キャバクラだと思って騙されて入店してしまったピンサロを辞めるにはどうしたらいいですか?

実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはある

全てのお店がそうではないのですが、求人広告で「キャバクラ」と記載しておきながら、実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはあります。もちろん、いい求人広告とは言えません。実情としては、大きなグループ展開しているお店の場合なら、求人にもそれなりの予算をかけられますが、小規模でギリギリ営業しているようなお店の場合だと、普通にやっていたんではなかなか思うように女の子を集められないことが多いです。なので、そういうお店では騙しに近いような良くない方法で女の子を集めている場合もあります。

一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さない

求人内容に嘘があったわけですから、一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さずに「ちょっと考えさせてください」と言って、即決をしないのがベストです。しかし中には強く言いくるめられて、つい働てしまう女の子もいることは確かです。もちろん、そのまま働いてもろくなことはないと思います。酷いケースだと、何だかんだと理由をつけられて、ちゃんとした給料を貰えなかったりする可能性だってあります。お店の人に「断り切れない子」と認識されているでしょうし、相手はそれを最大限に利用すると思います。

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しない

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しないのがいいと思います。お店からのメールや電話には一切出ないようにして、知らない番号からの電話や非通知の電話にも絶対に出ないようにした方がいいです。お店の女の子との連絡も絶対にいけません。余裕があれば携帯も変えるくらいで丁度いいです。とにかく無視することが一番です。仮にもし「ピンサロで働いていたことを親にばらすぞ!」のようなことを言われたとしても、怖がったりせずに無視するのが一番です。相手も後ろめたいことをやって商売をしてるのですから、自ら進んで大問題にしようとは思わないはずです。それと話し合って解決しようという考えは持たない方がいいです。話し合ったとしても言いくるめて、無理矢理に働かせようとするのがオチだと思います。

チャットレディーで稼ぐには、やはりアダルトは必須なのでしょうか?

アダルトとノンアダルトの違い

ノンアダルトとは、お客さんと会話するだけのお仕事の事を言います。一見簡単そうに見られますが、お客さんを会話だけで繋ぎ止めなければならないので意外と難しく、会話を長く続けるための高いコミュニケーション能力が必要となります。
また、パーティーチャットで同時に複数のお客さんを相手にして短時間でも高収入を稼ぐことができるアダルトとは異なり、お客さんと2人きりで会話する2ショットチャットと呼ばれる機能がメインとなるので、高収入を稼ぐためには会話の時間を伸ばしていくほかありません。
一方アダルトなライブチャットは、会話だけに限らず服を脱いで裸を見せたり、自慰行為を見せたりと、性的なサービスをするサイトになります。過激なサービスだけに負担も大きいように感じますが、チャットレディの中では最も人気のあるカテゴリになります。
人気の理由は、会話だけのノンアダルトサイトに比べて、演出で誤魔化せるのでコミュニケーション能力に自信のない方でも簡単に稼げる点や、同時に複数のお客さんを相手にするパーティーチャットや覗きが盛り上がるので短時間でも高収入を稼げる点などが挙げられます。(パーティーチャットや覗きでは、時間×参加人数=報酬となるので、参加人数が多ければ多いほど比例して稼ぐことができます。

実際に触られないけど、本当に需要はあるの?

インターネットが当たり前になった近年、ネット上には魅力的なサービスが多いです。中でも、特にアダルトサイトの人気は高く需要はとても高いようです。
アダルトのライブチャットもその中の一つで、チャットレディーとリアルタイムで会話しながら楽しめるサービスは年々人気を増してきています。
このライブチャットは、アダルト動画をただ眺めて楽しむというわけではなく、実際に話して相手の反応を映像で見る事ができます。男性であれば、ものすごく興奮できる体験なのではないでしょうか?また、実際に相手と会うわけではないので、恥ずかしがりの人でも楽しめるというところもポイント!
こうしてアダルトのライブチャットは最高に楽しめるサービスの一つな訳ですが、一つだけが欠点があります。それは、料金が高いという事です。たった一晩で、何万も消えていくケースもあるようです。男性側がそれだけの課金をしているということは、女性は実際に会わなくてもそこそこ稼げるはずです。女性と接したいという男性の欲望は、それだけ強いという事なのではないでしょうか?

アダルト系チャットでのリスクとは

基本的にアダルト系チャットで長期間続ける事ができるのは精神的にタフでなければ難しいと言えるでしょう。 特に高い稼ぎのためにアダルトをやる場合、ビジネスだと割り切る事ができなければメンタル面で疲れてしまいます。 未婚で家族や恋人、友人にばれないか冷や冷やしながら、顔出しでなくても恋愛感情がない相手に自分の体を見せるという行為は慣れてしまえばどうとも思わないようですが、そうなるのは稀なケースです。お金のため、時給がいいからという言い訳ができるのはアルバイトやパートしている時より平均すれば稼げている場合のみです。 待機の時間が長くなり掛け持ちをしていても稼げなくなってきたりすると、ネガティブな要素に耐えられなくなってきます。 いくら強制ログアウトや拒否の機能があったとしてもカバーしきれない所はチャットレディの現段階のシステム上当然出てきてしまうのです。 普段の生活では確実に使われる事のない下品で暴力的な言葉を浴びせられたり、嫌な気持ちになるような酷い事も言われる事はあります。
いくら実際に会う事はないとは言え、やはり水商売のようにリスクは伴います。全てが紳士的で丁寧な優しいお客様ではないということを予め理解しておく事が大切です。

ホストクラブってキャバ嬢や風俗嬢がたくさん来るって本当ですか?

そもそもホストクラブはどうやって出来上がったのか

ホストクラブは女性が多額の金額を払い指名のホストとひとときの時間を楽しむ空間ですが、一体何の目的でどのようにして出来上がっていったのでしょうか。
時代は高度経済成長の真っ只中で、忙しい主人に対してお金に余裕のある主婦は少々時間を持て余していたようで、流行のダンスを踊りたいがその場所がない…。このような女性を対象に生まれたのが巨大なダンスフロアでした。これがホストクラブの起源です。
Wikipediaによれば、東京にホストクラブが誕生したのは1965年に東京駅八重洲口前でオープンしたナイト東京であると言われています。前身は「京の花」というグランドキャバレーでしたが経営に行き詰まり、大量のダンス講師を雇いその広大なフロアをいかした女性のためのダンスホールとして生まれ変わります。そのダンスホールには、休憩のためにソファーが置かれたサロンスペースがあり、講師にチップを払うことで一緒に酒を飲むことができたようです。
当時は、女性が楽しむ為の場所という感覚が今以上に強かった為、従業員の男性のお給料は小額のバックやチップはあるものの基本給などはなく、タレント性を持ったごくわずかな男性が稼げる世界だったようです。

変化していくホストクラブ

以前はホストクラブのイメージとしては深夜に営業していた事もあり「中年女性向けのいかがわしい店」という印象が強かったのですが、ホストクラブ出身のタレントやホストクラブを題材とした漫画やメディアの普及に伴い、若い女性も楽しめる店という印象が強くなっていきました。
特に人気のお店やホストはテレビや雑誌に接客のプロフェッショナルとして紹介され、2000年代にはホストをモデルとして起用したファッション雑誌が登場し社会的認知度も高まってきました。
さらに時代はネット社会を迎え、自店舗のホームページを開設する店も増え、ホストクラブの求人や所属ホストを紹介する総合サイトも誕生し、さらに若い女性に身近な存在になっていくのです。しかし、このネット環境の普及に伴いホスト関連の噂が囁かれる掲示板サイトも誕生。店やホスト個人に関するスレッド(掲示板)が作られ、客である女性同士の情報交換が盛んに行われていますが、この書き込みからしばしばトラブルになってしまうこともあります。また、ブログなどでホストのプライベートな写真を晒したりと、どんどんエスカレートしているように思えます。
エスカレートした結果、社会的な事件に発展してしまった利する場合もあり、単純に女性の癒しの場としての空間としては考えづらくなってきました。
一部のホストが、ホストクラブのイメージをクリーンなものにする運動もしているようですが、都条例により深夜帯の営業が禁止になってしまいました。そこで今の一部・二部(日の出)という営業スタイルが生まれた訳ですが、時間帯は違えどやはり現実的にはあまり何も変わっていないように思えます。

ホストクラブに通いたいが為にキャバクラや風俗で働く

こうして色々規制がかかってもどんどん勢いを増すホストクラブ業界ですが、若い女性が気軽に入店できるようになるとうことは、つまりホストへの窓口が広がったということです。確かに初回料金は驚くほど安いのですが、二回目以降はこの金額で飲む事は基本的には不可能です。二回・三回と通ううちに金銭感覚はどんどん麻痺していき、最終的には担当のホストに会いたい・喜んでほしいという目的の為に高収入な職業に転職する女性も少なくありません。
これは水商売全般に言える事ですが、収入が高い分精神的なリスクも高めです。もちろん、何か明確な目的があってこのような業界で働くのは良いと思いますが、ただただ担当の為にキャバクラや風俗で働き、そのお金をほとんどホストクラブで使ってしまうのはいかがなものでしょうか?たくさんのお金を使ったからといって、そのホストが手に入る訳ではありません。
ホストクラブという空間を楽しむのであれば、ホストを客観的に見られるような感覚が必要なのではないでしょうか。

キャバクラとパブとスナックの違いって何なの?

マンツ-マンで接客かどうかが違い

キャバクラとスナックやパブの違いは、キャバクラはホステスさんが隣に座ってマンツ-マンで接客してくれるお店で、スナックやパブではカウンタ-越しやマンツーマンでの接客でなかったりするお店がそうと言えます。
また、これは大きな目安で全てがそうとは限りませんが、スナックとパブの違いは、スナックは文字通り軽食も提供するお店で、パブは基本的にお酒とおつまみしか無いお店のことを指します。
はっきりとした定義はないのですが、キャバクラは会話をすることがメインのサービスのお店と考えれば、パブやスナックはお酒を飲む場を提供、キャバクラはお酒を飲む相手を提供と言えるかもしれません。

風俗営業の許可が必要かどうか

また大きな違いとしては、キャバクラは風俗営業の許可申請の必要な風俗店になります。これは、女の子がお客さんの隣に座ってお酒を造ることが接待行為として認識される為に風俗営業の許可が必要になるのです。性的なサービスがあるから風俗営業の許可を申請するわけではありません。
反対にパブやスナックは飲食店として分けられ、女の子はウエイトレスのような存在として扱われお客さんにマンツーマンになって接客することはありません。
また料金体系に関しては、キャバクラは1セットごとの時間制でハウスボトルであれば飲み放題ですが、パブやスナックは1セットごとの時間制ではありませんが、注文した物1品1品に料金がかかるお店が多いです。

カウンター越しの接客が定義

法律上は、スナックやパブは飲食店なので、本来はマンツ-マンの接客はしてはいけません。ですから法律上はパブやスナックではカウンタ-越しの接客をしているという定義になっています。もしスナックやパブがマンツ-マンの接客を行ったとすれば、風営法違反容疑ということになってしまいます。逆に言えば、スナックやパブの中でも風俗営業の許可を取ってスナックやパブだけどマンツ-マンの接客をするお店もあったりします。
ですから、法律上はスナックやパブは隣について接客する事が出来ませんので、きちんと法律を十種しているお店では、カウンタ-越しの接客のみで営業しているところもあります。

風俗のお店の種類と概要をまとめて説明する

風俗のお店は何があるか

大きく分けると風俗のお店は、お酒を扱うお店と性的なサービスを重視したお店の2種類に分けられます。
お酒を扱うような風俗のお店としては、キャバクラ・セクキャバ・ガールズバー・クラブ・パブ・スナックなどが挙げられます。
性的なサービスを重視した風俗のお店としては、ヘルス・ピンサロ・イメクラ・デリヘル・ソープランド・SMクラブなどがあります。
近年では、もっと細分化して細かい業種・職種も増え始めています。

お酒を扱うお店が水商売

キャバクラ・セクキャバ・ガールズバー・クラブ・パブ・スナックなどのお酒を扱う風俗のお店、いわゆる水商売と言われるものですが、同じお酒を扱うお店と言っても大分違います。
キャバクラやセクキャバ、クラブなどは、お客様の隣に座ってお酒を作ったりお話したりすることがメインの接客業です。お店にもよりますが、ガールズバーやパブ・スナック等は、常にお客様の隣に座ってお酒を作るのではなく、色々なお客様の席に気配りしつつ相手をするという形式がほとんどです。
ちなみに、ガールズバーではお客様の隣に座ることはありません。基本的にカウンター越しの接客になります。

性的なサービスメインのお店が風俗店

ヘルス・ピンサロ・イメクラ・デリヘル・ソープランド・SMクラブなどの性的なサービスをメインとしたお店を一般的に総称して風俗店と呼んでいます。水商売のメインが会話とお酒だとすると、風俗店のメインは性的サービスです。
業種によって行う性的サービスは異なりますが、口や手を使ってお客様に性的なサービスをするというのがメインの職種です。
お酒を飲んで接客するというようなことはまずないですが、サービスを求めての来客がほとんどなので、思った以上に肉体労働です。

風俗の仕事と水商売の仕事の掛け持ちって、何かメリットあるの??

風俗の仕事は昼間から働ける日給制。待機の時間をどれだけうまく使えるか

お店にも寄りますが、風俗の仕事は求人を見ても日給制のところがほとんどです。そして、営業時間は水商売と違って昼間から営業しているので、早い時間から稼ぐことが出来ます。また接客をしていない時間は、ソープでもデリヘルでも決められた待機の場所で次のお客さんを待つことになります。
風俗では、1日に接客したお客さんの数で稼ぎが大分変わってきますので、待機している時間が少ないほうがより稼げるという風になります。
待機の時間の使い方は人それぞれですが、お客さんを呼ぶ為に時間を使う女の子もいれば、体を休めるために休憩する女の子もいます。どうしても風俗の仕事は拘束時間が長くなりがちなので、待機の時間をどれだけうまく使えるかがポイントです。

水商売の仕事は夜の仕事で時給制。シフト制で働けるので時間も合わせやすい

掛け持ちで水商売の仕事をする以上、どうしても時間の都合と調整が出来なくては働けません。そういった面では、水商売の仕事は基本的にシフト制で、営業時間も夜がメインの仕事ですから、時間の都合も調整もしやすい仕事です。
さらに時給制ですので、勤務した時間分は必ず給料が発生します。好きな日に好きな時間だけ働けることを水商売で働く売りにしているお店は多いので、風俗の仕事のメリットとデメリット、水商売の仕事のメリットとデメリットを考えて、自分でバランスよく働ければ、水商売で働くことは掛け持ちの仕事しては便利です。

風俗と水商売では仕事内容が全く違うので、負担に気を付ける

風俗と水商売では仕事内容が全く違います。風俗は性的な接客内容なになりますし、水商売は会話とお酒を楽しませる接客内容です。いずれにしてもどちらも体に負担のかかる肉体労働の仕事になりますので、体の負担には気をつけるべきです。
早い時間は風俗、夜は水商売という風に働けば、常に高収入アルバイトで稼げます。しかし偏ってしまう働き方になっては意味がありません。バランスよく働けるようにしましょう。

地域によってある水商売や風俗のお店の種類ってそんなに違うの?

有名な繁華街のある地域の方がお店の数も種類も多い

他の飲食店や専門店もそうですが、地域によって存在している水商売のお店や風俗のお店の種類はまちまちです。やはり有名な繁華街のある地域の方がお店の数も種類も多いです。
キャバクラやセクキャバ、ソープやヘルスなど、繁華街が大きくて有名な方が色々な種類のお店が多い傾向です。求人を考えて色々な種類のお店を探す場合であれば、そういった繁華街の方が豊富で探しやすいです。

地域によってはない水商売のお店の種類もある

大きな繁華街だとしても、地域によってはない水商売のお店の種類があったりもします。それはその繁華街の歴史でそうなった場合もありますし、法律的な問題で一部の種類のお店がない場合もあります。
繁華街だからキャバクラでもセクキャバでも何でもあるという訳ではないので、求人応募の際は、その街をチェックして探しましょう。

風俗は地域によってデリバリーのお店しかないところも

風俗も地域的な問題や法的問題で直接店舗を構えて営業している性風俗店舗がなかったり、逆に街自体がその業種一色という場合が多々あります。東京の吉原と呼ばれる地域などがそうです。
逆に土地柄上もデリバリー型(派遣型)のヘルスしか存在していない地域もあります。住宅が多い街や出張者の多い街などでは、デリバリーヘルスが主流となっていたりします。

楽に稼げるのは、水商売と風俗だとどっち?

水商売と風俗では、する仕事の内容が違う

水商売と風俗では、する仕事の内容が違いますので、楽に稼げるのはどっちかということは断言しづらいです。
水商売はお客さんに会話やお酒を楽しんでもらうのが仕事ですし、風俗は会話をすることもあるとは思いますが、性的なサービスを提供するのが仕事内容です。
人によって抵抗感などがある場合も出てくると思いますし、必ずどっちの方が楽に稼げるとは言い切れません。

水商売は必ずお酒がある仕事

水商売はどの業種でも必ずお酒があっての仕事です。場合によっては、自分がお酒を飲むこともあると思いますし、酔っ払ったお客様の相手をすることの方が多いくらいです。また、会話もそれなりにしないといけないところではあります。
お酒が好きで会話も得意な人には向いているかもしれませんが、お酒が苦手で話下手な人には難しい部分が出てくるかもしれません。

風俗はお客さんと2人で密室になる仕事

風俗の仕事は、そうではないものもありますが、大体がお客さんに射精させる性的なサービスを提供しなくてはいけません。水商売ように必ずお酒はないですが、デリヘルなどのデリバリー形式の風俗であればお客さんの待つホテルや自宅に1人で行かなくてはいけません。どうしても密室に2人きりになることになりますので、危機管理や自己管理は強く必要になってきます。
そして一番の心配は、性病の危険性です。こちらも危機管理や自己管理は強く必要になってきます。

風俗の種類と概要をまとめてみると、どのようになるの?

風俗の仕事には、どんなものがあるか?

大まかに分けると風俗のお仕事は、お酒を扱うお仕事と性的なサービスを重視したお仕事の2つに分けられます。
お酒を扱うような風俗のお仕事としては、キャバクラ・セクキャバ・ガールズバー・クラブ・パブ・スナックなどが挙げられます。
性的なサービスを重視した風俗のお仕事としては、ヘルス・ピンサロ・イメクラ・デリヘル・ソープランド・SMクラブなどが挙げられます。
近年では、もっと細分化して細かい業種・職種も増え始めています。

お酒を扱うお仕事が水商売

キャバクラ・セクキャバ・ガールズバー・クラブ・パブ・スナックなどのお酒を扱う風俗のお仕事、いわゆる『水商売』と言われるものですが、同じお酒を扱う仕事と言っても大分違います。
キャバクラやセクキャバ、クラブなどは、お客様の隣に座ってお酒を作ったりお話したりすることがメインの接客業です。お店にもよりますが、ガールズバーやパブ・スナック等は、常にお客様の隣に座ってお酒を作るのではなく、色々なお客様の席に気配りしつつ相手をするという形式がほとんどです。ちなみに、ガールズバーではお客様の隣に座ることはありません。基本的にカウンター越しの接客になります。
いずれにしても水商売は、お客様との会話の要素が強い職種ではあります。

性的なサービスメインのお仕事『風俗』

ヘルス・ピンサロ・イメクラ・デリヘル・ソープランド・SMクラブなどの性的なサービスをメインとしたお仕事を一般的に総称して『風俗』と呼んでいます。水商売のメインが会話とお酒だとすると、風俗のメインは性的サービスです。
業種によって行う性的サービスは異なりますが、口や手を使ってお客様に性的なサービスをするというのがメインの職種です。
お酒を飲んで接客するというようなことはまずないですが、サービスを求めての来客がほとんどなので、思った以上の肉体労働ではあります。

セクキャバとオナクラで働くのはどっちの方が楽なのか、求人見てもわからない!

セクキャバとオナクラでは仕事内容が違う

まず、セクキャバとオナクラでは仕事内容が全く違うので、どっちが楽かということは言いづらいです。
セクキャバは、お客様にセクシーなサービス+会話やお酒を楽しんでもらうのが仕事ですし、オナクラは会話を楽しんでもらう場合もあると思いますが、基本的には性的なサービスを提供するのが仕事内容です。
人によって抵抗感や出来ること出来ないことが違うと思いますので、必ずどっちの方が楽だとは言い切れません。

セクキャバは水商売なので、お酒も絡んでくる仕事になる

セクキャバは水商売です。キャバクラよりセクシーなサービスがメインといってもお酒があっての仕事です。場合によっては、自分がお酒を飲むこともあると思いますし、酔っ払ったお客様の相手をすることの方が多いくらいです。また、会話もキャバクラよりは短いかもしれませんが、それなりにしないといけないところではあります。
お酒が好きで会話も得意な人には向いているかもしれませんが、お酒が苦手で話下手な人には克服しなければいけないことが多くなってくるかもしれません。

オナクラは、お客様と2人で密室になる仕事

オナクラは性風俗です。個室内で男性客がオナニーする様子を見る業種ですから、服を着たまま見ているだけで、ファッションヘルスのように女の子から男性客への性的サービスは無いものとされてはいます。しかし、精神的な負担は大きくなることは考えられます。
キャバクラやセクキャバのように必ずお酒がある場面ではないですが、お店の中やお客様の待つホテルや自宅で1対1にならなくてはいけません。どうしても密室に2人きりになることになりますので、危機管理や自己管理は強く必要になってきます。

『高収入アルバイト』っていうと、どんな仕事になるの?

「水商売」と「風俗」の大きく2種類

一般的によく言われる高収入アルバイトですが、女の子の為の高収入アルバイトというとキャバクラやヘルスなどのお仕事が考えられますが、大きく分けると2分されます。
1つは、キャバクラやクラブ等のお酒を飲む場所のお仕事である「水商売」。2つ目は、ヘルスやピンサロ等の性的サービスを提供する「風俗」です。
高収入な分、水商売も風俗も大変な面がありますので、自分が出来ると思える職種を選ぶことが1番です。

性的サービスを提供するのが「風俗」

風俗とひとくくりで言っても、風俗の仕事は様々あります。
業種で分けると、ソープランド・ヘルス・ピンサロ・SMクラブ・性感エステ等が風俗店として挙げられます。共通なのは、どれも性的サービスを提供する場所ということです。
裸になって直接お客様と触れる機会も多いですので、そういった接客サービスが大丈夫でないと難しい職種です。

お酒と会話が基本の「水商売」

水商売にも色々な業種がありますが、どれも共通しているのは、お酒と会話を楽しむ場所ということです。高級な場所とされる順に業種を挙げると、クラブ・キャバクラ・セクシーキャバクラ・パブ&スナック・ガールズバー等があります。接客形式は違いますが、どこでもお客様と接して会話をするという部分では共通しています。
自分がお酒を飲む場面も出てきますので、お酒と会話に関して抵抗感を持ちにくい方にはおススメです。(未成年の飲酒は禁止されています。)

水商売じゃなくて風俗の仕事だと、どんなものがあるの?

高級感のある風俗業種がソープランド

ソープランドは「個室高級サウナ」とも言い、広くてリッチな雰囲気の個室のお風呂とベッドでお客さんは女の子に体を洗ってもらい、マットやローションを使って独特のマッサージでサービスします。格安店から高級店まであり、高級店ほど接客時間が長くサービスのレベルも高いですが、遊ぶ費用はその分高くなります。
その分、女の子のお給料も1人のお客様を接客するだけで高額を狙えます。ただ、サービスのクオリティも求められますし、最後までするのがソープランドなので、その辺の課題をクリアできる女の子にはおススメです。

今最も主流な風俗業種がファッションヘルス

ファッションヘルスはお店にある個室やホテルなどで、ヘルスサービスを受けられるお店です。最近ではデリバリーヘルス(デリヘル)やホテルヘルス(ホテヘル)が主流になり、自宅やホテルでサービスを受けることが出来るようになりました。料金は比較的ソープランドより安いですが、お店によりまちまちで、中には大衆ソープランドより料金の高いお店もあります。
ソープランドほどサービスのクオリティを求められることはないですが、特にデリヘルは主流の業種でありお店の数も多いので、お客様を掴むのが大変で稼ぎにくい場合もあります。

若い男性にも人気な業種がピンクサロン

ピンクサロンは通称ピンサロといい、シャワーは無く、簡単な仕切りで区切られたボックス席でお酒を飲みながら、口や手を使ってサービスを受けられます。 短時間でのセット料金がほとんどなので、短い時間で楽しむ場所となります。短時間で、風俗店でありながらセット料金も安いので、若い男性からそれ以上の男性まで幅広く人気な業種です。
しかしピンクサロンは、セットが短時間なので、接客をする人数は短い時間で多くなり、シャワーも無い中で口や手を使ってサービスをするので、不衛生で性病の危険性は風俗の仕事の中でもかなり高い仕事です。

夜の仕事と風俗だと、バレないで働くことはどちらの方がしやすい?

業種と言うより、自分でも気をつける部分は多い

夜の仕事と風俗で比較して考えると、風俗の方が昼間の時間も働けるので、時間の都合を付けられる機会は風俗の方が多いと思います。
ただ、最終的には業種と言うより自分でも気をつける部分は多いと思います。結局はどの業種で働いてもどこかへ働きに行くことには変わりないので、家族や恋人にバレないでとなると注意する部分は色々と出てきてしまいます。働く場所、時間、状況など、ますは自分でも気をつけられるところは注意しておく方が安心です。

働くお店のスタッフにも事情は話しておくべき

バレたくない前提で働くのであれば、お店のスタッフにも事情は話しておいた方がいいと思います。事情を話しておけば、スタッフはなるべく事情を考慮してくれます。変に隠して、スタッフに伝えていればバレなかったのに・・・ということもあり得ます。
信頼できるスタッフにだけでも伝えましょう。

アリバイ会社を利用できるお店もある

特に風俗の方が設けているお店は多いですが、お店によっては働いていることを家族などにもバレない様にアリバイ会社を利用できるお店もあります。
アリバイ会社とは、働くお店に関する企業で、そこでの会社名義での勤務として扱ってくれるシステムのようなものです。事前にそういったものがある確認してみてもいいと思います。

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool