ホストにモテる女性とはどのような人なのでしょうか?

「ありがとう」や「ごめんなさい」がちゃんと言える素直な女性

ホストクラブなんだからホスト達から何でも“してもらうのが当たり前”という女性も中にはいます。実際、女性はお客様なわけですからおもてなしを施してもらって当然なわけですが、逆を言えばちょっとしたことで“ありがとう”が言える人はホスト達からのイメージがアップします。
ホストとお客様との間には金銭が絡んでいるので、何かしらのトラブルは生じやすいかもしれません。例えば何か担当のホストとケンカした時に自分の悪い所はちゃんと謝れるような女性も好感度が増すのではないでしょうか。
確かに女性はお客様ですし、ホストとも金銭が絡んでいる関係上求めるものも多いでしょう。しかし、何かを求める前にまずは信頼関係が必要です。ちょっとした時に感謝や謝罪の気持ちが伝えられるようになると好印象の持続力はさらに長持ちするのではないでしょうか。

絶妙なタイミングで気遣いができる女性

自分でお酒の量をセーブできたり、相手のホストの仕事のことを考えることができる女性や、「飲み過ぎた?大丈夫?」と声をかけてくれる女性は好感度がいいようです。
会話の中でこのようにさりげない気遣いのセリフを挟んでラリーができる女性は、たいていどの場面でも気遣いができるのではないでしょうか。
また「お疲れ様」などと、相手の仕事が終わった時間の絶妙なタイミングで連絡を入れるのも効果的です。
気遣いとは考えたらうまくできなさそうですが大切なのはホストとお客様という立場関係なく、一緒に楽しい時間を過ごそうという気持ちを持つことが大切だということです。

一般的な常識を持っている女性

ホストクラブという空間は、女性をお姫様扱いしてくれる非日常的な空間です。女性はお金を払えばたくさんの男性が最高のおもてなしをしてくれるでしょう。しかし、ホストとは言え一人の男性です。あまりにも上から目線でワガママだったり、お酒の飲み方が分かっていない女性に惹かれることはまずありません。
他の席にいる女性の悪口やヘルプのホストにキツくあたるという行為は避けましょう。こんなことでストレスは発散できませんし、なにより言っている本人のイメージが悪くなってしまいます。
もちろん女性はお客様なので、過剰な気を使う必要なもちろんありません。しかし、みんなで笑って楽しいお酒を飲めるようなホストクラブの使い方ができる女性になる事ができれば、ホストからの印象も必然的にアップするのではないでしょうか。

銀座にも一見さんがフラッと入店できるようなお店はあるのでしょうか?

銀座の代名詞!!一見さんはお断りな高級クラブ

タイトルの通り、高級クラブと呼ばれるお店は一見さんはお断りしている場合がほとんどですので、基本的には飛び込みで飲む事はできません。 つまり、そのお店に知り合いがいないと入れないのです。主に会員制のクラブで飲む方法としては、ママやホステスのお客様、オーナーやスタッフの知り合い、そのクラブを知っている人からの紹介…など要は誰かしらの紹介があれば入店する事ができます。
クラブは時間制ではなく、座っていくらというシステム。 高級クラブでは「座って3万」という言葉をよく聞きますが、 初回は必ずボトルを入れなくてはいけませんので、実際は1番安いボトル代を入れても合計6~8万くらいかかります。しかし最近では1時間30分経つと、タイムチャージを取るお店も出てきました。
「クラブ」にはオーナーママやママが1人以上いて、大箱になるとチーママ含めママが3人くらいいるお店もあります。

アットホーム系クラブ(ミニクラブ)

クラブと呼ばれるお店の中でも、料金設定が高級クラブではない所をアットホーム系クラブといいます。 クラブのような高級志向店と、カラオケがあるような家庭的なお店と大きく分けて2つあります。ある程度お客様を持っているホステスが独立してオーナーママとして自分のお客様だけで営んでいるような所が中心で、全体的に小規模で誰でも気軽に入れます。しかし、特に宣伝をしている訳ではないのでやはり誰かの紹介などで出向くのが一般的です。
また、カラオケがあるお店などはアフターなどで使われる場合も多く、高級クラブで働く女性は何件か使えるお店を知っているので、お客様に合わせてセレクトしています。
料金の相場としては、やはりお店のランクにもよりますが1万〜4万くらいで楽しめるようです。

キャバクラ・ニュークラブもあります!

昔は銀座でキャバクラは邪道だというイメージがありましたが、近年ではだいぶ増えてきているように思えます。
もちろん会員制ではないので、新規のフリーのお客様は広告やビラを見て入ります。また、クラブから出てきたお客様を待ち構えている黒服が外に立っている場合もあります。
通常はママがいなく、指名制で時間制セット料金になっています。ニュークラブはキャバクラより料金の設定が高めなようです。 キャバクラは時間制なので、長くいればいるほど料金が上がります。延長を重ねるとクラブより料金が高くなる場合もあります。
クラブのシステムに慣れていると、時間制をいうことをついつい忘れてしまうので注意が必要です。

ホストクラブでは、本指名の他に必ずヘルプのホストもつくのが普通なのでしょうか?

ヘルプとはどのようなポジションなのか

ホストを始める上で必ず通らなくてはいけないのが「ヘルプ」というポジション。
ヘルプはいわゆる指名のホストがいるお客様の席に着き、担当ホストが指名被りなどで席に着けない時にその席を盛り上げるのが役目です。また、他のホストが売り上げを上げたい時に呼ばれお酒をあけるという役目もあります。
通い慣れているお客様の中には、お気に入りのヘルプを「ヘルプ指名」して担当がいない時に一緒に楽しんだりしているようです。あまりよく知らないヘルプが何人も着くのではなく、気心の知れたヘルプを呼べば、より楽しい時間が過ごせるのではないでしょうか。
ヘルプといっても全く売り上げがない訳ではなく、入店したての未経験者以外は大体お客様を持っているので、お互い持ちつ持たれつでヘルプをして助け合うのです。

できるヘルプとはどんな人の事を言うの?

ヘルプはあまりホストで言うと花の無いイメージがあるかもしれませんが、ホストクラブを経営する上ではなくてはならない存在です。ホストは一人では何百万もの売り上げを作る事はほぼ不可能で、どんな店でも売れてるホストなら必ずヘルプの力を借りないと売り上げには結びつかないからです。
では、できるヘルプとは一体どのようなホストの事を言うのでしょうか?
ホストを始めたばかりの子はまずヘルプで気に入られるように立振舞わなければいけません。ここで重要なのは、お客様は指名の担当を目当てで来店されている方が殆どであるということ。ヘルプで席に着いているという事は、お客様からすると着かせてやっているという感覚です。これをわきまえているヘルプは、絶対に初めから生意気な態度をとったりだらしない座り方をしません。また、いくらお客様が自分よりも年下でも、いきなりタメ口をきいたり、呼び捨てで名前を呼んだりもしません。
最近は、このような基本的な事を自然にできるホストがやや少ないように感じます。初対面での親近感も重要かもしれませんが、接客業としてそれはどうなのでしょうか?
あえてバカをするのと、何も知らないでバカをするのとでは全く話が違います。ただの勢いではなく、そつのない接客ができるホストはどの席に着いても完璧な接客ができるはずです。

ヘルプとの上手な付き合い方

まず初見で毛嫌いしないことは意外と肝心です。よく知らないうちに『嫌い』という感情を持ちますとそれが影響して、その後の会話も弾みません。そうなると結果的につまらなくなります。
次にもう生理的にダメな場合は思い切って担当に告げましょう。無理に話そうとすると楽しめませんし、お金を払っているのに楽しんでくれないことを担当も望んでいません。また嫌なことを言われた、された場合も担当に告げるとよいです。これはヘルプの為でもあって、本人に悪気がなければ改善されるでしょうし、そもそもの性格が合わない場合は二度と付かないようにしてくれるでしょう。とにかく、担当の前で良い顔がしたいからと我慢するのはいけません。「これって店的にどうなの?」ってことを言われた場合も言いましょう。言わずにいると後で担当に「おいおい、隠し事かよ」とか変に勘ぐられて気まずくなってしまうかもしれません。
地味に気になるところで言えば、ヘルプのドリンク。これつきましては、前もって「今日はボトルで」とか「好きなのでもいいよ」などあらかじめ担当に言っておくといいでしょう。

チャットレディーに興味があるのですが、どのような仕事なのでしょうか?

そもそもチャットレディーとは

「チャットレディー」という仕事を最近よく耳にしますが、一体どういうお仕事なのでしょうか?
簡単に言えば、インターネットのサイト上で男性とチャットで会話する女性向けのお仕事のことです。
普通に友達とする会話だったり、他愛もない会話だったり、ちょっとアダルトな会話だったり、会話の内容はいろいろ。webカメラで相手の顔を見ながら会話するところが、普通の文字だけのチャットとはちょっとちがいます。
女性がサイトに入って待っている状態で、男性のほうが会話したいと言ってくれたらチャットを始めます。話が盛り上がらなかったり、つまらなくて沈黙になってしまったりすると、だいたい男性のほうが切ってしまいます。
男性と少しでも長く話しをするとお給料も多くなっていくので、その男性が満足できるように楽しく会話するように心がけることが必要になります。チャットレディーで短期で稼ぎたい女性はアダルトな会話をよくしているようです。
また女性が待機している間も男性は覗いているので、男性が興味を惹くようにして待機中も気を抜いてはいけません。

勤務時間や勤務場所、お給料のシステムはどのようになっているのか

働き方としては、好きな時間に好きなだけ働けてノルマもないというところがほとんどです。昼でも夜でも働くことができますが、やはり夜の方がお客さんは多くいます。また、チャット用の事務所を構えているサイトがほとんどですが、在宅での仕事も可能です。要はインターネットの環境があればどこでも働けてしまうのです。
お給料は完全出来高制で、ノンアダルトで平均にするとだいたい時給2000円くらいです。
大抵はお客さんの男性とチャットで繋がっていた時間でお給料計算されるので、待ち時間はお給料に入りません。アダルトサイトのチャットレディーだと、働き方次第では時給は6000円以上も可能なようです。しかし、アダルトでパーティーチャットなど不特定多数の人間が見ているという事を忘れてはいけません。時給が高いということは、それだけリスクも高いという事です。
ノンアダルトのチャットでもたくさんログインして常連さんを増やす事ができれば十分に稼ぐ事ができます。

チャット中に気をつけなければならない事

チャットの内容として気をつけなければならないのは、相手の男性がチャット中にプライベートな事を聞いたりしてきた時に、電話番号やアドレスなどのいわゆる個人情報をむやみに教えてはいけないということ。キャバクラなどでは連絡先を交換するのは当たり前ですが、チャットでは実際に会って会話している訳ではないのでなるべく自分に関する具体的な会話は避けましょう。
いい人だから大丈夫だろうと思って教えてしまうと、住所を調べられたり、電話をかけてこられたりということにもなります。
チャットレディーのお仕事は直接合ったりしなくていい分、ホステスやキャバ嬢よりは気楽な仕事なのかもしれませんが、会話の内容には十分に気をつけましょう。
そして、数多くあるサイトからどの会社に登録するかの選択も重要になってきます。
登録先のサイトによっては、ノンアダルトの条件で登録したのにアダルトな要素が必要だったり、男性客がほとんど来なくてお金にならなかったりということもあります。
登録しようとするサイトの情報や口コミをよく確認して、いいサイトなのかどうか見極めることもとても重要です。

ホステスとして売上を保つにはどうしたらいいのでしょうか?

高級クラブで求められるスタイル

例えば銀座には高級クラブが何件もあるので、全てはお店側の判断になりますがお客様を持っていない場合はやはりビジュアル面は重要です。理想としては身長から体重を引いて110~115位がベストなようです。太めの方は着物でカバーもできますが、「体型ぐらいしっかり節制をしてみせる」という意気込みだと自分にも自信がつきます。つまり、体形には日頃の自分の生活スタイルが表れてくるのです。
近年、銀座は顔よりも全体的なスタイル重視の傾向がありますがダイエットのしすぎは禁物です。痩せていれば良いという訳でもないのです。痩せ気味の女性は肌質にも注意です。肌質はすぐに改善できるものではありませんが顔色が悪い場合は、チークやコントロールカラーで調整しましょう。胸の開いたドレスを着るとどうしてもバストが小さくなりがちですが、ヌーブラ2枚重ねてみるなどテクニックを磨きましょう。また、特に髪質には厳しいお店が多いので髪にいいものを意識して食べたり、ストレスと上手にお付き合いしなくてはいけません。

身長が低い場合にはどうしたらいいのか

銀座の高級クラブ、特に大箱は背の高い女性を好む傾向にあります。とは言え、ヒールを履いたら170cm以上になってしまうとさすがに高すぎるのではと思うかもしれませんが、このようなお店には派手なお客様も多く、つれて歩いていて見栄えのする女性が良いとされているので、背が高すぎるというような心配もいりません。体型を生かし、ロングドレスやスーツを着こなすとカッコいいです。その際は、猫背に気をつけて堂々と歩きましょう。
一方老舗のクラブにいるオーナーママなどは、綺麗な女性よりもかわいい女性を好む場合が多いです。しかし、それでも140cm台の女性は少し低めだと思いますので、ヒールが高めの靴を履いた方がいいかもしれません。
スーツよりドレスいいでしょう。ロングよりもミディアムドレスがバランスよく見えます。ワンピースもいいですね。着物を着ると、より可愛らしい姿をアピールすることができます。

自分を綺麗に見せるコツとは?

常に自分を研究している女性は、自分がどのようにすれば美しく見えるか分かっています。 自分に似合う服装、色、デザイン。しかし他の人の服装やヘアースタイルが可愛いからと言っても全ての人に当てはまるものでもなく、身長や肌の色でも変わってきます。
全体的に重要なのは姿勢です。どんなに着飾っていても姿勢が悪いようでは、野暮ったくなり全てが台無しになります。
水商売は自分自身が商品のようなところがありますので、姿見などでしっかりと研究しておきましょう。女性らしい立ち振る舞いは、雑誌や映画を見て自分が美しいと思う人の動きを研究してみるのもいいでしょう。ポイントは優雅に見える、という事なのですが、直線と曲線と余裕、これに注目です。
目の位置、手の場所、足の置き方、など少し意識することで、ぐっと変わります。
全体的には肩甲骨を閉めるような感じで、あとは何でも交差するようにすると女性らしさがアップします。

スナックで女性とうまく楽しく飲むにはどのようにしたらいいのでしょうか?

女性の年齢をわざわざ聞かない

スナックにも若い女の子は沢山いますが、やはりキャバクラに比べると年齢層は若干高め。びっくりするような若い女の子がいる店も多いですが、人数はそれほど多くなくて若い子は争奪戦になる事もしばしばです。
でも、ちょっと年齢が行っている女性でも可愛らしい女の子は沢山いますから、となりに付いた女の子にはなるべく年齢は聞かないようにするのがスナックのマナーです。
30前後の女の子はとても年齢の事を気にしています。初対面ですから話題がなくて、別に変な気持ちはなくてもつい年齢の事を話題にしてしまうかもしれませんが、そこは培った話術で補うようにして年齢を聞かないようにしてみましょう。
「お客さん、私の歳聞かないんだね」という風な事を女の子が言えば、その子はあなたの事が気に入っているサインです。そういう話題が出た時には、さりげなく年齢を聞くようにすると良いでしょう。

簡単に女性を口説こうとしない

スナックにも綺麗で可愛く、話も上手な女の子が沢山いますから、そこで恋心を抱いてしまう男性が多いのも事実です。
でも、そこで好意を抱き過ぎてしまうと、スナックでモテる男にはなる事ができません。スナックの女の子たちはキャバクラの女の子以上に男の本性を良く見ています。相手も営業ですから、好意を持っているような態度を取る事もありますが、初めのうちは殆どが営業用の態度であると思っておくようにした方が良いでしょう。
ちょっと営業用の甘い態度をとられると、すぐに「相手が自分に好意がある」と思い込んでしまう男性が多いですが、それでは相手は逃げていってしまいます。嬉しくなる気分は理解ができますが、大人のたしなみとしてクールに振る舞い、「それでも、自分の世界には入り込ませないよ」という思いを口ではなく態度に出すようにして接するようにしてみましょう。
相手は今までのお客さんとは違う反応に驚き、あなたを「ちょっとこの人は違う」という風に見るようになってきます。そうなると次回にお店に行った時でも呼ばなくともあなたの側に付いてくれるようになりますから、そうなってから段々と女の子と打ち解けるようにするのがスナックの女の子からモテる秘訣になります。
すぐに身体を触ったりする男性もいますが、これもご法度です。触りたい気持ちはわかりますが、ある程度クールに紳士を気取って振舞っていれば相手から近づいてきてくれるようになりますから、ぐっと堪えてとにかくクールに振舞うようにしましょう。

その店のママに好かれるようにする!

何よりも大事なのは、その店のママさんに好かれるようにする事。これが、スナックでモテる為の最大の秘訣になります。
キャバクラと違ってスナックにはママさんが必ずいます。お店で女の子をどのお客に付かせるかも全て采配をしているのがママさんですから、スナックでモテたいと思ったら、まずはこのママさんに好かれなくては勝負になりません。ママさんに好かれると言っても、別にお店でガンガンお金を使ったりするだけが経営者であるママさんから好かれる秘訣なわけではありません。
お金をある程度使ってあげるのは当然ですが、もっと大事なのはお店の雰囲気をワイワイ楽しいものにするお手伝いを買って出てあげるという事です。他のお客さんがカラオケで盛り上がっていれば合いの手の一つも入れてあげたり、お気に入りの女の子が別のお客さんに付いてしまってヘルプの女の子が付いてしまっても、寛大な態度で楽しく振舞ってあげたり。
その辺のコミュニケーション力などをママさんは常に観察していますから、ママさんにそのあたりの能力を認めてもらえば、「ここは勝負」という時には必ずお気に入りの女の子を付けてくれるようにもなりますし、女の子の前でもあなたの事を褒めて、あなたのポイントアップにも色々と貢献をしてくれるようにもなります。
「ママを制するものがスナックを制する」というのは少々大袈裟かも知れませんが、とにかくママさんを抑える事がスナックでモテる男になる為の必須条件である事は間違いありません。是非とも現場で実践してみてください。

笑顔の裏には本当の顔が?!…気をつけた方がいいホストの特徴はあるのでしょうか?

なんだか憎めない!?失敗は笑顔でカバーするホスト

周囲から「ダメ男」のレッテルを貼られているのに、なぜか女の子にモテる人を見かけたことはないでしょうか。
ホストはその女性特有の心理を見事に突いている職業なのではないでしょうか?
そんなホストの特徴としては、まずはおっちょこちょいな男性。こんな男性のことを手がかかる子どものように感じるようです。
また、ダメな人の笑顔ほどキュンとしてしまう女性も多いようです。「おバカな発言」をしたときは言いわけをせず、笑顔でごまかしてしまうのです!さらにそれがまかり通ってしまうから不思議ですよね。

頼りないけど、甘え上手なホスト

『○○がいないとダメなんだよー』とか言われると断れなくなる」という声もあるように、目当てのホストから上手に甘えられるとかまってあげたくなるようです。
ひたすら低姿勢でお願いされると、つい応じてしまうのかもしれません。しかし、自分が叶えてあげられるお願いならまだ良いのですが、高いシャンパンやボトルなど女性側が無理しなくてはいけないお願いはキッパリと断れるようでないといけません!
また、一生懸命な姿に胸を打たれる女性もいます。かなりの不器用でも、なんでも全力で取り組んでいれば、その姿を愛おしいと感じるようです。この行為、直接的なお願いではありませんが結局女性が心を動かされている事から、間接的に甘え上手だと言えるのではないでしょうか。

とにかく母性本能をくすぐるホストには要注意!

放っておいたら消えてしまいそうな男性、頼りない男性・・・母性本能をくすぐられるポイントは様々です。また、締め日などの一番大切なところで失敗してしまうところに同情する女性もいます。勝負までの過程を知っているだけになおさら母性をくすぐられてしまい、そのホストをささえてあげたいという気持ちになるようです。
「母性本能」とは、女性特有の感情です。目当ての担当ホストが、意図的にやっているのかそれとも本当におっちょこちょいで頼りないのか・・感情のまま言いなりになりお願いを聞いてしまうのではなく、女性側もその都度冷静な判断ができるようになることが必要なのではないでしょうか?

担当のホストのバースデーイベントでは何をしたらいいのでしょうか?

なぜホストはイベントになると必死に営業するのでしょうか

ホストクラブには、お客様獲得の為に毎月様々なイベントを企画しているお店がたくさんあります。
内容は本当に様々で、お客様が得するイベントやホストのコスプレイベントなど楽しめるないようになっていますが、ホスト側はというとただイベントの日に出勤すれば良いというわけではありません。これもお店によりけりですが、イベントごとに指名や売り上げノルマが課せられていてそれをクリアできなければその月の自分のお給料に支障が生じてしまいます。
特に自分のバースデーイベントとなると、周りからのプレッシャーやそれに伴うプライドも加わってきますので、ホストも必死なのです。
確かにこうしてイベントを開催すればお客様に対して口実もでき営業しやすくなりますが、毎週イベントを開催しているお店はだんだんお客様の負担にもなってきてしまいます。
まずは、イベントはお客様にいつも以上に楽しんでもらう日だという事を念頭においておくのが大切です。

予定が空くようであれば担当のお祝いをしてあげるのは十分アリ!!

世間で数多くあるイベントの中でもバースデーイベントは一大イベント!!しかし、いざ担当のバースデーイベントをお祝いするといっても結局は何をしていいのかわからないかもしれません。そんな時は何をしてほしいか実際に担当に聞いてみるのもアリです。
確かに女性的な意見からしたら、サプライズで何かお祝いしてあげたいと思うかもしれませんが、どうせ大金を使うならどんなお酒を入れてほしいか、当日は来店予定も重なることが予想されますので何時くらいに来てほしいか…など彼のちょっとしたワガママに応えて上げちゃいましょう!
どうしてもサプライズをしてあげたいという場合には、ヘルプのホストにお願いして協力してもらうのも良いかもしれません。

バースデーイベントは常連さんばかり?初回は入れませんか?

バースデーを開催するホストクラブでは、指名のホストのがいるお客様以外は入店できない場合があります。従って、やや常連さんの方が多いように感じるかもしれません。指名のホストから直々にお誘いがあったお客様のために席が確保されています。
お目当てのホストやお店がある場合には、初回も入店する事ができるのかどうか事前に確認しておくと良いでしょう。しかし、ホストクラブは歌舞伎町だけでも何百店舗とあります。もちろんバースデーでも初回OKなお店もたくさんありますし、ホストクラブの紹介サイトなどをチェックしてみるのもいいかもしれません。

金遣いの荒い女は嫌われる!?金銭感覚の狂わないホスト遊びの方法とは?

普通の金銭感覚を忘れていないか確認してみる

ホストクラブで遊び慣れてくると、一回2〜3万の飲み代が安く感じてくることはありませんか?ホストに通う女性の中には、一度に何百万も使ったりする女性もいるので、数万円の飲み代が安く思えてくるのです。しかし、その金銭感覚を持つようになったら要注意です!!いざ、ホスト通いを卒業した時に、元の金銭感覚に戻すのは大変苦労するようです。
まず一番大変なのはそもそもその金銭感覚が狂っているという自覚がない事。例えばフレンチやお寿司などのいかにも高そうな外食を頻繁にして、さらにその写真をSNSにバンバン投稿していると、それを見た周りの人から“金遣い荒いな”と思われる恐れがあります。
平日ランチで1,000円というのもいただけません。“1,000円くらい……”とあなたは思うかもしれませんが、一般社会人の場合一食1,000円は贅沢。あなたが思っている以上に、周囲は価格にシビアなようです。

自分の見栄の為に大金を使っていないか思い返してみる

ホストクラブにハマるようになると、どんどんお金を使って遊びたくなってきます。指名している担当の為に、はたまた周りの女性よりもより目立てるように…などハマればハマる程、その欲は大きくなっていきます。要は周囲に対して見栄を張りたくなるのです。
ホスト遊びを知らない恋人や友達からしたら、この感覚はやはり距離をあけてしまう原因となり兼ねません。
例えば恋人や友人と食事に行ったときに、あれもこれもとはじめから注文しすぎないようにしましょう。もちろん本当によく食べる人で、“おいしい、おいしい”と注文したものをきれいに平らげるのであれば清々しいですが。注文するだけしておいて、“もう食べ切れな~い”と残すのは、日本ではマナー違反ですし会食者に与える印象も最悪です。食事は残すけど、お金があるから払えば問題ないというものではありません。
また、社会人ともなればバッグや靴など1点だけブランドものを身に着けているくらいなら、周囲からドン引きされることはないでしょう。しかし新作が出るたびに頻繁に買いかえているとなれば、間違いなく“金遣い荒い”認定されてしまいます!もう一度身の回りの物を見返してみましょう。

自分なりのルールを決めて飲みに行きましょう

ホスト遊びというお金のかかる趣味でも、高収入の女性がきちんと自立して生活をやりくりしながら楽しむのは別に問題ないでしょう。
しかし、一般社会の中で生活するOLや学生なのに金遣いが荒い女性はやはり嫌われるものです。消費税引き上げもなされた今、あなたの金遣いは周囲からしっかりチェックされています。
確かに、大金を使えばホストは使った分だけ優しくもてなしてくれるでしょう。普通の仕事をしてる女性が、この感覚になれてしまうと抜け出すのはなかなか難しいです。最初はいくらボーナスでやりくりしていても、いずれ限界が訪れます。最終的に自分の快楽を選んでしまえば、職を変えなくてはなりません。
また、金銭感覚のおかしな女性は結婚相手としてはもちろんのこと、恋人としてもNGと考える一般男性が少なくないようです。これでは将来の選択肢がかなり狭まってしまいます。
ホストクラブとは非日常なとても楽しい空間で、その居心地の良さについつい依存してしまいがちですが、うまく遊ぶコツとしてはやはり自分の身の丈にあったお金の使い方をするということです。一回に使う金額を予め決めておくなど、自分なりのルールを作って俗世間から完全に引き離されてしまわないように気をつけましょう!!

本営?色恋?気をつけた方がいいホストの特徴はあるのでしょうか?

なんだか憎めない!?失敗は笑顔でカバーするホスト

周囲から「ダメ男」のレッテルを貼られているのに、なぜか女の子にモテる人を見かけたことはないでしょうか。
ホストはその女性特有の心理を見事に突いている職業なのではないでしょうか?
そんなホストの特徴としては、まずはおっちょこちょいな男性。こんな男性のことを手がかかる子どものように感じるようです。
また、ダメな人の笑顔ほどキュンとしてしまう女性も多いようです。「おバカな発言」をしたときは言いわけをせず、笑顔でごまかしてしまうのです!さらにそれがまかり通ってしまうから不思議ですよね。

頼りないけど、甘え上手なホスト

『○○がいないとダメなんだよー』とか言われると断れなくなる」という声もあるように、目当てのホストから上手に甘えられるとかまってあげたくなるようです。
ひたすら低姿勢でお願いされると、つい応じてしまうのかもしれません。しかし、自分が叶えてあげられるお願いならまだ良いのですが、高いシャンパンやボトルなど女性側が無理しなくてはいけないお願いはキッパリと断れるようでないといけません!
また、一生懸命な姿に胸を打たれる女性もいます。かなりの不器用でも、なんでも全力で取り組んでいれば、その姿を愛おしいと感じるようです。この行為、直接的なお願いではありませんが結局女性が心を動かされている事から、間接的に甘え上手だと言えるのではないでしょうか。

とにかく母性本能をくすぐるホストには要注意!

放っておいたら消えてしまいそうな男性、頼りない男性・・・母性本能をくすぐられるポイントは様々です。また、締め日などの一番大切なところで失敗してしまうところに同情する女性もいます。勝負までの過程を知っているだけになおさら母性をくすぐられてしまい、そのホストをささえてあげたいという気持ちになるようです。
「母性本能」とは、女性特有の感情です。目当ての担当ホストが、意図的にやっているのかそれとも本当におっちょこちょいで頼りないのか・・感情のまま言いなりになりお願いを聞いてしまうのではなく、女性側もその都度冷静な判断ができるようになることが必要なのではないでしょうか?

春から初めて水商売をを始めたのですが、お客様との会話をうまく進めるコツってなんですか?

まずは相手に対してたくさんほめる事ができるようになるのを目標に!

初対面の相手に対して、親しくなりたい(指名が欲しい)とおもっているならまずはほめ上手になるのを目標にしてみましょう。ネクタイや髪型などの見た目を褒めたり、それに慣れてきたら今度は会話の中で褒められるポイントを見つけていきましょう。
しかし、やみくもに褒めすぎても相手の人には嘘っぽく伝わってしまいます。相手の人を褒めたいときは、相手がこだわっている部分を見つけて褒めるのがポイントです。
ファッションにこだわっている人ならファッションのことを褒め、仕事をがんばっている人なら、仕事のことを褒めましょう。ただし、上から目線で話さないようにしてくださいね!

会話の中からお客様との共通点を探す

ある程度会話のキャッチボールができるようになってきたら、話しているお客様と自分との共通点を見つけるのも盛り上がるポイントです。
趣味や同年代なら学生時代の話を投げかけて共通点を探すのです。人は何か同じだと感じる物があると不思議と親近感を覚えます。
万が一共通点がなくても大丈夫!お客様の興味のある事を聞き出し色々教えてもらってみてください。そして、次回来店するまでに自分なりにその事を調べて次の話のネタにするのです。この話題は営業メールのネタにもなりますしお客様も自分のことに関心を持ってくれているのかと好印象を与える事もできます。

本当に困った時は接客される側になってみる

常に接客する側だと、お客様はどう思っているのか不安に感じた事はありませんか?褒めるポイントや共通点を見つけられてもスムーズな会話に生かせないのであれば意味がありません。
そこで、たまには「接客される側」になってみるのはどうでしょうか?手っ取り早いのはバーなどよりも一番形態の近い「ホストクラブ」です。
ホストクラブは初回の場合ならば3000〜5000円の間で飲みに行く事ができます。
人気のあるホストは、まず押しつけがましい会話をしません。お天気や最近のニュースから面白そうなトピックを選び、話し、女性の心がほぐれてきたところで、今度はさりげなくプライベートをリサーチしてきます。そうして会話をしながら女性の趣味や趣向を把握し、今度は巧みにお客さんをほ褒めます。これを体験すれば「相手はどんなふうに接してもらうと嬉しいのか」ということがよりわかりやすくなり、自分のお客様との会話もスムーズに進むのではないでしょうか。

ホステスとしてクラブに入店するための面接で採用されるための秘訣はあるのでしょうか?

面接日の身だしなみについて

身だしなみとは顔、スタイル、洋服のセンスなど…まさに見た目のことを指しますが、ポイントは 清潔感があって、自分に似合っているという事です。
高級クラブの場合は、美容院でヘアセットした方が条件がよくなる場合があります。 面接官にお仕事している時のイメージを見て採用の決断をさせやすくするというのが狙いです。 基本的に綺麗にしてマイナスになるという事はありません。
また初心者の女性が1人で面接へ行く場合、着物やドレスを着ていると浮いてしまいがちですが間に第三者(紹介者など)を入れることで自然な感じになります。
肌荒れやタトゥーなどの清潔感のない身なりは店側からマイナスのイメージがついてしまうので注意が必要です。

面接で聞かれる内容とは

近年の銀座ではお客様を持たない女性はなかなか採用されるのは難しい傾向にあるようです。ということで、まずあなたにお客様がいるのかどうか?が最大のポイントになってきます。 それ次第では、条件やお給料額などの契約が大きく変わってきます。もちろんお客様がいるのが条件がよくなるのですが、お給料が沢山欲しいからと嘘を言ってノルマを付けられたら大変なことになります。
また今までの経歴も聞かれます。どんなお店で何年働いていたのか?という事です。 ここで重要なのは、いろんなお店で経験があっても何店舗も答える事は控えましょう。何件も店を転々とし、すぐ辞める女性だと思われては採用に繋がりません。
他には、住まいの場所と店の距離も重要です。終電の時間とタクシー代でジャッジされます。 終電の時間は深夜0時以降まであるかないかで天と地ほど違いますし、お客様とのアフターは基本的に終電以降のものですから、タクシー代が高い・アフターに付き合えないとなると評価は下がってしまいます。このことを踏まえて、事前に回答を準備しておくと良いでしょう。

採用されるために大切な事

高級クラブで採用されるには、ビジュアルがお店ごとの最低基準をクリアしていなければお客様を持っていない限りその他の要素が申し分なくても採用は難しいです。 逆にビジュアルが完璧ならその他がかなり厳しくてもどうにでもなったりするのが高級クラブ。
厳しく感じるかもしれませんが、例えば自分がホストクラブに行った場合のことを考えてみて下さい。 せっかく高いお金を出してホストに飲みに来ているのですから、不細工な男性に接客されるより、 自分好みの素敵な男性に接客されたいと思うのではないでしょうか。
このように外見が重要視されるのはもちろんなのですが、お店ごとにカラーがあるので外見面での採用基準はまちまちです。共通する部分としては、最低限の身だしなみを整え面接時にはとにかくニコニコ笑顔でハキハキとした受け答えを心がけることが大切です。

30を過ぎて水商売をやっている女性は結婚できるのでしょうか?

実際のところ、アラサーの独身率はどのくらい?

近年の日本では未婚化、晩婚化という言葉を頻繁にニュースなどで見かけるようになりました。実際のところ、アラサー、アラフォー女性の結婚事情はどのようになっているのでしょうか?
国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集2012」によると、2010年の女性の平均初婚年齢は29.69歳でした。現在30歳前後の人たちの親世代が結婚した頃…1980年の女性はというと、25.11歳。30年の間に日本の女性の平均初婚年齢は4.58歳上昇しています。1980年にはアラフォー女性の約9割、アラサー女性の約8割が結婚していましたが、30年後の2010年になるとアラフォーは約7割、アラサーになるとほぼ5割と大きく減少しています。一方、未婚率を見ると、アラフォー女性の5人に1人、アラサー女性のほぼ2人に1人が未婚です。「40歳・独身」というのはいまや珍しくありません。
これは、女性がより社会で活躍できる場が増えているということでもあります。水商売に限らずどの職業にも共通して言える事ですが、仕事にやりがいを感じているとどうしても恋愛面がおろそかになるものです。無理矢理恋愛をする必要はありませんが、先々の事を考えた計画が大切なのです。

既婚者の女性が現在の夫と出会ったきっかけとは

未婚の女性で「結婚したいけれど相手がいない」「どこに出会いがあるの?」と感じる人は少なくないそうです。将来自分の夫となる人との「出会い」は一体どこにあるのでしょうか。
某研究所で2011年に実施した「女性の幸せに関する意識調査」の、25~44歳のアラサー、アラフォー既婚女性の「夫との出会いのきっかけ」に対する回答結果によると、「職場・仕事関係」が約4割と圧倒的に多く、「友人などの紹介」「大学等(短大や専門学校も含みます)」と続き、これらの3つのきっかけで出会った人が全体の65.2%を占めます。遠くの親類より近くのナントカ…まずは、近くにいる異性や友人との関係を見直してみることが「出会い」の近道となるかもしれません。
さらに、最近では「復縁婚」なるものもしばしば耳にします。30歳を過ぎてから人との関係を一から築くのはなかなか大変。そうなると、やはり自分の事を良く知ってくれている昔の恋人がよく見えてくるのだとか…。離れてみて分かる事も色々とあるのかもしれませんね。

増えつつある「ネット婚活」とは

最近ではパソコンだけでなく、ケータイやスマートフォン等で誰もが気軽にインターネットにアクセスできるようになり、FacebookやTwitter、mixiなどのSNSも世代を問わず身近なものになっています。
ブログやSNS内のコミュニティーを通じて趣味の仲間を見つけたり、懐かしい友人と再会したり…という経験がある人も珍しくはないでしょう。
20代の頃は頻繁にあった飲み会のお誘いも30代になると急激に減ったと感じた事はありませんか?出会いがないと感じたら自分から動いてみましょう。インターネット上でのやり取りの良いところはサイト内の情報で出会う前から相手のある程度の人柄や趣味がわかること。これで「お付き合い」や「結婚」への後押しになっているものと思われます。一昔前は「出会い系」などと呼ばれ少々危険な感じもありましたが、ある程度人生経験を積んだアラサー・アラフォーの女性は男性を見分ける力もついているはず。特に水商売を経験していれば尚更です。
個人情報の取り扱いや安全面等に配慮する必要はありますが、インターネットの各種サービスを賢く利用してみるのも「出会い」や自分の世界を広げるきっかけになることでしょう。

初めて接客する男性に対して緊張してしまうクセを直すにはどうしたらいいのでしょうか?

予め会話のシナリオをイメージする

まず、1番簡単で有効な方法としては自分があらかじめ初対面の男性に話す内容を、頭のなかで決めておくことです。こうすることで、何を話すかを迷うことはありません。自宅で練習して、本番でもスラスラ言えるようにしてみましょう。誰かに手伝ってもらって、デモンストレーションをしても良いかもしれません。
「でも、シナリオ通りにいかなかったらどうすれば!」と思うかもしれません。そのためには、可能な限り想定されるパターンも考えておいてください。もしそれでも例外的な受け答えを相手がしてきたなら、その時はその時です。
何人かと話していけば、例外的な受け答えにも対処できるようになります。なぜなら、経験を踏むことで場慣れしていくからです。場慣れをするということは、本来のあなたの話し方ができるということ。もうその頃には、緊張するということも少なくなっていくでしょう。

初対面の席での効果的な話題とは?

では、具体的にどのようなことを最初に話すと良いのでしょうか。
まず、あなたらしいことを最初に言うこと。これは、自己開示をするということです。あなたがオープンに話した分だけ、相手もオープンに話してくれます。「こんなこと言ったら嫌われるかも」というようなことこそ、話してみると良いでしょう。
緊張してしまう人は、どちらかというとネガティブに物事を考える傾向にあります。「失敗したらどうしよう」「こんなことが起きたらどうしよう」と起きていない未来に対しての思いがあるのです。
しかし、基本的に想定するようなネガティブな未来は起きません。それにもし、初対面の人に嫌われてしまっても大丈夫。30人と話して、1人と話が会えば十分という気持ちで臨みましょう。全てのフリーのお客様から指名を貰おうとは考えず、まずは楽しく会話をして行く事が先決です。

緊張は案外トークを盛り上げてくれる

もし場慣れしても緊張するような相手が出てきたら、それはサインです。ぜひ緊張に感謝し、相手との仲を深めていきましょう。
そう考えると、緊張というのは悪いものではないと思いませんか? 「いやぁ、私も緊張しているんですよね」と相手と緊張を分ち合って、そこから話題を広げることもできます。人が緊張している姿というのは、案外可愛らしいものです。緊張しているあなたは、男性にとって魅力的に映るかもしれません。
適度な緊張は、あなたのパフォーマンスを上げてくれます。何事も、バランスが大切。緊張を無くそうとばかり意識せず「この緊張があってもオッケーなんだ」と考えてみてください。

接客する際、苦手なお客様への対応はどのようにしたらいいのでしょうか?

生理的に合わないかも!?と思ってしまう苦手なお客様

夜のお店はお酒を提供する場ですが、お酒が入ると人格が変わってしまう人がいます。さらに、大声で怒鳴り散らしたりしまいには説教をはじめたりする人も中にはいます。
何でそんな事するのか…?それは怒鳴り散らす事や説教をする事で、ストレス解消をしているのです。どのホステスが着いてもそのような態度だと、その確率が非常高いようです。また、飲み慣れているお客様の中には新人ホステスを育てるのが好きなお客様もいるので、親心のようなものから色々言われる場合もあります。 とにかく普段できない事を、お金を払う事で解消している場合が多いです。そうじゃなければ何度もお店に来ませんし、気に入らないお店や女性だったらそもそも飲みになんて来ないからです。つまりホステスの高いお給料の中には、そのようなお客様からのお小言にもガマンして耐える料金も入っていると考えていいと思います。

気難しいお客様への対処方法

気難しいお客様の接客は疲れるので避けてしまうホステスが多いですが、 お客様も自分が気難しい事くらいは分かっているのです。 それでも自分に付いてきてくれる、というその気持ちがどこまで本当のなのかあえて試しているのかも知れません。実際、女性の事を信頼したそのようなお客様はとても良いお客様に変化したりするのです。
夜のお店は、スタッフ、ママ、お姉さん達から試される場面というのがあります。 そこをどう乗り切るか、切り替えすかでホステスとしての才能や素質を見られているのです。 嫌な事があるからとすぐ訴えるのではなく、そのような場面をうまくクリアできれば周りからの評判もさらにアップするでしょう。
気難しいお客様はどのお店にもいます。しかし気難しいと言われているお客様にこそ愛情持って接するべきなのかも知れません。

お客様の前でホステスである為の心構えとは

ホステスは女性特有のお仕事です。 外見をより女性らしく華やかにする必要があります。 お店やお給料によっても、ホステスとして求められるレベルの差がありますが、 「女性らしく」というのは、全てのホステスにおいて共通して求められるものです。
この女性らしく、というのは仕草であったり言葉遣いであったりするわけですが、 これは最初はできなくても、 色々なお客様と接して行く事で段々磨かれていくのです。
このような仕草や振る舞いは、意識的に女性らしさを演出しても限界があり、やはり自分が内面から女性らしくなろう、という気持ちがなければ所詮それは形だけのものになってしまいます。自分で努力しているつもりでも、相手に伝わらなければ結局それは自己満足なのです。
気持ちを込めたおもてなしでなければ、当然相手の心には響きません。上手くできなくても、心を込めるというのが何より大切です。

ホステスとして常に魅力的な存在であるためにはどうしたら良いのでしょうか?

高級クラブで求められるスタイル

例えば銀座には高級クラブが何件もあるので、全てはお店側の判断になりますがお客様を持っていない場合はやはりビジュアル面は重要です。理想としては身長から体重を引いて110~115位がベストなようです。太めの方は着物でカバーもできますが、「体型ぐらいしっかり節制をしてみせる」という意気込みだと自分にも自信がつきます。つまり、体形には日頃の自分の生活スタイルが表れてくるのです。
近年、銀座は顔よりも全体的なスタイル重視の傾向がありますがダイエットのしすぎは禁物です。痩せていれば良いという訳でもないのです。痩せ気味の女性は肌質にも注意です。肌質はすぐに改善できるものではありませんが顔色が悪い場合は、チークやコントロールカラーで調整しましょう。胸の開いたドレスを着るとどうしてもバストが小さくなりがちですが、ヌーブラ2枚重ねてみるなどテクニックを磨きましょう。また、特に髪質には厳しいお店が多いので髪にいいものを意識して食べたり、ストレスと上手にお付き合いしなくてはいけません。

身長が低い場合にはどうしたらいいのか

銀座の高級クラブ、特に大箱は背の高い女性を好む傾向にあります。とは言え、ヒールを履いたら170cm以上になってしまうとさすがに高すぎるのではと思うかもしれませんが、このようなお店には派手なお客様も多く、つれて歩いていて見栄えのする女性が良いとされているので、背が高すぎるというような心配もいりません。体型を生かし、ロングドレスやスーツを着こなすとカッコいいです。その際は、猫背に気をつけて堂々と歩きましょう。
一方老舗のクラブにいるオーナーママなどは、綺麗な女性よりもかわいい女性を好む場合が多いです。しかし、それでも140cm台の女性は少し低めだと思いますので、ヒールが高めの靴を履いた方がいいかもしれません。
スーツよりドレスいいでしょう。ロングよりもミディアムドレスがバランスよく見えます。ワンピースもいいですね。着物を着ると、より可愛らしい姿をアピールすることができます。

自分を綺麗に見せるコツとは?

常に自分を研究している女性は、自分がどのようにすれば美しく見えるか分かっています。 自分に似合う服装、色、デザイン。しかし他の人の服装やヘアースタイルが可愛いからと言っても全ての人に当てはまるものでもなく、身長や肌の色でも変わってきます。
全体的に重要なのは姿勢です。どんなに着飾っていても姿勢が悪いようでは、野暮ったくなり全てが台無しになります。
水商売は自分自身が商品のようなところがありますので、姿見などでしっかりと研究しておきましょう。女性らしい立ち振る舞いは、雑誌や映画を見て自分が美しいと思う人の動きを研究してみるのもいいでしょう。ポイントは優雅に見える、という事なのですが、直線と曲線と余裕、これに注目です。
目の位置、手の場所、足の置き方、など少し意識することで、ぐっと変わります。
全体的には肩甲骨を閉めるような感じで、あとは何でも交差するようにすると女性らしさがアップします。

誕生日に来てもらう為の営業は、いつからどのようにしていけばいいのでしょうか?

だいたい1ヶ月前くらいからアピールして営業を掛けていくのがポピュラー

水商売をしていて、自分の誕生日に来てもらう為の営業というのは、プレッシャーも掛かる問題だと思います。水商売経験の浅いホストにとって心配なことだとは思いますが、この悩みはナンバークラスのホストのほうが大きく圧し掛かってくるものでもあります。やはりトップクラスとしての見栄とプライドがあるからです。
オーソドックスな営業の掛け方だと、だいたい1ヶ月前くらいからアピールしていくのがポピュラーかと思います。まずは自分をある程度の期間指名してくれているような、いわゆる太客から始めるのがいいと思います。人にもよりますが、「誕生日だから来て!」という言葉ではなく、「来月誕生日なんだ~。お店の人からも思いっきり期待されちゃってるけど全然自信ないし、本当にイヤだな。」のような感じで訴えかけるパターンが多いです。こういう言葉で営業すれば、お客さんの耳には営業っぽくは聞こえないでしょうし、来月に誕生日があるという大事なことはアピールできますし、そして相手に「困っているのなら、自分が行ってあげないといけないのかなぁ。」という風に、相手に考えさせるきっかけにも繋がります。

誕生日直前になったら、携帯に入っているアドレス全てにとにかくアピール

誕生日直前になったら、携帯に入っているアドレス全てにとにかくアピールするのも手だと思います。
来なくて当たり前、来てくれたらラッキーという考え方での営業の掛け方です。やれることは全部やっておくという努力は必要です。何もせずに沢山のお客さんが来てくれるなんて夢みたいな話はありません。限られた時間の中でどれくらい努力できるかが当日の明暗を分けると思います。

お客さんに来てもらう為には見返りも必要

どうしてもこのお客さんには誕生日に来て欲しいと思うような人、来たら必ず延長して長く居てくれるようなひとには、誕生日前の時期に「今は誕生日のことが不安で本当に毎日悩んでいるし、今日お店終わってから飲みに行かない?」というような言葉でこちらからアフターに誘ってみたり、「誕生日終わったら一段落するし、その時にはどこか楽しいところ行こう」のような今後のデート予定を自分から言ってみたりするというのも方法の1つです。やはりそういう見返りも必要だと思います。アフターであれば、事前にお店のスタッフに「2時間ほどしたら電話して」と頼んで、「ごめん!お店に呼ばれちゃったから、どうしても今から戻らないとダメになったの!ゴメン!」と逃げ出せる準備をしておけば変に誘われる心配もないと思います。

ホストにハマってしまうのはどのような女性が多いのでしょうか?

寂しがりやでネガティブな女性

とにかく寂しがりやで誰かにチヤホヤされたい女性はホストにハマってしまいやすい傾向が。さらに、寂しがりやな女性はネガティブな考えを持つ女性が多いようです。
例えば、他人が親切であなたの間違いを指摘してくれただけなのに、「あの人は私のことを嫌っている」といったネガティブな解釈をしてしまう傾向はありませんか?
それだけにとどまらず、「あの人だけでなく、きっとみんなが私を嫌っている!」なんて被害妄想に陥ることは?
そんなあなたをホスト達はきっと満面の笑みで癒してくれることでしょう。そのうち「ここだけが私の居場所…」という幻想に陥り、気づいたら常連客になっているかも…!?

人間関係に不満があり、平凡な毎日から脱却したい女性

夫や彼氏などパートナーがいる場合でも、彼との関係に問題を抱えていて悩みを相談できる友達もいない場合は危ないかもしれません。お店でつい愚痴を聞いてもらっているうちに、ホストに恋してしまって、最終的には彼と別れてしまうなんてことも…。
また、会社と家を往復するだけの毎日を送っている女性も危険です。単調な毎日に先の見えない将来が不安になりホストに悩みを聞いてもらっているうちに、ホスト達の非日常な扱いに慣れてしまうのです。この扱いにすっかり陶酔した女性は、飲み代を稼ぐために仕事を変えてしまう可能性も出てきてしまいます。

自分に極端に自信がない女性

「自分にはいいところなんてひとつもない」というように自己評価の低い女性は、ホストクラブにハマりやすいかもしれません。
ホストは言葉を操るプロです。太っているとか痩せすぎているとか、体型のコンプレックスを抱えている人に対しても、とにかく褒め言葉を浴びせます。
女性が「コンプレックスなんだけど…」と謙遜したところで、今度は「えー!信じられない。俺にとってはドストライクだよ」とか驚いてみたりするのです。
自分に自信のある人だと、そんなふうにチヤホヤされても、「あら、そう」と感動が薄かったり、逆に「なんか見え透いていて気持ち悪い」という直感が働いたりするものですが、自己評価の低い人だと聞きなれない褒め言葉に完全に舞い上がってしまいます。
それで少しでも自信がつき女性にとってプラスに働けばいいのですが、日常生活では相変わらず自尊心が低いまま。そんな自分が不安で仕方なくて、ついついホストに依存してしまうのです。

同じお店のホステスとはどのような距離感で接するのがベストなのでしょうか?

他のホステスとの接し方

1つのお店にはたくさんの女性が働いています。もちろん1人1人の性格や営業方法も違いますし、何よりお金が絡んでいる仕事です。水商売という仕事は他の女性の売り上げが如実に表れてしまうので、つい比べてしまったりライバル視されたりすることも少なくありません。それがお互いの仕事にプラスに働けば良いのですが、ヒートアップして良くない噂を流されてしまったりすることもあります。たとえ仲良くなったとしても、あまり込み入った話(自分のお客様の詳細など)は避け、あくまでも同僚としての距離感を保つことが大事です。

待機中の会話

ホステスは待機中に何を話しているのでしょうか?具体的に言えば、今日来店するお客様の話や昨日の営業中にあった出来事、また他のお店の話題や単なる雑談など内容は様々。お互いの情報交換の場として待機の時間も有効に使用しましょう。しかし、他のホステスのお客様の悪口やそのホステス自体を悪く言う会話にはなるべく参加しないように!うっかり同調などしてしまえば、後々面倒くさいことになりかねません。さらに今度は自分がその噂話の標的になってしまう…という恐れも出てきてしまいますので、参加する会話の内容には要注意です!

お互いが気持ちよく仕事するための程よい距離感とは?

ある程度の距離を保てとは言えど、クラブは基本的にマンツーマンで接客することがありません。売り上げも、一杯のドリンクではなく一本のボトルをみんなで開けていくという言わば団体戦。自分の席のボトルを開けるのを手伝ってもらったら、今度は他の席でヘルプとして協力します。この持ちつ持たれつの関係が非常に大切で、自分の売り上げにも大きく関わってきます。女の世界は何かとフクザツ…コツとしては、警戒して他のホステスとの間に壁を作ってしまうのではなく基本的には受け入れる。しかし、自分にとってマイナスになると判断した女性とは積極的に付き合うのをやめる、というようなメリハリをつけて接するのがうまく働くポイントなのではないでしょうか?

一人前のホストとして成功するにはどのような働き方をしたら良いのでしょうか?

いくら稼ぎたいのか計画を立てる

ホストとして売れるつまりお金を稼ぐには、まずいったいいくら稼ぎたいのかを明確にしましょう。
水商売は将来自分のお店を持ちたいなど、なにか明確な目標がない限りは長く続けられる仕事ではないと思いますし、だらだらと続けていても意味はありません。そこで、ホストとして働く中で自分の稼ぎたい金額の最終目標を決めるのです。ゴールが見えてくれば、毎月の目標額も決まってきます。
次に、その金額を達成するにはどれくらいのお客さんが必要なのかを考えてください。
例えば月収100万を稼ぎたいのなら、170~200万くらいの売り上げが必要になってきます。そのお店の平均客単価はいくらなのかを内勤さんや店長さんに聞いてみるのもいいでしょう。客単価が平均10万だとしたら200万上げるためには指名が20人必要になります。
この計算をして目標金額を金額を出したら、あとはその目標額を目指してひたすら仕事をしていきましょう。

定期的に来店してくれるお客様を増やす

毎月安定した売り上げを上げるには、大金を使ってくれる一人のお客様に頼るよりも定期的に来店しそこそこの金額を使ってくれるお客様を増やしましょう。
お客様を増やすには、既存のお客さんを育てるのもありですが、やはり無い袖は振れないので新規のお客様を増やすほうが効率がいいでしょう。
そしてお客様を増やすのは初回でついて連絡先を交換するのが一般的だと思いますが、店外でのキャッチも効果的です。
たくさんのホストが働く中で、初回の女性に自分の事をアピールするには時間が限られています。しかし、キャッチであれば自分のペースで話す事ができ、ある程度の印象を与える事ができます。
お客様を増やすには時間が必要ですが、こうして根気よく出会いを増やし定期的に来店してくれるお客様を増やし安定した売り上げを上げて行きましょう。

女性の扱い方を徹底的に覚える

女性はホストクラブの居心地の良さを感じると定期的に通うようになります。
居心地の良さとは、つまり女性を褒めていい気分にしてあげることが欠かせないと思います。
褒めるということはベタすぎてやらないホストが多いのですが、根拠のない会話術や笑いを取りにいくよりは、会話の中で女性を褒めたほうがよっぽど女性ウケは良くなります。容姿に自信のある女性には部分的な所(手や目など)を褒め、容姿に自信がなさそうな女性にはそのまま直球で「かわいいね」などと伝えてあげる事で、褒めてくれたホストへの好意が増します。
そして、お客様を繋ぎ止める為に最も欠かせないのがメールや電話などのマメな連絡です。
しかし連絡を取り合うのは大切ですが、都合が合わずになかなか会えないままだらだらと長い期間メールをしていると、お客様側も段々飽きてきてしまいホストの存在価値が薄れてしまいます。ですからなかなかお店に来てもらう都合がつかないお客さんとは時々、短い時間でもいいので直接会うなどしてみると良いでしょう。
重要なのは、お客さんを「ホストクラブに来る人」と認識してしまいがちですがその前に「女性である」という認識を持つことです。

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool