キャバ嬢にモテる男性が送るメールの特徴とはどのよう内容なのでしょうか?

用件のみのそっけない内容のメールを送ってくる

キャバクラで働く女性が営業の手段として欠かせないのがメールやLINEといったツールです。毎日たくさんのお客様に営業メールを送るわけですが、返信でキャバ嬢がキュンとくるのは“明日、○時によろしく”などという用件のみの淡白なメール。
お目当てのキャバ嬢に好かれようと長めのメッセージを送る男性が多い中、男らしい短文メッセージは珍しくそれだけで好感度アップするそうです。また、長ったらしい返信をする必要がない点もキャバ嬢にはポイントが高いです。
さらに短文の中にもきちんと、“今夜は楽しかったよ。ありがとう”等とサラリとメッセージを送ってくれる男性は完璧なのではないでしょうか。

日記のようなメールを送らない

上記で述べた事とは逆の殊になりますが、男性でも“今日はどこどこに行って、なになにを食べて、どうだった、楽しかった”みたいな、まるで日記のような報告メールを送る人がいますよね。キャバ嬢はそういうものが嫌いです。お仕事で人の話はさんざん聞いていますし、プライベートな時間にまでまでもそういう話は聞きたくないのです。アピールしたい気持ちは分かりますが、話を聞いてほしいならお店に行く方がはるかに印象的です。
どうしても何かを伝えたい場合は、写メと一緒に簡単な文を送ると良いでしょう。写真で十分に雰囲気は伝わりますし、たまに送ってくる食べ物なんかの写真が上手だと、ドキッとくるキャバ嬢が多いようです。

端的な文章や印象的な写真を添付して印象づける

メールやLINEは、電話よりずいぶんと気軽に連絡が取れてしまう上に、その連絡先交換も手軽ですよね。
本当にただの社交辞令的な付き合いならば普段から頻繁に連絡を取る事もないでしょうが、お気に入りのキャバ嬢がいるならば何気ないLINEがキャバ嬢の心をくすぐるようです。
毎日毎日必死に連絡をするのではなく、余裕を持って連絡を取れるような気持ちを持つ事が必要なのではないでしょうか。

この人がナンバーワン!?なぜだか男性にモテる女性の特徴とは?

初対面なのになんだか楽しそうな女性

初対面でたとえ緊張していても、相手に合わせて自分を抑えるよりは最初から自分らしさを見せる素直さはポイントが高いようです。
例えば、あなたの両隣に初対面の男性がいるとしましょう。あなたは少し緊張しています。
ひとりは、緊張のせいかしかめっ面で腕組みした、あなたとの会話に興味がなさそうな無愛想な男性。もうひとりも同じように緊張はしているけど、なんだかソワソワしています。そしてあなたが何か話すたびに反応をして、好奇心を隠さずびっくりしたり感心したりと忙しそうな男性。2人の男性を比べたとき、後者の男性には「なんだか落ち着かない人だけど、この人と話しているほうが楽しい」と思うのではないでしょうか?同じように男性にとっても、相手のペースについつい呑まれてしまう女性のほうが、何を話しても反応がない女性より好感度が高いそうです。

相手の話に対して喜怒哀楽を表現できる女性

どんな話にも同じ態度をするのではなく、「思ったこと、感じたこと」に対して共感し色々な表情を見せることが、「またこの女性に会いたい!話をしたい!」と思わせる秘訣です。
ちゃんと話を聞いてくれる「聞き上手」の態度は水商売の基本ですが、「どうせ嬉しそうにニコニコ笑顔で対応するのが無難なんでしょ?」と思わないこと!男性は「本当に心から興味をもって聞いてくれているか」を女性の表情から読みとろうとしています。
特にモテる男性は、細かな会話も見逃さず常に精一杯の笑顔で話を聞いてくれる姿に女性の下心を感じてしまい、その「常にニコニコ」ぶりに嘘っぽささえ感じるそうです。
それよりも、男性は自分と同じタイミングで笑ったり感動したり悲しんでくれる女性に「価値観が同じで付き合いやすいな」と感じ、もっといろんな話をしたくなるのだそうです。話の内容によっては、思わず一緒に怒りたくなったり、悲しい気持ちになったりすることもありますよね。俗にいう「笑いのツボが同じだから好きになった」という理由で指名を貰えることが多いのもこれが理由かもしれません。

守りたくなる危うさがある女性

よく「モテる女性には隙がある」と言いますが、男性の言う女性の隙には隠れた意味があります。それは、「思わず見守りたくなる危うさ」です。
反対に見た目や会話に危うさがなく、「1人でも生きていけそう」「誰にでも好かれそう」という2つをイメージさせる女性は、チャンスが少ないばかりか、短い恋で終わることが多いようです。最初は仲良くできていたとしても、「僕がいなくても大丈夫そう」と感じ、途中から連絡が途切れがちになり疎遠気味に…。
では、「思わず見守りたくなる危うさ」のある人とはどんな人でしょう?
たとえば、年齢を問わず行きあたりばったりで、興味があれば悩むより先に飛び込む人のこと。「これ美味しいよ、食べてみて」と勧められたものを、今まで一度も食べたことがなくてもとりあえず食べちゃう、こんな潔さなんかも当てはまります。見ていて思わず「おいおい大丈夫?」と笑ってしまうドジ行動も、男性には特別な「そばにいて守ってあげたくなる」存在になるのです。
いい女を意識し、良いところばかり見せようと努力するよりも、素直にここまで見られたらもう何も恥ずかしいことない!というくらいになれれば、あなたにもきっとチャンスが巡ってきますよ!

銀座にも一見さんがフラッと入店できるようなお店はあるのでしょうか?

銀座の代名詞!!一見さんはお断りな高級クラブ

タイトルの通り、高級クラブと呼ばれるお店は一見さんはお断りしている場合がほとんどですので、基本的には飛び込みで飲む事はできません。 つまり、そのお店に知り合いがいないと入れないのです。主に会員制のクラブで飲む方法としては、ママやホステスのお客様、オーナーやスタッフの知り合い、そのクラブを知っている人からの紹介…など要は誰かしらの紹介があれば入店する事ができます。
クラブは時間制ではなく、座っていくらというシステム。 高級クラブでは「座って3万」という言葉をよく聞きますが、 初回は必ずボトルを入れなくてはいけませんので、実際は1番安いボトル代を入れても合計6~8万くらいかかります。しかし最近では1時間30分経つと、タイムチャージを取るお店も出てきました。
「クラブ」にはオーナーママやママが1人以上いて、大箱になるとチーママ含めママが3人くらいいるお店もあります。

アットホーム系クラブ(ミニクラブ)

クラブと呼ばれるお店の中でも、料金設定が高級クラブではない所をアットホーム系クラブといいます。 クラブのような高級志向店と、カラオケがあるような家庭的なお店と大きく分けて2つあります。ある程度お客様を持っているホステスが独立してオーナーママとして自分のお客様だけで営んでいるような所が中心で、全体的に小規模で誰でも気軽に入れます。しかし、特に宣伝をしている訳ではないのでやはり誰かの紹介などで出向くのが一般的です。
また、カラオケがあるお店などはアフターなどで使われる場合も多く、高級クラブで働く女性は何件か使えるお店を知っているので、お客様に合わせてセレクトしています。
料金の相場としては、やはりお店のランクにもよりますが1万〜4万くらいで楽しめるようです。

キャバクラ・ニュークラブもあります!

昔は銀座でキャバクラは邪道だというイメージがありましたが、近年ではだいぶ増えてきているように思えます。
もちろん会員制ではないので、新規のフリーのお客様は広告やビラを見て入ります。また、クラブから出てきたお客様を待ち構えている黒服が外に立っている場合もあります。
通常はママがいなく、指名制で時間制セット料金になっています。ニュークラブはキャバクラより料金の設定が高めなようです。 キャバクラは時間制なので、長くいればいるほど料金が上がります。延長を重ねるとクラブより料金が高くなる場合もあります。
クラブのシステムに慣れていると、時間制をいうことをついつい忘れてしまうので注意が必要です。

接客する際、苦手なお客様への対応はどのようにしたらいいのでしょうか?

生理的に合わないかも!?と思ってしまう苦手なお客様

夜のお店はお酒を提供する場ですが、お酒が入ると人格が変わってしまう人がいます。さらに、大声で怒鳴り散らしたりしまいには説教をはじめたりする人も中にはいます。
何でそんな事するのか…?それは怒鳴り散らす事や説教をする事で、ストレス解消をしているのです。どのホステスが着いてもそのような態度だと、その確率が非常高いようです。また、飲み慣れているお客様の中には新人ホステスを育てるのが好きなお客様もいるので、親心のようなものから色々言われる場合もあります。 とにかく普段できない事を、お金を払う事で解消している場合が多いです。そうじゃなければ何度もお店に来ませんし、気に入らないお店や女性だったらそもそも飲みになんて来ないからです。つまりホステスの高いお給料の中には、そのようなお客様からのお小言にもガマンして耐える料金も入っていると考えていいと思います。

気難しいお客様への対処方法

気難しいお客様の接客は疲れるので避けてしまうホステスが多いですが、 お客様も自分が気難しい事くらいは分かっているのです。 それでも自分に付いてきてくれる、というその気持ちがどこまで本当のなのかあえて試しているのかも知れません。実際、女性の事を信頼したそのようなお客様はとても良いお客様に変化したりするのです。
夜のお店は、スタッフ、ママ、お姉さん達から試される場面というのがあります。 そこをどう乗り切るか、切り替えすかでホステスとしての才能や素質を見られているのです。 嫌な事があるからとすぐ訴えるのではなく、そのような場面をうまくクリアできれば周りからの評判もさらにアップするでしょう。
気難しいお客様はどのお店にもいます。しかし気難しいと言われているお客様にこそ愛情持って接するべきなのかも知れません。

お客様の前でホステスである為の心構えとは

ホステスは女性特有のお仕事です。 外見をより女性らしく華やかにする必要があります。 お店やお給料によっても、ホステスとして求められるレベルの差がありますが、 「女性らしく」というのは、全てのホステスにおいて共通して求められるものです。
この女性らしく、というのは仕草であったり言葉遣いであったりするわけですが、 これは最初はできなくても、 色々なお客様と接して行く事で段々磨かれていくのです。
このような仕草や振る舞いは、意識的に女性らしさを演出しても限界があり、やはり自分が内面から女性らしくなろう、という気持ちがなければ所詮それは形だけのものになってしまいます。自分で努力しているつもりでも、相手に伝わらなければ結局それは自己満足なのです。
気持ちを込めたおもてなしでなければ、当然相手の心には響きません。上手くできなくても、心を込めるというのが何より大切です。

ホステスとして常に魅力的な存在であるためにはどうしたら良いのでしょうか?

高級クラブで求められるスタイル

例えば銀座には高級クラブが何件もあるので、全てはお店側の判断になりますがお客様を持っていない場合はやはりビジュアル面は重要です。理想としては身長から体重を引いて110~115位がベストなようです。太めの方は着物でカバーもできますが、「体型ぐらいしっかり節制をしてみせる」という意気込みだと自分にも自信がつきます。つまり、体形には日頃の自分の生活スタイルが表れてくるのです。
近年、銀座は顔よりも全体的なスタイル重視の傾向がありますがダイエットのしすぎは禁物です。痩せていれば良いという訳でもないのです。痩せ気味の女性は肌質にも注意です。肌質はすぐに改善できるものではありませんが顔色が悪い場合は、チークやコントロールカラーで調整しましょう。胸の開いたドレスを着るとどうしてもバストが小さくなりがちですが、ヌーブラ2枚重ねてみるなどテクニックを磨きましょう。また、特に髪質には厳しいお店が多いので髪にいいものを意識して食べたり、ストレスと上手にお付き合いしなくてはいけません。

身長が低い場合にはどうしたらいいのか

銀座の高級クラブ、特に大箱は背の高い女性を好む傾向にあります。とは言え、ヒールを履いたら170cm以上になってしまうとさすがに高すぎるのではと思うかもしれませんが、このようなお店には派手なお客様も多く、つれて歩いていて見栄えのする女性が良いとされているので、背が高すぎるというような心配もいりません。体型を生かし、ロングドレスやスーツを着こなすとカッコいいです。その際は、猫背に気をつけて堂々と歩きましょう。
一方老舗のクラブにいるオーナーママなどは、綺麗な女性よりもかわいい女性を好む場合が多いです。しかし、それでも140cm台の女性は少し低めだと思いますので、ヒールが高めの靴を履いた方がいいかもしれません。
スーツよりドレスいいでしょう。ロングよりもミディアムドレスがバランスよく見えます。ワンピースもいいですね。着物を着ると、より可愛らしい姿をアピールすることができます。

自分を綺麗に見せるコツとは?

常に自分を研究している女性は、自分がどのようにすれば美しく見えるか分かっています。 自分に似合う服装、色、デザイン。しかし他の人の服装やヘアースタイルが可愛いからと言っても全ての人に当てはまるものでもなく、身長や肌の色でも変わってきます。
全体的に重要なのは姿勢です。どんなに着飾っていても姿勢が悪いようでは、野暮ったくなり全てが台無しになります。
水商売は自分自身が商品のようなところがありますので、姿見などでしっかりと研究しておきましょう。女性らしい立ち振る舞いは、雑誌や映画を見て自分が美しいと思う人の動きを研究してみるのもいいでしょう。ポイントは優雅に見える、という事なのですが、直線と曲線と余裕、これに注目です。
目の位置、手の場所、足の置き方、など少し意識することで、ぐっと変わります。
全体的には肩甲骨を閉めるような感じで、あとは何でも交差するようにすると女性らしさがアップします。

ホストにハマってしまうのはどのような女性が多いのでしょうか?

寂しがりやでネガティブな女性

とにかく寂しがりやで誰かにチヤホヤされたい女性はホストにハマってしまいやすい傾向が。さらに、寂しがりやな女性はネガティブな考えを持つ女性が多いようです。
例えば、他人が親切であなたの間違いを指摘してくれただけなのに、「あの人は私のことを嫌っている」といったネガティブな解釈をしてしまう傾向はありませんか?
それだけにとどまらず、「あの人だけでなく、きっとみんなが私を嫌っている!」なんて被害妄想に陥ることは?
そんなあなたをホスト達はきっと満面の笑みで癒してくれることでしょう。そのうち「ここだけが私の居場所…」という幻想に陥り、気づいたら常連客になっているかも…!?

人間関係に不満があり、平凡な毎日から脱却したい女性

夫や彼氏などパートナーがいる場合でも、彼との関係に問題を抱えていて悩みを相談できる友達もいない場合は危ないかもしれません。お店でつい愚痴を聞いてもらっているうちに、ホストに恋してしまって、最終的には彼と別れてしまうなんてことも…。
また、会社と家を往復するだけの毎日を送っている女性も危険です。単調な毎日に先の見えない将来が不安になりホストに悩みを聞いてもらっているうちに、ホスト達の非日常な扱いに慣れてしまうのです。この扱いにすっかり陶酔した女性は、飲み代を稼ぐために仕事を変えてしまう可能性も出てきてしまいます。

自分に極端に自信がない女性

「自分にはいいところなんてひとつもない」というように自己評価の低い女性は、ホストクラブにハマりやすいかもしれません。
ホストは言葉を操るプロです。太っているとか痩せすぎているとか、体型のコンプレックスを抱えている人に対しても、とにかく褒め言葉を浴びせます。
女性が「コンプレックスなんだけど…」と謙遜したところで、今度は「えー!信じられない。俺にとってはドストライクだよ」とか驚いてみたりするのです。
自分に自信のある人だと、そんなふうにチヤホヤされても、「あら、そう」と感動が薄かったり、逆に「なんか見え透いていて気持ち悪い」という直感が働いたりするものですが、自己評価の低い人だと聞きなれない褒め言葉に完全に舞い上がってしまいます。
それで少しでも自信がつき女性にとってプラスに働けばいいのですが、日常生活では相変わらず自尊心が低いまま。そんな自分が不安で仕方なくて、ついついホストに依存してしまうのです。

ホストクラブにはどのような職種の人が来ているのでしょうか?

そもそもホストクラブはどうやって出来上がったのか

ホストクラブは女性が多額の金額を払い指名のホストとひとときの時間を楽しむ空間ですが、一体何の目的でどのようにして出来上がっていったのでしょうか。
時代は高度経済成長の真っ只中で、忙しい主人に対してお金に余裕のある主婦は少々時間を持て余していたようで、流行のダンスを踊りたいがその場所がない…。このような女性を対象に生まれたのが巨大なダンスフロアでした。これがホストクラブの起源です。
Wikipediaによれば、東京にホストクラブが誕生したのは1965年に東京駅八重洲口前でオープンしたナイト東京であると言われています。前身は「京の花」というグランドキャバレーでしたが経営に行き詰まり、大量のダンス講師を雇いその広大なフロアをいかした女性のためのダンスホールとして生まれ変わります。そのダンスホールには、休憩のためにソファーが置かれたサロンスペースがあり、講師にチップを払うことで一緒に酒を飲むことができたようです。
当時は、女性が楽しむ為の場所という感覚が今以上に強かった為、従業員の男性のお給料は小額のバックやチップはあるものの基本給などはなく、タレント性を持ったごくわずかな男性が稼げる世界だったようです。

変化していくホストクラブ

以前はホストクラブのイメージとしては深夜に営業していた事もあり「中年女性向けのいかがわしい店」という印象が強かったのですが、ホストクラブ出身のタレントやホストクラブを題材とした漫画やメディアの普及に伴い、若い女性も楽しめる店という印象が強くなっていきました。
特に人気のお店やホストはテレビや雑誌に接客のプロフェッショナルとして紹介され、2000年代にはホストをモデルとして起用したファッション雑誌が登場し社会的認知度も高まってきました。
さらに時代はネット社会を迎え、自店舗のホームページを開設する店も増え、ホストクラブの求人や所属ホストを紹介する総合サイトも誕生し、さらに若い女性に身近な存在になっていくのです。しかし、このネット環境の普及に伴いホスト関連の噂が囁かれる掲示板サイトも誕生。店やホスト個人に関するスレッド(掲示板)が作られ、客である女性同士の情報交換が盛んに行われていますが、この書き込みからしばしばトラブルになってしまうこともあります。また、ブログなどでホストのプライベートな写真を晒したりと、どんどんエスカレートしているように思えます。
エスカレートした結果、社会的な事件に発展してしまった利する場合もあり、単純に女性の癒しの場としての空間としては考えづらくなってきました。
一部のホストが、ホストクラブのイメージをクリーンなものにする運動もしているようですが、都条例により深夜帯の営業が禁止になってしまいました。そこで今の一部・二部(日の出)という営業スタイルが生まれた訳ですが、時間帯は違えどやはり現実的にはあまり何も変わっていないように思えます。

ホストクラブに通いたいが為にキャバクラや風俗で働く

こうして色々規制がかかってもどんどん勢いを増すホストクラブ業界ですが、若い女性が気軽に入店できるようになるとうことは、つまりホストへの窓口が広がったということです。確かに初回料金は驚くほど安いのですが、二回目以降はこの金額で飲む事は基本的には不可能です。二回・三回と通ううちに金銭感覚はどんどん麻痺していき、最終的には担当のホストに会いたい・喜んでほしいという目的の為に高収入な職業に転職する女性も少なくありません。
これは水商売全般に言える事ですが、収入が高い分精神的なリスクも高めです。もちろん、何か明確な目的があってこのような業界で働くのは良いと思いますが、ただただ担当の為にキャバクラや風俗で働き、そのお金をほとんどホストクラブで使ってしまうのはいかがなものでしょうか?たくさんのお金を使ったからといって、そのホストが手に入る訳ではありません。
ホストクラブという空間を楽しむのであれば、ホストを客観的に見られるような感覚が必要なのではないでしょうか。

同じお店のホステスとはどのような距離感で接するのがベストなのでしょうか?

他のホステスとの接し方

1つのお店にはたくさんの女性が働いています。もちろん1人1人の性格や営業方法も違いますし、何よりお金が絡んでいる仕事です。水商売という仕事は他の女性の売り上げが如実に表れてしまうので、つい比べてしまったりライバル視されたりすることも少なくありません。それがお互いの仕事にプラスに働けば良いのですが、ヒートアップして良くない噂を流されてしまったりすることもあります。たとえ仲良くなったとしても、あまり込み入った話(自分のお客様の詳細など)は避け、あくまでも同僚としての距離感を保つことが大事です。

待機中の会話

ホステスは待機中に何を話しているのでしょうか?具体的に言えば、今日来店するお客様の話や昨日の営業中にあった出来事、また他のお店の話題や単なる雑談など内容は様々。お互いの情報交換の場として待機の時間も有効に使用しましょう。しかし、他のホステスのお客様の悪口やそのホステス自体を悪く言う会話にはなるべく参加しないように!うっかり同調などしてしまえば、後々面倒くさいことになりかねません。さらに今度は自分がその噂話の標的になってしまう…という恐れも出てきてしまいますので、参加する会話の内容には要注意です!

お互いが気持ちよく仕事するための程よい距離感とは?

ある程度の距離を保てとは言えど、クラブは基本的にマンツーマンで接客することがありません。売り上げも、一杯のドリンクではなく一本のボトルをみんなで開けていくという言わば団体戦。自分の席のボトルを開けるのを手伝ってもらったら、今度は他の席でヘルプとして協力します。この持ちつ持たれつの関係が非常に大切で、自分の売り上げにも大きく関わってきます。女の世界は何かとフクザツ…コツとしては、警戒して他のホステスとの間に壁を作ってしまうのではなく基本的には受け入れる。しかし、自分にとってマイナスになると判断した女性とは積極的に付き合うのをやめる、というようなメリハリをつけて接するのがうまく働くポイントなのではないでしょうか?

キャバクラのエスコートとはどのような仕事をするのでしょうか?

キャバクラのエスコートとは、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職

キャバクラのエスコートとは、厳密には違う部分もあるのですが、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職のことです。キャバクラでもエスコートの役職があるお店とないお店もがあるので、そこは求人情報等で確認が必要です。エスコートだけでなく、キャバクラによっては女性が店長をやっているお店もあります。
しかしボーイの仕事はキャバ嬢とはまた違った部分で大変なところがあります。一番の違いは、キャバ嬢として働くより拘束時間が長いということです。開店準備や閉店作業もしなければならなくなりますし、給料もキャバ嬢として働くより絶対的に少なくなると思います。

男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けている

エスコートやキャバクラのスタッフとして女性を採用しているお店の狙いとしては、男性ボーイの気が利かない部分や、男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けているところがあります。または、女性スタッフの見栄えの良さを求めているキャバクラのお店もあります。
キャバ嬢達も、もっと女の子の気持ちをわかってくれるボーイと一緒に仕事をしていたいものなのも事実です。キャバ嬢の経験がある女性がエスコートをやってくれれば、きっと働くキャバ嬢達もやりやすいと思うはずです。

エスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ない

求人を見てみると分かりますが、意外とエスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ないです。理由としては、男性スタッフありきの運営ですので、ある程度広い店内のキャバクラでないとサブで活躍するポジションのエスコートは必要としていなかったり、お店自体が女性の人員を必要としていない等が挙げられます。
六本木や新宿など、比較的大きなキャバクラが多い繁華街の方がエスコートの求人募集は多いです。

一人前のホストとして成功するにはどのような働き方をしたら良いのでしょうか?

いくら稼ぎたいのか計画を立てる

ホストとして売れるつまりお金を稼ぐには、まずいったいいくら稼ぎたいのかを明確にしましょう。
水商売は将来自分のお店を持ちたいなど、なにか明確な目標がない限りは長く続けられる仕事ではないと思いますし、だらだらと続けていても意味はありません。そこで、ホストとして働く中で自分の稼ぎたい金額の最終目標を決めるのです。ゴールが見えてくれば、毎月の目標額も決まってきます。
次に、その金額を達成するにはどれくらいのお客さんが必要なのかを考えてください。
例えば月収100万を稼ぎたいのなら、170~200万くらいの売り上げが必要になってきます。そのお店の平均客単価はいくらなのかを内勤さんや店長さんに聞いてみるのもいいでしょう。客単価が平均10万だとしたら200万上げるためには指名が20人必要になります。
この計算をして目標金額を金額を出したら、あとはその目標額を目指してひたすら仕事をしていきましょう。

定期的に来店してくれるお客様を増やす

毎月安定した売り上げを上げるには、大金を使ってくれる一人のお客様に頼るよりも定期的に来店しそこそこの金額を使ってくれるお客様を増やしましょう。
お客様を増やすには、既存のお客さんを育てるのもありですが、やはり無い袖は振れないので新規のお客様を増やすほうが効率がいいでしょう。
そしてお客様を増やすのは初回でついて連絡先を交換するのが一般的だと思いますが、店外でのキャッチも効果的です。
たくさんのホストが働く中で、初回の女性に自分の事をアピールするには時間が限られています。しかし、キャッチであれば自分のペースで話す事ができ、ある程度の印象を与える事ができます。
お客様を増やすには時間が必要ですが、こうして根気よく出会いを増やし定期的に来店してくれるお客様を増やし安定した売り上げを上げて行きましょう。

女性の扱い方を徹底的に覚える

女性はホストクラブの居心地の良さを感じると定期的に通うようになります。
居心地の良さとは、つまり女性を褒めていい気分にしてあげることが欠かせないと思います。
褒めるということはベタすぎてやらないホストが多いのですが、根拠のない会話術や笑いを取りにいくよりは、会話の中で女性を褒めたほうがよっぽど女性ウケは良くなります。容姿に自信のある女性には部分的な所(手や目など)を褒め、容姿に自信がなさそうな女性にはそのまま直球で「かわいいね」などと伝えてあげる事で、褒めてくれたホストへの好意が増します。
そして、お客様を繋ぎ止める為に最も欠かせないのがメールや電話などのマメな連絡です。
しかし連絡を取り合うのは大切ですが、都合が合わずになかなか会えないままだらだらと長い期間メールをしていると、お客様側も段々飽きてきてしまいホストの存在価値が薄れてしまいます。ですからなかなかお店に来てもらう都合がつかないお客さんとは時々、短い時間でもいいので直接会うなどしてみると良いでしょう。
重要なのは、お客さんを「ホストクラブに来る人」と認識してしまいがちですがその前に「女性である」という認識を持つことです。

高級クラブにはどのような人が飲みに来るのでしょうか?

会社の接待で使うお客様

会社と会社の取引には形式的な会議や契約はもちろんですが、一緒に仕事をする上でその人となりを知るためにもざっくばらんなコミュニケーションが必要な場合もあるようです。そのような時にクラブなどを接待の場として使用するお客様も少なくありません。お客様が接待でいらしている際は無理に会話などで盛り上げようとせず、いいタイミングでお酒を作りお客様同士の会話に適度に相づちを打ち、意見を求められたら答えるというスタンスがいいでしょう。

団体で来店するお客様

会社のオフィシャルな飲み会やゴルフなどの後に、皆で連れだって来店するケースです。この場合はすでにお酒が入っていることが多くお客様のテンションも多少上がっているので、トークや笑顔でその席をさらに盛り上げるといいでしょう。そうするとお客様も楽しい時間を過ごすことができ、特別にシャンパンなどを入れてくれるサプライズもあるかもしれませんね!!

常連のお客様・ママの大切なお客様

クラブで飲みなれているお客様や、ママの昔からの馴染みのお客様はその飲み方も決まっていることが多いようです。常連のお客様ほど、ついたホステスの仕草や会話をよく覚えています。女性側もヘルプとして接客する場合、何回か席に着く中でそのお客様の好みやお酒の飲み方を覚え、さりげない気遣いができるようになると後々リクエストがもらえたり、同伴に誘っていただいたりと自分の利益にも繋がります。

キャバクラで働いていると、お触りをしてくるお客さんが多くて困るのですがどう対処するのがいいの?

お触りの激しいお客さんはキャバクラにはつきもの

お触りの激しいお客さんはキャバクラにはつきものです。どこのキャバクラに行っても大概いるものです。中には思いきり開き直って手におえないお客さんもいると思います。
とりあえず初歩的なお触り回避法としては、基本ですがソファーに対して斜めに座ることがベストです。ぴったりとお客さんの横に平行に座ってしまうと、それだけお客さんとの距離が近づてしまいますから、ソファーに浅めに腰掛けて、ソファーに対して斜め45度の向きで座るようにするといいです。そうやって座るとお客さんと自分の間に三角形の空間が生まれると思います。それだけお客さんとの距離が遠くなりますが、膝のあたりはお客さんの足とくっつくぐらいの距離しかないので、あからさまに離れて座っているとは思われないベストな座り方です。

大切なのは、いかにしてその場をごまかせるかということ

お触りを回避する座わり方をしたとしても、キャバクラで触ってくるようなお客さんの場合には、強引にでも近づいてきて何とか必死に触ろうとするものだと思います。そして、そういうお客さんに限って強い姿勢で拒んだりすると、怒りだす人もいるので厄介であったりもします。
結局、絶対に触られないという確かな安全策は存在はしないのですが、大切なのは、いかにしてその場をごまかせるかということだと思います。たとえば「オッパイ大きいよね。何カップ?」等の話が来た時に、それ以上そういう下ネタが出ないように事前の段階で「オッパイは2つだよー。」などとあえて少し乗って、軽くごまかしてしまうのも手かと思います。些細なことですが、エロそうなお客さんの場合には、早めの段階でエッチなほうに話が流れないようにしてあげるのがいいです。だいたいお触りしてくるような人は、会話がちょっとエッチな方向に流れて、そこから手を出してくるパターンも多いですから、そうならないためにも会話の段階でうまくかわして行ったほうがいいです。

キャバクラでも触られやすい子と触られにくい子が絶対に存在する

例えですが、痴漢は気の弱そうな女の子に絞って痴漢行為をするように、キャバクラでも触られやすい子と触られにくい子が絶対に存在します。特に新人の場合には、まだ場にもお客さんにも慣れていないので、色々な意味で隙が多いと思います。だからどうしても狙われやすいと思います。今はまだ何もかもが不慣れで、接客をするってことだけでも必死という場合が多いから、ある意味で触られてしまうのも仕方がないのかもしれません。ただ、接客に余裕が持てるようになってくると、自然と堂々と構えていられるようになるので、必然的に触られないオーラというものが出てくると思います。一番の対応策は、キャバクラの仕事に慣れて、堂々としていられることなのかもしれません。

クラブで働くことになったのですが、キャバクラと同じ服装でいいのでしょうか?

ヘアセットについて

クラブでは、毎回のヘアセットは必須なお店がほとんどです。出勤時間に間に合わないからと言ってセットを怠るとペナルティをとるお店もあります。出勤前に美容院へ行き、あまり派手にならないような髪型に整えてもらいます。特にクラブは20時オープンのお店がほとんどなので、同伴のない女性は7時台に集中して来店するようです。セット専門の美容院で予約を受け付けているところはあまりないので、自分の出勤時間とその時間帯の混み具合をある程度予測しておくのが大事です。

出勤時の服装にも気を使いましょう

クラブでの勤務中はもちろんドレスやお着物を着用しますが、お客様からいつ同伴やアフターのお誘いがあるか分かりません。せっかく同伴で素敵なお店に誘っていただいても、女性の服装がひどければお客様のテンションは下がってしまいます。勤務時間外である同伴やアフターには、お客様への感謝の意味も込められているのでジーンズやトレーナーなどのラフな服装は避け、一緒に歩いていても恥ずかしくないような服装を心がけると自分への好感度も上がるのではないでしょうか?

着物は必ず着ないといけませんか?

クラブで働く女性のイメージとしてよく聞くのが着物での接客ですが、お正月など何かイベントがある時にお店側から強制されることが多いようです。一通り揃えるとなるとかなりの金額になってしますし、まだ売り上げも安定していなければかなりの痛手ですよね。しかし最近ではより手ごろな値段でレンタルできたり、また着物をたくさん持っているママやお姉さんから譲ってもらうこともできます。毎日は無理でもたまには着物を着て、クラブホステスとしての気合いを入れなおすのもいいかもしれません。

ホステスはお客様に誘われたらたとえ休日でも会わなくてはいけませんか?

休日のゴルフやパーティーの接待

クラブに来店するお客様の中には、自分で会社を経営している方も少なくありません。休日に行われるその会社のゴルフコンペやパーティーなどにホステスが借り出されることもしばしば…このような時は、他のホステスにも協力してもらってできるだけ手をかしてあげましょう。手を貸すことで良い意味でお客様との間に「貸し」を作るのです。お店に呼ぶ口実にもなりますし、お客様側も何か「理由」があるとお店に顔を出しやすいようです。さらに大事なイベントのサポートをしてもらったということで、お客様とホステスの間にも「信頼関係」が結ばれます。ホステスとお客様にはこの「信頼関係」がとても重要なのです。

自分のお客様に普通に誘われた場合

クラブは土日祝日が店休の場合が多いです。ホステスにとって休日は、その週の出来事をリセットするのに重要な日。平日の営業ではお客様には何かと気を使いますし、売り上げのためにお酒も飲まなくてはなりません。貴重な休日にお客様から食事などに誘われた場合は、そのお客様の質で行くか行かないかを決めましょう。全く来店しないのに外で会いたがるお客様には会う必要はありませんが、同伴のノルマなどを毎月助けてくれるようなお客様のお誘いにはある程度応えると、信頼関係は増し定期的な来店に繋がるでしょう。お客様の見極めがポイントです。

他のホステスのお客様に誘われた場合

自分のお客様ではなく他のホステスが係をしているお客様に休日2人で食事に行こうと誘われることもありますよね?毎回席に呼んでくれ、同伴のノルマも助けてくれるお客様。まずは自分で判断するのではなく、その係の女性と話し合いましょう。もちろん誘われた日の自分の予定もあるでしょうし、係の女性がそのお客様をどのような位置づけで営業しているのかもポイントになってきます。この場合はあくまでもヘルプとしての立場なので無理して出向く必要もありませんが後々自分のお客様にと考えているなら、係の女性の許可を取りお誘いを受けるのものもいいかもしれませんね。

高級クラブに採用されるために必要な事はどうしたらよいのでしょうか?

面接日の身だしなみについて

身だしなみとは顔、スタイル、洋服のセンスなど…まさに見た目のことを指しますが、ポイントは 清潔感があって、自分に似合っているという事です。
高級クラブの場合は、美容院でヘアセットした方が条件がよくなる場合があります。 面接官にお仕事している時のイメージを見て採用の決断をさせやすくするというのが狙いです。 基本的に綺麗にしてマイナスになるという事はありません。
また初心者の女性が1人で面接へ行く場合、着物やドレスを着ていると浮いてしまいがちですが間に第三者(紹介者など)を入れることで自然な感じになります。
肌荒れやタトゥーなどの清潔感のない身なりは店側からマイナスのイメージがついてしまうので注意が必要です。

面接で聞かれる内容とは

近年の銀座ではお客様を持たない女性はなかなか採用されるのは難しい傾向にあるようです。ということで、まずあなたにお客様がいるのかどうか?が最大のポイントになってきます。 それ次第では、条件やお給料額などの契約が大きく変わってきます。もちろんお客様がいるのが条件がよくなるのですが、お給料が沢山欲しいからと嘘を言ってノルマを付けられたら大変なことになります。
また今までの経歴も聞かれます。どんなお店で何年働いていたのか?という事です。 ここで重要なのは、いろんなお店で経験があっても何店舗も答える事は控えましょう。何件も店を転々とし、すぐ辞める女性だと思われては採用に繋がりません。
他には、住まいの場所と店の距離も重要です。終電の時間とタクシー代でジャッジされます。 終電の時間は深夜0時以降まであるかないかで天と地ほど違いますし、お客様とのアフターは基本的に終電以降のものですから、タクシー代が高い・アフターに付き合えないとなると評価は下がってしまいます。このことを踏まえて、事前に回答を準備しておくと良いでしょう。

採用されるために大切な事

高級クラブで採用されるには、ビジュアルがお店ごとの最低基準をクリアしていなければお客様を持っていない限りその他の要素が申し分なくても採用は難しいです。 逆にビジュアルが完璧ならその他がかなり厳しくてもどうにでもなったりするのが高級クラブ。
厳しく感じるかもしれませんが、例えば自分がホストクラブに行った場合のことを考えてみて下さい。 せっかく高いお金を出してホストに飲みに来ているのですから、不細工な男性に接客されるより、 自分好みの素敵な男性に接客されたいと思うのではないでしょうか。
このように外見が重要視されるのはもちろんなのですが、お店ごとにカラーがあるので外見面での採用基準はまちまちです。共通する部分としては、最低限の身だしなみを整え面接時にはとにかくニコニコ笑顔でハキハキとした受け答えを心がけることが大切です。

クラブでのホステス間のトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか?

他の女の子が私の指名客に名刺を渡してしまった

クラブで新人が犯しがちなのが、自分がお休みの日に指名のお客様が来店してしまう事。
毎日休みも取らずに出勤するのは不可能に近いのですが、たまたまにしろ係りの女性がいない場合でも、他の女性はお客様からの名刺を受け取っても自分の名刺を勝手に渡すことは禁止です。この事が後々トラブルの元になってしまいます。さらに、店側に相談しても休んだ方が悪いと言われてしまっては何も言えません。
まずはお客様の管理をきちんとしましょう。自分の休みのスケジュールなども日々の営業の中で何となく伝えておくと良いでしょう。

ママと売り上げのお姉さんとの間に確執がある

新しくホステスとして入店して、一ヶ月も経てばそのお店の雰囲気や人間関係が何となくわかってくるのではないでしょうか。プライドの高い女性が働く空間とあって、中には女性同士で派閥のあるお店もあったりします。特に新人はこの派閥争いに巻き込まれやすいようですが、できればさけて通りたいもの。
ママと売り上げのお姉さんの間に確執がある場合、うまくスルーするにはどうしたら良いのでしょうか。まずあまりにも人間関係が複雑な場合は、早々にお店を変えてしまったほうが良いかもしれません。このようなお店に来店するお客様はちょっと変わっていたりするのです。逆に、女性同士が仲の良いお店は常連のお客様が多く長くお付き合いできるような出会いがたくさんあります。
周りを良く見て判断してみてください。

いくら仲良くなってもお金の貸し借りはしない

毎日働いていると、気の合いそうな女性も出てくることでしょう。
しかし、いくら仲良くなってもその女性とのお金の貸し借りはいかがなものでしょうか?
同じお店で働く女性が通うホストクラブに一緒に行ったことろ、その時彼女の手持ちがなかったため仕方なく立て替えて支払ったというAさん。後で返すと言われたので信じていたのですが、後日、私が勝手に飲み物などを頼んだんだから自分は払う必要が無いと言ってきそうです。指名のホストがいるのに手持ちがないのはおかしな話ですが、そのお店で今後も働いて行くつもりなら根気づよくその女性に返却を促すしかないかもしれません。お金の貸し借りは戻ってこない確立の方が大きいです。十分注意してくださいね。

担当のホストにお店のクリスマスイベントに誘われましたのですが、行くべきですか?

なぜホストはイベントになると必死に営業するのでしょうか

ホストクラブには、お客様獲得の為に毎月様々なイベントを企画しているお店がたくさんあります。
内容は本当に様々で、お客様が得するイベントやホストのコスプレイベントなど楽しめるないようになっていますが、ホスト側はというとただイベントの日に出勤すれば良いというわけではありません。これもお店によりけりですが、イベントごとに指名や売り上げノルマが課せられていてそれをクリアできなければその月の自分のお給料に支障が生じてしまいます。
確かにイベントを開催すればお客様に対して口実もでき営業しやすくなりますが、毎週イベントを開催しているお店はだんだんお客様の負担にもなってきてしまいます。
まずは、イベントはお客様にいつも以上に楽しんでもらう日だという事を念頭においておくのが大切です。

予定がなければホストクラブでクリスマスを過ごすのもアリ!!

世間で数多くあるイベントの中でもクリスマスは一大イベント!!しかし、一緒に過ごすパートナーがいない場合は何をしていいのかわからないかもしれません。そんな時はホストクラブでクリスマスを過ごすのもアリです。
確かにクリスマスまでなんでホストクラブで…と思うかもしれませんが、それぞれのお店ではビンゴゲームや仮装・クリスマスだけの限定シャンパンコールなど内容が盛りだくさんです。ホスト側もクリスマスということでテンションもいつも以上に上がっています!
女性だけでパーティーもいいですが、むしろこの機会にホストクラブデビューするのもいいかもしれませんよ!

クリスマスは常連さんばかり?初回は入れませんか?

クリスマスイベントを開催するホストクラブでは、いつものイベントと同じようにホストそれぞれにノルマが課せられている場合があります。従って、やや常連さんの方が多いように感じるかもしれません。指名のホストから直々にお誘いがあったお客様のために席が確保されています。
お目当てのホストやお店がある場合には、初回も入店する事ができるのかどうか事前に確認しておくと良いでしょう。しかし、ホストクラブは歌舞伎町だけでも何百店舗とあります。もちろんクリスマスも初回OKなお店もたくさんありますし、初回で知っているホストがいなくても楽しいクリスマスになること間違いなしです!ホストクラブの紹介サイトなどをチェックしてみるのもいいかもしれません。

キャバクラだと思って騙されて入店してしまったピンサロを辞めるにはどうしたらいいですか?

実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはある

全てのお店がそうではないのですが、求人広告で「キャバクラ」と記載しておきながら、実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはあります。もちろん、いい求人広告とは言えません。実情としては、大きなグループ展開しているお店の場合なら、求人にもそれなりの予算をかけられますが、小規模でギリギリ営業しているようなお店の場合だと、普通にやっていたんではなかなか思うように女の子を集められないことが多いです。なので、そういうお店では騙しに近いような良くない方法で女の子を集めている場合もあります。

一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さない

求人内容に嘘があったわけですから、一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さずに「ちょっと考えさせてください」と言って、即決をしないのがベストです。しかし中には強く言いくるめられて、つい働てしまう女の子もいることは確かです。もちろん、そのまま働いてもろくなことはないと思います。酷いケースだと、何だかんだと理由をつけられて、ちゃんとした給料を貰えなかったりする可能性だってあります。お店の人に「断り切れない子」と認識されているでしょうし、相手はそれを最大限に利用すると思います。

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しない

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しないのがいいと思います。お店からのメールや電話には一切出ないようにして、知らない番号からの電話や非通知の電話にも絶対に出ないようにした方がいいです。お店の女の子との連絡も絶対にいけません。余裕があれば携帯も変えるくらいで丁度いいです。とにかく無視することが一番です。仮にもし「ピンサロで働いていたことを親にばらすぞ!」のようなことを言われたとしても、怖がったりせずに無視するのが一番です。相手も後ろめたいことをやって商売をしてるのですから、自ら進んで大問題にしようとは思わないはずです。それと話し合って解決しようという考えは持たない方がいいです。話し合ったとしても言いくるめて、無理矢理に働かせようとするのがオチだと思います。

数多くあるホストクラブの中から自分に合うお店を見つけるには何をポイントにすればいいですか?

働くキャストや内勤の雰囲気

歌舞伎町だけでも数百店舗存在すると言われているホストクラブ。
どの店舗の求人にも、普通のバイトよりも割高な日給や待遇の良さが全面にアピールされていると思いますが、果たして書かれている内容は本当なのでしょうか?
まず一番雰囲気をつかむのに手っ取り早いのはやはり体験入店をしてみることですが、何十件も体験するのも時間がかってしまいますよね。求人の待遇欄を見てある程度の目星を付け、体験入店してみましょう。そこで、客層・先輩キャストの態度や内勤の人の雰囲気をチェックし、自分の思い描くライフスタイルに合っているかなども加味してお店選びを始めましょう。

グループ展開しているお店は働きやすい?

ホストクラブには、何件かのお店を経営しグループとして展開している場合があります。
グループ化しているからには経営側はそれなりに実績もありますし、安定もしています。
さらに最近では、CDデビューを果たしたりとユニット活動をしているグループもあるのでお店の線で効果は抜群。多くのメディアに露出することで幅広い客層に売り込むことが可能ですが、結果的にホスト個人の売り込み方には差が出てしまうということでもあります。
しかし、新人育成に関してはマニュアル化されていたりもするので未経験でホストを始めるにはいいかもしれません。

新規オープンのお店と老舗の違い

新しくオープンしたばかりのお店は、経験者・未経験者に関わらず全員入店のスタートラインが同じなので複雑な上下関係もほとんどありません。
同時に新規のお客様も多いので、指名も取りやすいのではないのでしょうか。ただ、同期ばかりで先輩がいない分接客のコツなどを学ぶのは難しいかもしれません。
また新規オープンであることを大々的にアピールしているお店でも、ただ店名を変えただけの場合があるので注意が必要です。
一方老舗のホストクラブは、多少の上下関係はありつつも経歴の長い先輩からホストとしてたくさんのことを学ぶことができます。最初は先輩のヘルプに着くことが多いかもしれませんが、そこからだんだん自分のスタイルを確立させていくことができます。また給与関係のシステムもしっかりしているので、毎月お給料から引かれる経費も明確で努力した分だけ稼ぐことができます。

自分のステップアップの為に働くお店を変えるのはアリですか?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。 今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。 また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。 クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。 また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。 お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。 このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool