヘルから売り上げのホステスになるのは不可能なのでしょうか?

「売り上げ」と「0ヘル」の違い

クラブのホステスには3パターンの給料システムがあります。まず、全くお客様を持っていない未経験の新人ホステスは「0ヘル」と呼ばれ、決まった日給をもらい他のお姉さんのヘルプをします。そしてママやチーママと呼ばれるタイトルが付いているホステスは基本的には毎月の売り上げを店側との折半で受け取ります。もちろん普通のホステスで折半の女性もいますが、これは稼げる金額は大きいですがかなりリスクを伴うためにママやチーママの肩書きを持っていないがお客様を持っているホステスは「売り上げ」と呼ばれるシステムで毎月の給料を受け取ります。
中でも、売り上げも多少あるが自分のお客様がいない時は他席のヘルプにも付く「半売り半ヘル」と呼ばれる売り上げ兼ヘルプが一番多く存在しています。この場合だと日給も保証されますし、売り上げのノルマをクリアすればそれだけのバックも貰えるのでリスクはあまり大きくはありません。
売り上げのホステスになるには、お客様を持っているお姉さんが辞める際に譲り受ける場合と、お店、男性スタッフの係りを貰える場合位しかありません。

売り上げホステスのポイント

クラブで働く売り上げのあるホステス達は「個人事業主」として店舗と契約しそこで自分のお客様をおもてなしすることで売り上げを作り、そこから毎月お店に諸経費を払い残りをお給料として受け取るという仕組みになっています。
また、銀座には売り掛け制度がありお客様はツケで飲むことが可能です。 そのお客様の係りのホステスはツケを期限までに回収できないと、自分の借金となりお給料から引かれます。
お店とは入店前の面接でどのくらいの売り上げを出せるのかを聞かれると思いますが、その数字次第でノルマも変動してきます。
お店に入店する際に女性からお店に対して売り上げの約束をする「打ち込み」や、お店が入店する女性のキャリア話の中で得た情報の中から見込んだ売り上げの「見込み」と呼ばれる売り上げのノルマを決め、そのノルマをこなせない場合はお給料からペナルティとして差し引かれます。

安定した売り上げを稼ぐ為には

ヘルプから売り上げの女性を目指しているのなら、係りのお姉さんがいなくなるのを待つのではなくお店を変えるのが1番早いでしょう。ただ、移るお店はかなり厳選しなければいけません。現在のお店で獲得したお客様には次のお店との相性もありますし、移るお店に自分のメインのお客様の係りがいる場合などもあります。
しかし、ある程度の売り上げを作る事ができる見込みがあって移籍を考えるのは当然のことですが、自分の条件に見合った金額で働きましょう。面接の際に高額の日給を提示されることがあるかもしれませんが金額が高いという事は、それなりの事を要求されます。厳しいノルマは後で苦しくなってストレスや挫折のもとです。
目先の利益に飛びついてしまうのではなく、入店・移籍をしたらしばらくは腰を据えて働くのが大切です。

自分のステップアップの為に働くお店を変えるのはアリですか?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。 今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。 また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。 クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。 また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。 お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。 このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

ホステスとして売上を保つにはどうしたらいいのでしょうか?

高級クラブで求められるスタイル

例えば銀座には高級クラブが何件もあるので、全てはお店側の判断になりますがお客様を持っていない場合はやはりビジュアル面は重要です。理想としては身長から体重を引いて110~115位がベストなようです。太めの方は着物でカバーもできますが、「体型ぐらいしっかり節制をしてみせる」という意気込みだと自分にも自信がつきます。つまり、体形には日頃の自分の生活スタイルが表れてくるのです。
近年、銀座は顔よりも全体的なスタイル重視の傾向がありますがダイエットのしすぎは禁物です。痩せていれば良いという訳でもないのです。痩せ気味の女性は肌質にも注意です。肌質はすぐに改善できるものではありませんが顔色が悪い場合は、チークやコントロールカラーで調整しましょう。胸の開いたドレスを着るとどうしてもバストが小さくなりがちですが、ヌーブラ2枚重ねてみるなどテクニックを磨きましょう。また、特に髪質には厳しいお店が多いので髪にいいものを意識して食べたり、ストレスと上手にお付き合いしなくてはいけません。

身長が低い場合にはどうしたらいいのか

銀座の高級クラブ、特に大箱は背の高い女性を好む傾向にあります。とは言え、ヒールを履いたら170cm以上になってしまうとさすがに高すぎるのではと思うかもしれませんが、このようなお店には派手なお客様も多く、つれて歩いていて見栄えのする女性が良いとされているので、背が高すぎるというような心配もいりません。体型を生かし、ロングドレスやスーツを着こなすとカッコいいです。その際は、猫背に気をつけて堂々と歩きましょう。
一方老舗のクラブにいるオーナーママなどは、綺麗な女性よりもかわいい女性を好む場合が多いです。しかし、それでも140cm台の女性は少し低めだと思いますので、ヒールが高めの靴を履いた方がいいかもしれません。
スーツよりドレスいいでしょう。ロングよりもミディアムドレスがバランスよく見えます。ワンピースもいいですね。着物を着ると、より可愛らしい姿をアピールすることができます。

自分を綺麗に見せるコツとは?

常に自分を研究している女性は、自分がどのようにすれば美しく見えるか分かっています。 自分に似合う服装、色、デザイン。しかし他の人の服装やヘアースタイルが可愛いからと言っても全ての人に当てはまるものでもなく、身長や肌の色でも変わってきます。
全体的に重要なのは姿勢です。どんなに着飾っていても姿勢が悪いようでは、野暮ったくなり全てが台無しになります。
水商売は自分自身が商品のようなところがありますので、姿見などでしっかりと研究しておきましょう。女性らしい立ち振る舞いは、雑誌や映画を見て自分が美しいと思う人の動きを研究してみるのもいいでしょう。ポイントは優雅に見える、という事なのですが、直線と曲線と余裕、これに注目です。
目の位置、手の場所、足の置き方、など少し意識することで、ぐっと変わります。
全体的には肩甲骨を閉めるような感じで、あとは何でも交差するようにすると女性らしさがアップします。

キャバ嬢にモテる男性が送るメールの特徴とはどのよう内容なのでしょうか?

用件のみのそっけない内容のメールを送ってくる

キャバクラで働く女性が営業の手段として欠かせないのがメールやLINEといったツールです。毎日たくさんのお客様に営業メールを送るわけですが、返信でキャバ嬢がキュンとくるのは“明日、○時によろしく”などという用件のみの淡白なメール。
お目当てのキャバ嬢に好かれようと長めのメッセージを送る男性が多い中、男らしい短文メッセージは珍しくそれだけで好感度アップするそうです。また、長ったらしい返信をする必要がない点もキャバ嬢にはポイントが高いです。
さらに短文の中にもきちんと、“今夜は楽しかったよ。ありがとう”等とサラリとメッセージを送ってくれる男性は完璧なのではないでしょうか。

日記のようなメールを送らない

上記で述べた事とは逆の殊になりますが、男性でも“今日はどこどこに行って、なになにを食べて、どうだった、楽しかった”みたいな、まるで日記のような報告メールを送る人がいますよね。キャバ嬢はそういうものが嫌いです。お仕事で人の話はさんざん聞いていますし、プライベートな時間にまでまでもそういう話は聞きたくないのです。アピールしたい気持ちは分かりますが、話を聞いてほしいならお店に行く方がはるかに印象的です。
どうしても何かを伝えたい場合は、写メと一緒に簡単な文を送ると良いでしょう。写真で十分に雰囲気は伝わりますし、たまに送ってくる食べ物なんかの写真が上手だと、ドキッとくるキャバ嬢が多いようです。

端的な文章や印象的な写真を添付して印象づける

メールやLINEは、電話よりずいぶんと気軽に連絡が取れてしまう上に、その連絡先交換も手軽ですよね。
本当にただの社交辞令的な付き合いならば普段から頻繁に連絡を取る事もないでしょうが、お気に入りのキャバ嬢がいるならば何気ないLINEがキャバ嬢の心をくすぐるようです。
毎日毎日必死に連絡をするのではなく、余裕を持って連絡を取れるような気持ちを持つ事が必要なのではないでしょうか。

本営?色恋?気をつけた方がいいホストの特徴はあるのでしょうか?

なんだか憎めない!?失敗は笑顔でカバーするホスト

周囲から「ダメ男」のレッテルを貼られているのに、なぜか女の子にモテる人を見かけたことはないでしょうか。
ホストはその女性特有の心理を見事に突いている職業なのではないでしょうか?
そんなホストの特徴としては、まずはおっちょこちょいな男性。こんな男性のことを手がかかる子どものように感じるようです。
また、ダメな人の笑顔ほどキュンとしてしまう女性も多いようです。「おバカな発言」をしたときは言いわけをせず、笑顔でごまかしてしまうのです!さらにそれがまかり通ってしまうから不思議ですよね。

頼りないけど、甘え上手なホスト

『○○がいないとダメなんだよー』とか言われると断れなくなる」という声もあるように、目当てのホストから上手に甘えられるとかまってあげたくなるようです。
ひたすら低姿勢でお願いされると、つい応じてしまうのかもしれません。しかし、自分が叶えてあげられるお願いならまだ良いのですが、高いシャンパンやボトルなど女性側が無理しなくてはいけないお願いはキッパリと断れるようでないといけません!
また、一生懸命な姿に胸を打たれる女性もいます。かなりの不器用でも、なんでも全力で取り組んでいれば、その姿を愛おしいと感じるようです。この行為、直接的なお願いではありませんが結局女性が心を動かされている事から、間接的に甘え上手だと言えるのではないでしょうか。

とにかく母性本能をくすぐるホストには要注意!

放っておいたら消えてしまいそうな男性、頼りない男性・・・母性本能をくすぐられるポイントは様々です。また、締め日などの一番大切なところで失敗してしまうところに同情する女性もいます。勝負までの過程を知っているだけになおさら母性をくすぐられてしまい、そのホストをささえてあげたいという気持ちになるようです。
「母性本能」とは、女性特有の感情です。目当ての担当ホストが、意図的にやっているのかそれとも本当におっちょこちょいで頼りないのか・・感情のまま言いなりになりお願いを聞いてしまうのではなく、女性側もその都度冷静な判断ができるようになることが必要なのではないでしょうか?

ホステスとしてクラブに入店するための面接で採用されるための秘訣はあるのでしょうか?

面接日の身だしなみについて

身だしなみとは顔、スタイル、洋服のセンスなど…まさに見た目のことを指しますが、ポイントは 清潔感があって、自分に似合っているという事です。
高級クラブの場合は、美容院でヘアセットした方が条件がよくなる場合があります。 面接官にお仕事している時のイメージを見て採用の決断をさせやすくするというのが狙いです。 基本的に綺麗にしてマイナスになるという事はありません。
また初心者の女性が1人で面接へ行く場合、着物やドレスを着ていると浮いてしまいがちですが間に第三者(紹介者など)を入れることで自然な感じになります。
肌荒れやタトゥーなどの清潔感のない身なりは店側からマイナスのイメージがついてしまうので注意が必要です。

面接で聞かれる内容とは

近年の銀座ではお客様を持たない女性はなかなか採用されるのは難しい傾向にあるようです。ということで、まずあなたにお客様がいるのかどうか?が最大のポイントになってきます。 それ次第では、条件やお給料額などの契約が大きく変わってきます。もちろんお客様がいるのが条件がよくなるのですが、お給料が沢山欲しいからと嘘を言ってノルマを付けられたら大変なことになります。
また今までの経歴も聞かれます。どんなお店で何年働いていたのか?という事です。 ここで重要なのは、いろんなお店で経験があっても何店舗も答える事は控えましょう。何件も店を転々とし、すぐ辞める女性だと思われては採用に繋がりません。
他には、住まいの場所と店の距離も重要です。終電の時間とタクシー代でジャッジされます。 終電の時間は深夜0時以降まであるかないかで天と地ほど違いますし、お客様とのアフターは基本的に終電以降のものですから、タクシー代が高い・アフターに付き合えないとなると評価は下がってしまいます。このことを踏まえて、事前に回答を準備しておくと良いでしょう。

採用されるために大切な事

高級クラブで採用されるには、ビジュアルがお店ごとの最低基準をクリアしていなければお客様を持っていない限りその他の要素が申し分なくても採用は難しいです。 逆にビジュアルが完璧ならその他がかなり厳しくてもどうにでもなったりするのが高級クラブ。
厳しく感じるかもしれませんが、例えば自分がホストクラブに行った場合のことを考えてみて下さい。 せっかく高いお金を出してホストに飲みに来ているのですから、不細工な男性に接客されるより、 自分好みの素敵な男性に接客されたいと思うのではないでしょうか。
このように外見が重要視されるのはもちろんなのですが、お店ごとにカラーがあるので外見面での採用基準はまちまちです。共通する部分としては、最低限の身だしなみを整え面接時にはとにかくニコニコ笑顔でハキハキとした受け答えを心がけることが大切です。

接客する際、苦手なお客様への対応はどのようにしたらいいのでしょうか?

生理的に合わないかも!?と思ってしまう苦手なお客様

夜のお店はお酒を提供する場ですが、お酒が入ると人格が変わってしまう人がいます。さらに、大声で怒鳴り散らしたりしまいには説教をはじめたりする人も中にはいます。
何でそんな事するのか…?それは怒鳴り散らす事や説教をする事で、ストレス解消をしているのです。どのホステスが着いてもそのような態度だと、その確率が非常高いようです。また、飲み慣れているお客様の中には新人ホステスを育てるのが好きなお客様もいるので、親心のようなものから色々言われる場合もあります。 とにかく普段できない事を、お金を払う事で解消している場合が多いです。そうじゃなければ何度もお店に来ませんし、気に入らないお店や女性だったらそもそも飲みになんて来ないからです。つまりホステスの高いお給料の中には、そのようなお客様からのお小言にもガマンして耐える料金も入っていると考えていいと思います。

気難しいお客様への対処方法

気難しいお客様の接客は疲れるので避けてしまうホステスが多いですが、 お客様も自分が気難しい事くらいは分かっているのです。 それでも自分に付いてきてくれる、というその気持ちがどこまで本当のなのかあえて試しているのかも知れません。実際、女性の事を信頼したそのようなお客様はとても良いお客様に変化したりするのです。
夜のお店は、スタッフ、ママ、お姉さん達から試される場面というのがあります。 そこをどう乗り切るか、切り替えすかでホステスとしての才能や素質を見られているのです。 嫌な事があるからとすぐ訴えるのではなく、そのような場面をうまくクリアできれば周りからの評判もさらにアップするでしょう。
気難しいお客様はどのお店にもいます。しかし気難しいと言われているお客様にこそ愛情持って接するべきなのかも知れません。

お客様の前でホステスである為の心構えとは

ホステスは女性特有のお仕事です。 外見をより女性らしく華やかにする必要があります。 お店やお給料によっても、ホステスとして求められるレベルの差がありますが、 「女性らしく」というのは、全てのホステスにおいて共通して求められるものです。
この女性らしく、というのは仕草であったり言葉遣いであったりするわけですが、 これは最初はできなくても、 色々なお客様と接して行く事で段々磨かれていくのです。
このような仕草や振る舞いは、意識的に女性らしさを演出しても限界があり、やはり自分が内面から女性らしくなろう、という気持ちがなければ所詮それは形だけのものになってしまいます。自分で努力しているつもりでも、相手に伝わらなければ結局それは自己満足なのです。
気持ちを込めたおもてなしでなければ、当然相手の心には響きません。上手くできなくても、心を込めるというのが何より大切です。

誕生日に来てもらう為の営業は、いつからどのようにしていけばいいのでしょうか?

だいたい1ヶ月前くらいからアピールして営業を掛けていくのがポピュラー

水商売をしていて、自分の誕生日に来てもらう為の営業というのは、プレッシャーも掛かる問題だと思います。水商売経験の浅いホストにとって心配なことだとは思いますが、この悩みはナンバークラスのホストのほうが大きく圧し掛かってくるものでもあります。やはりトップクラスとしての見栄とプライドがあるからです。
オーソドックスな営業の掛け方だと、だいたい1ヶ月前くらいからアピールしていくのがポピュラーかと思います。まずは自分をある程度の期間指名してくれているような、いわゆる太客から始めるのがいいと思います。人にもよりますが、「誕生日だから来て!」という言葉ではなく、「来月誕生日なんだ~。お店の人からも思いっきり期待されちゃってるけど全然自信ないし、本当にイヤだな。」のような感じで訴えかけるパターンが多いです。こういう言葉で営業すれば、お客さんの耳には営業っぽくは聞こえないでしょうし、来月に誕生日があるという大事なことはアピールできますし、そして相手に「困っているのなら、自分が行ってあげないといけないのかなぁ。」という風に、相手に考えさせるきっかけにも繋がります。

誕生日直前になったら、携帯に入っているアドレス全てにとにかくアピール

誕生日直前になったら、携帯に入っているアドレス全てにとにかくアピールするのも手だと思います。
来なくて当たり前、来てくれたらラッキーという考え方での営業の掛け方です。やれることは全部やっておくという努力は必要です。何もせずに沢山のお客さんが来てくれるなんて夢みたいな話はありません。限られた時間の中でどれくらい努力できるかが当日の明暗を分けると思います。

お客さんに来てもらう為には見返りも必要

どうしてもこのお客さんには誕生日に来て欲しいと思うような人、来たら必ず延長して長く居てくれるようなひとには、誕生日前の時期に「今は誕生日のことが不安で本当に毎日悩んでいるし、今日お店終わってから飲みに行かない?」というような言葉でこちらからアフターに誘ってみたり、「誕生日終わったら一段落するし、その時にはどこか楽しいところ行こう」のような今後のデート予定を自分から言ってみたりするというのも方法の1つです。やはりそういう見返りも必要だと思います。アフターであれば、事前にお店のスタッフに「2時間ほどしたら電話して」と頼んで、「ごめん!お店に呼ばれちゃったから、どうしても今から戻らないとダメになったの!ゴメン!」と逃げ出せる準備をしておけば変に誘われる心配もないと思います。

一人前のホストとして成功するにはどのような働き方をしたら良いのでしょうか?

いくら稼ぎたいのか計画を立てる

ホストとして売れるつまりお金を稼ぐには、まずいったいいくら稼ぎたいのかを明確にしましょう。
水商売は将来自分のお店を持ちたいなど、なにか明確な目標がない限りは長く続けられる仕事ではないと思いますし、だらだらと続けていても意味はありません。そこで、ホストとして働く中で自分の稼ぎたい金額の最終目標を決めるのです。ゴールが見えてくれば、毎月の目標額も決まってきます。
次に、その金額を達成するにはどれくらいのお客さんが必要なのかを考えてください。
例えば月収100万を稼ぎたいのなら、170~200万くらいの売り上げが必要になってきます。そのお店の平均客単価はいくらなのかを内勤さんや店長さんに聞いてみるのもいいでしょう。客単価が平均10万だとしたら200万上げるためには指名が20人必要になります。
この計算をして目標金額を金額を出したら、あとはその目標額を目指してひたすら仕事をしていきましょう。

定期的に来店してくれるお客様を増やす

毎月安定した売り上げを上げるには、大金を使ってくれる一人のお客様に頼るよりも定期的に来店しそこそこの金額を使ってくれるお客様を増やしましょう。
お客様を増やすには、既存のお客さんを育てるのもありですが、やはり無い袖は振れないので新規のお客様を増やすほうが効率がいいでしょう。
そしてお客様を増やすのは初回でついて連絡先を交換するのが一般的だと思いますが、店外でのキャッチも効果的です。
たくさんのホストが働く中で、初回の女性に自分の事をアピールするには時間が限られています。しかし、キャッチであれば自分のペースで話す事ができ、ある程度の印象を与える事ができます。
お客様を増やすには時間が必要ですが、こうして根気よく出会いを増やし定期的に来店してくれるお客様を増やし安定した売り上げを上げて行きましょう。

女性の扱い方を徹底的に覚える

女性はホストクラブの居心地の良さを感じると定期的に通うようになります。
居心地の良さとは、つまり女性を褒めていい気分にしてあげることが欠かせないと思います。
褒めるということはベタすぎてやらないホストが多いのですが、根拠のない会話術や笑いを取りにいくよりは、会話の中で女性を褒めたほうがよっぽど女性ウケは良くなります。容姿に自信のある女性には部分的な所(手や目など)を褒め、容姿に自信がなさそうな女性にはそのまま直球で「かわいいね」などと伝えてあげる事で、褒めてくれたホストへの好意が増します。
そして、お客様を繋ぎ止める為に最も欠かせないのがメールや電話などのマメな連絡です。
しかし連絡を取り合うのは大切ですが、都合が合わずになかなか会えないままだらだらと長い期間メールをしていると、お客様側も段々飽きてきてしまいホストの存在価値が薄れてしまいます。ですからなかなかお店に来てもらう都合がつかないお客さんとは時々、短い時間でもいいので直接会うなどしてみると良いでしょう。
重要なのは、お客さんを「ホストクラブに来る人」と認識してしまいがちですがその前に「女性である」という認識を持つことです。

高級クラブにはどのような人が飲みに来るのでしょうか?

会社の接待で使うお客様

会社と会社の取引には形式的な会議や契約はもちろんですが、一緒に仕事をする上でその人となりを知るためにもざっくばらんなコミュニケーションが必要な場合もあるようです。そのような時にクラブなどを接待の場として使用するお客様も少なくありません。お客様が接待でいらしている際は無理に会話などで盛り上げようとせず、いいタイミングでお酒を作りお客様同士の会話に適度に相づちを打ち、意見を求められたら答えるというスタンスがいいでしょう。

団体で来店するお客様

会社のオフィシャルな飲み会やゴルフなどの後に、皆で連れだって来店するケースです。この場合はすでにお酒が入っていることが多くお客様のテンションも多少上がっているので、トークや笑顔でその席をさらに盛り上げるといいでしょう。そうするとお客様も楽しい時間を過ごすことができ、特別にシャンパンなどを入れてくれるサプライズもあるかもしれませんね!!

常連のお客様・ママの大切なお客様

クラブで飲みなれているお客様や、ママの昔からの馴染みのお客様はその飲み方も決まっていることが多いようです。常連のお客様ほど、ついたホステスの仕草や会話をよく覚えています。女性側もヘルプとして接客する場合、何回か席に着く中でそのお客様の好みやお酒の飲み方を覚え、さりげない気遣いができるようになると後々リクエストがもらえたり、同伴に誘っていただいたりと自分の利益にも繋がります。

ホステスはお客様に誘われたらたとえ休日でも会わなくてはいけませんか?

休日のゴルフやパーティーの接待

クラブに来店するお客様の中には、自分で会社を経営している方も少なくありません。休日に行われるその会社のゴルフコンペやパーティーなどにホステスが借り出されることもしばしば…このような時は、他のホステスにも協力してもらってできるだけ手をかしてあげましょう。手を貸すことで良い意味でお客様との間に「貸し」を作るのです。お店に呼ぶ口実にもなりますし、お客様側も何か「理由」があるとお店に顔を出しやすいようです。さらに大事なイベントのサポートをしてもらったということで、お客様とホステスの間にも「信頼関係」が結ばれます。ホステスとお客様にはこの「信頼関係」がとても重要なのです。

自分のお客様に普通に誘われた場合

クラブは土日祝日が店休の場合が多いです。ホステスにとって休日は、その週の出来事をリセットするのに重要な日。平日の営業ではお客様には何かと気を使いますし、売り上げのためにお酒も飲まなくてはなりません。貴重な休日にお客様から食事などに誘われた場合は、そのお客様の質で行くか行かないかを決めましょう。全く来店しないのに外で会いたがるお客様には会う必要はありませんが、同伴のノルマなどを毎月助けてくれるようなお客様のお誘いにはある程度応えると、信頼関係は増し定期的な来店に繋がるでしょう。お客様の見極めがポイントです。

他のホステスのお客様に誘われた場合

自分のお客様ではなく他のホステスが係をしているお客様に休日2人で食事に行こうと誘われることもありますよね?毎回席に呼んでくれ、同伴のノルマも助けてくれるお客様。まずは自分で判断するのではなく、その係の女性と話し合いましょう。もちろん誘われた日の自分の予定もあるでしょうし、係の女性がそのお客様をどのような位置づけで営業しているのかもポイントになってきます。この場合はあくまでもヘルプとしての立場なので無理して出向く必要もありませんが後々自分のお客様にと考えているなら、係の女性の許可を取りお誘いを受けるのものもいいかもしれませんね。

0ヘルを卒業して売上として新しいお店に移るタイミングはいつがいいのでしょうか?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。
今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。
また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。
クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。
また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。
お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。
このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

0ヘルから売り上げのホステスになるにはどうしたら良いのでしょうか?

「売り上げ」と「0ヘル」の違い

クラブのホステスには3パターンの給料システムがあります。まず、全くお客様を持っていない未経験の新人ホステスは「0ヘル」と呼ばれ、決まった日給をもらい他のお姉さんのヘルプをします。そしてママやチーママと呼ばれるタイトルが付いているホステスは基本的には毎月の売り上げを店側との折半で受け取ります。もちろん普通のホステスで折半の女性もいますが、これは稼げる金額は大きいですがかなりリスクを伴うためにママやチーママの肩書きを持っていないがお客様を持っているホステスは「売り上げ」と呼ばれるシステムで毎月の給料を受け取ります。
中でも、売り上げも多少あるが自分のお客様がいない時は他席のヘルプにも付く「半売り半ヘル」と呼ばれる売り上げ兼ヘルプが一番多く存在しています。この場合だと日給も保証されますし、売り上げのノルマをクリアすればそれだけのバックも貰えるのでリスクはあまり大きくはありません。
売り上げのホステスになるには、お客様を持っているお姉さんが辞める際に譲り受ける場合と、お店、男性スタッフの係りを貰える場合位しかありません。

売り上げホステスのポイント

クラブで働く売り上げのあるホステス達は「個人事業主」として店舗と契約しそこで自分のお客様をおもてなしすることで売り上げを作り、そこから毎月お店に諸経費を払い残りをお給料として受け取るという仕組みになっています。
また、銀座には売り掛け制度がありお客様はツケで飲むことが可能です。 そのお客様の係りのホステスはツケを期限までに回収できないと、自分の借金となりお給料から引かれます。
お店とは入店前の面接でどのくらいの売り上げを出せるのかを聞かれると思いますが、その数字次第でノルマも変動してきます。
お店に入店する際に女性からお店に対して売り上げの約束をする「打ち込み」や、お店が入店する女性のキャリア話の中で得た情報の中から見込んだ売り上げの「見込み」と呼ばれる売り上げのノルマを決め、そのノルマをこなせない場合はお給料からペナルティとして差し引かれます。

安定した売り上げを稼ぐ為には

ヘルプから売り上げの女性を目指しているのなら、係りのお姉さんがいなくなるのを待つのではなくお店を変えるのが1番早いでしょう。ただ、移るお店はかなり厳選しなければいけません。現在のお店で獲得したお客様には次のお店との相性もありますし、移るお店に自分のメインのお客様の係りがいる場合などもあります。
しかし、ある程度の売り上げを作る事ができる見込みがあって移籍を考えるのは当然のことですが、自分の条件に見合った金額で働きましょう。面接の際に高額の日給を提示されることがあるかもしれませんが金額が高いという事は、それなりの事を要求されます。厳しいノルマは後で苦しくなってストレスや挫折のもとです。
目先の利益に飛びついてしまうのではなく、入店・移籍をしたらしばらくは腰を据えて働くのが大切です。

ホステスとしていつまでも自分を高く魅せるにはどうしたらいいのでしょうか?

高級クラブで求められるスタイル

例えば銀座には高級クラブが何件もあるので、全てはお店側の判断になりますがお客様を持っていない場合はやはりビジュアル面は重要です。理想としては身長から体重を引いて110~115位がベストなようです。太めの方は着物でカバーもできますが、「体型ぐらいしっかり節制をしてみせる」という意気込みだと自分にも自信がつきます。つまり、体形には日頃の自分の生活スタイルが表れてくるのです。
近年、銀座は顔よりも全体的なスタイル重視の傾向がありますがダイエットのしすぎは禁物です。痩せていれば良いという訳でもないのです。痩せ気味の女性は肌質にも注意です。肌質はすぐに改善できるものではありませんが顔色が悪い場合は、チークやコントロールカラーで調整しましょう。胸の開いたドレスを着るとどうしてもバストが小さくなりがちですが、ヌーブラ2枚重ねてみるなどテクニックを磨きましょう。また、特に髪質には厳しいお店が多いので髪にいいものを意識して食べたり、ストレスと上手にお付き合いしなくてはいけません。

身長が低い場合にはどうしたらいいのか

銀座の高級クラブ、特に大箱は背の高い女性を好む傾向にあります。とは言え、ヒールを履いたら170cm以上になってしまうとさすがに高すぎるのではと思うかもしれませんが、このようなお店には派手なお客様も多く、つれて歩いていて見栄えのする女性が良いとされているので、背が高すぎるというような心配もいりません。体型を生かし、ロングドレスやスーツを着こなすとカッコいいです。その際は、猫背に気をつけて堂々と歩きましょう。
一方老舗のクラブにいるオーナーママなどは、綺麗な女性よりもかわいい女性を好む場合が多いです。しかし、それでも140cm台の女性は少し低めだと思いますので、ヒールが高めの靴を履いた方がいいかもしれません。
スーツよりドレスいいでしょう。ロングよりもミディアムドレスがバランスよく見えます。ワンピースもいいですね。着物を着ると、より可愛らしい姿をアピールすることができます。

自分を綺麗に見せるコツとは?

常に自分を研究している女性は、自分がどのようにすれば美しく見えるか分かっています。 自分に似合う服装、色、デザイン。しかし他の人の服装やヘアースタイルが可愛いからと言っても全ての人に当てはまるものでもなく、身長や肌の色でも変わってきます。
全体的に重要なのは姿勢です。どんなに着飾っていても姿勢が悪いようでは、野暮ったくなり全てが台無しになります。
水商売は自分自身が商品のようなところがありますので、姿見などでしっかりと研究しておきましょう。女性らしい立ち振る舞いは、雑誌や映画を見て自分が美しいと思う人の動きを研究してみるのもいいでしょう。ポイントは優雅に見える、という事なのですが、直線と曲線と余裕、これに注目です。
目の位置、手の場所、足の置き方、など少し意識することで、ぐっと変わります。
全体的には肩甲骨を閉めるような感じで、あとは何でも交差するようにすると女性らしさがアップします。

水商売をする上で、同伴やアフターは必ず行かなくては行けないのでしょうか?

同伴・アフターが必要な理由

クラブの営業時間はだいたいが20時~24時になっています。営業時間が少ない分同伴やアフターに行くことで、お客様に感謝の気持ちを示します。また、お客様の接待の席やゴルフなどに複数の女性が呼ばれることもあります。ちなみに同伴に関しては、毎月女性ににノルマを課しているお店が多いので、そのノルマを達成させなければならないという物理的な問題も発生します。

同伴ではどんなお店に行くのですか?

同伴は営業前にお客様と決めた場所で待ち合わせ、そこから食事に向かうのが一般的なようです。お客様の接待で呼ばれる際はあらかじめ決められたお店に向かうのですが、馴染みのお客様や二人で軽く食事を済ませる場合や急な同伴になった時などのために、何軒か紹介できるお店を探しておくといいかもしれません。

アフターってどんなことをするのでしょうか?

一日の営業が終わりさっさと帰宅するのではなく、バーやカラオケなどもう一軒お客様にお付き合いするのも重要なサービスですし、何よりお客様には自分のためにプライベートな時間を割いてくれたという印象が同伴よりも強く残ります。クラブで飲むお客様は飲みなれている方が多く、女性側に同伴のノルマが課せられていることを知っている方も少なくないので、プライベート感の増すアフターの方が喜ばれることもしばしば…。

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool