0ヘルを卒業して売上として新しいお店に移るベストなタイミングとは?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。
今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。
また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。
クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。
また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。
お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。
このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

0ヘルから売り上げのホステスになるのは不可能なのでしょうか?

「売り上げ」と「0ヘル」の違い

クラブのホステスには3パターンの給料システムがあります。まず、全くお客様を持っていない未経験の新人ホステスは「0ヘル」と呼ばれ、決まった日給をもらい他のお姉さんのヘルプをします。そしてママやチーママと呼ばれるタイトルが付いているホステスは基本的には毎月の売り上げを店側との折半で受け取ります。もちろん普通のホステスで折半の女性もいますが、これは稼げる金額は大きいですがかなりリスクを伴うためにママやチーママの肩書きを持っていないがお客様を持っているホステスは「売り上げ」と呼ばれるシステムで毎月の給料を受け取ります。
中でも、売り上げも多少あるが自分のお客様がいない時は他席のヘルプにも付く「半売り半ヘル」と呼ばれる売り上げ兼ヘルプが一番多く存在しています。この場合だと日給も保証されますし、売り上げのノルマをクリアすればそれだけのバックも貰えるのでリスクはあまり大きくはありません。
売り上げのホステスになるには、お客様を持っているお姉さんが辞める際に譲り受ける場合と、お店、男性スタッフの係りを貰える場合位しかありません。

売り上げホステスのポイント

クラブで働く売り上げのあるホステス達は「個人事業主」として店舗と契約しそこで自分のお客様をおもてなしすることで売り上げを作り、そこから毎月お店に諸経費を払い残りをお給料として受け取るという仕組みになっています。
また、銀座には売り掛け制度がありお客様はツケで飲むことが可能です。 そのお客様の係りのホステスはツケを期限までに回収できないと、自分の借金となりお給料から引かれます。
お店とは入店前の面接でどのくらいの売り上げを出せるのかを聞かれると思いますが、その数字次第でノルマも変動してきます。
お店に入店する際に女性からお店に対して売り上げの約束をする「打ち込み」や、お店が入店する女性のキャリア話の中で得た情報の中から見込んだ売り上げの「見込み」と呼ばれる売り上げのノルマを決め、そのノルマをこなせない場合はお給料からペナルティとして差し引かれます。

安定した売り上げを稼ぐ為には

ヘルプから売り上げの女性を目指しているのなら、係りのお姉さんがいなくなるのを待つのではなくお店を変えるのが1番早いでしょう。ただ、移るお店はかなり厳選しなければいけません。現在のお店で獲得したお客様には次のお店との相性もありますし、移るお店に自分のメインのお客様の係りがいる場合などもあります。
しかし、ある程度の売り上げを作る事ができる見込みがあって移籍を考えるのは当然のことですが、自分の条件に見合った金額で働きましょう。面接の際に高額の日給を提示されることがあるかもしれませんが金額が高いという事は、それなりの事を要求されます。厳しいノルマは後で苦しくなってストレスや挫折のもとです。
目先の利益に飛びついてしまうのではなく、入店・移籍をしたらしばらくは腰を据えて働くのが大切です。

自分のステップアップの為に働くお店を変えるのはアリですか?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。 今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。 また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。 クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。 また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。 お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。 このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

知り合いがいないと入れない!?銀座にも一見さんが入店できるお店はあるのでしょうか?

銀座の代名詞!!一見さんはお断りな高級クラブ

タイトルの通り、高級クラブと呼ばれるお店は一見さんはお断りしている場合がほとんどですので、基本的には飛び込みで飲む事はできません。 つまり、そのお店に知り合いがいないと入れないのです。主に会員制のクラブで飲む方法としては、ママやホステスのお客様、オーナーやスタッフの知り合い、そのクラブを知っている人からの紹介…など要は誰かしらの紹介があれば入店する事ができます。
クラブは時間制ではなく、座っていくらというシステム。 高級クラブでは「座って3万」という言葉をよく聞きますが、 初回は必ずボトルを入れなくてはいけませんので、実際は1番安いボトル代を入れても合計6~8万くらいかかります。しかし最近では1時間30分経つと、タイムチャージを取るお店も出てきました。
「クラブ」にはオーナーママやママが1人以上いて、大箱になるとチーママ含めママが3人くらいいるお店もあります。

アットホーム系クラブ(ミニクラブ)

クラブと呼ばれるお店の中でも、料金設定が高級クラブではない所をアットホーム系クラブといいます。 クラブのような高級志向店と、カラオケがあるような家庭的なお店と大きく分けて2つあります。ある程度お客様を持っているホステスが独立してオーナーママとして自分のお客様だけで営んでいるような所が中心で、全体的に小規模で誰でも気軽に入れます。しかし、特に宣伝をしている訳ではないのでやはり誰かの紹介などで出向くのが一般的です。
また、カラオケがあるお店などはアフターなどで使われる場合も多く、高級クラブで働く女性は何件か使えるお店を知っているので、お客様に合わせてセレクトしています。
料金の相場としては、やはりお店のランクにもよりますが1万〜4万くらいで楽しめるようです。

キャバクラ・ニュークラブもあります!

昔は銀座でキャバクラは邪道だというイメージがありましたが、近年ではだいぶ増えてきているように思えます。
もちろん会員制ではないので、新規のフリーのお客様は広告やビラを見て入ります。また、クラブから出てきたお客様を待ち構えている黒服が外に立っている場合もあります。
通常はママがいなく、指名制で時間制セット料金になっています。ニュークラブはキャバクラより料金の設定が高めなようです。 キャバクラは時間制なので、長くいればいるほど料金が上がります。延長を重ねるとクラブより料金が高くなる場合もあります。
クラブのシステムに慣れていると、時間制をいうことをついつい忘れてしまうので注意が必要です。

ホステスとして売上を保つにはどうしたらいいのでしょうか?

高級クラブで求められるスタイル

例えば銀座には高級クラブが何件もあるので、全てはお店側の判断になりますがお客様を持っていない場合はやはりビジュアル面は重要です。理想としては身長から体重を引いて110~115位がベストなようです。太めの方は着物でカバーもできますが、「体型ぐらいしっかり節制をしてみせる」という意気込みだと自分にも自信がつきます。つまり、体形には日頃の自分の生活スタイルが表れてくるのです。
近年、銀座は顔よりも全体的なスタイル重視の傾向がありますがダイエットのしすぎは禁物です。痩せていれば良いという訳でもないのです。痩せ気味の女性は肌質にも注意です。肌質はすぐに改善できるものではありませんが顔色が悪い場合は、チークやコントロールカラーで調整しましょう。胸の開いたドレスを着るとどうしてもバストが小さくなりがちですが、ヌーブラ2枚重ねてみるなどテクニックを磨きましょう。また、特に髪質には厳しいお店が多いので髪にいいものを意識して食べたり、ストレスと上手にお付き合いしなくてはいけません。

身長が低い場合にはどうしたらいいのか

銀座の高級クラブ、特に大箱は背の高い女性を好む傾向にあります。とは言え、ヒールを履いたら170cm以上になってしまうとさすがに高すぎるのではと思うかもしれませんが、このようなお店には派手なお客様も多く、つれて歩いていて見栄えのする女性が良いとされているので、背が高すぎるというような心配もいりません。体型を生かし、ロングドレスやスーツを着こなすとカッコいいです。その際は、猫背に気をつけて堂々と歩きましょう。
一方老舗のクラブにいるオーナーママなどは、綺麗な女性よりもかわいい女性を好む場合が多いです。しかし、それでも140cm台の女性は少し低めだと思いますので、ヒールが高めの靴を履いた方がいいかもしれません。
スーツよりドレスいいでしょう。ロングよりもミディアムドレスがバランスよく見えます。ワンピースもいいですね。着物を着ると、より可愛らしい姿をアピールすることができます。

自分を綺麗に見せるコツとは?

常に自分を研究している女性は、自分がどのようにすれば美しく見えるか分かっています。 自分に似合う服装、色、デザイン。しかし他の人の服装やヘアースタイルが可愛いからと言っても全ての人に当てはまるものでもなく、身長や肌の色でも変わってきます。
全体的に重要なのは姿勢です。どんなに着飾っていても姿勢が悪いようでは、野暮ったくなり全てが台無しになります。
水商売は自分自身が商品のようなところがありますので、姿見などでしっかりと研究しておきましょう。女性らしい立ち振る舞いは、雑誌や映画を見て自分が美しいと思う人の動きを研究してみるのもいいでしょう。ポイントは優雅に見える、という事なのですが、直線と曲線と余裕、これに注目です。
目の位置、手の場所、足の置き方、など少し意識することで、ぐっと変わります。
全体的には肩甲骨を閉めるような感じで、あとは何でも交差するようにすると女性らしさがアップします。

生理的に合わないお客様をホステスとして接客する時はどのようにしたら良いのでしょうか?

生理的に合わないかも!?と思ってしまう苦手なお客様

夜のお店はお酒を提供する場ですが、お酒が入ると人格が変わってしまう人がいます。さらに、大声で怒鳴り散らしたりしまいには説教をはじめたりする人も中にはいます。
何でそんな事するのか…?それは怒鳴り散らす事や説教をする事で、ストレス解消をしているのです。どのホステスが着いてもそのような態度だと、その確率が非常高いようです。また、飲み慣れているお客様の中には新人ホステスを育てるのが好きなお客様もいるので、親心のようなものから色々言われる場合もあります。 とにかく普段できない事を、お金を払う事で解消している場合が多いです。そうじゃなければ何度もお店に来ませんし、気に入らないお店や女性だったらそもそも飲みになんて来ないからです。つまりホステスの高いお給料の中には、そのようなお客様からのお小言にもガマンして耐える料金も入っていると考えていいと思います。

気難しいお客様への対処方法

気難しいお客様の接客は疲れるので避けてしまうホステスが多いですが、 お客様も自分が気難しい事くらいは分かっているのです。 それでも自分に付いてきてくれる、というその気持ちがどこまで本当のなのかあえて試しているのかも知れません。実際、女性の事を信頼したそのようなお客様はとても良いお客様に変化したりするのです。
夜のお店は、スタッフ、ママ、お姉さん達から試される場面というのがあります。 そこをどう乗り切るか、切り替えすかでホステスとしての才能や素質を見られているのです。 嫌な事があるからとすぐ訴えるのではなく、そのような場面をうまくクリアできれば周りからの評判もさらにアップするでしょう。
気難しいお客様はどのお店にもいます。しかし気難しいと言われているお客様にこそ愛情持って接するべきなのかも知れません。

お客様の前でホステスである為の心構えとは

ホステスは女性特有のお仕事です。 外見をより女性らしく華やかにする必要があります。 お店やお給料によっても、ホステスとして求められるレベルの差がありますが、 「女性らしく」というのは、全てのホステスにおいて共通して求められるものです。
この女性らしく、というのは仕草であったり言葉遣いであったりするわけですが、 これは最初はできなくても、 色々なお客様と接して行く事で段々磨かれていくのです。
このような仕草や振る舞いは、意識的に女性らしさを演出しても限界があり、やはり自分が内面から女性らしくなろう、という気持ちがなければ所詮それは形だけのものになってしまいます。自分で努力しているつもりでも、相手に伝わらなければ結局それは自己満足なのです。
気持ちを込めたおもてなしでなければ、当然相手の心には響きません。上手くできなくても、心を込めるというのが何より大切です。

この人がナンバーワン!?なぜだか男性にモテる女性の特徴とは?

初対面なのになんだか楽しそうな女性

初対面でたとえ緊張していても、相手に合わせて自分を抑えるよりは最初から自分らしさを見せる素直さはポイントが高いようです。
例えば、あなたの両隣に初対面の男性がいるとしましょう。あなたは少し緊張しています。
ひとりは、緊張のせいかしかめっ面で腕組みした、あなたとの会話に興味がなさそうな無愛想な男性。もうひとりも同じように緊張はしているけど、なんだかソワソワしています。そしてあなたが何か話すたびに反応をして、好奇心を隠さずびっくりしたり感心したりと忙しそうな男性。2人の男性を比べたとき、後者の男性には「なんだか落ち着かない人だけど、この人と話しているほうが楽しい」と思うのではないでしょうか?同じように男性にとっても、相手のペースについつい呑まれてしまう女性のほうが、何を話しても反応がない女性より好感度が高いそうです。

相手の話に対して喜怒哀楽を表現できる女性

どんな話にも同じ態度をするのではなく、「思ったこと、感じたこと」に対して共感し色々な表情を見せることが、「またこの女性に会いたい!話をしたい!」と思わせる秘訣です。
ちゃんと話を聞いてくれる「聞き上手」の態度は水商売の基本ですが、「どうせ嬉しそうにニコニコ笑顔で対応するのが無難なんでしょ?」と思わないこと!男性は「本当に心から興味をもって聞いてくれているか」を女性の表情から読みとろうとしています。
特にモテる男性は、細かな会話も見逃さず常に精一杯の笑顔で話を聞いてくれる姿に女性の下心を感じてしまい、その「常にニコニコ」ぶりに嘘っぽささえ感じるそうです。
それよりも、男性は自分と同じタイミングで笑ったり感動したり悲しんでくれる女性に「価値観が同じで付き合いやすいな」と感じ、もっといろんな話をしたくなるのだそうです。話の内容によっては、思わず一緒に怒りたくなったり、悲しい気持ちになったりすることもありますよね。俗にいう「笑いのツボが同じだから好きになった」という理由で指名を貰えることが多いのもこれが理由かもしれません。

守りたくなる危うさがある女性

よく「モテる女性には隙がある」と言いますが、男性の言う女性の隙には隠れた意味があります。それは、「思わず見守りたくなる危うさ」です。
反対に見た目や会話に危うさがなく、「1人でも生きていけそう」「誰にでも好かれそう」という2つをイメージさせる女性は、チャンスが少ないばかりか、短い恋で終わることが多いようです。最初は仲良くできていたとしても、「僕がいなくても大丈夫そう」と感じ、途中から連絡が途切れがちになり疎遠気味に…。
では、「思わず見守りたくなる危うさ」のある人とはどんな人でしょう?
たとえば、年齢を問わず行きあたりばったりで、興味があれば悩むより先に飛び込む人のこと。「これ美味しいよ、食べてみて」と勧められたものを、今まで一度も食べたことがなくてもとりあえず食べちゃう、こんな潔さなんかも当てはまります。見ていて思わず「おいおい大丈夫?」と笑ってしまうドジ行動も、男性には特別な「そばにいて守ってあげたくなる」存在になるのです。
いい女を意識し、良いところばかり見せようと努力するよりも、素直にここまで見られたらもう何も恥ずかしいことない!というくらいになれれば、あなたにもきっとチャンスが巡ってきますよ!

銀座にも一見さんがフラッと入店できるようなお店はあるのでしょうか?

銀座の代名詞!!一見さんはお断りな高級クラブ

タイトルの通り、高級クラブと呼ばれるお店は一見さんはお断りしている場合がほとんどですので、基本的には飛び込みで飲む事はできません。 つまり、そのお店に知り合いがいないと入れないのです。主に会員制のクラブで飲む方法としては、ママやホステスのお客様、オーナーやスタッフの知り合い、そのクラブを知っている人からの紹介…など要は誰かしらの紹介があれば入店する事ができます。
クラブは時間制ではなく、座っていくらというシステム。 高級クラブでは「座って3万」という言葉をよく聞きますが、 初回は必ずボトルを入れなくてはいけませんので、実際は1番安いボトル代を入れても合計6~8万くらいかかります。しかし最近では1時間30分経つと、タイムチャージを取るお店も出てきました。
「クラブ」にはオーナーママやママが1人以上いて、大箱になるとチーママ含めママが3人くらいいるお店もあります。

アットホーム系クラブ(ミニクラブ)

クラブと呼ばれるお店の中でも、料金設定が高級クラブではない所をアットホーム系クラブといいます。 クラブのような高級志向店と、カラオケがあるような家庭的なお店と大きく分けて2つあります。ある程度お客様を持っているホステスが独立してオーナーママとして自分のお客様だけで営んでいるような所が中心で、全体的に小規模で誰でも気軽に入れます。しかし、特に宣伝をしている訳ではないのでやはり誰かの紹介などで出向くのが一般的です。
また、カラオケがあるお店などはアフターなどで使われる場合も多く、高級クラブで働く女性は何件か使えるお店を知っているので、お客様に合わせてセレクトしています。
料金の相場としては、やはりお店のランクにもよりますが1万〜4万くらいで楽しめるようです。

キャバクラ・ニュークラブもあります!

昔は銀座でキャバクラは邪道だというイメージがありましたが、近年ではだいぶ増えてきているように思えます。
もちろん会員制ではないので、新規のフリーのお客様は広告やビラを見て入ります。また、クラブから出てきたお客様を待ち構えている黒服が外に立っている場合もあります。
通常はママがいなく、指名制で時間制セット料金になっています。ニュークラブはキャバクラより料金の設定が高めなようです。 キャバクラは時間制なので、長くいればいるほど料金が上がります。延長を重ねるとクラブより料金が高くなる場合もあります。
クラブのシステムに慣れていると、時間制をいうことをついつい忘れてしまうので注意が必要です。

ホステスとしてクラブに入店するための面接で採用されるための秘訣はあるのでしょうか?

面接日の身だしなみについて

身だしなみとは顔、スタイル、洋服のセンスなど…まさに見た目のことを指しますが、ポイントは 清潔感があって、自分に似合っているという事です。
高級クラブの場合は、美容院でヘアセットした方が条件がよくなる場合があります。 面接官にお仕事している時のイメージを見て採用の決断をさせやすくするというのが狙いです。 基本的に綺麗にしてマイナスになるという事はありません。
また初心者の女性が1人で面接へ行く場合、着物やドレスを着ていると浮いてしまいがちですが間に第三者(紹介者など)を入れることで自然な感じになります。
肌荒れやタトゥーなどの清潔感のない身なりは店側からマイナスのイメージがついてしまうので注意が必要です。

面接で聞かれる内容とは

近年の銀座ではお客様を持たない女性はなかなか採用されるのは難しい傾向にあるようです。ということで、まずあなたにお客様がいるのかどうか?が最大のポイントになってきます。 それ次第では、条件やお給料額などの契約が大きく変わってきます。もちろんお客様がいるのが条件がよくなるのですが、お給料が沢山欲しいからと嘘を言ってノルマを付けられたら大変なことになります。
また今までの経歴も聞かれます。どんなお店で何年働いていたのか?という事です。 ここで重要なのは、いろんなお店で経験があっても何店舗も答える事は控えましょう。何件も店を転々とし、すぐ辞める女性だと思われては採用に繋がりません。
他には、住まいの場所と店の距離も重要です。終電の時間とタクシー代でジャッジされます。 終電の時間は深夜0時以降まであるかないかで天と地ほど違いますし、お客様とのアフターは基本的に終電以降のものですから、タクシー代が高い・アフターに付き合えないとなると評価は下がってしまいます。このことを踏まえて、事前に回答を準備しておくと良いでしょう。

採用されるために大切な事

高級クラブで採用されるには、ビジュアルがお店ごとの最低基準をクリアしていなければお客様を持っていない限りその他の要素が申し分なくても採用は難しいです。 逆にビジュアルが完璧ならその他がかなり厳しくてもどうにでもなったりするのが高級クラブ。
厳しく感じるかもしれませんが、例えば自分がホストクラブに行った場合のことを考えてみて下さい。 せっかく高いお金を出してホストに飲みに来ているのですから、不細工な男性に接客されるより、 自分好みの素敵な男性に接客されたいと思うのではないでしょうか。
このように外見が重要視されるのはもちろんなのですが、お店ごとにカラーがあるので外見面での採用基準はまちまちです。共通する部分としては、最低限の身だしなみを整え面接時にはとにかくニコニコ笑顔でハキハキとした受け答えを心がけることが大切です。

接客する際、苦手なお客様への対応はどのようにしたらいいのでしょうか?

生理的に合わないかも!?と思ってしまう苦手なお客様

夜のお店はお酒を提供する場ですが、お酒が入ると人格が変わってしまう人がいます。さらに、大声で怒鳴り散らしたりしまいには説教をはじめたりする人も中にはいます。
何でそんな事するのか…?それは怒鳴り散らす事や説教をする事で、ストレス解消をしているのです。どのホステスが着いてもそのような態度だと、その確率が非常高いようです。また、飲み慣れているお客様の中には新人ホステスを育てるのが好きなお客様もいるので、親心のようなものから色々言われる場合もあります。 とにかく普段できない事を、お金を払う事で解消している場合が多いです。そうじゃなければ何度もお店に来ませんし、気に入らないお店や女性だったらそもそも飲みになんて来ないからです。つまりホステスの高いお給料の中には、そのようなお客様からのお小言にもガマンして耐える料金も入っていると考えていいと思います。

気難しいお客様への対処方法

気難しいお客様の接客は疲れるので避けてしまうホステスが多いですが、 お客様も自分が気難しい事くらいは分かっているのです。 それでも自分に付いてきてくれる、というその気持ちがどこまで本当のなのかあえて試しているのかも知れません。実際、女性の事を信頼したそのようなお客様はとても良いお客様に変化したりするのです。
夜のお店は、スタッフ、ママ、お姉さん達から試される場面というのがあります。 そこをどう乗り切るか、切り替えすかでホステスとしての才能や素質を見られているのです。 嫌な事があるからとすぐ訴えるのではなく、そのような場面をうまくクリアできれば周りからの評判もさらにアップするでしょう。
気難しいお客様はどのお店にもいます。しかし気難しいと言われているお客様にこそ愛情持って接するべきなのかも知れません。

お客様の前でホステスである為の心構えとは

ホステスは女性特有のお仕事です。 外見をより女性らしく華やかにする必要があります。 お店やお給料によっても、ホステスとして求められるレベルの差がありますが、 「女性らしく」というのは、全てのホステスにおいて共通して求められるものです。
この女性らしく、というのは仕草であったり言葉遣いであったりするわけですが、 これは最初はできなくても、 色々なお客様と接して行く事で段々磨かれていくのです。
このような仕草や振る舞いは、意識的に女性らしさを演出しても限界があり、やはり自分が内面から女性らしくなろう、という気持ちがなければ所詮それは形だけのものになってしまいます。自分で努力しているつもりでも、相手に伝わらなければ結局それは自己満足なのです。
気持ちを込めたおもてなしでなければ、当然相手の心には響きません。上手くできなくても、心を込めるというのが何より大切です。

ホステスとして常に魅力的な存在であるためにはどうしたら良いのでしょうか?

高級クラブで求められるスタイル

例えば銀座には高級クラブが何件もあるので、全てはお店側の判断になりますがお客様を持っていない場合はやはりビジュアル面は重要です。理想としては身長から体重を引いて110~115位がベストなようです。太めの方は着物でカバーもできますが、「体型ぐらいしっかり節制をしてみせる」という意気込みだと自分にも自信がつきます。つまり、体形には日頃の自分の生活スタイルが表れてくるのです。
近年、銀座は顔よりも全体的なスタイル重視の傾向がありますがダイエットのしすぎは禁物です。痩せていれば良いという訳でもないのです。痩せ気味の女性は肌質にも注意です。肌質はすぐに改善できるものではありませんが顔色が悪い場合は、チークやコントロールカラーで調整しましょう。胸の開いたドレスを着るとどうしてもバストが小さくなりがちですが、ヌーブラ2枚重ねてみるなどテクニックを磨きましょう。また、特に髪質には厳しいお店が多いので髪にいいものを意識して食べたり、ストレスと上手にお付き合いしなくてはいけません。

身長が低い場合にはどうしたらいいのか

銀座の高級クラブ、特に大箱は背の高い女性を好む傾向にあります。とは言え、ヒールを履いたら170cm以上になってしまうとさすがに高すぎるのではと思うかもしれませんが、このようなお店には派手なお客様も多く、つれて歩いていて見栄えのする女性が良いとされているので、背が高すぎるというような心配もいりません。体型を生かし、ロングドレスやスーツを着こなすとカッコいいです。その際は、猫背に気をつけて堂々と歩きましょう。
一方老舗のクラブにいるオーナーママなどは、綺麗な女性よりもかわいい女性を好む場合が多いです。しかし、それでも140cm台の女性は少し低めだと思いますので、ヒールが高めの靴を履いた方がいいかもしれません。
スーツよりドレスいいでしょう。ロングよりもミディアムドレスがバランスよく見えます。ワンピースもいいですね。着物を着ると、より可愛らしい姿をアピールすることができます。

自分を綺麗に見せるコツとは?

常に自分を研究している女性は、自分がどのようにすれば美しく見えるか分かっています。 自分に似合う服装、色、デザイン。しかし他の人の服装やヘアースタイルが可愛いからと言っても全ての人に当てはまるものでもなく、身長や肌の色でも変わってきます。
全体的に重要なのは姿勢です。どんなに着飾っていても姿勢が悪いようでは、野暮ったくなり全てが台無しになります。
水商売は自分自身が商品のようなところがありますので、姿見などでしっかりと研究しておきましょう。女性らしい立ち振る舞いは、雑誌や映画を見て自分が美しいと思う人の動きを研究してみるのもいいでしょう。ポイントは優雅に見える、という事なのですが、直線と曲線と余裕、これに注目です。
目の位置、手の場所、足の置き方、など少し意識することで、ぐっと変わります。
全体的には肩甲骨を閉めるような感じで、あとは何でも交差するようにすると女性らしさがアップします。

同じお店のホステスとはどのような距離感で接するのがベストなのでしょうか?

他のホステスとの接し方

1つのお店にはたくさんの女性が働いています。もちろん1人1人の性格や営業方法も違いますし、何よりお金が絡んでいる仕事です。水商売という仕事は他の女性の売り上げが如実に表れてしまうので、つい比べてしまったりライバル視されたりすることも少なくありません。それがお互いの仕事にプラスに働けば良いのですが、ヒートアップして良くない噂を流されてしまったりすることもあります。たとえ仲良くなったとしても、あまり込み入った話(自分のお客様の詳細など)は避け、あくまでも同僚としての距離感を保つことが大事です。

待機中の会話

ホステスは待機中に何を話しているのでしょうか?具体的に言えば、今日来店するお客様の話や昨日の営業中にあった出来事、また他のお店の話題や単なる雑談など内容は様々。お互いの情報交換の場として待機の時間も有効に使用しましょう。しかし、他のホステスのお客様の悪口やそのホステス自体を悪く言う会話にはなるべく参加しないように!うっかり同調などしてしまえば、後々面倒くさいことになりかねません。さらに今度は自分がその噂話の標的になってしまう…という恐れも出てきてしまいますので、参加する会話の内容には要注意です!

お互いが気持ちよく仕事するための程よい距離感とは?

ある程度の距離を保てとは言えど、クラブは基本的にマンツーマンで接客することがありません。売り上げも、一杯のドリンクではなく一本のボトルをみんなで開けていくという言わば団体戦。自分の席のボトルを開けるのを手伝ってもらったら、今度は他の席でヘルプとして協力します。この持ちつ持たれつの関係が非常に大切で、自分の売り上げにも大きく関わってきます。女の世界は何かとフクザツ…コツとしては、警戒して他のホステスとの間に壁を作ってしまうのではなく基本的には受け入れる。しかし、自分にとってマイナスになると判断した女性とは積極的に付き合うのをやめる、というようなメリハリをつけて接するのがうまく働くポイントなのではないでしょうか?

高級クラブにはどのような人が飲みに来るのでしょうか?

会社の接待で使うお客様

会社と会社の取引には形式的な会議や契約はもちろんですが、一緒に仕事をする上でその人となりを知るためにもざっくばらんなコミュニケーションが必要な場合もあるようです。そのような時にクラブなどを接待の場として使用するお客様も少なくありません。お客様が接待でいらしている際は無理に会話などで盛り上げようとせず、いいタイミングでお酒を作りお客様同士の会話に適度に相づちを打ち、意見を求められたら答えるというスタンスがいいでしょう。

団体で来店するお客様

会社のオフィシャルな飲み会やゴルフなどの後に、皆で連れだって来店するケースです。この場合はすでにお酒が入っていることが多くお客様のテンションも多少上がっているので、トークや笑顔でその席をさらに盛り上げるといいでしょう。そうするとお客様も楽しい時間を過ごすことができ、特別にシャンパンなどを入れてくれるサプライズもあるかもしれませんね!!

常連のお客様・ママの大切なお客様

クラブで飲みなれているお客様や、ママの昔からの馴染みのお客様はその飲み方も決まっていることが多いようです。常連のお客様ほど、ついたホステスの仕草や会話をよく覚えています。女性側もヘルプとして接客する場合、何回か席に着く中でそのお客様の好みやお酒の飲み方を覚え、さりげない気遣いができるようになると後々リクエストがもらえたり、同伴に誘っていただいたりと自分の利益にも繋がります。

クラブで働くことになったのですが、キャバクラと同じ服装でいいのでしょうか?

ヘアセットについて

クラブでは、毎回のヘアセットは必須なお店がほとんどです。出勤時間に間に合わないからと言ってセットを怠るとペナルティをとるお店もあります。出勤前に美容院へ行き、あまり派手にならないような髪型に整えてもらいます。特にクラブは20時オープンのお店がほとんどなので、同伴のない女性は7時台に集中して来店するようです。セット専門の美容院で予約を受け付けているところはあまりないので、自分の出勤時間とその時間帯の混み具合をある程度予測しておくのが大事です。

出勤時の服装にも気を使いましょう

クラブでの勤務中はもちろんドレスやお着物を着用しますが、お客様からいつ同伴やアフターのお誘いがあるか分かりません。せっかく同伴で素敵なお店に誘っていただいても、女性の服装がひどければお客様のテンションは下がってしまいます。勤務時間外である同伴やアフターには、お客様への感謝の意味も込められているのでジーンズやトレーナーなどのラフな服装は避け、一緒に歩いていても恥ずかしくないような服装を心がけると自分への好感度も上がるのではないでしょうか?

着物は必ず着ないといけませんか?

クラブで働く女性のイメージとしてよく聞くのが着物での接客ですが、お正月など何かイベントがある時にお店側から強制されることが多いようです。一通り揃えるとなるとかなりの金額になってしますし、まだ売り上げも安定していなければかなりの痛手ですよね。しかし最近ではより手ごろな値段でレンタルできたり、また着物をたくさん持っているママやお姉さんから譲ってもらうこともできます。毎日は無理でもたまには着物を着て、クラブホステスとしての気合いを入れなおすのもいいかもしれません。

高級クラブに採用されるために必要な事はどうしたらよいのでしょうか?

面接日の身だしなみについて

身だしなみとは顔、スタイル、洋服のセンスなど…まさに見た目のことを指しますが、ポイントは 清潔感があって、自分に似合っているという事です。
高級クラブの場合は、美容院でヘアセットした方が条件がよくなる場合があります。 面接官にお仕事している時のイメージを見て採用の決断をさせやすくするというのが狙いです。 基本的に綺麗にしてマイナスになるという事はありません。
また初心者の女性が1人で面接へ行く場合、着物やドレスを着ていると浮いてしまいがちですが間に第三者(紹介者など)を入れることで自然な感じになります。
肌荒れやタトゥーなどの清潔感のない身なりは店側からマイナスのイメージがついてしまうので注意が必要です。

面接で聞かれる内容とは

近年の銀座ではお客様を持たない女性はなかなか採用されるのは難しい傾向にあるようです。ということで、まずあなたにお客様がいるのかどうか?が最大のポイントになってきます。 それ次第では、条件やお給料額などの契約が大きく変わってきます。もちろんお客様がいるのが条件がよくなるのですが、お給料が沢山欲しいからと嘘を言ってノルマを付けられたら大変なことになります。
また今までの経歴も聞かれます。どんなお店で何年働いていたのか?という事です。 ここで重要なのは、いろんなお店で経験があっても何店舗も答える事は控えましょう。何件も店を転々とし、すぐ辞める女性だと思われては採用に繋がりません。
他には、住まいの場所と店の距離も重要です。終電の時間とタクシー代でジャッジされます。 終電の時間は深夜0時以降まであるかないかで天と地ほど違いますし、お客様とのアフターは基本的に終電以降のものですから、タクシー代が高い・アフターに付き合えないとなると評価は下がってしまいます。このことを踏まえて、事前に回答を準備しておくと良いでしょう。

採用されるために大切な事

高級クラブで採用されるには、ビジュアルがお店ごとの最低基準をクリアしていなければお客様を持っていない限りその他の要素が申し分なくても採用は難しいです。 逆にビジュアルが完璧ならその他がかなり厳しくてもどうにでもなったりするのが高級クラブ。
厳しく感じるかもしれませんが、例えば自分がホストクラブに行った場合のことを考えてみて下さい。 せっかく高いお金を出してホストに飲みに来ているのですから、不細工な男性に接客されるより、 自分好みの素敵な男性に接客されたいと思うのではないでしょうか。
このように外見が重要視されるのはもちろんなのですが、お店ごとにカラーがあるので外見面での採用基準はまちまちです。共通する部分としては、最低限の身だしなみを整え面接時にはとにかくニコニコ笑顔でハキハキとした受け答えを心がけることが大切です。

0ヘルを卒業して売上として新しいお店に移るタイミングはいつがいいのでしょうか?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。
今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。
また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。
クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。
また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。
お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。
このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

0ヘルから売り上げのホステスになるにはどうしたら良いのでしょうか?

「売り上げ」と「0ヘル」の違い

クラブのホステスには3パターンの給料システムがあります。まず、全くお客様を持っていない未経験の新人ホステスは「0ヘル」と呼ばれ、決まった日給をもらい他のお姉さんのヘルプをします。そしてママやチーママと呼ばれるタイトルが付いているホステスは基本的には毎月の売り上げを店側との折半で受け取ります。もちろん普通のホステスで折半の女性もいますが、これは稼げる金額は大きいですがかなりリスクを伴うためにママやチーママの肩書きを持っていないがお客様を持っているホステスは「売り上げ」と呼ばれるシステムで毎月の給料を受け取ります。
中でも、売り上げも多少あるが自分のお客様がいない時は他席のヘルプにも付く「半売り半ヘル」と呼ばれる売り上げ兼ヘルプが一番多く存在しています。この場合だと日給も保証されますし、売り上げのノルマをクリアすればそれだけのバックも貰えるのでリスクはあまり大きくはありません。
売り上げのホステスになるには、お客様を持っているお姉さんが辞める際に譲り受ける場合と、お店、男性スタッフの係りを貰える場合位しかありません。

売り上げホステスのポイント

クラブで働く売り上げのあるホステス達は「個人事業主」として店舗と契約しそこで自分のお客様をおもてなしすることで売り上げを作り、そこから毎月お店に諸経費を払い残りをお給料として受け取るという仕組みになっています。
また、銀座には売り掛け制度がありお客様はツケで飲むことが可能です。 そのお客様の係りのホステスはツケを期限までに回収できないと、自分の借金となりお給料から引かれます。
お店とは入店前の面接でどのくらいの売り上げを出せるのかを聞かれると思いますが、その数字次第でノルマも変動してきます。
お店に入店する際に女性からお店に対して売り上げの約束をする「打ち込み」や、お店が入店する女性のキャリア話の中で得た情報の中から見込んだ売り上げの「見込み」と呼ばれる売り上げのノルマを決め、そのノルマをこなせない場合はお給料からペナルティとして差し引かれます。

安定した売り上げを稼ぐ為には

ヘルプから売り上げの女性を目指しているのなら、係りのお姉さんがいなくなるのを待つのではなくお店を変えるのが1番早いでしょう。ただ、移るお店はかなり厳選しなければいけません。現在のお店で獲得したお客様には次のお店との相性もありますし、移るお店に自分のメインのお客様の係りがいる場合などもあります。
しかし、ある程度の売り上げを作る事ができる見込みがあって移籍を考えるのは当然のことですが、自分の条件に見合った金額で働きましょう。面接の際に高額の日給を提示されることがあるかもしれませんが金額が高いという事は、それなりの事を要求されます。厳しいノルマは後で苦しくなってストレスや挫折のもとです。
目先の利益に飛びついてしまうのではなく、入店・移籍をしたらしばらくは腰を据えて働くのが大切です。

自分のステップアップの為に働くお店を変えるのはアリですか?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。 今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。 また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。 クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。 また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。 お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。 このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

クラブホステスをするなら、特定のお店に入店するのと派遣とではどちらがいいのでしょうか?

ホステスの派遣システムとは

ホステスの派遣会社とは、その名の通り契約を結んでいる店舗にホステスを派遣する会社のことを言います。派遣会社と店舗との契約形態は、毎日必ず5名なら5名を必ず派遣する。その派遣メンバーについては、店舗側からの指名のホステスもいれば、とにかく5名なら誰でもありというお店もあります。さらには、当日その店舗の休みのホステスが多く、急遽あと2~3名を追加して派遣要請に応えるという場合もあります。日常の派遣契約がない店舗からの、急遽の派遣要請に応えるのです。
派遣ホステスの給与に関しては、派遣会社はがホステスの給与を集金し、本人に渡す契約形態、給与は店舗から本人に直接渡してもらう契約形態、の2通りがあります。また、店舗が夜逃げしたり明細と本人との計算が合わなかったりした場合は、派遣会社が店舗と交渉したり、給与の保証はしてくれるようですが、これも派遣会社によって様々なので登録する前に派遣会社がどの程度自分を守ってくれるか、給与のトラブルを肩代わりしてくれるか、そしてどのような店舗との契約があるか等、ちゃんと調べた方が良いでしょう。

特定のお店で働く事との違い

派遣のホステスとして働くことの利点としては、昼の仕事との両立ができる・ノルマがない・お客様や他のお姉さんとのしがらみがない・その都度お給料を貰える…などです。また、派遣会社によってはドレスのレンタルができたりヘアメイクが免除されるところもあるようですが、年齢制限があります。
一方、特定の店舗に入店すれば毎月ノルマが課せられ、出勤時のヘアメイクは必須でドレスも指定日に新調した物を着なくてはならないですし、売り上げのお姉さんやママとは持ちつ持たれつでうまく人間関係を築いていかなければなりません。しかし、ある程度の信頼関係ができればお客様を紹介してくれますし、同伴などにも呼んでくれるようになります。これは後々自分のお客様になってくれる場合がありますので、ホステスとして長く働きたいのであればかなり有利になります。銀座はお客様を持っていれば何歳まででも働けるのです。
どちらにしろ、自分のライフスタイルや目的にあった働き方を選択するのが良いでしょう。

ちゃんとホステスをやりたいのなら入店するべき

確かに派遣は気軽に始められる仕事ですが、銀座ではまだ派遣のホステスを使う事は嫌われる傾向があるようです。真剣にホステスの仕事をしている人にとって、プロ意識のない、仕事を甘く見ている子という風に見えてしまうのです。クラブといってもミニクラブやスナックみたいな、家庭的な店であれば派遣歓迎の店もあるのかもしれませんが、客層のよい高級なお店ほどプロ意識とプライドの高いホステスが多く、派遣を嫌がります。なぜならば、あまり素性の分からない女性に自分のお客様を任せるのは不安ですし下手に連絡先を交換されても後々何かあったあとの始末は係りであるその女性がしなければならないからです。
完全に割り切って派遣としてホステスをするならまだしも、ゆくゆくはちゃんと働きたいのであれば、やはり特定のお店に入店した方がいいでしょう。

クラブの「ママ」や「チーママ」とはどのようなポジションなのでしょうか?

そもそもママって?

クラブには大抵「ママ」とタイトルのつく女性が1人はいます。大箱では3人以上のママが在籍するお店もあります。ママの種類にも色々あって、お店の経営権のあるママを「オーナーママ」や「大ママ」と呼び、契約で働いているママを「チーママ」などと呼んだりします。このチーママとはまさに「小さいママ」の略で大ママの1つ下の役職になり、大ママが一人では補えない部分などのサポート的な役割も果たします。

ママには誰でもなれるのでしょうか?

ホステスとして働いたからには、一度はママと呼ばれてみたいもの。もちろん誰にでもなるチャンスはありますが、そのチャンスを掴ためにはやはりそれなりの売り上げと営業力が必要です。自分のお客様だけではなく、他の女性のお客様にも常に気を使えるような立ち振る舞いができなくてはいけませんし、さらにその女性の接客に対するアドバイスなどもできなくてはいけません。こういった行いが認められて初めてママというタイトルが貰えるのです。

30歳を過ぎてママを目指すのはもう遅いですか?

20代でママというタイトルを手に入れる女性もいるようですが、日々の営業態度や毎月の売り上げが認められてママになれるわけですから、ママを目指す上で年齢はさほど関係ないといえるでしょう。この日々の営業態度は、自分のお客様の質にも表れてきます。たとえ晴れてママになれたとしても、そこで働く女性のサポートなしではクラブは成立しません。ガラの悪いお客様では下の女性はついてきてはくれませんよね?年齢よりも何よりも、まずは誠実な接客で質の良いお客様を獲得するのがママになるための第一歩なのではないでしょうか?

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool