銀座にも一見さんがフラッと入店できるようなお店はあるのでしょうか?

銀座の代名詞!!一見さんはお断りな高級クラブ

タイトルの通り、高級クラブと呼ばれるお店は一見さんはお断りしている場合がほとんどですので、基本的には飛び込みで飲む事はできません。 つまり、そのお店に知り合いがいないと入れないのです。主に会員制のクラブで飲む方法としては、ママやホステスのお客様、オーナーやスタッフの知り合い、そのクラブを知っている人からの紹介…など要は誰かしらの紹介があれば入店する事ができます。
クラブは時間制ではなく、座っていくらというシステム。 高級クラブでは「座って3万」という言葉をよく聞きますが、 初回は必ずボトルを入れなくてはいけませんので、実際は1番安いボトル代を入れても合計6~8万くらいかかります。しかし最近では1時間30分経つと、タイムチャージを取るお店も出てきました。
「クラブ」にはオーナーママやママが1人以上いて、大箱になるとチーママ含めママが3人くらいいるお店もあります。

アットホーム系クラブ(ミニクラブ)

クラブと呼ばれるお店の中でも、料金設定が高級クラブではない所をアットホーム系クラブといいます。 クラブのような高級志向店と、カラオケがあるような家庭的なお店と大きく分けて2つあります。ある程度お客様を持っているホステスが独立してオーナーママとして自分のお客様だけで営んでいるような所が中心で、全体的に小規模で誰でも気軽に入れます。しかし、特に宣伝をしている訳ではないのでやはり誰かの紹介などで出向くのが一般的です。
また、カラオケがあるお店などはアフターなどで使われる場合も多く、高級クラブで働く女性は何件か使えるお店を知っているので、お客様に合わせてセレクトしています。
料金の相場としては、やはりお店のランクにもよりますが1万〜4万くらいで楽しめるようです。

キャバクラ・ニュークラブもあります!

昔は銀座でキャバクラは邪道だというイメージがありましたが、近年ではだいぶ増えてきているように思えます。
もちろん会員制ではないので、新規のフリーのお客様は広告やビラを見て入ります。また、クラブから出てきたお客様を待ち構えている黒服が外に立っている場合もあります。
通常はママがいなく、指名制で時間制セット料金になっています。ニュークラブはキャバクラより料金の設定が高めなようです。 キャバクラは時間制なので、長くいればいるほど料金が上がります。延長を重ねるとクラブより料金が高くなる場合もあります。
クラブのシステムに慣れていると、時間制をいうことをついつい忘れてしまうので注意が必要です。

キャバクラのエスコートとはどのような仕事をするのでしょうか?

キャバクラのエスコートとは、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職

キャバクラのエスコートとは、厳密には違う部分もあるのですが、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職のことです。キャバクラでもエスコートの役職があるお店とないお店もがあるので、そこは求人情報等で確認が必要です。エスコートだけでなく、キャバクラによっては女性が店長をやっているお店もあります。
しかしボーイの仕事はキャバ嬢とはまた違った部分で大変なところがあります。一番の違いは、キャバ嬢として働くより拘束時間が長いということです。開店準備や閉店作業もしなければならなくなりますし、給料もキャバ嬢として働くより絶対的に少なくなると思います。

男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けている

エスコートやキャバクラのスタッフとして女性を採用しているお店の狙いとしては、男性ボーイの気が利かない部分や、男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けているところがあります。または、女性スタッフの見栄えの良さを求めているキャバクラのお店もあります。
キャバ嬢達も、もっと女の子の気持ちをわかってくれるボーイと一緒に仕事をしていたいものなのも事実です。キャバ嬢の経験がある女性がエスコートをやってくれれば、きっと働くキャバ嬢達もやりやすいと思うはずです。

エスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ない

求人を見てみると分かりますが、意外とエスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ないです。理由としては、男性スタッフありきの運営ですので、ある程度広い店内のキャバクラでないとサブで活躍するポジションのエスコートは必要としていなかったり、お店自体が女性の人員を必要としていない等が挙げられます。
六本木や新宿など、比較的大きなキャバクラが多い繁華街の方がエスコートの求人募集は多いです。

ホストクラブの初回で行ったお店と同じお店にまた飲みに行きたいのですが…

ホストクラブでは必ず誰かを指名しないといけませんか?

お店に行った時に必ず誰かを指名しなくてはいけないというルールはありませんが、基本的にホストは指名を貰えてナンボの世界です。毎月のお給料やナンバー争いにも響いてきます。
ホストクラブに行く理由としてはそのお店で一緒に飲みたいホストがいるからというのがほとんどだと思います。
誰かの付き合いで通う場合もしも気に入っているホストがいるのなら、ぜひ指名してみてください。フリーで飲んでいても指名しないと目当てのホストがその席に着かない可能性もあります。

一度指名したホストを辞めて同じお店の他のホストを指名したい!!

最初こそ気も合い、また一緒に飲みたいと指名してみたものの…やはり何か違ったかもしれない!!
そんな時もあるかと思います。ホストクラブは基本的には永久指名制ですが、最近ではホストクラブでもメンキャバの指名形態を取っているお店も多々見受けられるようになりました。メンキャバは指名替えは自由。キャバクラと同じようなスタイルです。
しかし、指名替えは自由といえども同じお店で何回も指名替えをしてしまってはホスト同士のいざこざの原因にもなり兼ねませんし、何より自分自身がホストからの信頼をなくしてしまうかもしれません。万が一指名替えをするときは、一度内勤の人に相談してみましょう!

本指名のホストの他にもプラスで指名したいのですが…

本指名のホストとの会話も楽しいけど、いつもヘルプで着いてくれるホストとの会話も楽しい。
担当のホストが指名が被ってしまってなかなか自分の所に戻ってこられない時、あまり面識のないヘルプに着いてもらうとこちらも気を使ってしまいます。それよりかは気の知れたヘルプのホストと一緒に盛り上がって担当のホストを待ちたいものですよね?
そんな時は「ヘルプ指名」というシステムを使ってみましょう!その名の通り、ヘルプとしてのホストを指名するのです。ヘルプ指名を入れておけば、担当のホストが抜けた時にこのヘルプ指名したホストが代わりに席に着いてくれます。担当のホストにはなかなか言えないこともヘルプのホストになら話せるということもあるみたいです!
とにかく、その空間を自分が楽しく過ごせるように色々工夫してみましょう!

チャットレディーに興味があるのですが、どのような仕事なのでしょうか?

そもそもチャットレディーとは

「チャットレディー」という仕事を最近よく耳にしますが、一体どういうお仕事なのでしょうか?
簡単に言えば、インターネットのサイト上で男性とチャットで会話する女性向けのお仕事のことです。
普通に友達とする会話だったり、他愛もない会話だったり、ちょっとアダルトな会話だったり、会話の内容はいろいろ。webカメラで相手の顔を見ながら会話するところが、普通の文字だけのチャットとはちょっとちがいます。
女性がサイトに入って待っている状態で、男性のほうが会話したいと言ってくれたらチャットを始めます。話が盛り上がらなかったり、つまらなくて沈黙になってしまったりすると、だいたい男性のほうが切ってしまいます。
男性と少しでも長く話しをするとお給料も多くなっていくので、その男性が満足できるように楽しく会話するように心がけることが必要になります。チャットレディーで短期で稼ぎたい女性はアダルトな会話をよくしているようです。
また女性が待機している間も男性は覗いているので、男性が興味を惹くようにして待機中も気を抜いてはいけません。

勤務時間や勤務場所、お給料のシステムはどのようになっているのか

働き方としては、好きな時間に好きなだけ働けてノルマもないというところがほとんどです。昼でも夜でも働くことができますが、やはり夜の方がお客さんは多くいます。また、チャット用の事務所を構えているサイトがほとんどですが、在宅での仕事も可能です。要はインターネットの環境があればどこでも働けてしまうのです。
お給料は完全出来高制で、ノンアダルトで平均にするとだいたい時給2000円くらいです。
大抵はお客さんの男性とチャットで繋がっていた時間でお給料計算されるので、待ち時間はお給料に入りません。アダルトサイトのチャットレディーだと、働き方次第では時給は6000円以上も可能なようです。しかし、アダルトでパーティーチャットなど不特定多数の人間が見ているという事を忘れてはいけません。時給が高いということは、それだけリスクも高いという事です。
ノンアダルトのチャットでもたくさんログインして常連さんを増やす事ができれば十分に稼ぐ事ができます。

チャット中に気をつけなければならない事

チャットの内容として気をつけなければならないのは、相手の男性がチャット中にプライベートな事を聞いたりしてきた時に、電話番号やアドレスなどのいわゆる個人情報をむやみに教えてはいけないということ。キャバクラなどでは連絡先を交換するのは当たり前ですが、チャットでは実際に会って会話している訳ではないのでなるべく自分に関する具体的な会話は避けましょう。
いい人だから大丈夫だろうと思って教えてしまうと、住所を調べられたり、電話をかけてこられたりということにもなります。
チャットレディーのお仕事は直接合ったりしなくていい分、ホステスやキャバ嬢よりは気楽な仕事なのかもしれませんが、会話の内容には十分に気をつけましょう。
そして、数多くあるサイトからどの会社に登録するかの選択も重要になってきます。
登録先のサイトによっては、ノンアダルトの条件で登録したのにアダルトな要素が必要だったり、男性客がほとんど来なくてお金にならなかったりということもあります。
登録しようとするサイトの情報や口コミをよく確認して、いいサイトなのかどうか見極めることもとても重要です。

生理的に合わないお客様をホステスとして接客する時はどのようにしたら良いのでしょうか?

生理的に合わないかも!?と思ってしまう苦手なお客様

夜のお店はお酒を提供する場ですが、お酒が入ると人格が変わってしまう人がいます。さらに、大声で怒鳴り散らしたりしまいには説教をはじめたりする人も中にはいます。
何でそんな事するのか…?それは怒鳴り散らす事や説教をする事で、ストレス解消をしているのです。どのホステスが着いてもそのような態度だと、その確率が非常高いようです。また、飲み慣れているお客様の中には新人ホステスを育てるのが好きなお客様もいるので、親心のようなものから色々言われる場合もあります。 とにかく普段できない事を、お金を払う事で解消している場合が多いです。そうじゃなければ何度もお店に来ませんし、気に入らないお店や女性だったらそもそも飲みになんて来ないからです。つまりホステスの高いお給料の中には、そのようなお客様からのお小言にもガマンして耐える料金も入っていると考えていいと思います。

気難しいお客様への対処方法

気難しいお客様の接客は疲れるので避けてしまうホステスが多いですが、 お客様も自分が気難しい事くらいは分かっているのです。 それでも自分に付いてきてくれる、というその気持ちがどこまで本当のなのかあえて試しているのかも知れません。実際、女性の事を信頼したそのようなお客様はとても良いお客様に変化したりするのです。
夜のお店は、スタッフ、ママ、お姉さん達から試される場面というのがあります。 そこをどう乗り切るか、切り替えすかでホステスとしての才能や素質を見られているのです。 嫌な事があるからとすぐ訴えるのではなく、そのような場面をうまくクリアできれば周りからの評判もさらにアップするでしょう。
気難しいお客様はどのお店にもいます。しかし気難しいと言われているお客様にこそ愛情持って接するべきなのかも知れません。

お客様の前でホステスである為の心構えとは

ホステスは女性特有のお仕事です。 外見をより女性らしく華やかにする必要があります。 お店やお給料によっても、ホステスとして求められるレベルの差がありますが、 「女性らしく」というのは、全てのホステスにおいて共通して求められるものです。
この女性らしく、というのは仕草であったり言葉遣いであったりするわけですが、 これは最初はできなくても、 色々なお客様と接して行く事で段々磨かれていくのです。
このような仕草や振る舞いは、意識的に女性らしさを演出しても限界があり、やはり自分が内面から女性らしくなろう、という気持ちがなければ所詮それは形だけのものになってしまいます。自分で努力しているつもりでも、相手に伝わらなければ結局それは自己満足なのです。
気持ちを込めたおもてなしでなければ、当然相手の心には響きません。上手くできなくても、心を込めるというのが何より大切です。

スナックで女性とうまく楽しく飲むにはどのようにしたらいいのでしょうか?

女性の年齢をわざわざ聞かない

スナックにも若い女の子は沢山いますが、やはりキャバクラに比べると年齢層は若干高め。びっくりするような若い女の子がいる店も多いですが、人数はそれほど多くなくて若い子は争奪戦になる事もしばしばです。
でも、ちょっと年齢が行っている女性でも可愛らしい女の子は沢山いますから、となりに付いた女の子にはなるべく年齢は聞かないようにするのがスナックのマナーです。
30前後の女の子はとても年齢の事を気にしています。初対面ですから話題がなくて、別に変な気持ちはなくてもつい年齢の事を話題にしてしまうかもしれませんが、そこは培った話術で補うようにして年齢を聞かないようにしてみましょう。
「お客さん、私の歳聞かないんだね」という風な事を女の子が言えば、その子はあなたの事が気に入っているサインです。そういう話題が出た時には、さりげなく年齢を聞くようにすると良いでしょう。

簡単に女性を口説こうとしない

スナックにも綺麗で可愛く、話も上手な女の子が沢山いますから、そこで恋心を抱いてしまう男性が多いのも事実です。
でも、そこで好意を抱き過ぎてしまうと、スナックでモテる男にはなる事ができません。スナックの女の子たちはキャバクラの女の子以上に男の本性を良く見ています。相手も営業ですから、好意を持っているような態度を取る事もありますが、初めのうちは殆どが営業用の態度であると思っておくようにした方が良いでしょう。
ちょっと営業用の甘い態度をとられると、すぐに「相手が自分に好意がある」と思い込んでしまう男性が多いですが、それでは相手は逃げていってしまいます。嬉しくなる気分は理解ができますが、大人のたしなみとしてクールに振る舞い、「それでも、自分の世界には入り込ませないよ」という思いを口ではなく態度に出すようにして接するようにしてみましょう。
相手は今までのお客さんとは違う反応に驚き、あなたを「ちょっとこの人は違う」という風に見るようになってきます。そうなると次回にお店に行った時でも呼ばなくともあなたの側に付いてくれるようになりますから、そうなってから段々と女の子と打ち解けるようにするのがスナックの女の子からモテる秘訣になります。
すぐに身体を触ったりする男性もいますが、これもご法度です。触りたい気持ちはわかりますが、ある程度クールに紳士を気取って振舞っていれば相手から近づいてきてくれるようになりますから、ぐっと堪えてとにかくクールに振舞うようにしましょう。

その店のママに好かれるようにする!

何よりも大事なのは、その店のママさんに好かれるようにする事。これが、スナックでモテる為の最大の秘訣になります。
キャバクラと違ってスナックにはママさんが必ずいます。お店で女の子をどのお客に付かせるかも全て采配をしているのがママさんですから、スナックでモテたいと思ったら、まずはこのママさんに好かれなくては勝負になりません。ママさんに好かれると言っても、別にお店でガンガンお金を使ったりするだけが経営者であるママさんから好かれる秘訣なわけではありません。
お金をある程度使ってあげるのは当然ですが、もっと大事なのはお店の雰囲気をワイワイ楽しいものにするお手伝いを買って出てあげるという事です。他のお客さんがカラオケで盛り上がっていれば合いの手の一つも入れてあげたり、お気に入りの女の子が別のお客さんに付いてしまってヘルプの女の子が付いてしまっても、寛大な態度で楽しく振舞ってあげたり。
その辺のコミュニケーション力などをママさんは常に観察していますから、ママさんにそのあたりの能力を認めてもらえば、「ここは勝負」という時には必ずお気に入りの女の子を付けてくれるようにもなりますし、女の子の前でもあなたの事を褒めて、あなたのポイントアップにも色々と貢献をしてくれるようにもなります。
「ママを制するものがスナックを制する」というのは少々大袈裟かも知れませんが、とにかくママさんを抑える事がスナックでモテる男になる為の必須条件である事は間違いありません。是非とも現場で実践してみてください。

お金を払ってチャットを続けていれば目当ての女性と結ばれますか?

あわよくば精神で出会いを求める男性もいる

普段からライブチャットサイトでチャットレディとの会話を楽しんでいる男性は、少なからずチャットレディと実際に出会いたいと思っている人がいると言えるでしょう。
しかしあくまでもライブチャットサイトの定義としては、バーチャルな空間での楽しみという位置づけであり連絡先などの交換は禁止しているサイトが多いようです。ただ、それでもツーショットチャットなどでは基本的にお客である男性とチャットレディとのマンツーマンのチャットとなりますので、その際に連絡先などの交換を希望する男性は少なからずいるようです。
サイト内で働く多くのチャットレディが本当にごく普通の女性でありますので、もしかしたらいけるかもしれないという下心を持って足繁くチャットをしにライブチャットサイトにログインする男性もいるようです。

女性側も出会いを求めているのか

実際のところは、このようなライブチャットの中でインターネットの枠を超えてチャットレディとリアルで出会う事ができるものなのでしょうか。
もちろん気が合えば出会えることもあると思います。しかし、お客である男性があわよくばという下心を持っているのとは対照的に多くのチャットレディはあくまでも実際に男性と会うことなく仕事ができる、ということにメリットを感じてチャットレディのお仕事をしているケースが殆どであるようです。実際に出会うチャンスはまったくゼロではないものの、あまり現実の出会いを求めているという女性ではないことが多いと言えるでしょう。
またチャットレディはあくまでバーチャルでありますので、パフォーマンスをする際にすべて本当のことをさらしてチャットレディの活動をしなくてはならない、ということもありません。本当は専業主婦で子育て中だという女性が、独身といつわってチャットレディをやっていたり、多少の年齢の詐称などをしてチャットレディをやっているケースもありますので、もとから実際に出会うつもりや期待がないという表れであることがわかるのではないでしょうか。

女性がなぜライブチャットサイトで働いているのかを考える

上でもお話した通り、実際に接客するキャバクラとは違ってチャットレディのお仕事はインターネット回線を通じてのあくまで「チャット」だからということが、高い安全性があるとしてメリットと感じている女性がほとんどだということです。
実際に会わなくてよいチャットがお仕事であるチャットレディだからこそ、その仕事に魅力を感じているということが少なくなく、ライブチャットサイトを利用している男性には酷ですが、チャットレディと実際に出会えるチャンスの期待は薄いといってもよいのではないでしょうか。
このようにチャットレディのお仕事は、ネットの枠を超えて男性から連絡先の交換の希望や実際に出会いたいというお誘いがあることも多いのですが、もちろん会う必要はなくまた自分の身を守るためにもお客さんとはあくまでもバーチャルな関係で居た方がよいようです。

春から初めて水商売をを始めたのですが、お客様との会話をうまく進めるコツってなんですか?

まずは相手に対してたくさんほめる事ができるようになるのを目標に!

初対面の相手に対して、親しくなりたい(指名が欲しい)とおもっているならまずはほめ上手になるのを目標にしてみましょう。ネクタイや髪型などの見た目を褒めたり、それに慣れてきたら今度は会話の中で褒められるポイントを見つけていきましょう。
しかし、やみくもに褒めすぎても相手の人には嘘っぽく伝わってしまいます。相手の人を褒めたいときは、相手がこだわっている部分を見つけて褒めるのがポイントです。
ファッションにこだわっている人ならファッションのことを褒め、仕事をがんばっている人なら、仕事のことを褒めましょう。ただし、上から目線で話さないようにしてくださいね!

会話の中からお客様との共通点を探す

ある程度会話のキャッチボールができるようになってきたら、話しているお客様と自分との共通点を見つけるのも盛り上がるポイントです。
趣味や同年代なら学生時代の話を投げかけて共通点を探すのです。人は何か同じだと感じる物があると不思議と親近感を覚えます。
万が一共通点がなくても大丈夫!お客様の興味のある事を聞き出し色々教えてもらってみてください。そして、次回来店するまでに自分なりにその事を調べて次の話のネタにするのです。この話題は営業メールのネタにもなりますしお客様も自分のことに関心を持ってくれているのかと好印象を与える事もできます。

本当に困った時は接客される側になってみる

常に接客する側だと、お客様はどう思っているのか不安に感じた事はありませんか?褒めるポイントや共通点を見つけられてもスムーズな会話に生かせないのであれば意味がありません。
そこで、たまには「接客される側」になってみるのはどうでしょうか?手っ取り早いのはバーなどよりも一番形態の近い「ホストクラブ」です。
ホストクラブは初回の場合ならば3000〜5000円の間で飲みに行く事ができます。
人気のあるホストは、まず押しつけがましい会話をしません。お天気や最近のニュースから面白そうなトピックを選び、話し、女性の心がほぐれてきたところで、今度はさりげなくプライベートをリサーチしてきます。そうして会話をしながら女性の趣味や趣向を把握し、今度は巧みにお客さんをほ褒めます。これを体験すれば「相手はどんなふうに接してもらうと嬉しいのか」ということがよりわかりやすくなり、自分のお客様との会話もスムーズに進むのではないでしょうか。

ホステスとして常に魅力的な存在であるためにはどうしたら良いのでしょうか?

高級クラブで求められるスタイル

例えば銀座には高級クラブが何件もあるので、全てはお店側の判断になりますがお客様を持っていない場合はやはりビジュアル面は重要です。理想としては身長から体重を引いて110~115位がベストなようです。太めの方は着物でカバーもできますが、「体型ぐらいしっかり節制をしてみせる」という意気込みだと自分にも自信がつきます。つまり、体形には日頃の自分の生活スタイルが表れてくるのです。
近年、銀座は顔よりも全体的なスタイル重視の傾向がありますがダイエットのしすぎは禁物です。痩せていれば良いという訳でもないのです。痩せ気味の女性は肌質にも注意です。肌質はすぐに改善できるものではありませんが顔色が悪い場合は、チークやコントロールカラーで調整しましょう。胸の開いたドレスを着るとどうしてもバストが小さくなりがちですが、ヌーブラ2枚重ねてみるなどテクニックを磨きましょう。また、特に髪質には厳しいお店が多いので髪にいいものを意識して食べたり、ストレスと上手にお付き合いしなくてはいけません。

身長が低い場合にはどうしたらいいのか

銀座の高級クラブ、特に大箱は背の高い女性を好む傾向にあります。とは言え、ヒールを履いたら170cm以上になってしまうとさすがに高すぎるのではと思うかもしれませんが、このようなお店には派手なお客様も多く、つれて歩いていて見栄えのする女性が良いとされているので、背が高すぎるというような心配もいりません。体型を生かし、ロングドレスやスーツを着こなすとカッコいいです。その際は、猫背に気をつけて堂々と歩きましょう。
一方老舗のクラブにいるオーナーママなどは、綺麗な女性よりもかわいい女性を好む場合が多いです。しかし、それでも140cm台の女性は少し低めだと思いますので、ヒールが高めの靴を履いた方がいいかもしれません。
スーツよりドレスいいでしょう。ロングよりもミディアムドレスがバランスよく見えます。ワンピースもいいですね。着物を着ると、より可愛らしい姿をアピールすることができます。

自分を綺麗に見せるコツとは?

常に自分を研究している女性は、自分がどのようにすれば美しく見えるか分かっています。 自分に似合う服装、色、デザイン。しかし他の人の服装やヘアースタイルが可愛いからと言っても全ての人に当てはまるものでもなく、身長や肌の色でも変わってきます。
全体的に重要なのは姿勢です。どんなに着飾っていても姿勢が悪いようでは、野暮ったくなり全てが台無しになります。
水商売は自分自身が商品のようなところがありますので、姿見などでしっかりと研究しておきましょう。女性らしい立ち振る舞いは、雑誌や映画を見て自分が美しいと思う人の動きを研究してみるのもいいでしょう。ポイントは優雅に見える、という事なのですが、直線と曲線と余裕、これに注目です。
目の位置、手の場所、足の置き方、など少し意識することで、ぐっと変わります。
全体的には肩甲骨を閉めるような感じで、あとは何でも交差するようにすると女性らしさがアップします。

ホストクラブにはどのような職種の人が来ているのでしょうか?

そもそもホストクラブはどうやって出来上がったのか

ホストクラブは女性が多額の金額を払い指名のホストとひとときの時間を楽しむ空間ですが、一体何の目的でどのようにして出来上がっていったのでしょうか。
時代は高度経済成長の真っ只中で、忙しい主人に対してお金に余裕のある主婦は少々時間を持て余していたようで、流行のダンスを踊りたいがその場所がない…。このような女性を対象に生まれたのが巨大なダンスフロアでした。これがホストクラブの起源です。
Wikipediaによれば、東京にホストクラブが誕生したのは1965年に東京駅八重洲口前でオープンしたナイト東京であると言われています。前身は「京の花」というグランドキャバレーでしたが経営に行き詰まり、大量のダンス講師を雇いその広大なフロアをいかした女性のためのダンスホールとして生まれ変わります。そのダンスホールには、休憩のためにソファーが置かれたサロンスペースがあり、講師にチップを払うことで一緒に酒を飲むことができたようです。
当時は、女性が楽しむ為の場所という感覚が今以上に強かった為、従業員の男性のお給料は小額のバックやチップはあるものの基本給などはなく、タレント性を持ったごくわずかな男性が稼げる世界だったようです。

変化していくホストクラブ

以前はホストクラブのイメージとしては深夜に営業していた事もあり「中年女性向けのいかがわしい店」という印象が強かったのですが、ホストクラブ出身のタレントやホストクラブを題材とした漫画やメディアの普及に伴い、若い女性も楽しめる店という印象が強くなっていきました。
特に人気のお店やホストはテレビや雑誌に接客のプロフェッショナルとして紹介され、2000年代にはホストをモデルとして起用したファッション雑誌が登場し社会的認知度も高まってきました。
さらに時代はネット社会を迎え、自店舗のホームページを開設する店も増え、ホストクラブの求人や所属ホストを紹介する総合サイトも誕生し、さらに若い女性に身近な存在になっていくのです。しかし、このネット環境の普及に伴いホスト関連の噂が囁かれる掲示板サイトも誕生。店やホスト個人に関するスレッド(掲示板)が作られ、客である女性同士の情報交換が盛んに行われていますが、この書き込みからしばしばトラブルになってしまうこともあります。また、ブログなどでホストのプライベートな写真を晒したりと、どんどんエスカレートしているように思えます。
エスカレートした結果、社会的な事件に発展してしまった利する場合もあり、単純に女性の癒しの場としての空間としては考えづらくなってきました。
一部のホストが、ホストクラブのイメージをクリーンなものにする運動もしているようですが、都条例により深夜帯の営業が禁止になってしまいました。そこで今の一部・二部(日の出)という営業スタイルが生まれた訳ですが、時間帯は違えどやはり現実的にはあまり何も変わっていないように思えます。

ホストクラブに通いたいが為にキャバクラや風俗で働く

こうして色々規制がかかってもどんどん勢いを増すホストクラブ業界ですが、若い女性が気軽に入店できるようになるとうことは、つまりホストへの窓口が広がったということです。確かに初回料金は驚くほど安いのですが、二回目以降はこの金額で飲む事は基本的には不可能です。二回・三回と通ううちに金銭感覚はどんどん麻痺していき、最終的には担当のホストに会いたい・喜んでほしいという目的の為に高収入な職業に転職する女性も少なくありません。
これは水商売全般に言える事ですが、収入が高い分精神的なリスクも高めです。もちろん、何か明確な目的があってこのような業界で働くのは良いと思いますが、ただただ担当の為にキャバクラや風俗で働き、そのお金をほとんどホストクラブで使ってしまうのはいかがなものでしょうか?たくさんのお金を使ったからといって、そのホストが手に入る訳ではありません。
ホストクラブという空間を楽しむのであれば、ホストを客観的に見られるような感覚が必要なのではないでしょうか。

キャバクラのエスコートとはどのような仕事をするのでしょうか?

キャバクラのエスコートとは、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職

キャバクラのエスコートとは、厳密には違う部分もあるのですが、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職のことです。キャバクラでもエスコートの役職があるお店とないお店もがあるので、そこは求人情報等で確認が必要です。エスコートだけでなく、キャバクラによっては女性が店長をやっているお店もあります。
しかしボーイの仕事はキャバ嬢とはまた違った部分で大変なところがあります。一番の違いは、キャバ嬢として働くより拘束時間が長いということです。開店準備や閉店作業もしなければならなくなりますし、給料もキャバ嬢として働くより絶対的に少なくなると思います。

男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けている

エスコートやキャバクラのスタッフとして女性を採用しているお店の狙いとしては、男性ボーイの気が利かない部分や、男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けているところがあります。または、女性スタッフの見栄えの良さを求めているキャバクラのお店もあります。
キャバ嬢達も、もっと女の子の気持ちをわかってくれるボーイと一緒に仕事をしていたいものなのも事実です。キャバ嬢の経験がある女性がエスコートをやってくれれば、きっと働くキャバ嬢達もやりやすいと思うはずです。

エスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ない

求人を見てみると分かりますが、意外とエスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ないです。理由としては、男性スタッフありきの運営ですので、ある程度広い店内のキャバクラでないとサブで活躍するポジションのエスコートは必要としていなかったり、お店自体が女性の人員を必要としていない等が挙げられます。
六本木や新宿など、比較的大きなキャバクラが多い繁華街の方がエスコートの求人募集は多いです。

ホステスはお客様に誘われたらたとえ休日でも会わなくてはいけませんか?

休日のゴルフやパーティーの接待

クラブに来店するお客様の中には、自分で会社を経営している方も少なくありません。休日に行われるその会社のゴルフコンペやパーティーなどにホステスが借り出されることもしばしば…このような時は、他のホステスにも協力してもらってできるだけ手をかしてあげましょう。手を貸すことで良い意味でお客様との間に「貸し」を作るのです。お店に呼ぶ口実にもなりますし、お客様側も何か「理由」があるとお店に顔を出しやすいようです。さらに大事なイベントのサポートをしてもらったということで、お客様とホステスの間にも「信頼関係」が結ばれます。ホステスとお客様にはこの「信頼関係」がとても重要なのです。

自分のお客様に普通に誘われた場合

クラブは土日祝日が店休の場合が多いです。ホステスにとって休日は、その週の出来事をリセットするのに重要な日。平日の営業ではお客様には何かと気を使いますし、売り上げのためにお酒も飲まなくてはなりません。貴重な休日にお客様から食事などに誘われた場合は、そのお客様の質で行くか行かないかを決めましょう。全く来店しないのに外で会いたがるお客様には会う必要はありませんが、同伴のノルマなどを毎月助けてくれるようなお客様のお誘いにはある程度応えると、信頼関係は増し定期的な来店に繋がるでしょう。お客様の見極めがポイントです。

他のホステスのお客様に誘われた場合

自分のお客様ではなく他のホステスが係をしているお客様に休日2人で食事に行こうと誘われることもありますよね?毎回席に呼んでくれ、同伴のノルマも助けてくれるお客様。まずは自分で判断するのではなく、その係の女性と話し合いましょう。もちろん誘われた日の自分の予定もあるでしょうし、係の女性がそのお客様をどのような位置づけで営業しているのかもポイントになってきます。この場合はあくまでもヘルプとしての立場なので無理して出向く必要もありませんが後々自分のお客様にと考えているなら、係の女性の許可を取りお誘いを受けるのものもいいかもしれませんね。

クラブでのホステス間のトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか?

他の女の子が私の指名客に名刺を渡してしまった

クラブで新人が犯しがちなのが、自分がお休みの日に指名のお客様が来店してしまう事。
毎日休みも取らずに出勤するのは不可能に近いのですが、たまたまにしろ係りの女性がいない場合でも、他の女性はお客様からの名刺を受け取っても自分の名刺を勝手に渡すことは禁止です。この事が後々トラブルの元になってしまいます。さらに、店側に相談しても休んだ方が悪いと言われてしまっては何も言えません。
まずはお客様の管理をきちんとしましょう。自分の休みのスケジュールなども日々の営業の中で何となく伝えておくと良いでしょう。

ママと売り上げのお姉さんとの間に確執がある

新しくホステスとして入店して、一ヶ月も経てばそのお店の雰囲気や人間関係が何となくわかってくるのではないでしょうか。プライドの高い女性が働く空間とあって、中には女性同士で派閥のあるお店もあったりします。特に新人はこの派閥争いに巻き込まれやすいようですが、できればさけて通りたいもの。
ママと売り上げのお姉さんの間に確執がある場合、うまくスルーするにはどうしたら良いのでしょうか。まずあまりにも人間関係が複雑な場合は、早々にお店を変えてしまったほうが良いかもしれません。このようなお店に来店するお客様はちょっと変わっていたりするのです。逆に、女性同士が仲の良いお店は常連のお客様が多く長くお付き合いできるような出会いがたくさんあります。
周りを良く見て判断してみてください。

いくら仲良くなってもお金の貸し借りはしない

毎日働いていると、気の合いそうな女性も出てくることでしょう。
しかし、いくら仲良くなってもその女性とのお金の貸し借りはいかがなものでしょうか?
同じお店で働く女性が通うホストクラブに一緒に行ったことろ、その時彼女の手持ちがなかったため仕方なく立て替えて支払ったというAさん。後で返すと言われたので信じていたのですが、後日、私が勝手に飲み物などを頼んだんだから自分は払う必要が無いと言ってきそうです。指名のホストがいるのに手持ちがないのはおかしな話ですが、そのお店で今後も働いて行くつもりなら根気づよくその女性に返却を促すしかないかもしれません。お金の貸し借りは戻ってこない確立の方が大きいです。十分注意してくださいね。

曖昧な態度が逆にクセになる…ホストの思わせぶりな態度はどうやって見極めたらいいのでしょうか?

ホストクラブでよく使われている「本営」と「友営」とは

ホストクラブへ居酒屋感覚で通える女性はごくわずかなのではないでしょうか。
一回飲みに行けば万単位のお金を使うことになりますし、イベントなどでは特別にシャンパンや高級ボトルでお祝いしてあげるなんてこともしばしば…
ホスト側もその金額に見合った接客しなくてはなりませんし、お客様によって営業方法を変えています。
みんなでワイワイ飲んで楽しみたいお客様には「友営」と呼ばれる方法で営業をかけます。時には女性の相談に乗ったりしてまるで男友達のように接し、身近な存在に感じてもらうのです。一方、さも付き合っているかのような感覚で営業をかけることを「本営」と言い、恋人のようなメールや電話をしてお客様との距離を縮めていきます。

一度も指名していないのに、休日デートに誘われた!!これはいわゆる育て?

初回で飲みに行った先のホストと連絡先を交換し、やり取りを続けているうちに「休日どこか遊びに行こう」とデートに誘われた!!まだ一度も指名してないし、正直飲みに行くお金もないので外で会うのはなんだか悪い気がする…こんな経験をしたことのある方もいるのではないでしょうか?
初回から次の本指名へと繋げるのはホストにとって腕の見せ所な訳ですが、やはりお金が絡んでいることもあり女性は警戒しがちです。そこで、休日など自分のプライベートな時間を使うことで警戒心を解いていくのです。これをホスト業界では「育て」と呼びます。そして警戒心がなくなったところで初めてお店に呼ぶのです。
しかし、中には営業関係なく「趣味カノ」として本当にデートに誘われている場合もあるようです(笑)
何を考えているのか分からないと最初からガチガチの警戒心で挑むのではなく、誘われたら素直にお誘いに乗ってみるのも何か新しい発見があるかもしれませんよ!

ホストから家に行きたいと言われた…、その真意とは?

女性の家に行きたがる男性はなにもホストでなくてもたくさんいるでしょう。女性側も気になるホストから家に行きたいと言われればさらに親近感が湧く気がして、ついつい招いてしまいたくなりますよね。
しかしホストがこのような言葉を発する時は、次へ繋げる営業のため、または自宅よりもお店から近いなどの理由で単なる宿目的で女性の家に行きたがる場合がほとんどです。特に色恋営業をしているホストはやたら家庭訪問をしたがりますが、あまり自分のプライベートな領域に招くのはオススメしません。あくまでもお店の中で楽しむというスタンスを崩さないようにするのがホストクラブをうまく楽しむコツなのではないでしょうか?

女子大生がキャバクラでバイトすると何かが変わってしまうのでしょうか?

典型的な職業病にかかり、身なりが派手になる

プライベートでお酒を飲みに行っても、グラスの汗をハンカチで拭いてしまう、タバコを吸おうとする男性にライターをサッと出してしまう、灰皿が汚れるたびに取り替えてしまう…などは、キャバ嬢になるともれなくかかる職業病だと言えます。テーブルの状態を常に気にしてしまうこともしばしば(笑)
また、付き合いで男性とお酒を飲んでいるときでも、「これがお店だったら、いま頃5000円稼いでるなー」などと、ついつい時給換算してしまうこともあるでしょう。また、店員さんを呼ぶ際の「お願いしまぁ~す」という言い方がいかにもキャバ嬢らしくなります。
さらに「朱に交われば赤く染まる」のことわざ通り、入店当初は地味だった子もだんだんと服装やメークが派手になっていくのがキャバクラ。毎日濃いめのメイクをしていると、だんだん麻痺してしまうのです。暗い店内ではいつもの3割増メークになるため、それが普段の生活にも影響してしまうようです。
深夜営業のため寝不足や不規則な生活が続き、お肌も荒れがちですから、それを隠すためにさらにメークが濃くなるという悪循環にも陥る子もいます。

同世代や男性に対する見方が変わる

キャバクラに来るお客様は、ほとんどが年上のおじさま。そういった方々と話す機会が増えるため、同年代の男子はよく言えばピュアに、悪く言えば子どもっぽく見えてしまいます。
湯水のようにお金を使う年上の男性を見て、「いいなー、付き合うなら絶対金持ちだな」と考える子もいれば、そんな男性ばかり見ているがゆえに、「私生活ではもっとピュアな恋愛をしたい」という思いが余計に強まる子もいます。
世の中の男性に対し、偏見を持つようになる子も少なくありません。奥さんや彼女がいてもキャバクラに来るし、なんだかみんなギラギラしてるし、酔うとお触りしてくるし……という毎日を繰り返していては、「男ってみんなこうなのね」という偏った見方をするようになるのも無理はないでしょう。
そうではない男性もいるということを理解するには、キャバクラという世界は狭すぎるのかもしれません。

大学生ではありえない金銭感覚になる

学費の支払い、自分のお店を出したい、外反母趾の手術費を稼ぐためなど、はっきりした目標を持っていれば目標金額が貯まった時点で足を洗えますし、無駄遣いも避けられます。
しかし、「バッグが欲しいなー」とか「お給料高いしー」という理由でなんとなく働いている子はなかなか貯蓄ができず、ズルズルとバイトを続けがち。毎日日払いでお給料をもらってしまう子は、「明日またもらえるし」という考えから散財してしまう傾向が強いです。
こちらも、メイク同様にどんどん麻痺してしまうのです。
得るものも多い反面、少なからず失うものもあるキャバクラでのアルバイトですが、期間限定の人生勉強としてはいいかもしれません。

ホストが女性に行う営業方法の違いにはどのようなものがあるのでしょうか?

お客様に対して友達のように接する友達営業

お客様に友達のように接して、身近な話し相手の印象を与えるスタイル これを友達営業と言います。『友営』などと略して呼ぶのが一般的です。スタイルの特徴は、飲み友達的ノリでワイワイやったり、女性の悩みを聞いたり相談に乗ったりする場合が多いです。お客様の中には色々な悩みを抱えている人が居ます。特にどこか別のお店に本命の指名ホストがいて、そのホストとの相談に乗って お客様のストレスを解消させるのも友営ホストの仕事の内です。ホストの悩みはホストに聞くのです。友達のように接したいお客様は、よく色々な質問を問いかけるので、質問攻めをするお客様には有効です。
盛り上がりの勢いで注文するお客様が多いのでホストクラブの基本的な営業スタイルとされていますしお客様の事で精神的に病むこともあまりありませんが、お客様の使う金額はそれほど多くは見込めません。

女性と自分との恋愛関係を匂わせる色恋営業

その言葉の通りあたかもお客様と恋愛関係にあるかのような振る舞いをする営業のことで『色営』と略されます。色恋は女性をもて遊ぶというイメージがあると思いますがお客様を傷つけずに、この営業スタイルをこなす事が求められます。
とはいえ色恋はホスト遊びの醍醐味。ハマってしまったら大変です!意中のホストがホストでいる間は毎日不安との戦いです。
また、色恋営業とセットで付いてくるのが「枕営業」というお客様と性的関係を持つことで売り上げを伸ばす営業方法があります。
まさに女性の心理を利用したスタイルなのであまり感心しないとおもいますが 、とにかくお客様を傷つける事は許されません。このスタイルは ベテランのホストが行う事がほとんどなので営業方法として続けるには新人ホストには少し厳しいかもしれません。

お客様との信頼関係があってこそ?オラオラ営業

『オラ営』と呼ばれるこの営業は、尊大な態度でお客様に接し「このボトルを入れろ!」や「バンバン注文しちゃおうぜ!」と偉そうにしたり、煽る営業方法です。
基本お客様には失礼のないように接客するのが基本ですがオラ営の場合は例外です。
このノリが好きで、ボトルを次々と入れるお客様も居るので、不機嫌と嫌な思いをさせる事なく儲ける事が出来ます。しかしこの方法はある程度の信頼関係とお客様の見極めが大切。うっかりしていると逆に激怒してしまうお客様も居るので注意が必要です。
うまくいけば多く稼げる方法ですし、女性を店に呼ぶタイミングや使ってもらう金額など自分の好きなように動けるので精神的にも多少楽ではありますが、この方法が通用するのはごく一部のお客様だけだということです。
どの営業方法にしても大切なのは、会話の中から相手の気持ちや性格を読み取り、その女性が求めている営業方法で接することなのではないでしょうか。

実は就活に有利?「キャバクラ経験のある女子学生」が就活に強い理由とは?

キャバクラは入店してからが大変

一見、綺麗なドレスを着て高いお酒を飲みながらお客様と楽しく会話するだけの華やかな空間に見えるキャバクラですが、実は入店してからが大変なのです。
ある程度ランクの高いキャバクラは時給はいいものの、入店してしばらくすると一人一人にノルマが課せられることがあります。また、ナンバー争いや不規則な生活などが続き、精神的にも肉体的にも疲労が溜まりやすくなります。
しかし、この厳しい環境で得られる物も多くあります。ある程度のまとまったお金はもちろん、様々な業界の男性との人脈が増える事で高いコミュニケーション能力も身に付くのです。このコミュニケーション能力が、女子大生には後々の就職活動で大きく活躍してくれることがしばしばあるようです。

キャバクラ経験者が総じて持っている、企業が求める「力」

就活生向けのセミナーでは、講師が一方的に話すだけではなく、学生同士をグループにしてディスカッションをさせたりする機会がよくあります。その際、経験豊富な人事担当者などは学生同士が話し合っている様子を見るだけでポテンシャルの高い学生を見つけるだけでなく、その学生が積んできた「経験」も見抜くことができたりするのです。
例えば、あるセミナーで非常に意見交換が活発で盛り上がっているグループがありました。そのグループは1人の女子学生を中心に、ほとんどすべてのメンバーが自分の意見を発表していたそうです。他のグループとは違い、ときには笑いも溢れながらお互いの意見を遠慮せず言い合っている…これは正に水商売の現場で培われた「コミュニケーション力」によるものです。元々の性格もあるでしょうが、実際彼女もグループの中で和やかな雰囲気を作りながら1人1人の意見を聞き出すなど、高いコミュニケーション力を発揮していたのです。

成果を出す人が持っている「コミュニケーション能力」

最近では男女問わず「一般職」に人気があるようです。出世して管理職になるコースではありませんが、総合職のように重い責任や業務を担うこともなく、ワークライフバランスを大事にして働けるイメージがあるのでしょう。
一般職人気が表すように、今の若者はあまり競争を好まず仕事で高い成果を出すことよりも、自分のプライベートを充実させたいという志向が強いのです。
キャバクラ経験者なら分かると思いますが、基本的に女の子の給料は指名料やお客様のドリンク料などの歩合で決まるといっても過言ではありません。つまり、自分が頑張った分だけそのままお給料として返って来るのです。
そのため、ただニコニコ接客しているだけではダメで、まずはいかに自分のファンになってもらうかを真剣に考えます。社会人とのトークを磨くためには新聞やニュースもチェックし、当然メイクの仕方なども勉強。そしてそれらの努力は数字として如実にフィードバックされるのです。
アルバイト経験のある大学生は多くいても、中でもキャバクラのように極端な「成果主義」の環境に身をおいたことのある学生はかなり少数なのではないでしょうか。学生時代に1度でも「地道な努力が成果に結びついた」経験をしている学生は、社会に出てからも必ず成果に対して楽しみながらコミットする。それを経験ある企業の人事担当者はよく理解しているのだと思います。

スナックで女性とうまく楽しく飲むにはどのようにしたらいいのでしょうか?

女性の年齢をわざわざ聞かない

スナックにも若い女の子は沢山いますが、やはりキャバクラに比べると年齢層は若干高め。びっくりするような若い女の子がいる店も多いですが、人数はそれほど多くなくて若い子は争奪戦になる事もしばしばです。
でも、ちょっと年齢が行っている女性でも可愛らしい女の子は沢山いますから、となりに付いた女の子にはなるべく年齢は聞かないようにするのがスナックのマナーです。
30前後の女の子はとても年齢の事を気にしています。初対面ですから話題がなくて、別に変な気持ちはなくてもつい年齢の事を話題にしてしまうかもしれませんが、そこは培った話術で補うようにして年齢を聞かないようにしてみましょう。
「お客さん、私の歳聞かないんだね」という風な事を女の子が言えば、その子はあなたの事が気に入っているサインです。そういう話題が出た時には、さりげなく年齢を聞くようにすると良いでしょう。

簡単に女性を口説こうとしない

スナックにも綺麗で可愛く、話も上手な女の子が沢山いますから、そこで恋心を抱いてしまう男性が多いのも事実です。
でも、そこで好意を抱き過ぎてしまうと、スナックでモテる男にはなる事ができません。スナックの女の子たちはキャバクラの女の子以上に男の本性を良く見ています。相手も営業ですから、好意を持っているような態度を取る事もありますが、初めのうちは殆どが営業用の態度であると思っておくようにした方が良いでしょう。
ちょっと営業用の甘い態度をとられると、すぐに「相手が自分に好意がある」と思い込んでしまう男性が多いですが、それでは相手は逃げていってしまいます。嬉しくなる気分は理解ができますが、大人のたしなみとしてクールに振る舞い、「それでも、自分の世界には入り込ませないよ」という思いを口ではなく態度に出すようにして接するようにしてみましょう。
相手は今までのお客さんとは違う反応に驚き、あなたを「ちょっとこの人は違う」という風に見るようになってきます。そうなると次回にお店に行った時でも呼ばなくともあなたの側に付いてくれるようになりますから、そうなってから段々と女の子と打ち解けるようにするのがスナックの女の子からモテる秘訣になります。
すぐに身体を触ったりする男性もいますが、これもご法度です。触りたい気持ちはわかりますが、ある程度クールに紳士を気取って振舞っていれば相手から近づいてきてくれるようになりますから、ぐっと堪えてとにかくクールに振舞うようにしましょう。

その店のママに好かれるようにする!

何よりも大事なのは、その店のママさんに好かれるようにする事。これが、スナックでモテる為の最大の秘訣になります。
キャバクラと違ってスナックにはママさんが必ずいます。お店で女の子をどのお客に付かせるかも全て采配をしているのがママさんですから、スナックでモテたいと思ったら、まずはこのママさんに好かれなくては勝負になりません。ママさんに好かれると言っても、別にお店でガンガンお金を使ったりするだけが経営者であるママさんから好かれる秘訣なわけではありません。
お金をある程度使ってあげるのは当然ですが、もっと大事なのはお店の雰囲気をワイワイ楽しいものにするお手伝いを買って出てあげるという事です。他のお客さんがカラオケで盛り上がっていれば合いの手の一つも入れてあげたり、お気に入りの女の子が別のお客さんに付いてしまってヘルプの女の子が付いてしまっても、寛大な態度で楽しく振舞ってあげたり。
その辺のコミュニケーション力などをママさんは常に観察していますから、ママさんにそのあたりの能力を認めてもらえば、「ここは勝負」という時には必ずお気に入りの女の子を付けてくれるようにもなりますし、女の子の前でもあなたの事を褒めて、あなたのポイントアップにも色々と貢献をしてくれるようにもなります。
「ママを制するものがスナックを制する」というのは少々大袈裟かも知れませんが、とにかくママさんを抑える事がスナックでモテる男になる為の必須条件である事は間違いありません。是非とも現場で実践してみてください。

クラブホステスをするなら、特定のお店に入店するのと派遣とではどちらがいいのでしょうか?

ホステスの派遣システムとは

ホステスの派遣会社とは、その名の通り契約を結んでいる店舗にホステスを派遣する会社のことを言います。派遣会社と店舗との契約形態は、毎日必ず5名なら5名を必ず派遣する。その派遣メンバーについては、店舗側からの指名のホステスもいれば、とにかく5名なら誰でもありというお店もあります。さらには、当日その店舗の休みのホステスが多く、急遽あと2~3名を追加して派遣要請に応えるという場合もあります。日常の派遣契約がない店舗からの、急遽の派遣要請に応えるのです。
派遣ホステスの給与に関しては、派遣会社はがホステスの給与を集金し、本人に渡す契約形態、給与は店舗から本人に直接渡してもらう契約形態、の2通りがあります。また、店舗が夜逃げしたり明細と本人との計算が合わなかったりした場合は、派遣会社が店舗と交渉したり、給与の保証はしてくれるようですが、これも派遣会社によって様々なので登録する前に派遣会社がどの程度自分を守ってくれるか、給与のトラブルを肩代わりしてくれるか、そしてどのような店舗との契約があるか等、ちゃんと調べた方が良いでしょう。

特定のお店で働く事との違い

派遣のホステスとして働くことの利点としては、昼の仕事との両立ができる・ノルマがない・お客様や他のお姉さんとのしがらみがない・その都度お給料を貰える…などです。また、派遣会社によってはドレスのレンタルができたりヘアメイクが免除されるところもあるようですが、年齢制限があります。
一方、特定の店舗に入店すれば毎月ノルマが課せられ、出勤時のヘアメイクは必須でドレスも指定日に新調した物を着なくてはならないですし、売り上げのお姉さんやママとは持ちつ持たれつでうまく人間関係を築いていかなければなりません。しかし、ある程度の信頼関係ができればお客様を紹介してくれますし、同伴などにも呼んでくれるようになります。これは後々自分のお客様になってくれる場合がありますので、ホステスとして長く働きたいのであればかなり有利になります。銀座はお客様を持っていれば何歳まででも働けるのです。
どちらにしろ、自分のライフスタイルや目的にあった働き方を選択するのが良いでしょう。

ちゃんとホステスをやりたいのなら入店するべき

確かに派遣は気軽に始められる仕事ですが、銀座ではまだ派遣のホステスを使う事は嫌われる傾向があるようです。真剣にホステスの仕事をしている人にとって、プロ意識のない、仕事を甘く見ている子という風に見えてしまうのです。クラブといってもミニクラブやスナックみたいな、家庭的な店であれば派遣歓迎の店もあるのかもしれませんが、客層のよい高級なお店ほどプロ意識とプライドの高いホステスが多く、派遣を嫌がります。なぜならば、あまり素性の分からない女性に自分のお客様を任せるのは不安ですし下手に連絡先を交換されても後々何かあったあとの始末は係りであるその女性がしなければならないからです。
完全に割り切って派遣としてホステスをするならまだしも、ゆくゆくはちゃんと働きたいのであれば、やはり特定のお店に入店した方がいいでしょう。

キャバクラよりも気軽に行ける!?スナックの魅力とは何なのでしょうか?

そもそもスナックとはどんなところ?

スナックとは、元来スナックバー(snack bar)のことで、軽食(スナック)を提供するバーを意味しています。
飲み屋でお店の女性が隣に座って接客すると風営法の対象となるため、営業時間は深夜0時までとなってしまいますが、 スナックの接客はカウンター越しですので風営法は適用外となり、明け方近くまで営業しているお店も少なくありません。
一昔前の大半のスナックには男性のマスターやバーテンダーがいましたが、 最近ではお店を切り盛りしているのは、ほとんどがママと呼ばれる女性です。 スナックというと、お店の方もお客さんも年齢層は高めというイメージがあるかと思います。 確かに大部分のお店はその通りです。しかし、最近は「本当にスナック?」と疑問に思ってしまほど、若くてキレイなママ・店員さんが増えています。 都市部では20代のママも見かけるようになりました。しかもクラブやキャバクラよりも安く楽しめるのです!

キャバクラとは何が違うのでしょうか?

スナックはママや店員さんだけでなくお店の常連さんまでが温かいです。とにかくアットホームです。
また、2時間~3時間で3000円~5000円前後という良心的なお店が多いと思われます。
ボトルを入れるとそこにボトル代がかかりますが、キープしておけば次回以降は更に安上がり。
セット料金ではなく、チャージ料金を取るお店であれば、時間無制限ですのでいつまででも呑めてしまいます。
また接客にも大きな違いがあります。お店の女の子がお客の隣に座って接客してしまうと、風営法が適用されてしまい、 午前0時に閉店しなければならなくなります。 ですから、接客はカウンター越しです。
キャバクラに比べ、スナックに若い子が増えていると言ってもやはり年齢層は高めです。しかしその分、重みや含蓄がある話を聞けたりするのです。

キャバクラにはないスナックのとは何なのでしょうか?

キャバクラとの違いがそのまま魅力と言ってもいいですが、キャバクラやクラブなどと比べると料金は安価です。
オーナーママのお店では、常連になると会計が不明瞭になってきたりもします。
不明瞭と言っても、高額な料金を請求されるのではなく、むしろ逆に非常に安い値段を請求されることもあるのです(笑)
そして何より、やはりアットホームな空気感が魅力です。おつまみにママの手料理が出てくると、心も温まります。
ママや店員さん、お客さんの年齢層は高めですし、常連さんが多いと行きづらいと思うかもしれませんが、思い切って飛び込んでみれば、きっとみんな温かく迎えてくれますよ。
愚痴をこぼせば叱咤激励してもらえますし、嬉しいことがあれば一緒に喜んでくれます。
スナックの中には、古き良き日本の姿があるのです。

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool