おっぱぶ・セクキャバのお給与システムってどうなってるんですか?

儲かるの??おっぱぶの給与システムについて

おっぱぶ(おっぱいパブ)含め水商売はポイント制や給率制などなど、一般にはあまり使われ無い給与システムを採用していて、未経験の方は特にはわかり辛くなっていますよね。
無事入店が決まってもお酒の作り方や礼節、お店のルールと、覚える事がたくさん!
結局給与システム辺りの複雑な部分ががなぁなぁになってしまい、人によって理解にムラがうまれてしまってます。
聞く人によって言う事が違ってこんがらがる!そんな声をよく聞くので、今回は簡単におっぱぶ(おっぱいパブ)やキャバクラなど
夜のお店のメジャー所な給与システムについて説明します。

主に3種類。色々な給与システムあれこれ

まずはポイントスライド制。
多くのお店で使われているシステムで指名できてくれたらポイント、同伴や延長してくれたらポイントなど。
ポイントを稼ぐ事で、売上が上がっていく給与システムです。
決められた期間内に稼げば稼いだだけ時給が高くスライドしていくので、知ってみると以外ととシンプルで解りやすいかもしれません。
また、下の給率制と比べて掛かるプレッシャーが少ないので、あまり経験のない人や、兼業の学生さんなんかに向いてるかもしれません。
続いて売上スライド制。
上記のポイント制のポイントが売上になっただけですが、期間内に指名のお客様の売上から時給を決める給与システムです。
ポイントでなく売上さえ作れば高時給が狙えるので、少なくても太客をもっている女の子は勇利なシステムかもしれません。
最後は給率制。
女の子がいる事はお店にとって黒字か?赤字か?に注目したシビアなシステム。
つまりその女の子の”売上げた額”と”支払った給料”の比率で
時給が変わる給与システムで、主に高級店で使われています。
たとえば、その月の給与が50万円、しかしその月に売上を100万円作ったとします。
50÷100=0.05。そこへ比率なので100を掛けて50%です。
つまり売上の半分が給与という事で、その女の子のおかげでお店が潤っているのがわかります。
しかし、逆に給与が100万円、売上50万円の月があったとします。
給率は200%、その女の子が売上げた倍の給与を払わなければならず、その女の子が在籍している事で利益が減っているのがわかります。
他と比べはっきりと黒字・赤字がわかる為、黒字なら当然時給アップです。
80%を目安にしているお店が多く、売上を作れば作るほど高時給になります。
しかし赤字だと時給が下がるどころか解雇要因になる可能性もあるとても緊張感のあるシステムです。

地域によっても傾向異なる色々な給与システム

紹介したもの以外でもポイントと売上どちらも考慮して時給を決める売上・ポイントスライド制等もあります。
何をすればポイントがつくのか、幾ら売上たら幾ら時給が上がるのかなど、細かい部分はお店によって違いますが、自分のお店はどの給与システムなのか、どうすれば時給が上がるシステムなのかを知っておく事で、どう立ち回ればより稼げるのか理解できます。
しっかりと給与システムを理解し、楽しくお金を稼いでくださいね。

キャバクラのお仕事って楽に稼げるんでしょうか?

求人検討中の方必見!キャバクラの華やかな世界とお給与について

綺麗なドレスを来て、かつ高額なお給料が貰えるキャバクラのお仕事。
服やらコスメやらエステやら、普段我慢しているアレやコレ。お金さえあれば我慢も必要無く、華やかに稼ぎたい!と憧れている人もいるのではないでしょうか。

今回はそんなキャバクラの求人に応募するか迷っている方々にむけて入ってすぐ後悔の連続・・・なんてならないように私の主観でメリットやデメリットを綴っていきます。

メリットはなんといっても高給

メリットはやはりなんといっても高額な時給!カフェや居酒屋でのアルバイトだと千数百円が関の山ですがしかしキャバクラでは2〜3,000円と今の数倍貰えるのが普通です。
1時間働いて2〜3時間分の給料を貰えるので、ダブルワークしている人など時間が無い人は特に良いかもしれません。

さらにそこに指名やドリンクを貰った場合ロイヤリティが払われます。売れてくると一ヶ月で100万円以上稼いだ!という話もザラに聞きます。
さらに一緒に働くのは美意識の高い若い女の子たちです。

いろいろ情報も入ってきて女子力が上がる!という意見もあります。

メリットだけではありません!努力も必要!

一見良いとこ尽くしのキャバクラ求人。しかし楽しいだけでは勿論ありません。
そもそも高額なお給料は余ってる訳ではなく、それに見合った仕事を求めるから払われます。

キャバクラ此所の格式にもよりますが、世間一般的な常識や振る舞い、話題を提供し楽しませられる程度の教養が求められあまりにひどいと怒って帰ってしまうお客さんもいるでしょう。
しかし、そういった場に身を置く事で、嫌が応にも教養や常識的な立ち振る舞いが身につく。といった側面もあります。
またキャバクラでは一定の”ノルマ”を課しているお店がほとんどです。

もちろん罰則目的でやってる訳では無いので、必死に頑張れば達成できるよう上手い具合に設けられていますが、ある程度勤めると調子が悪くて伸び悩んでしまう月もあります。
ぜんぜん指名も呼べず売上が立てれなくて、男子従業員の圧が怖い。なんて事もありえます。

そして思いの外大きい”罰金”制度。遅刻や当日欠勤、無断欠勤。全て罰金対象です。

遅刻は勤務時間を減らされるなどの場合もありますが、欠勤は1万円以上が殆どです。

理由など話を聞いてくれるお店もありますが、お店のスケジュールは遵守しましょう。

     

デメリットもいくつかあげましたが、個人的にはおしゃべりが好きな人、ニコニコと愛嬌のある人、気配りのできる真面目な人なんかは以外とキャバクラは向いているかもしれません。
高額なお給料の反面、他では経験しない苦労もしうるキャバクラの求人。

求人に応募した後、上手く立ち回れず伸び悩む期間があると思いますが最初からなんでもうまくこなせる人なんて本当に一握りです。なにがあっても、ある程度続ける事で見えてくるものもあるのでしばらくは続ける!という覚悟は持って挑みましょう。

0ヘルを卒業して売上として新しいお店に移るベストなタイミングとは?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。
今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。
また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。
クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。
また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。
お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。
このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

振り回されるのも嫌じゃない?…ホストの思わせぶりな態度はどうやって見極めたらいいのでしょうか?

ホストクラブでよく使われている「本営」と「友営」とは

ホストクラブへ居酒屋感覚で通える女性はごくわずかなのではないでしょうか。
一回飲みに行けば万単位のお金を使うことになりますし、イベントなどでは特別にシャンパンや高級ボトルでお祝いしてあげるなんてこともしばしば…
ホスト側もその金額に見合った接客しなくてはなりませんし、お客様によって営業方法を変えています。
みんなでワイワイ飲んで楽しみたいお客様には「友営」と呼ばれる方法で営業をかけます。時には女性の相談に乗ったりしてまるで男友達のように接し、身近な存在に感じてもらうのです。一方、さも付き合っているかのような感覚で営業をかけることを「本営」と言い、恋人のようなメールや電話をしてお客様との距離を縮めていきます。

一度も指名していないのに、休日デートに誘われた!!これはいわゆる育て?

初回で飲みに行った先のホストと連絡先を交換し、やり取りを続けているうちに「休日どこか遊びに行こう」とデートに誘われた!!まだ一度も指名してないし、正直飲みに行くお金もないので外で会うのはなんだか悪い気がする…こんな経験をしたことのある方もいるのではないでしょうか?
初回から次の本指名へと繋げるのはホストにとって腕の見せ所な訳ですが、やはりお金が絡んでいることもあり女性は警戒しがちです。そこで、休日など自分のプライベートな時間を使うことで警戒心を解いていくのです。これをホスト業界では「育て」と呼びます。そして警戒心がなくなったところで初めてお店に呼ぶのです。
しかし、中には営業関係なく「趣味カノ」として本当にデートに誘われている場合もあるようです(笑)
何を考えているのか分からないと最初からガチガチの警戒心で挑むのではなく、誘われたら素直にお誘いに乗ってみるのも何か新しい発見があるかもしれませんよ!

ホストから家に行きたいと言われた…、その真意とは?

女性の家に行きたがる男性はなにもホストでなくてもたくさんいるでしょう。女性側も気になるホストから家に行きたいと言われればさらに親近感が湧く気がして、ついつい招いてしまいたくなりますよね。
しかしホストがこのような言葉を発する時は、次へ繋げる営業のため、または自宅よりもお店から近いなどの理由で単なる宿目的で女性の家に行きたがる場合がほとんどです。特に色恋営業をしているホストはやたら家庭訪問をしたがりますが、あまり自分のプライベートな領域に招くのはオススメしません。あくまでもお店の中で楽しむというスタンスを崩さないようにするのがホストクラブをうまく楽しむコツなのではないでしょうか?

知り合いがいないと入れない!?銀座にも一見さんが入店できるお店はあるのでしょうか?

銀座の代名詞!!一見さんはお断りな高級クラブ

タイトルの通り、高級クラブと呼ばれるお店は一見さんはお断りしている場合がほとんどですので、基本的には飛び込みで飲む事はできません。 つまり、そのお店に知り合いがいないと入れないのです。主に会員制のクラブで飲む方法としては、ママやホステスのお客様、オーナーやスタッフの知り合い、そのクラブを知っている人からの紹介…など要は誰かしらの紹介があれば入店する事ができます。
クラブは時間制ではなく、座っていくらというシステム。 高級クラブでは「座って3万」という言葉をよく聞きますが、 初回は必ずボトルを入れなくてはいけませんので、実際は1番安いボトル代を入れても合計6~8万くらいかかります。しかし最近では1時間30分経つと、タイムチャージを取るお店も出てきました。
「クラブ」にはオーナーママやママが1人以上いて、大箱になるとチーママ含めママが3人くらいいるお店もあります。

アットホーム系クラブ(ミニクラブ)

クラブと呼ばれるお店の中でも、料金設定が高級クラブではない所をアットホーム系クラブといいます。 クラブのような高級志向店と、カラオケがあるような家庭的なお店と大きく分けて2つあります。ある程度お客様を持っているホステスが独立してオーナーママとして自分のお客様だけで営んでいるような所が中心で、全体的に小規模で誰でも気軽に入れます。しかし、特に宣伝をしている訳ではないのでやはり誰かの紹介などで出向くのが一般的です。
また、カラオケがあるお店などはアフターなどで使われる場合も多く、高級クラブで働く女性は何件か使えるお店を知っているので、お客様に合わせてセレクトしています。
料金の相場としては、やはりお店のランクにもよりますが1万〜4万くらいで楽しめるようです。

キャバクラ・ニュークラブもあります!

昔は銀座でキャバクラは邪道だというイメージがありましたが、近年ではだいぶ増えてきているように思えます。
もちろん会員制ではないので、新規のフリーのお客様は広告やビラを見て入ります。また、クラブから出てきたお客様を待ち構えている黒服が外に立っている場合もあります。
通常はママがいなく、指名制で時間制セット料金になっています。ニュークラブはキャバクラより料金の設定が高めなようです。 キャバクラは時間制なので、長くいればいるほど料金が上がります。延長を重ねるとクラブより料金が高くなる場合もあります。
クラブのシステムに慣れていると、時間制をいうことをついつい忘れてしまうので注意が必要です。

ホストクラブでは、本指名の他に必ずヘルプのホストもつくのが普通なのでしょうか?

ヘルプとはどのようなポジションなのか

ホストを始める上で必ず通らなくてはいけないのが「ヘルプ」というポジション。
ヘルプはいわゆる指名のホストがいるお客様の席に着き、担当ホストが指名被りなどで席に着けない時にその席を盛り上げるのが役目です。また、他のホストが売り上げを上げたい時に呼ばれお酒をあけるという役目もあります。
通い慣れているお客様の中には、お気に入りのヘルプを「ヘルプ指名」して担当がいない時に一緒に楽しんだりしているようです。あまりよく知らないヘルプが何人も着くのではなく、気心の知れたヘルプを呼べば、より楽しい時間が過ごせるのではないでしょうか。
ヘルプといっても全く売り上げがない訳ではなく、入店したての未経験者以外は大体お客様を持っているので、お互い持ちつ持たれつでヘルプをして助け合うのです。

できるヘルプとはどんな人の事を言うの?

ヘルプはあまりホストで言うと花の無いイメージがあるかもしれませんが、ホストクラブを経営する上ではなくてはならない存在です。ホストは一人では何百万もの売り上げを作る事はほぼ不可能で、どんな店でも売れてるホストなら必ずヘルプの力を借りないと売り上げには結びつかないからです。
では、できるヘルプとは一体どのようなホストの事を言うのでしょうか?
ホストを始めたばかりの子はまずヘルプで気に入られるように立振舞わなければいけません。ここで重要なのは、お客様は指名の担当を目当てで来店されている方が殆どであるということ。ヘルプで席に着いているという事は、お客様からすると着かせてやっているという感覚です。これをわきまえているヘルプは、絶対に初めから生意気な態度をとったりだらしない座り方をしません。また、いくらお客様が自分よりも年下でも、いきなりタメ口をきいたり、呼び捨てで名前を呼んだりもしません。
最近は、このような基本的な事を自然にできるホストがやや少ないように感じます。初対面での親近感も重要かもしれませんが、接客業としてそれはどうなのでしょうか?
あえてバカをするのと、何も知らないでバカをするのとでは全く話が違います。ただの勢いではなく、そつのない接客ができるホストはどの席に着いても完璧な接客ができるはずです。

ヘルプとの上手な付き合い方

まず初見で毛嫌いしないことは意外と肝心です。よく知らないうちに『嫌い』という感情を持ちますとそれが影響して、その後の会話も弾みません。そうなると結果的につまらなくなります。
次にもう生理的にダメな場合は思い切って担当に告げましょう。無理に話そうとすると楽しめませんし、お金を払っているのに楽しんでくれないことを担当も望んでいません。また嫌なことを言われた、された場合も担当に告げるとよいです。これはヘルプの為でもあって、本人に悪気がなければ改善されるでしょうし、そもそもの性格が合わない場合は二度と付かないようにしてくれるでしょう。とにかく、担当の前で良い顔がしたいからと我慢するのはいけません。「これって店的にどうなの?」ってことを言われた場合も言いましょう。言わずにいると後で担当に「おいおい、隠し事かよ」とか変に勘ぐられて気まずくなってしまうかもしれません。
地味に気になるところで言えば、ヘルプのドリンク。これつきましては、前もって「今日はボトルで」とか「好きなのでもいいよ」などあらかじめ担当に言っておくといいでしょう。

ホストが枕営業しようとしてくる女性とはどのような女性でしょうか?

一人暮らしの女性は狙われやすい

「ホストは、寮に住んでいながら、何人かの女性の家にもちょっとだけ荷物を置いて、女性の家を泊めてもらいながら渡り歩く。こういう、“半同棲型”の枕営業は、店から近いところに住んでいる女性の方がしやすいね」と語るホストのAさん。
さらに、閉店まで飲んでいる女性だとさらに誘いやすくなるんだとか。「やっぱりなにかと、閉店まで飲んでくれている子は狙いやすい。向こうもアフター狙いな感じもするし、そのまま朝まで。こういう関係にして、リピーターを作るのも立派な営業方法だと思う」だそうです。
逆に大好きなホストに枕営業されたいのなら、閉店までいてみてもいいのかもしれません。ただし、“枕”をするホストは不特定多数の女性とそういうことをしているので、うっかり自分だけと錯覚しないようにその点は十分にご注意を。

ズバリ、顔が可愛い子

Aさんは続けて語ります。「ぶっちゃけ、店からの指示で枕営業することなんてあまりないんです。ここだけの話、9割が趣味。だから、チャラいホストがいろんな女と好きで寝ているだけっていうのが多いかな。ただ逆に言えば、ほんとうに好みの女性への個人的なアプローチとしての枕営業もなくはないね」
いくらホストといえど、仕事が終われば一人の男性です。お店にタイプの女性が飲みに来たら、口説きたくなるのは男性の本能からでしょう。
全ての女性に営業目的で枕営業をしていたら体力も持ちません!営業なのか、趣味なのか…ホストとうまく遊ぶにはしっかりと冷製に見極める力を身につけましょう。

ホストの枕営業にそれ以上の感情はありません!

働いている女性のみなさんのなかには、自分へのご褒美としてホストクラブに通っている人もいるかもしれません。それは男性がキャバクラを娯楽としているのと同じように、女性にとってもホストクラブは立派なエンターテインメント。
そして枕営業は都市伝説なんかではなく、ほんとうにある話なのです。愛しているフリでお金を奪ってしまうこの枕営業に引っかかってしまうと、もう引き返すのは難しいでしょう。女性は感情的な生き物なので、一度体の関係を持ってしまうと情が移りやすいですが、ホストからしてみれば一時の快楽と次の来店へ繋げる手段の一つでしかありません。
愛を与えているつもりが、相手が受け取っているのはお金だけで、気持ちはスルー。そんなの辛すぎます。あくまでも、相手がホストであるという現実を忘れずに向かい合ってくださいね!

担当のホストにクリスマスプレゼントを渡したいのですが、何がいいですか?

ホストがよく身につけるアクセサリーとは

仕事中も身につけていられるものといえば、アクセサリーですよね。はたして、ホストな男性たちはどんなアクセサリーを愛用しているのでしょうか。
多くのホストのファッションに見られるのは、まずはブレスレット・リング・ネックレスといったところでしょう。もう少し凝ったコーディネートをしているホストが身につけているのはカフスやタイピンなど、ふとした時に見えるアクセサリー類です。
しかし、最近のホストはキラキラしたスーツよりもより私服に近い服装をしているホストも見受けられます。とはいえ、やはりアクセサリーはやはり一番渡しやすいプレゼントなのではないでしょうか?担当ホストが普段どのようなアクセサリーを身につけているのかチェックしてみましょう。

物をあげる代わりに、お店で高級ボトルを卸す

何をあげたらいいか迷った時に最も手っ取り早く喜んでくれるものといえば、やはりシャンパンや高級ボトルなどの酒類ではないでしょうか。むしろ、物よりもボトルを入れてくれた方が喜ぶホストもいると思います。
身につける物をプレゼントしたとしても、そのホストが常に身につけてくれるとは限りません。でしたら、お店に行けばテーブルに飾っておくことのできる高級ボトルをたまにはプレゼントするのもいいのではないでしょうか?

プレゼントはインパクトが大切

男のひとだって、キャバクラやガールズバーに楽しく飲みに行くんだから、女性だってホストクラブに行って悪いわけがありません。
それに、店員とお客とはいえ、そこはひとりの男と女。いつの間にか、恋人同士に発展するということもあるでしょう。
そんなホストな彼は、クリスマスはお仕事かもしれません。ですが、せめてクリスマスプレゼントは贈りたいですよね。
お酒にしろ、アクセサリーにしろ彼の思い出に残るようなプレゼント選びをしてみましょう。

ホステスとして売上を保つにはどうしたらいいのでしょうか?

高級クラブで求められるスタイル

例えば銀座には高級クラブが何件もあるので、全てはお店側の判断になりますがお客様を持っていない場合はやはりビジュアル面は重要です。理想としては身長から体重を引いて110~115位がベストなようです。太めの方は着物でカバーもできますが、「体型ぐらいしっかり節制をしてみせる」という意気込みだと自分にも自信がつきます。つまり、体形には日頃の自分の生活スタイルが表れてくるのです。
近年、銀座は顔よりも全体的なスタイル重視の傾向がありますがダイエットのしすぎは禁物です。痩せていれば良いという訳でもないのです。痩せ気味の女性は肌質にも注意です。肌質はすぐに改善できるものではありませんが顔色が悪い場合は、チークやコントロールカラーで調整しましょう。胸の開いたドレスを着るとどうしてもバストが小さくなりがちですが、ヌーブラ2枚重ねてみるなどテクニックを磨きましょう。また、特に髪質には厳しいお店が多いので髪にいいものを意識して食べたり、ストレスと上手にお付き合いしなくてはいけません。

身長が低い場合にはどうしたらいいのか

銀座の高級クラブ、特に大箱は背の高い女性を好む傾向にあります。とは言え、ヒールを履いたら170cm以上になってしまうとさすがに高すぎるのではと思うかもしれませんが、このようなお店には派手なお客様も多く、つれて歩いていて見栄えのする女性が良いとされているので、背が高すぎるというような心配もいりません。体型を生かし、ロングドレスやスーツを着こなすとカッコいいです。その際は、猫背に気をつけて堂々と歩きましょう。
一方老舗のクラブにいるオーナーママなどは、綺麗な女性よりもかわいい女性を好む場合が多いです。しかし、それでも140cm台の女性は少し低めだと思いますので、ヒールが高めの靴を履いた方がいいかもしれません。
スーツよりドレスいいでしょう。ロングよりもミディアムドレスがバランスよく見えます。ワンピースもいいですね。着物を着ると、より可愛らしい姿をアピールすることができます。

自分を綺麗に見せるコツとは?

常に自分を研究している女性は、自分がどのようにすれば美しく見えるか分かっています。 自分に似合う服装、色、デザイン。しかし他の人の服装やヘアースタイルが可愛いからと言っても全ての人に当てはまるものでもなく、身長や肌の色でも変わってきます。
全体的に重要なのは姿勢です。どんなに着飾っていても姿勢が悪いようでは、野暮ったくなり全てが台無しになります。
水商売は自分自身が商品のようなところがありますので、姿見などでしっかりと研究しておきましょう。女性らしい立ち振る舞いは、雑誌や映画を見て自分が美しいと思う人の動きを研究してみるのもいいでしょう。ポイントは優雅に見える、という事なのですが、直線と曲線と余裕、これに注目です。
目の位置、手の場所、足の置き方、など少し意識することで、ぐっと変わります。
全体的には肩甲骨を閉めるような感じで、あとは何でも交差するようにすると女性らしさがアップします。

生理的に合わないお客様をホステスとして接客する時はどのようにしたら良いのでしょうか?

生理的に合わないかも!?と思ってしまう苦手なお客様

夜のお店はお酒を提供する場ですが、お酒が入ると人格が変わってしまう人がいます。さらに、大声で怒鳴り散らしたりしまいには説教をはじめたりする人も中にはいます。
何でそんな事するのか…?それは怒鳴り散らす事や説教をする事で、ストレス解消をしているのです。どのホステスが着いてもそのような態度だと、その確率が非常高いようです。また、飲み慣れているお客様の中には新人ホステスを育てるのが好きなお客様もいるので、親心のようなものから色々言われる場合もあります。 とにかく普段できない事を、お金を払う事で解消している場合が多いです。そうじゃなければ何度もお店に来ませんし、気に入らないお店や女性だったらそもそも飲みになんて来ないからです。つまりホステスの高いお給料の中には、そのようなお客様からのお小言にもガマンして耐える料金も入っていると考えていいと思います。

気難しいお客様への対処方法

気難しいお客様の接客は疲れるので避けてしまうホステスが多いですが、 お客様も自分が気難しい事くらいは分かっているのです。 それでも自分に付いてきてくれる、というその気持ちがどこまで本当のなのかあえて試しているのかも知れません。実際、女性の事を信頼したそのようなお客様はとても良いお客様に変化したりするのです。
夜のお店は、スタッフ、ママ、お姉さん達から試される場面というのがあります。 そこをどう乗り切るか、切り替えすかでホステスとしての才能や素質を見られているのです。 嫌な事があるからとすぐ訴えるのではなく、そのような場面をうまくクリアできれば周りからの評判もさらにアップするでしょう。
気難しいお客様はどのお店にもいます。しかし気難しいと言われているお客様にこそ愛情持って接するべきなのかも知れません。

お客様の前でホステスである為の心構えとは

ホステスは女性特有のお仕事です。 外見をより女性らしく華やかにする必要があります。 お店やお給料によっても、ホステスとして求められるレベルの差がありますが、 「女性らしく」というのは、全てのホステスにおいて共通して求められるものです。
この女性らしく、というのは仕草であったり言葉遣いであったりするわけですが、 これは最初はできなくても、 色々なお客様と接して行く事で段々磨かれていくのです。
このような仕草や振る舞いは、意識的に女性らしさを演出しても限界があり、やはり自分が内面から女性らしくなろう、という気持ちがなければ所詮それは形だけのものになってしまいます。自分で努力しているつもりでも、相手に伝わらなければ結局それは自己満足なのです。
気持ちを込めたおもてなしでなければ、当然相手の心には響きません。上手くできなくても、心を込めるというのが何より大切です。

笑顔の裏には本当の顔が?!…気をつけた方がいいホストの特徴はあるのでしょうか?

なんだか憎めない!?失敗は笑顔でカバーするホスト

周囲から「ダメ男」のレッテルを貼られているのに、なぜか女の子にモテる人を見かけたことはないでしょうか。
ホストはその女性特有の心理を見事に突いている職業なのではないでしょうか?
そんなホストの特徴としては、まずはおっちょこちょいな男性。こんな男性のことを手がかかる子どものように感じるようです。
また、ダメな人の笑顔ほどキュンとしてしまう女性も多いようです。「おバカな発言」をしたときは言いわけをせず、笑顔でごまかしてしまうのです!さらにそれがまかり通ってしまうから不思議ですよね。

頼りないけど、甘え上手なホスト

『○○がいないとダメなんだよー』とか言われると断れなくなる」という声もあるように、目当てのホストから上手に甘えられるとかまってあげたくなるようです。
ひたすら低姿勢でお願いされると、つい応じてしまうのかもしれません。しかし、自分が叶えてあげられるお願いならまだ良いのですが、高いシャンパンやボトルなど女性側が無理しなくてはいけないお願いはキッパリと断れるようでないといけません!
また、一生懸命な姿に胸を打たれる女性もいます。かなりの不器用でも、なんでも全力で取り組んでいれば、その姿を愛おしいと感じるようです。この行為、直接的なお願いではありませんが結局女性が心を動かされている事から、間接的に甘え上手だと言えるのではないでしょうか。

とにかく母性本能をくすぐるホストには要注意!

放っておいたら消えてしまいそうな男性、頼りない男性・・・母性本能をくすぐられるポイントは様々です。また、締め日などの一番大切なところで失敗してしまうところに同情する女性もいます。勝負までの過程を知っているだけになおさら母性をくすぐられてしまい、そのホストをささえてあげたいという気持ちになるようです。
「母性本能」とは、女性特有の感情です。目当ての担当ホストが、意図的にやっているのかそれとも本当におっちょこちょいで頼りないのか・・感情のまま言いなりになりお願いを聞いてしまうのではなく、女性側もその都度冷静な判断ができるようになることが必要なのではないでしょうか?

お金を払ってチャットを続けていれば目当ての女性と結ばれますか?

あわよくば精神で出会いを求める男性もいる

普段からライブチャットサイトでチャットレディとの会話を楽しんでいる男性は、少なからずチャットレディと実際に出会いたいと思っている人がいると言えるでしょう。
しかしあくまでもライブチャットサイトの定義としては、バーチャルな空間での楽しみという位置づけであり連絡先などの交換は禁止しているサイトが多いようです。ただ、それでもツーショットチャットなどでは基本的にお客である男性とチャットレディとのマンツーマンのチャットとなりますので、その際に連絡先などの交換を希望する男性は少なからずいるようです。
サイト内で働く多くのチャットレディが本当にごく普通の女性でありますので、もしかしたらいけるかもしれないという下心を持って足繁くチャットをしにライブチャットサイトにログインする男性もいるようです。

女性側も出会いを求めているのか

実際のところは、このようなライブチャットの中でインターネットの枠を超えてチャットレディとリアルで出会う事ができるものなのでしょうか。
もちろん気が合えば出会えることもあると思います。しかし、お客である男性があわよくばという下心を持っているのとは対照的に多くのチャットレディはあくまでも実際に男性と会うことなく仕事ができる、ということにメリットを感じてチャットレディのお仕事をしているケースが殆どであるようです。実際に出会うチャンスはまったくゼロではないものの、あまり現実の出会いを求めているという女性ではないことが多いと言えるでしょう。
またチャットレディはあくまでバーチャルでありますので、パフォーマンスをする際にすべて本当のことをさらしてチャットレディの活動をしなくてはならない、ということもありません。本当は専業主婦で子育て中だという女性が、独身といつわってチャットレディをやっていたり、多少の年齢の詐称などをしてチャットレディをやっているケースもありますので、もとから実際に出会うつもりや期待がないという表れであることがわかるのではないでしょうか。

女性がなぜライブチャットサイトで働いているのかを考える

上でもお話した通り、実際に接客するキャバクラとは違ってチャットレディのお仕事はインターネット回線を通じてのあくまで「チャット」だからということが、高い安全性があるとしてメリットと感じている女性がほとんどだということです。
実際に会わなくてよいチャットがお仕事であるチャットレディだからこそ、その仕事に魅力を感じているということが少なくなく、ライブチャットサイトを利用している男性には酷ですが、チャットレディと実際に出会えるチャンスの期待は薄いといってもよいのではないでしょうか。
このようにチャットレディのお仕事は、ネットの枠を超えて男性から連絡先の交換の希望や実際に出会いたいというお誘いがあることも多いのですが、もちろん会う必要はなくまた自分の身を守るためにもお客さんとはあくまでもバーチャルな関係で居た方がよいようです。

彼氏がキャバクラの様な女性が接客してくれるお店に行っているみたいなんですが、どうしたらいいですか?

男性がクラブ・キャバクラに行く理由とは?

なぜ彼女や妻がいながらも、男性はキャバクラに行くのか?
お酒が飲みたいなら居酒屋に行けばいいものを、わざわざ高いお金を払って女性にお酒を作ってもらう。これは女性にとっては理解しがたい行為だと思います。水商売経験のない女性なら尚更のことでしょう。
ここでは「男性」と一括りにしましたが、クラブやキャバクラに行く理由はもちろん人それぞれ。
個人的に気に入った女性がいて、その女性に会うために飲みに行く男性やただ仲間で盛り上がりたいがために飲みに行く男性。または、仕事でクラブを接待の場にする時もあります。
一時期よりは少なくなりましたが、仕事の接待の二次会はクラブで…というのが一般的だった時代がありました。
固い会議で無事に契約もまとまり、夜はそのメンバーで食事に向かう。そこで多少お酒も入り、ざっくばらんな会話ができるようになります。これから仕事で付き合っていく上で、さらに仲を深めておきたい…そんな時に、クラブのホステスのような接客のプロが間に入ると、会話がより円滑に進むことがあります。もちろんホステスはその場の空気を読んで接客するので、無理に会話に入ってくることもありませんし、必要な時に相づちを打ちちょうどいいタイミングでお酒を作ってくれるのです。
仕事の固い姿だけでなく、女性と話しているところを相手に見られることにより、男性は鎧を脱いだ気分で親近感が湧くのではないでしょうか?

相手から潔く報告された場合

上にも述べたように、目的は人それぞれです。接待で行く場合などには事前に報告をする男性もいるようですが、特にやましいこともなければ行ったこと自体を報告しない男性もいます。
しかし、それが相手にバレた時に「なぜ言わなかったのか?」と問いつめられても厄介なので先に自分から報告をしてしまうのです。
相手が夜のお店に行っている事実を本人からきっぱりと報告された場合、まずは何の目的があって行ったのかをこちらも冷静に聞いてみましょう。お疲れ様の一言も言えるくらいの理解を示せば、女性側の株も上がるはずですよ!

隠れてこっそり行っていた場合

一方、相手がキャバクラやクラブに行っているのを相手から直接ではなく何かのタイミングで知ってしまった場合もまずは行った目的をそれとなく聞いてみましょう。
もちろん、気に入っているコがいるから通ってると正直に話す男性はほとんどいないとは思いますが、この時の男性側の回答で真相を探って行くしかありません。
仕事の都合で仕方なく飲みに行っただけだけど、余計な心配をかけたくないから彼女(妻)にはあえて言わないパターンもありますし、隠していたからとはいえ相手の話を聞かず一概に責め立てるのもよくありません。
判断材料であるメールのやりとりも、ハートマークが付いていてもホステスやキャバ嬢側からしたらただの営業メールにすぎません。
また、そのような色恋営業はたいてい長くは続かないので、仕事の息抜きだと思って多少目をつぶってあげるのも必要かも知れませんね。

アダルトのライブチャットはどのくらい稼げるのでしょうか?

アダルトとノンアダルトの違い

ノンアダルトとは、お客さんと会話するだけのお仕事の事を言います。一見簡単そうに見られますが、お客さんを会話だけで繋ぎ止めなければならないので意外と難しく、会話を長く続けるための高いコミュニケーション能力が必要となります。
また、パーティーチャットで同時に複数のお客さんを相手にして短時間でも高収入を稼ぐことができるアダルトとは異なり、お客さんと2人きりで会話する2ショットチャットと呼ばれる機能がメインとなるので、高収入を稼ぐためには会話の時間を伸ばしていくほかありません。
一方アダルトなライブチャットは、会話だけに限らず服を脱いで裸を見せたり、自慰行為を見せたりと、性的なサービスをするサイトになります。過激なサービスだけに負担も大きいように感じますが、チャットレディの中では最も人気のあるカテゴリになります。
人気の理由は、会話だけのノンアダルトサイトに比べて、演出で誤魔化せるのでコミュニケーション能力に自信のない方でも簡単に稼げる点や、同時に複数のお客さんを相手にするパーティーチャットや覗きが盛り上がるので短時間でも高収入を稼げる点などが挙げられます。(パーティーチャットや覗きでは、時間×参加人数=報酬となるので、参加人数が多ければ多いほど比例して稼ぐことができます。

実際に触られないけど、本当に需要はあるの?

インターネットが当たり前になった近年、ネット上には魅力的なサービスが多いです。中でも、特にアダルトサイトの人気は高く需要はとても高いようです。
アダルトのライブチャットもその中の一つで、チャットレディーとリアルタイムで会話しながら楽しめるサービスは年々人気を増してきています。
このライブチャットは、アダルト動画をただ眺めて楽しむというわけではなく、実際に話して相手の反応を映像で見る事ができます。男性であれば、ものすごく興奮できる体験なのではないでしょうか?また、実際に相手と会うわけではないので、恥ずかしがりの人でも楽しめるというところもポイント!
こうしてアダルトのライブチャットは最高に楽しめるサービスの一つな訳ですが、一つだけが欠点があります。それは、料金が高いという事です。たった一晩で、何万も消えていくケースもあるようです。男性側がそれだけの課金をしているということは、女性は実際に会わなくてもそこそこ稼げるはずです。女性と接したいという男性の欲望は、それだけ強いという事なのではないでしょうか?

アダルト系チャットでのリスクとは

基本的にアダルト系チャットで長期間続ける事ができるのは精神的にタフでなければ難しいと言えるでしょう。 特に高い稼ぎのためにアダルトをやる場合、ビジネスだと割り切る事ができなければメンタル面で疲れてしまいます。 未婚で家族や恋人、友人にばれないか冷や冷やしながら、顔出しでなくても恋愛感情がない相手に自分の体を見せるという行為は慣れてしまえばどうとも思わないようですが、そうなるのは稀なケースです。お金のため、時給がいいからという言い訳ができるのはアルバイトやパートしている時より平均すれば稼げている場合のみです。 待機の時間が長くなり掛け持ちをしていても稼げなくなってきたりすると、ネガティブな要素に耐えられなくなってきます。 いくら強制ログアウトや拒否の機能があったとしてもカバーしきれない所はチャットレディの現段階のシステム上当然出てきてしまうのです。 普段の生活では確実に使われる事のない下品で暴力的な言葉を浴びせられたり、嫌な気持ちになるような酷い事も言われる事はあります。
いくら実際に会う事はないとは言え、やはり水商売のようにリスクは伴います。全てが紳士的で丁寧な優しいお客様ではないということを予め理解しておく事が大切です。

担当のホストのバースデーイベントでは何をしたらいいのでしょうか?

なぜホストはイベントになると必死に営業するのでしょうか

ホストクラブには、お客様獲得の為に毎月様々なイベントを企画しているお店がたくさんあります。
内容は本当に様々で、お客様が得するイベントやホストのコスプレイベントなど楽しめるないようになっていますが、ホスト側はというとただイベントの日に出勤すれば良いというわけではありません。これもお店によりけりですが、イベントごとに指名や売り上げノルマが課せられていてそれをクリアできなければその月の自分のお給料に支障が生じてしまいます。
特に自分のバースデーイベントとなると、周りからのプレッシャーやそれに伴うプライドも加わってきますので、ホストも必死なのです。
確かにこうしてイベントを開催すればお客様に対して口実もでき営業しやすくなりますが、毎週イベントを開催しているお店はだんだんお客様の負担にもなってきてしまいます。
まずは、イベントはお客様にいつも以上に楽しんでもらう日だという事を念頭においておくのが大切です。

予定が空くようであれば担当のお祝いをしてあげるのは十分アリ!!

世間で数多くあるイベントの中でもバースデーイベントは一大イベント!!しかし、いざ担当のバースデーイベントをお祝いするといっても結局は何をしていいのかわからないかもしれません。そんな時は何をしてほしいか実際に担当に聞いてみるのもアリです。
確かに女性的な意見からしたら、サプライズで何かお祝いしてあげたいと思うかもしれませんが、どうせ大金を使うならどんなお酒を入れてほしいか、当日は来店予定も重なることが予想されますので何時くらいに来てほしいか…など彼のちょっとしたワガママに応えて上げちゃいましょう!
どうしてもサプライズをしてあげたいという場合には、ヘルプのホストにお願いして協力してもらうのも良いかもしれません。

バースデーイベントは常連さんばかり?初回は入れませんか?

バースデーを開催するホストクラブでは、指名のホストのがいるお客様以外は入店できない場合があります。従って、やや常連さんの方が多いように感じるかもしれません。指名のホストから直々にお誘いがあったお客様のために席が確保されています。
お目当てのホストやお店がある場合には、初回も入店する事ができるのかどうか事前に確認しておくと良いでしょう。しかし、ホストクラブは歌舞伎町だけでも何百店舗とあります。もちろんバースデーでも初回OKなお店もたくさんありますし、ホストクラブの紹介サイトなどをチェックしてみるのもいいかもしれません。

金遣いの荒い女は嫌われる!?金銭感覚の狂わないホスト遊びの方法とは?

普通の金銭感覚を忘れていないか確認してみる

ホストクラブで遊び慣れてくると、一回2〜3万の飲み代が安く感じてくることはありませんか?ホストに通う女性の中には、一度に何百万も使ったりする女性もいるので、数万円の飲み代が安く思えてくるのです。しかし、その金銭感覚を持つようになったら要注意です!!いざ、ホスト通いを卒業した時に、元の金銭感覚に戻すのは大変苦労するようです。
まず一番大変なのはそもそもその金銭感覚が狂っているという自覚がない事。例えばフレンチやお寿司などのいかにも高そうな外食を頻繁にして、さらにその写真をSNSにバンバン投稿していると、それを見た周りの人から“金遣い荒いな”と思われる恐れがあります。
平日ランチで1,000円というのもいただけません。“1,000円くらい……”とあなたは思うかもしれませんが、一般社会人の場合一食1,000円は贅沢。あなたが思っている以上に、周囲は価格にシビアなようです。

自分の見栄の為に大金を使っていないか思い返してみる

ホストクラブにハマるようになると、どんどんお金を使って遊びたくなってきます。指名している担当の為に、はたまた周りの女性よりもより目立てるように…などハマればハマる程、その欲は大きくなっていきます。要は周囲に対して見栄を張りたくなるのです。
ホスト遊びを知らない恋人や友達からしたら、この感覚はやはり距離をあけてしまう原因となり兼ねません。
例えば恋人や友人と食事に行ったときに、あれもこれもとはじめから注文しすぎないようにしましょう。もちろん本当によく食べる人で、“おいしい、おいしい”と注文したものをきれいに平らげるのであれば清々しいですが。注文するだけしておいて、“もう食べ切れな~い”と残すのは、日本ではマナー違反ですし会食者に与える印象も最悪です。食事は残すけど、お金があるから払えば問題ないというものではありません。
また、社会人ともなればバッグや靴など1点だけブランドものを身に着けているくらいなら、周囲からドン引きされることはないでしょう。しかし新作が出るたびに頻繁に買いかえているとなれば、間違いなく“金遣い荒い”認定されてしまいます!もう一度身の回りの物を見返してみましょう。

自分なりのルールを決めて飲みに行きましょう

ホスト遊びというお金のかかる趣味でも、高収入の女性がきちんと自立して生活をやりくりしながら楽しむのは別に問題ないでしょう。
しかし、一般社会の中で生活するOLや学生なのに金遣いが荒い女性はやはり嫌われるものです。消費税引き上げもなされた今、あなたの金遣いは周囲からしっかりチェックされています。
確かに、大金を使えばホストは使った分だけ優しくもてなしてくれるでしょう。普通の仕事をしてる女性が、この感覚になれてしまうと抜け出すのはなかなか難しいです。最初はいくらボーナスでやりくりしていても、いずれ限界が訪れます。最終的に自分の快楽を選んでしまえば、職を変えなくてはなりません。
また、金銭感覚のおかしな女性は結婚相手としてはもちろんのこと、恋人としてもNGと考える一般男性が少なくないようです。これでは将来の選択肢がかなり狭まってしまいます。
ホストクラブとは非日常なとても楽しい空間で、その居心地の良さについつい依存してしまいがちですが、うまく遊ぶコツとしてはやはり自分の身の丈にあったお金の使い方をするということです。一回に使う金額を予め決めておくなど、自分なりのルールを作って俗世間から完全に引き離されてしまわないように気をつけましょう!!

キャバ嬢にモテる男性が送るメールの特徴とはどのよう内容なのでしょうか?

用件のみのそっけない内容のメールを送ってくる

キャバクラで働く女性が営業の手段として欠かせないのがメールやLINEといったツールです。毎日たくさんのお客様に営業メールを送るわけですが、返信でキャバ嬢がキュンとくるのは“明日、○時によろしく”などという用件のみの淡白なメール。
お目当てのキャバ嬢に好かれようと長めのメッセージを送る男性が多い中、男らしい短文メッセージは珍しくそれだけで好感度アップするそうです。また、長ったらしい返信をする必要がない点もキャバ嬢にはポイントが高いです。
さらに短文の中にもきちんと、“今夜は楽しかったよ。ありがとう”等とサラリとメッセージを送ってくれる男性は完璧なのではないでしょうか。

日記のようなメールを送らない

上記で述べた事とは逆の殊になりますが、男性でも“今日はどこどこに行って、なになにを食べて、どうだった、楽しかった”みたいな、まるで日記のような報告メールを送る人がいますよね。キャバ嬢はそういうものが嫌いです。お仕事で人の話はさんざん聞いていますし、プライベートな時間にまでまでもそういう話は聞きたくないのです。アピールしたい気持ちは分かりますが、話を聞いてほしいならお店に行く方がはるかに印象的です。
どうしても何かを伝えたい場合は、写メと一緒に簡単な文を送ると良いでしょう。写真で十分に雰囲気は伝わりますし、たまに送ってくる食べ物なんかの写真が上手だと、ドキッとくるキャバ嬢が多いようです。

端的な文章や印象的な写真を添付して印象づける

メールやLINEは、電話よりずいぶんと気軽に連絡が取れてしまう上に、その連絡先交換も手軽ですよね。
本当にただの社交辞令的な付き合いならば普段から頻繁に連絡を取る事もないでしょうが、お気に入りのキャバ嬢がいるならば何気ないLINEがキャバ嬢の心をくすぐるようです。
毎日毎日必死に連絡をするのではなく、余裕を持って連絡を取れるような気持ちを持つ事が必要なのではないでしょうか。

この人がナンバーワン!?なぜだか男性にモテる女性の特徴とは?

初対面なのになんだか楽しそうな女性

初対面でたとえ緊張していても、相手に合わせて自分を抑えるよりは最初から自分らしさを見せる素直さはポイントが高いようです。
例えば、あなたの両隣に初対面の男性がいるとしましょう。あなたは少し緊張しています。
ひとりは、緊張のせいかしかめっ面で腕組みした、あなたとの会話に興味がなさそうな無愛想な男性。もうひとりも同じように緊張はしているけど、なんだかソワソワしています。そしてあなたが何か話すたびに反応をして、好奇心を隠さずびっくりしたり感心したりと忙しそうな男性。2人の男性を比べたとき、後者の男性には「なんだか落ち着かない人だけど、この人と話しているほうが楽しい」と思うのではないでしょうか?同じように男性にとっても、相手のペースについつい呑まれてしまう女性のほうが、何を話しても反応がない女性より好感度が高いそうです。

相手の話に対して喜怒哀楽を表現できる女性

どんな話にも同じ態度をするのではなく、「思ったこと、感じたこと」に対して共感し色々な表情を見せることが、「またこの女性に会いたい!話をしたい!」と思わせる秘訣です。
ちゃんと話を聞いてくれる「聞き上手」の態度は水商売の基本ですが、「どうせ嬉しそうにニコニコ笑顔で対応するのが無難なんでしょ?」と思わないこと!男性は「本当に心から興味をもって聞いてくれているか」を女性の表情から読みとろうとしています。
特にモテる男性は、細かな会話も見逃さず常に精一杯の笑顔で話を聞いてくれる姿に女性の下心を感じてしまい、その「常にニコニコ」ぶりに嘘っぽささえ感じるそうです。
それよりも、男性は自分と同じタイミングで笑ったり感動したり悲しんでくれる女性に「価値観が同じで付き合いやすいな」と感じ、もっといろんな話をしたくなるのだそうです。話の内容によっては、思わず一緒に怒りたくなったり、悲しい気持ちになったりすることもありますよね。俗にいう「笑いのツボが同じだから好きになった」という理由で指名を貰えることが多いのもこれが理由かもしれません。

守りたくなる危うさがある女性

よく「モテる女性には隙がある」と言いますが、男性の言う女性の隙には隠れた意味があります。それは、「思わず見守りたくなる危うさ」です。
反対に見た目や会話に危うさがなく、「1人でも生きていけそう」「誰にでも好かれそう」という2つをイメージさせる女性は、チャンスが少ないばかりか、短い恋で終わることが多いようです。最初は仲良くできていたとしても、「僕がいなくても大丈夫そう」と感じ、途中から連絡が途切れがちになり疎遠気味に…。
では、「思わず見守りたくなる危うさ」のある人とはどんな人でしょう?
たとえば、年齢を問わず行きあたりばったりで、興味があれば悩むより先に飛び込む人のこと。「これ美味しいよ、食べてみて」と勧められたものを、今まで一度も食べたことがなくてもとりあえず食べちゃう、こんな潔さなんかも当てはまります。見ていて思わず「おいおい大丈夫?」と笑ってしまうドジ行動も、男性には特別な「そばにいて守ってあげたくなる」存在になるのです。
いい女を意識し、良いところばかり見せようと努力するよりも、素直にここまで見られたらもう何も恥ずかしいことない!というくらいになれれば、あなたにもきっとチャンスが巡ってきますよ!

銀座にも一見さんがフラッと入店できるようなお店はあるのでしょうか?

銀座の代名詞!!一見さんはお断りな高級クラブ

タイトルの通り、高級クラブと呼ばれるお店は一見さんはお断りしている場合がほとんどですので、基本的には飛び込みで飲む事はできません。 つまり、そのお店に知り合いがいないと入れないのです。主に会員制のクラブで飲む方法としては、ママやホステスのお客様、オーナーやスタッフの知り合い、そのクラブを知っている人からの紹介…など要は誰かしらの紹介があれば入店する事ができます。
クラブは時間制ではなく、座っていくらというシステム。 高級クラブでは「座って3万」という言葉をよく聞きますが、 初回は必ずボトルを入れなくてはいけませんので、実際は1番安いボトル代を入れても合計6~8万くらいかかります。しかし最近では1時間30分経つと、タイムチャージを取るお店も出てきました。
「クラブ」にはオーナーママやママが1人以上いて、大箱になるとチーママ含めママが3人くらいいるお店もあります。

アットホーム系クラブ(ミニクラブ)

クラブと呼ばれるお店の中でも、料金設定が高級クラブではない所をアットホーム系クラブといいます。 クラブのような高級志向店と、カラオケがあるような家庭的なお店と大きく分けて2つあります。ある程度お客様を持っているホステスが独立してオーナーママとして自分のお客様だけで営んでいるような所が中心で、全体的に小規模で誰でも気軽に入れます。しかし、特に宣伝をしている訳ではないのでやはり誰かの紹介などで出向くのが一般的です。
また、カラオケがあるお店などはアフターなどで使われる場合も多く、高級クラブで働く女性は何件か使えるお店を知っているので、お客様に合わせてセレクトしています。
料金の相場としては、やはりお店のランクにもよりますが1万〜4万くらいで楽しめるようです。

キャバクラ・ニュークラブもあります!

昔は銀座でキャバクラは邪道だというイメージがありましたが、近年ではだいぶ増えてきているように思えます。
もちろん会員制ではないので、新規のフリーのお客様は広告やビラを見て入ります。また、クラブから出てきたお客様を待ち構えている黒服が外に立っている場合もあります。
通常はママがいなく、指名制で時間制セット料金になっています。ニュークラブはキャバクラより料金の設定が高めなようです。 キャバクラは時間制なので、長くいればいるほど料金が上がります。延長を重ねるとクラブより料金が高くなる場合もあります。
クラブのシステムに慣れていると、時間制をいうことをついつい忘れてしまうので注意が必要です。

接客する際、苦手なお客様への対応はどのようにしたらいいのでしょうか?

生理的に合わないかも!?と思ってしまう苦手なお客様

夜のお店はお酒を提供する場ですが、お酒が入ると人格が変わってしまう人がいます。さらに、大声で怒鳴り散らしたりしまいには説教をはじめたりする人も中にはいます。
何でそんな事するのか…?それは怒鳴り散らす事や説教をする事で、ストレス解消をしているのです。どのホステスが着いてもそのような態度だと、その確率が非常高いようです。また、飲み慣れているお客様の中には新人ホステスを育てるのが好きなお客様もいるので、親心のようなものから色々言われる場合もあります。 とにかく普段できない事を、お金を払う事で解消している場合が多いです。そうじゃなければ何度もお店に来ませんし、気に入らないお店や女性だったらそもそも飲みになんて来ないからです。つまりホステスの高いお給料の中には、そのようなお客様からのお小言にもガマンして耐える料金も入っていると考えていいと思います。

気難しいお客様への対処方法

気難しいお客様の接客は疲れるので避けてしまうホステスが多いですが、 お客様も自分が気難しい事くらいは分かっているのです。 それでも自分に付いてきてくれる、というその気持ちがどこまで本当のなのかあえて試しているのかも知れません。実際、女性の事を信頼したそのようなお客様はとても良いお客様に変化したりするのです。
夜のお店は、スタッフ、ママ、お姉さん達から試される場面というのがあります。 そこをどう乗り切るか、切り替えすかでホステスとしての才能や素質を見られているのです。 嫌な事があるからとすぐ訴えるのではなく、そのような場面をうまくクリアできれば周りからの評判もさらにアップするでしょう。
気難しいお客様はどのお店にもいます。しかし気難しいと言われているお客様にこそ愛情持って接するべきなのかも知れません。

お客様の前でホステスである為の心構えとは

ホステスは女性特有のお仕事です。 外見をより女性らしく華やかにする必要があります。 お店やお給料によっても、ホステスとして求められるレベルの差がありますが、 「女性らしく」というのは、全てのホステスにおいて共通して求められるものです。
この女性らしく、というのは仕草であったり言葉遣いであったりするわけですが、 これは最初はできなくても、 色々なお客様と接して行く事で段々磨かれていくのです。
このような仕草や振る舞いは、意識的に女性らしさを演出しても限界があり、やはり自分が内面から女性らしくなろう、という気持ちがなければ所詮それは形だけのものになってしまいます。自分で努力しているつもりでも、相手に伝わらなければ結局それは自己満足なのです。
気持ちを込めたおもてなしでなければ、当然相手の心には響きません。上手くできなくても、心を込めるというのが何より大切です。

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool