30を過ぎて水商売をやっているアラサー女性は結婚できるのでしょうか?

実際のところ、アラサーの独身率はどのくらい?

近年の日本では未婚化、晩婚化という言葉を頻繁にニュースなどで見かけるようになりました。実際のところ、アラサー、アラフォー女性の結婚事情はどのようになっているのでしょうか?
国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集2012」によると、2010年の女性の平均初婚年齢は29.69歳でした。現在30歳前後の人たちの親世代が結婚した頃…1980年の女性はというと、25.11歳。30年の間に日本の女性の平均初婚年齢は4.58歳上昇しています。1980年にはアラフォー女性の約9割、アラサー女性の約8割が結婚していましたが、30年後の2010年になるとアラフォーは約7割、アラサーになるとほぼ5割と大きく減少しています。一方、未婚率を見ると、アラフォー女性の5人に1人、アラサー女性のほぼ2人に1人が未婚です。「40歳・独身」というのはいまや珍しくありません。
これは、女性がより社会で活躍できる場が増えているということでもあります。水商売に限らずどの職業にも共通して言える事ですが、仕事にやりがいを感じているとどうしても恋愛面がおろそかになるものです。無理矢理恋愛をする必要はありませんが、先々の事を考えた計画が大切なのです。

既婚者の女性が現在の夫と出会ったきっかけとは

未婚の女性で「結婚したいけれど相手がいない」「どこに出会いがあるの?」と感じる人は少なくないそうです。将来自分の夫となる人との「出会い」は一体どこにあるのでしょうか。
某研究所で2011年に実施した「女性の幸せに関する意識調査」の、25~44歳のアラサー、アラフォー既婚女性の「夫との出会いのきっかけ」に対する回答結果によると、「職場・仕事関係」が約4割と圧倒的に多く、「友人などの紹介」「大学等(短大や専門学校も含みます)」と続き、これらの3つのきっかけで出会った人が全体の65.2%を占めます。遠くの親類より近くのナントカ…まずは、近くにいる異性や友人との関係を見直してみることが「出会い」の近道となるかもしれません。
さらに、最近では「復縁婚」なるものもしばしば耳にします。30歳を過ぎてから人との関係を一から築くのはなかなか大変。そうなると、やはり自分の事を良く知ってくれている昔の恋人がよく見えてくるのだとか…。離れてみて分かる事も色々とあるのかもしれませんね。

増えつつある「ネット婚活」とは

最近ではパソコンだけでなく、ケータイやスマートフォン等で誰もが気軽にインターネットにアクセスできるようになり、FacebookやTwitter、mixiなどのSNSも世代を問わず身近なものになっています。
ブログやSNS内のコミュニティーを通じて趣味の仲間を見つけたり、懐かしい友人と再会したり…という経験がある人も珍しくはないでしょう。
20代の頃は頻繁にあった飲み会のお誘いも30代になると急激に減ったと感じた事はありませんか?出会いがないと感じたら自分から動いてみましょう。インターネット上でのやり取りの良いところはサイト内の情報で出会う前から相手のある程度の人柄や趣味がわかること。これで「お付き合い」や「結婚」への後押しになっているものと思われます。一昔前は「出会い系」などと呼ばれ少々危険な感じもありましたが、ある程度人生経験を積んだアラサー・アラフォーの女性は男性を見分ける力もついているはず。特に水商売を経験していれば尚更です。
個人情報の取り扱いや安全面等に配慮する必要はありますが、インターネットの各種サービスを賢く利用してみるのも「出会い」や自分の世界を広げるきっかけになることでしょう。

0ヘルから売り上げのホステスになるのは不可能なのでしょうか?

「売り上げ」と「0ヘル」の違い

クラブのホステスには3パターンの給料システムがあります。まず、全くお客様を持っていない未経験の新人ホステスは「0ヘル」と呼ばれ、決まった日給をもらい他のお姉さんのヘルプをします。そしてママやチーママと呼ばれるタイトルが付いているホステスは基本的には毎月の売り上げを店側との折半で受け取ります。もちろん普通のホステスで折半の女性もいますが、これは稼げる金額は大きいですがかなりリスクを伴うためにママやチーママの肩書きを持っていないがお客様を持っているホステスは「売り上げ」と呼ばれるシステムで毎月の給料を受け取ります。
中でも、売り上げも多少あるが自分のお客様がいない時は他席のヘルプにも付く「半売り半ヘル」と呼ばれる売り上げ兼ヘルプが一番多く存在しています。この場合だと日給も保証されますし、売り上げのノルマをクリアすればそれだけのバックも貰えるのでリスクはあまり大きくはありません。
売り上げのホステスになるには、お客様を持っているお姉さんが辞める際に譲り受ける場合と、お店、男性スタッフの係りを貰える場合位しかありません。

売り上げホステスのポイント

クラブで働く売り上げのあるホステス達は「個人事業主」として店舗と契約しそこで自分のお客様をおもてなしすることで売り上げを作り、そこから毎月お店に諸経費を払い残りをお給料として受け取るという仕組みになっています。
また、銀座には売り掛け制度がありお客様はツケで飲むことが可能です。 そのお客様の係りのホステスはツケを期限までに回収できないと、自分の借金となりお給料から引かれます。
お店とは入店前の面接でどのくらいの売り上げを出せるのかを聞かれると思いますが、その数字次第でノルマも変動してきます。
お店に入店する際に女性からお店に対して売り上げの約束をする「打ち込み」や、お店が入店する女性のキャリア話の中で得た情報の中から見込んだ売り上げの「見込み」と呼ばれる売り上げのノルマを決め、そのノルマをこなせない場合はお給料からペナルティとして差し引かれます。

安定した売り上げを稼ぐ為には

ヘルプから売り上げの女性を目指しているのなら、係りのお姉さんがいなくなるのを待つのではなくお店を変えるのが1番早いでしょう。ただ、移るお店はかなり厳選しなければいけません。現在のお店で獲得したお客様には次のお店との相性もありますし、移るお店に自分のメインのお客様の係りがいる場合などもあります。
しかし、ある程度の売り上げを作る事ができる見込みがあって移籍を考えるのは当然のことですが、自分の条件に見合った金額で働きましょう。面接の際に高額の日給を提示されることがあるかもしれませんが金額が高いという事は、それなりの事を要求されます。厳しいノルマは後で苦しくなってストレスや挫折のもとです。
目先の利益に飛びついてしまうのではなく、入店・移籍をしたらしばらくは腰を据えて働くのが大切です。

自分のステップアップの為に働くお店を変えるのはアリですか?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。 今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。 また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。 クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。 また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。 お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。 このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

ホステスとして売上を保つにはどうしたらいいのでしょうか?

高級クラブで求められるスタイル

例えば銀座には高級クラブが何件もあるので、全てはお店側の判断になりますがお客様を持っていない場合はやはりビジュアル面は重要です。理想としては身長から体重を引いて110~115位がベストなようです。太めの方は着物でカバーもできますが、「体型ぐらいしっかり節制をしてみせる」という意気込みだと自分にも自信がつきます。つまり、体形には日頃の自分の生活スタイルが表れてくるのです。
近年、銀座は顔よりも全体的なスタイル重視の傾向がありますがダイエットのしすぎは禁物です。痩せていれば良いという訳でもないのです。痩せ気味の女性は肌質にも注意です。肌質はすぐに改善できるものではありませんが顔色が悪い場合は、チークやコントロールカラーで調整しましょう。胸の開いたドレスを着るとどうしてもバストが小さくなりがちですが、ヌーブラ2枚重ねてみるなどテクニックを磨きましょう。また、特に髪質には厳しいお店が多いので髪にいいものを意識して食べたり、ストレスと上手にお付き合いしなくてはいけません。

身長が低い場合にはどうしたらいいのか

銀座の高級クラブ、特に大箱は背の高い女性を好む傾向にあります。とは言え、ヒールを履いたら170cm以上になってしまうとさすがに高すぎるのではと思うかもしれませんが、このようなお店には派手なお客様も多く、つれて歩いていて見栄えのする女性が良いとされているので、背が高すぎるというような心配もいりません。体型を生かし、ロングドレスやスーツを着こなすとカッコいいです。その際は、猫背に気をつけて堂々と歩きましょう。
一方老舗のクラブにいるオーナーママなどは、綺麗な女性よりもかわいい女性を好む場合が多いです。しかし、それでも140cm台の女性は少し低めだと思いますので、ヒールが高めの靴を履いた方がいいかもしれません。
スーツよりドレスいいでしょう。ロングよりもミディアムドレスがバランスよく見えます。ワンピースもいいですね。着物を着ると、より可愛らしい姿をアピールすることができます。

自分を綺麗に見せるコツとは?

常に自分を研究している女性は、自分がどのようにすれば美しく見えるか分かっています。 自分に似合う服装、色、デザイン。しかし他の人の服装やヘアースタイルが可愛いからと言っても全ての人に当てはまるものでもなく、身長や肌の色でも変わってきます。
全体的に重要なのは姿勢です。どんなに着飾っていても姿勢が悪いようでは、野暮ったくなり全てが台無しになります。
水商売は自分自身が商品のようなところがありますので、姿見などでしっかりと研究しておきましょう。女性らしい立ち振る舞いは、雑誌や映画を見て自分が美しいと思う人の動きを研究してみるのもいいでしょう。ポイントは優雅に見える、という事なのですが、直線と曲線と余裕、これに注目です。
目の位置、手の場所、足の置き方、など少し意識することで、ぐっと変わります。
全体的には肩甲骨を閉めるような感じで、あとは何でも交差するようにすると女性らしさがアップします。

付き合ってから彼がホストだと知ったのですが、どうしたらうまく付き合って行けますか?

彼を信用しある程度の自由をあげる

彼との恋愛が始まって最初はドキドキワクワクだったのに、ふとした瞬間に不安になることはありませんか?しかも恋愛の相手がホストだったら尚更不安になってしまいますよね。
しかし自分が不安だからという理由から、いつもベッタリで彼を縛るような面倒くさい女になってはいけません。そもそも男は縛られるのが嫌いな生き物なので、自分からの連絡も控えめにして彼の仕事も尊重してあげてください。男は逆に野放しにされると、彼女を恋しがるもの。彼にあなたを恋しく思う時間を与えてみてはいかがでしょうか。

彼中心になりすぎて自分を見失わない

大好きな彼氏ができた途端に女友達と出かけてなくなって、自分の趣味もやめて彼氏一色の生活になってしまう女性も中にはいるはずです。
ですが彼が好きになったのは、仕事や趣味に一生懸命で友人や家族との時間も大切にするいつも忙しくキラキラと輝いているあなたなのです。ですから彼と交際が始まっても、そんなあなたを見失わないようにしてください。
相手はホストかもしれませんが、ホストの前に一人の男です。男に全てを合わせるような女性を、男性は尊重したり大事にはしないでしょう。

彼に癒しを与えられる女性になる

お付き合いが続いて行く中で、ただカワイイだけの女ではすぐに飽きられてしまいます。外見をキレイに保つことはもちろん大事ですが、それだけではダメ! カワイイうえに彼と楽しい会話ができて、いつも彼を笑わせられる女でいれば、彼があなたに飽きることはありません。
笑いは癒しです。ホストは普段からたくさんの女性と接する仕事ですが、プライベートな時間は逆に癒してほしいはず!
彼の事を考えて不安になるのではなく、彼と一緒にいる時間を最高に楽しく過ごすことを考えておけば、必ず次へとつながるのではないでしょうか。

接客する際、苦手なお客様への対応はどのようにしたらいいのでしょうか?

生理的に合わないかも!?と思ってしまう苦手なお客様

夜のお店はお酒を提供する場ですが、お酒が入ると人格が変わってしまう人がいます。さらに、大声で怒鳴り散らしたりしまいには説教をはじめたりする人も中にはいます。
何でそんな事するのか…?それは怒鳴り散らす事や説教をする事で、ストレス解消をしているのです。どのホステスが着いてもそのような態度だと、その確率が非常高いようです。また、飲み慣れているお客様の中には新人ホステスを育てるのが好きなお客様もいるので、親心のようなものから色々言われる場合もあります。 とにかく普段できない事を、お金を払う事で解消している場合が多いです。そうじゃなければ何度もお店に来ませんし、気に入らないお店や女性だったらそもそも飲みになんて来ないからです。つまりホステスの高いお給料の中には、そのようなお客様からのお小言にもガマンして耐える料金も入っていると考えていいと思います。

気難しいお客様への対処方法

気難しいお客様の接客は疲れるので避けてしまうホステスが多いですが、 お客様も自分が気難しい事くらいは分かっているのです。 それでも自分に付いてきてくれる、というその気持ちがどこまで本当のなのかあえて試しているのかも知れません。実際、女性の事を信頼したそのようなお客様はとても良いお客様に変化したりするのです。
夜のお店は、スタッフ、ママ、お姉さん達から試される場面というのがあります。 そこをどう乗り切るか、切り替えすかでホステスとしての才能や素質を見られているのです。 嫌な事があるからとすぐ訴えるのではなく、そのような場面をうまくクリアできれば周りからの評判もさらにアップするでしょう。
気難しいお客様はどのお店にもいます。しかし気難しいと言われているお客様にこそ愛情持って接するべきなのかも知れません。

お客様の前でホステスである為の心構えとは

ホステスは女性特有のお仕事です。 外見をより女性らしく華やかにする必要があります。 お店やお給料によっても、ホステスとして求められるレベルの差がありますが、 「女性らしく」というのは、全てのホステスにおいて共通して求められるものです。
この女性らしく、というのは仕草であったり言葉遣いであったりするわけですが、 これは最初はできなくても、 色々なお客様と接して行く事で段々磨かれていくのです。
このような仕草や振る舞いは、意識的に女性らしさを演出しても限界があり、やはり自分が内面から女性らしくなろう、という気持ちがなければ所詮それは形だけのものになってしまいます。自分で努力しているつもりでも、相手に伝わらなければ結局それは自己満足なのです。
気持ちを込めたおもてなしでなければ、当然相手の心には響きません。上手くできなくても、心を込めるというのが何より大切です。

ホストにハマってしまうのはどのような女性が多いのでしょうか?

寂しがりやでネガティブな女性

とにかく寂しがりやで誰かにチヤホヤされたい女性はホストにハマってしまいやすい傾向が。さらに、寂しがりやな女性はネガティブな考えを持つ女性が多いようです。
例えば、他人が親切であなたの間違いを指摘してくれただけなのに、「あの人は私のことを嫌っている」といったネガティブな解釈をしてしまう傾向はありませんか?
それだけにとどまらず、「あの人だけでなく、きっとみんなが私を嫌っている!」なんて被害妄想に陥ることは?
そんなあなたをホスト達はきっと満面の笑みで癒してくれることでしょう。そのうち「ここだけが私の居場所…」という幻想に陥り、気づいたら常連客になっているかも…!?

人間関係に不満があり、平凡な毎日から脱却したい女性

夫や彼氏などパートナーがいる場合でも、彼との関係に問題を抱えていて悩みを相談できる友達もいない場合は危ないかもしれません。お店でつい愚痴を聞いてもらっているうちに、ホストに恋してしまって、最終的には彼と別れてしまうなんてことも…。
また、会社と家を往復するだけの毎日を送っている女性も危険です。単調な毎日に先の見えない将来が不安になりホストに悩みを聞いてもらっているうちに、ホスト達の非日常な扱いに慣れてしまうのです。この扱いにすっかり陶酔した女性は、飲み代を稼ぐために仕事を変えてしまう可能性も出てきてしまいます。

自分に極端に自信がない女性

「自分にはいいところなんてひとつもない」というように自己評価の低い女性は、ホストクラブにハマりやすいかもしれません。
ホストは言葉を操るプロです。太っているとか痩せすぎているとか、体型のコンプレックスを抱えている人に対しても、とにかく褒め言葉を浴びせます。
女性が「コンプレックスなんだけど…」と謙遜したところで、今度は「えー!信じられない。俺にとってはドストライクだよ」とか驚いてみたりするのです。
自分に自信のある人だと、そんなふうにチヤホヤされても、「あら、そう」と感動が薄かったり、逆に「なんか見え透いていて気持ち悪い」という直感が働いたりするものですが、自己評価の低い人だと聞きなれない褒め言葉に完全に舞い上がってしまいます。
それで少しでも自信がつき女性にとってプラスに働けばいいのですが、日常生活では相変わらず自尊心が低いまま。そんな自分が不安で仕方なくて、ついついホストに依存してしまうのです。

担当のホストにクリスマスプレゼントを渡したいのですが、何がいいですか?

ホストがよく身につけるアクセサリーとは

仕事中も身につけていられるものといえば、アクセサリーですよね。はたして、ホストな男性たちはどんなアクセサリーを愛用しているのでしょうか。
多くのホストのファッションに見られるのは、まずはブレスレット・リング・ネックレスといったところでしょう。もう少し凝ったコーディネートをしているホストが身につけているのはカフスやタイピンなど、ふとした時に見えるアクセサリー類です。
しかし、最近のホストはキラキラしたスーツよりもより私服に近い服装をしているホストも見受けられます。とはいえ、やはりアクセサリーはやはり一番渡しやすいプレゼントなのではないでしょうか?担当ホストが普段どのようなアクセサリーを身につけているのかチェックしてみましょう。

物をあげる代わりに、お店で高級ボトルを卸す

何をあげたらいいか迷った時に最も手っ取り早く喜んでくれるものといえば、やはりシャンパンや高級ボトルなどの酒類ではないでしょうか。むしろ、物よりもボトルを入れてくれた方が喜ぶホストもいると思います。
身につける物をプレゼントしたとしても、そのホストが常に身につけてくれるとは限りません。でしたら、お店に行けばテーブルに飾っておくことのできる高級ボトルをたまにはプレゼントするのもいいのではないでしょうか?

プレゼントはインパクトが大切

男のひとだって、キャバクラやガールズバーに楽しく飲みに行くんだから、女性だってホストクラブに行って悪いわけがありません。
それに、店員とお客とはいえ、そこはひとりの男と女。いつの間にか、恋人同士に発展するということもあるでしょう。
そんなホストな彼は、クリスマスはお仕事かもしれません。ですが、せめてクリスマスプレゼントは贈りたいですよね。
お酒にしろ、アクセサリーにしろ彼の思い出に残るようなプレゼント選びをしてみましょう。

クラブで働くことになったのですが、キャバクラと同じ服装でいいのでしょうか?

ヘアセットについて

クラブでは、毎回のヘアセットは必須なお店がほとんどです。出勤時間に間に合わないからと言ってセットを怠るとペナルティをとるお店もあります。出勤前に美容院へ行き、あまり派手にならないような髪型に整えてもらいます。特にクラブは20時オープンのお店がほとんどなので、同伴のない女性は7時台に集中して来店するようです。セット専門の美容院で予約を受け付けているところはあまりないので、自分の出勤時間とその時間帯の混み具合をある程度予測しておくのが大事です。

出勤時の服装にも気を使いましょう

クラブでの勤務中はもちろんドレスやお着物を着用しますが、お客様からいつ同伴やアフターのお誘いがあるか分かりません。せっかく同伴で素敵なお店に誘っていただいても、女性の服装がひどければお客様のテンションは下がってしまいます。勤務時間外である同伴やアフターには、お客様への感謝の意味も込められているのでジーンズやトレーナーなどのラフな服装は避け、一緒に歩いていても恥ずかしくないような服装を心がけると自分への好感度も上がるのではないでしょうか?

着物は必ず着ないといけませんか?

クラブで働く女性のイメージとしてよく聞くのが着物での接客ですが、お正月など何かイベントがある時にお店側から強制されることが多いようです。一通り揃えるとなるとかなりの金額になってしますし、まだ売り上げも安定していなければかなりの痛手ですよね。しかし最近ではより手ごろな値段でレンタルできたり、また着物をたくさん持っているママやお姉さんから譲ってもらうこともできます。毎日は無理でもたまには着物を着て、クラブホステスとしての気合いを入れなおすのもいいかもしれません。

営業と分かっていながら担当ホストを好きになってしまいました。どうしたらいいですか?

お店には月に何回通い、いくら使っているのか

ふとしたタイミングで出会ってしまった恋の相手はホスト。
まず気をつけたいのは、そのホストに会いに月または週に何回通っているのかということです。来店回数が多いほど、ホストにハマっているタイプに当てはまります。さらに、ホストは顧客として掴んでおきたい人リストに挙げているでしょう。
一度の来店で2~3万円程度の出費であれば、一般のホストとしては良質なホストです。
ですが、毎回高級なシャンパンやボトル卸してくれるように要求してくるのであれば2~3万円で納まる訳がありません。どんなに好きでも毎回の予算はちゃんと決めて、担当ホストにもしっかり伝えましょう。

店外デートに誘われ、付き合う前に性的行為がある

目当てのホストを指名して通っていると、「今日は休みなんだ、会おうよ」「最近お店に来てくれなくて寂しいよ、会えない?」などと店外でのお誘いメールが来る事があります。お休みなの本当かもしれませんが、「会いたい」という部分はどうでしょうか。中には本当に会いたいと思っているホストもいるかもしれませが、基本的には自分の指名に繋げたいと思っているホストがほとんど。
さらに、会うだけではとどまらず枕営業、つまり性的行為に及んでいる場合は要注意です。
枕営業をすると、女性は「自分は特別な存在なんだ」と思い込んでホストから抜け出せない傾向があります。こうして、また女性を来店させることが狙いです。
ちなみに、外で会うばかりでお店に行った事はない女性も危険です。ホストが本当に恋人関係になりたいと思っているのなら、体ばかり要求しません。
また、付き合っているという言葉も交わしていないのに「彼はホストだからデートは出来ないけど、私達は真の恋人関係だ」と勘違いしている女性が多いのも事実です。

「ホストを辞めるまで支えてほしい」と言われている

「早くお金を貯めてお前の為にホストを辞められるように、俺の事を支えてほしい」などというセリフを言われていませんか?
多くの女性はこの言葉を信じて売り上げ貢献のためにお店へと通うのです。将来に繋がると考えれば全く苦にならないのかもしれませんが、言葉だけのホストには注意しましょう。男は本当に辞めたいと思えばちゃんと行動に移します。
がしかし、例えこの言葉を有言実行してくれてお昼のお仕事に就いても、労力に対するお給料の金額などを考えるとやっぱりホストの方がラクだと思い、結局夜の世界に戻ってしまう人が多いのも事実です。普段から彼の事をよく観察し、くれぐれも貢いで終わりということのないようにしてくださいね!

水商売の男性にモテる女性とはどのような人なのでしょうか?

「ありがとう」や「ごめんなさい」がちゃんと言える素直な女性

ホストクラブなんだからホスト達から何でも“してもらうのが当たり前”という女性も中にはいます。実際、女性はお客様なわけですからおもてなしを施してもらって当然なわけですが、逆を言えばちょっとしたことで“ありがとう”が言える人はホスト達からのイメージがアップします。
ホストとお客様との間には金銭が絡んでいるので、何かしらのトラブルは生じやすいかもしれません。例えば何か担当のホストとケンカした時に自分の悪い所はちゃんと謝れるような女性も好感度が増すのではないでしょうか。
確かに女性はお客様ですし、ホストとも金銭が絡んでいる関係上求めるものも多いでしょう。しかし、何かを求める前にまずは信頼関係が必要です。ちょっとした時に感謝や謝罪の気持ちが伝えられるようになると好印象の持続力はさらに長持ちするのではないでしょうか。

絶妙なタイミングで気遣いができる女性

自分でお酒の量をセーブできたり、相手のホストの仕事のことを考えることができる女性や、「飲み過ぎた?大丈夫?」と声をかけてくれる女性は好感度がいいようです。
会話の中でこのようにさりげない気遣いのセリフを挟んでラリーができる女性は、たいていどの場面でも気遣いができるのではないでしょうか。
また「お疲れ様」などと、相手の仕事が終わった時間の絶妙なタイミングで連絡を入れるのも効果的です。
気遣いとは考えたらうまくできなさそうですが大切なのはホストとお客様という立場関係なく、一緒に楽しい時間を過ごそうという気持ちを持つことが大切だということです。

一般的な常識を持っている女性

ホストクラブという空間は、女性をお姫様扱いしてくれる非日常的な空間です。女性はお金を払えばたくさんの男性が最高のおもてなしをしてくれるでしょう。しかし、ホストとは言え一人の男性です。あまりにも上から目線でワガママだったり、お酒の飲み方が分かっていない女性に惹かれることはまずありません。
他の席にいる女性の悪口やヘルプのホストにキツくあたるという行為は避けましょう。こんなことでストレスは発散できませんし、なにより言っている本人のイメージが悪くなってしまいます。
もちろん女性はお客様なので、過剰な気を使う必要なもちろんありません。しかし、みんなで笑って楽しいお酒を飲めるようなホストクラブの使い方ができる女性になる事ができれば、ホストからの印象も必然的にアップするのではないでしょうか。

クラブの「ママ」や「チーママ」とはどのようなポジションなのでしょうか?

そもそもママって?

クラブには大抵「ママ」とタイトルのつく女性が1人はいます。大箱では3人以上のママが在籍するお店もあります。ママの種類にも色々あって、お店の経営権のあるママを「オーナーママ」や「大ママ」と呼び、契約で働いているママを「チーママ」などと呼んだりします。このチーママとはまさに「小さいママ」の略で大ママの1つ下の役職になり、大ママが一人では補えない部分などのサポート的な役割も果たします。

ママには誰でもなれるのでしょうか?

ホステスとして働いたからには、一度はママと呼ばれてみたいもの。もちろん誰にでもなるチャンスはありますが、そのチャンスを掴ためにはやはりそれなりの売り上げと営業力が必要です。自分のお客様だけではなく、他の女性のお客様にも常に気を使えるような立ち振る舞いができなくてはいけませんし、さらにその女性の接客に対するアドバイスなどもできなくてはいけません。こういった行いが認められて初めてママというタイトルが貰えるのです。

30歳を過ぎてママを目指すのはもう遅いですか?

20代でママというタイトルを手に入れる女性もいるようですが、日々の営業態度や毎月の売り上げが認められてママになれるわけですから、ママを目指す上で年齢はさほど関係ないといえるでしょう。この日々の営業態度は、自分のお客様の質にも表れてきます。たとえ晴れてママになれたとしても、そこで働く女性のサポートなしではクラブは成立しません。ガラの悪いお客様では下の女性はついてきてはくれませんよね?年齢よりも何よりも、まずは誠実な接客で質の良いお客様を獲得するのがママになるための第一歩なのではないでしょうか?

指名をいただいているお客様の誕生日には何をあげたら良いのでしょうか?

無難なプレゼントをお客さんにあげる

お客さんでなくても女性から男性へのプレゼントは頭を悩ませるところかもしれません。何を選んだら喜ばれるか、お金をどれくらいかけたらいいのか悩むところだと思います。 お客さんにあげるプレゼントとして無難なのは、ネクタイやハンカチ、靴下、ライターなどがプレゼントの定番だと思います。これらの定番アイテムであれば、値段もそれほど高くないですし、貰ったほうも困るような物ではないので比較的選びやすいと思います。

お客さんの好きなものをプレゼントする

他のプレゼントとしては、そのお客さんの好きなものをプレゼントする方法です。例えば、お酒の好きなお客さんであればワインをプレゼントしたり、甘いものが好きなお客さんであれば有名なスイーツや手作りスイーツをプレゼントするのもいいかもしれません。以前にお客さんから誕生日プレゼントをもらっていた場合、それが高い物なら、やはりこちらもある程度奮発してある程度値の貼るものをプレゼントした方がいいです。お客さんも高いものが欲しいと望んでいるか分かりませんが、こちらの頑張りが伝われば、お客さんも喜んでくれると思います。

お客さんの体を気遣った癒しのプレゼントというのも効果的

あとは、お客さんの体を気遣った癒しのプレゼントというのも効果的だと思います。例えば、男性用のコスメ用品です。お客さんに渡す時に、「いつまでも若くて格好いいままでいてね♪」のようなことを言ったら喜んでくれると思います。男性も若い姿のままでいたいと願っているものです。でも自分で買いに行くのは恥ずかしいし、何を選んだらいいのかわからない男性は意外と多いです。そういったものをプレゼントで贈るというのはとても効果的です。または健康グッズなどもいいかもしれません。いつも忙しそうにして疲れが見えるお客さんには、入浴剤やマッサージグッズのようなものを送るのもいいと思います。メンズコスメや健康グッズのような、金額ではなくて気持ちを感じさせる物にしてもいいプレゼントになると思います。

銀座で働くホステスで売れている女性とはどのような人なのでしょうか?

出会いに積極的な女性

ホステスとして働くなら、それは売れっ子になった方がいいですよね。何より待遇が違いますし、お店にも大切にされてより働きやすい環境になります。 そしてさらにお店に対して意見が言える立場にもなることができます。
そんな売れっ子になるには、まずいい出会いがなければいけません。 お手本となるママやお姉さん、自分を導いてくれるスタッフ、仲間のホステス、そしていいお客様。
とにかく人とのお付き合いや縁を大切にし、同伴やアフターはたとえ自分のお客様ではなくても積極的に参加します。ひとつ良い出会いがあればマメに連絡を取り、自分や人に対しての先行投資を忘れてもいけません。ちょっとしたプレゼントはとても効果的です。
加えてとても重要なのは、自分に合うお店で働くという事です。そのお店ごとの客層に合ったビジュアルを確実に持っているので、良い縁もスムーズに繋がりやすいのです。

「良いお客様」をたくさん持っている

高級クラブにはいろいろなタイプのお客様がいらっしゃいます。
とても和やかで紳士的な男性から、面白い男性、普通の男性、個性的な男性、酒癖の悪い男性まで…
そんなたくさんの男性と毎日出会う中で、売れっ子になるためにはやはりよいお客様との出会いは不可欠です。
指名や同伴を取るにも自分と合う、自分のことを気に入ってくれるようなお客様と出会わなくてはいけません。
よいお客様とめぐりあうためには、人を見抜く目を養わなくてはいけません。
話が合うことも重要ですが、ただ気が合うだけではホステスとしてお店の売上げに貢献することはできまん。ですからお金払いがよく、こちらのことも考えてくれて話が合う、気に入ってもらえるようなお客様に営業しなくてはいけません。
相手は自分の鏡と言うように、性格のいいホステスには性格のよいお客様が、ヤクザ好きのホステスにはヤクザのお客様が、きちっとしているホステスにはきちっとしたお客様が、お金の好きなホステスにはお金持ちが好きなお客様が集まってくるものです。
ですから、自分の好きなタイプのお客様と出会いたければ、まずは自分がその理想像に近づきどんどん人脈を広げていく事が大切です。

客観的に見た「売れっ子像」とは

一時的に太いお客様を掴み売れっ子になるホステスは大勢いても、長い間売れっ子になるというのは、簡単なことではありません。 日々努力の積み重ねで、自分磨きにも相当お金をかけています。
売れっ子に欠かせない条件は、ずばり人に嫌われない人!お客様がその子を好きか嫌いかの世界です。
売れっ子は周りの人から応援されているというのも特徴的で、要は色恋で繋ぐのではなく、人として好いてくれる自分のファンをたくさん作るのがポイントのようです。 どんなに沢山お客様がいても体はひとつしかないのですから、自分を支えてくれる周りにいる人を大切にしています。
さらに売れっ子は急がない、走らない。いつも余裕がある感じの女性が多いような気がします。例えば一件の同伴がダメになってもそのお客様を責める事なく他のお客様にお願いする事ができるほどの営業力があれば常に余裕を持っていられますし、同伴を断ってしまったお客様側も罪悪感を感じて穴埋めをしてくれるのです。
これは一般的にも言える事ですが、常に追われる女性であることが大切なのではないでしょうか。

ホステスとして長く売れるにはどうしたら良いのでしょうか?

高級クラブで求められるスタイル

例えば銀座には高級クラブが何件もあるので、全てはお店側の判断になりますがお客様を持っていない場合はやはりビジュアル面は重要です。理想としては身長から体重を引いて110~115位がベストなようです。太めの方は着物でカバーもできますが、「体型ぐらいしっかり節制をしてみせる」という意気込みだと自分にも自信がつきます。つまり、体形には日頃の自分の生活スタイルが表れてくるのです。
近年、銀座は顔よりも全体的なスタイル重視の傾向がありますがダイエットのしすぎは禁物です。痩せていれば良いという訳でもないのです。痩せ気味の女性は肌質にも注意です。肌質はすぐに改善できるものではありませんが顔色が悪い場合は、チークやコントロールカラーで調整しましょう。胸の開いたドレスを着るとどうしてもバストが小さくなりがちですが、ヌーブラ2枚重ねてみるなどテクニックを磨きましょう。また、特に髪質には厳しいお店が多いので髪にいいものを意識して食べたり、ストレスと上手にお付き合いしなくてはいけません。

身長が低い場合にはどうしたらいいのか

銀座の高級クラブ、特に大箱は背の高い女性を好む傾向にあります。とは言え、ヒールを履いたら170cm以上になってしまうとさすがに高すぎるのではと思うかもしれませんが、このようなお店には派手なお客様も多く、つれて歩いていて見栄えのする女性が良いとされているので、背が高すぎるというような心配もいりません。体型を生かし、ロングドレスやスーツを着こなすとカッコいいです。その際は、猫背に気をつけて堂々と歩きましょう。
一方老舗のクラブにいるオーナーママなどは、綺麗な女性よりもかわいい女性を好む場合が多いです。しかし、それでも140cm台の女性は少し低めだと思いますので、ヒールが高めの靴を履いた方がいいかもしれません。
スーツよりドレスいいでしょう。ロングよりもミディアムドレスがバランスよく見えます。ワンピースもいいですね。着物を着ると、より可愛らしい姿をアピールすることができます。

自分を綺麗に見せるコツとは?

常に自分を研究している女性は、自分がどのようにすれば美しく見えるか分かっています。 自分に似合う服装、色、デザイン。しかし他の人の服装やヘアースタイルが可愛いからと言っても全ての人に当てはまるものでもなく、身長や肌の色でも変わってきます。
全体的に重要なのは姿勢です。どんなに着飾っていても姿勢が悪いようでは、野暮ったくなり全てが台無しになります。
水商売は自分自身が商品のようなところがありますので、姿見などでしっかりと研究しておきましょう。女性らしい立ち振る舞いは、雑誌や映画を見て自分が美しいと思う人の動きを研究してみるのもいいでしょう。ポイントは優雅に見える、という事なのですが、直線と曲線と余裕、これに注目です。
目の位置、手の場所、足の置き方、など少し意識することで、ぐっと変わります。
全体的には肩甲骨を閉めるような感じで、あとは何でも交差するようにすると女性らしさがアップします。

お金を払ってチャットを続けていれば目当ての女性と結ばれますか?

あわよくば精神で出会いを求める男性もいる

普段からライブチャットサイトでチャットレディとの会話を楽しんでいる男性は、少なからずチャットレディと実際に出会いたいと思っている人がいると言えるでしょう。
しかしあくまでもライブチャットサイトの定義としては、バーチャルな空間での楽しみという位置づけであり連絡先などの交換は禁止しているサイトが多いようです。ただ、それでもツーショットチャットなどでは基本的にお客である男性とチャットレディとのマンツーマンのチャットとなりますので、その際に連絡先などの交換を希望する男性は少なからずいるようです。
サイト内で働く多くのチャットレディが本当にごく普通の女性でありますので、もしかしたらいけるかもしれないという下心を持って足繁くチャットをしにライブチャットサイトにログインする男性もいるようです。

女性側も出会いを求めているのか

実際のところは、このようなライブチャットの中でインターネットの枠を超えてチャットレディとリアルで出会う事ができるものなのでしょうか。
もちろん気が合えば出会えることもあると思います。しかし、お客である男性があわよくばという下心を持っているのとは対照的に多くのチャットレディはあくまでも実際に男性と会うことなく仕事ができる、ということにメリットを感じてチャットレディのお仕事をしているケースが殆どであるようです。実際に出会うチャンスはまったくゼロではないものの、あまり現実の出会いを求めているという女性ではないことが多いと言えるでしょう。
またチャットレディはあくまでバーチャルでありますので、パフォーマンスをする際にすべて本当のことをさらしてチャットレディの活動をしなくてはならない、ということもありません。本当は専業主婦で子育て中だという女性が、独身といつわってチャットレディをやっていたり、多少の年齢の詐称などをしてチャットレディをやっているケースもありますので、もとから実際に出会うつもりや期待がないという表れであることがわかるのではないでしょうか。

女性がなぜライブチャットサイトで働いているのかを考える

上でもお話した通り、実際に接客するキャバクラとは違ってチャットレディのお仕事はインターネット回線を通じてのあくまで「チャット」だからということが、高い安全性があるとしてメリットと感じている女性がほとんどだということです。
実際に会わなくてよいチャットがお仕事であるチャットレディだからこそ、その仕事に魅力を感じているということが少なくなく、ライブチャットサイトを利用している男性には酷ですが、チャットレディと実際に出会えるチャンスの期待は薄いといってもよいのではないでしょうか。
このようにチャットレディのお仕事は、ネットの枠を超えて男性から連絡先の交換の希望や実際に出会いたいというお誘いがあることも多いのですが、もちろん会う必要はなくまた自分の身を守るためにもお客さんとはあくまでもバーチャルな関係で居た方がよいようです。

ホストから付き合おうと言われたのですが、これは本気なのでしょうか?

お店には月に何回通い、いくら使っているのか

ふとしたタイミングで出会ってしまった恋の相手はホスト。
まず気をつけたいのは、そのホストに会いに月または週に何回通っているのかということです。来店回数が多いほど、ホストにハマっているタイプに当てはまります。さらに、ホストは顧客として掴んでおきたい人リストに挙げているでしょう。
一度の来店で2~3万円程度の出費であれば、一般のホストとしては良質なホストです。
ですが、毎回高級なシャンパンやボトル卸してくれるように要求してくるのであれば2~3万円で納まる訳がありません。どんなに好きでも毎回の予算はちゃんと決めて、担当ホストにもしっかり伝えましょう。

店外デートに誘われ、付き合う前に性的行為がある

目当てのホストを指名して通っていると、「今日は休みなんだ、会おうよ」「最近お店に来てくれなくて寂しいよ、会えない?」などと店外でのお誘いメールが来る事があります。お休みなの本当かもしれませんが、「会いたい」という部分はどうでしょうか。中には本当に会いたいと思っているホストもいるかもしれませが、基本的には自分の指名に繋げたいと思っているホストがほとんど。
さらに、会うだけではとどまらず枕営業、つまり性的行為に及んでいる場合は要注意です。
枕営業をすると、女性は「自分は特別な存在なんだ」と思い込んでホストから抜け出せない傾向があります。こうして、また女性を来店させることが狙いです。
ちなみに、外で会うばかりでお店に行った事はない女性も危険です。ホストが本当に恋人関係になりたいと思っているのなら、体ばかり要求しません。
また、付き合っているという言葉も交わしていないのに「彼はホストだからデートは出来ないけど、私達は真の恋人関係だ」と勘違いしている女性が多いのも事実です。

「ホストを辞めるまで支えてほしい」と言われている

「早くお金を貯めてお前の為にホストを辞められるように、俺の事を支えてほしい」などというセリフを言われていませんか?
多くの女性はこの言葉を信じて売り上げ貢献のためにお店へと通うのです。将来に繋がると考えれば全く苦にならないのかもしれませんが、言葉だけのホストには注意しましょう。男は本当に辞めたいと思えばちゃんと行動に移します。
がしかし、例えこの言葉を有言実行してくれてお昼のお仕事に就いても、労力に対するお給料の金額などを考えるとやっぱりホストの方がラクだと思い、結局夜の世界に戻ってしまう人が多いのも事実です。普段から彼の事をよく観察し、くれぐれも貢いで終わりということのないようにしてくださいね!

入店したお店の男性スタッフとうまくやっていくにはどのようにしたらいいのでしょうか?

自分の好き嫌いでキャストの女性を差別する店長やボーイ

入店したお店の店長とうまくやっていけるかどうかが自分の売り上げにも影響してしまうのが水商売。できることならお互い信頼し合って気持ちよく働きたいものですが、店長やボーイが気分屋だったり人を好き嫌いで差別してしまう性格であるとなかなかうまくはいきません。
たとえ気に入られていても、いつ嫌われてしまうか分からないという不安が常につきまとってしまいます。
そんなお店は辞めてしまうのも一つの方法ですし、同僚と一緒に団結して改善を求めていくのも一つの方法です。まぁ、辞めるのは最後の手段として置いておくとして、とりあえず店長なり経営者に対してキャストのみなさんがビクビクしないで心置きなくお客様にサービスできるような環境を整えることが、事業主の責務でもあり店を繁盛させるためにも必要だと認識してもらう必要があるのではないでしょうか。

「風紀」は禁止なのにも関わらず色恋を求めてくる場合

黒服とキャストとの恋愛がなぜ禁止なのかと言えば、上でも話した通り特定の相手にだけ特別な対応をしてしまうからです。キャスト側も、好きな相手の前で知らない男性の接客がきちんとできるでしょうか。お金をもらっている以上接客のプロなわけですから、そこはわきまえないといけません。
しかし、だめと言われれば言われるほどのめり込んでしまう人も少なくはないと思います。また、この女性の心理を利用して売り上げを上げさせる黒服も存在します。
双方の意見が合う場合はまだ良いのですが、黒服側から一方的に迫られてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。断れば今までの扱いが変わるかもしれない…などと考えると、なかなか断れませんよね。
そのお店でしばらく働きたい場合は、お店のトップである経営者に相談してみましょう。キャバクラではあまり表には出てこない本当の経営者・背金者が別にいる場合が多いです。もしその迫ってきている相手が実質的に最高責任者の場合は、労働基準監督署や組合に相談してみてください。

ボーイとの間に生じた金銭的なトラブル

好意を抱いた相手には何かと手を焼きたくなるものです。
好きだった列店のボーイに携帯の名義を貸していたのですが毎月ゲームの課金で15万近くの支払いがきてしまい、それなのにそのボーイがお金を払ってくれず自分の携帯も三月頃強制的に解約されてしまったというキャバクラ嬢のAさん。
結局その後支払いの催促をここ半年しているのですが払うといいつつ、ばっくれられてて終いにはこの前系列店のお店も辞めてしまい逃げられてしまったそうです。
このような場合は「少額訴訟」を利用してみてはどうでしょうか?
一般の裁判と違って60万円までという制限はありますが、弁護士に依頼しなくても自分でできますし、基本的に1日で判決が出ますから負担は少ないと思います。ただ、期日当日までにすべての証拠(書類)などをそろえる必要があります。できるだけたくさんの証拠を集めて訴えましょう!!

高級クラブでホステスに採用される女性の特徴はどのようなものでしょうか?

お酒がほとんど飲めません!

銀座のクラブでは売り上げの半分近くがボトル(お酒)の売り上げということもあり、ボトルがどれだけ出るかがお店の生命線でもありますので、お酒を飲めるヘルプであることは非常に重要です。また、お酒が飲めなくてもその魅力でお客様の来店数を上げることのできるヘルプも非常に重要です。やはり夜のお店は第一にお酒を飲む場所であるというのがポイントで、これが高級クラブになるとやはりお酒が飲めないということはお店(シャンパン、ワインがたくさん出るお店は特に)によってはNGが出る事もあります。
しかしながら、このマイナス点を補うだけのプラス点(主にビジュアル)があればOKというお店もあるのです。お酒が飲めなくてもお客様をたくさん抱えていて、毎月安定した売り上げを上げる事ができるのであればまず問題はありません。つまり、何かお店にとってプラスになる材料が多ければ採用してくれる可能性が十分にあるということです。

30代でお客様を持っていない未経験なのですが…

30歳と言えばキャバクラではそろそろ引退の時期…売れっ子が頑張っている場合もありますが、正直銀座でも30代の未経験でクラブに入店するのは精神的にも体力的にもきつい世代になってきます。相当な覚悟と強い心が必要です。
しかし、銀座は元々女性の年齢層は高めなのです。むしろ老舗のクラブではあまり若すぎる女性は好まれません。そのことから考えても、実年齢よりも容姿が若かったり見栄えが良いのであれば雇ってくれるお店はまだまだたくさんあります。
採用される為に重要なのはビジュアルはもちろんですが、第一印象の雰囲気や、性格などが採用の最重要ポイントとなってきます。
とは言え少しでも銀座での将来のことを考えているのなら、早めに銀座へ出た方がいいと思います。 なぜなら早く出た分キャリアが付いて後々店舗移籍での交渉などで有利になりますし、 銀座はヘルプのうちは見習いのような感じですが、キャリアが付くと稼げるようになるのです。

現在住んでいる場所が銀座から遠い場合

銀座からの自宅までの距離は重要です。
銀座クラブの場合、残業・アフターもあり、帰りはタクシー利用もあります。電車で通っている場合、アフターなどで終電を逃してしまうとたいていのお客様や係りのお姉さんがタクシー代を負担してくれるものですが、自宅までの距離が遠いと費用を出してくれる方々の負担は馬鹿になりません。このことを踏まえると、採用の際にはヘルプの女性であれば銀座から自宅までの距離が近く、安心して残業・アフターをさせられる女性を優先して採用するのです。
採用してほしいからといって面接の時に、遠くに住んでいるにもかかわらず近くに住んでいると嘘をついてしまうとアフターや残業を当然のように任され、後々自分が後悔することになってしまいます。この場合は条件の緩い他のお店を探すか、どうしてもそのお店で働きたいのであれば引っ越しも考えた方が良いかもしれません。

都市伝説!?ホステスの枕営業とは本当に存在するものなのでしょうか?

ホステス達の枕事情

そもそも「枕営業」とは、お客様と性的な行為を行う事でお店に来店させる営業方法の事です。
枕営業は水商売の世界だけではなく、特に性的な魅力(セックスアピール)や擬似的な恋愛(感情労働)などを利用することで成り立つ業種である芸能界やマスメディアに関連する業種などで多く使用されている隠語です。ただし、世間的にも広く知られている隠語であるため、一般の業種やインターネット上の会話などでも通用する隠語となっています。実際にホステスの世界でも枕営業でお客様を繋ぎ止めているホステスはいます。実際、枕営業から始まった関係から結婚をしたホステスさんもいますし、 彼氏彼女の関係の中でお店にも来てもらっているホステスもいます。さらには、自分の為だと完全に割り切って枕をしているホステスもいるようです。

枕ホステスは周りから嫌われる?

枕ホステスは一般的に嫌われます。要は、プロなのに体を売らないと指名や同伴や売り上げを取れないの?という話です。枕ホステスになってしまうと尻軽女的なイメージを持たれます。
また、枕営業をしていると心も削れるでしょうし、精神的にもボロボロになってしまいますよね。さらに、枕営業をするホステスはすぐに滅びます。銀座のホステスはお客さんと長年にわたり関係を築いていかなければなりません。いわゆる特攻と呼ばれる、体を使って生き延びてる女性もいますが、結局長くは続きません。当然、体の飽きはすぐにやってきます。ママに気に入られようとママの指示通りに男性と寝て、ママに飽きられたら解雇などという場合もあります。
実力がなければすぐに解雇されてしまう高級クラブの世界で生き残る女性は、容姿端麗だけではなく知性や教養のある女性がほとんどです。プライドも高いです。多くのホステスさんは恋愛感情のない相手と寝ることはないです。
下心だけで通ってくる男性は逆に寝たらおしまいです。それをわかっている女性は決して枕営業しません。寝なくてもお客さんを惹きつけ続けるだけの魅力を持ち術を心得ているからです。
ですから、枕営業の噂のある女性は三流以下と軽蔑されますし、一流クラブのプロ意識の高いホステスであるほど枕営業はしないと思います。

人気はあっても口説かれないホステスとは

簡単に言えば、お客様から口説かれてもうまく受け流すテクニックがあればいいだけですし、そのホステスの事を好きで通っているお客様で口説きたくない男性はほとんどいないでしょう。
ただ、あまりに自分よりも格が上だと、認識をしてしまい口説けない場合もあるようです。 ある老舗のオーナーママは『支えたくなるような女性になって お客様をファンにしてしまいなさい。 ファンになってもらえば口説かれなくなる』と言っていました。いかに、口説かせないように振舞うかが重要なポイントです。
そして、お客様の中で大切な存在となり、口説いた後に待っている結末をお客様に深く意識をさせれるか?という事に尽きるのではないでしょうか。
手が届きそうで届かない…そんな関係をお客様との間に築く事ができたら、ホステスとしての株も上がるはずです!

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool