同じお店の従業員と恋愛関係になっても良いものなのでしょうか?

そもそも水商売においての「風紀」とはどういうことなのか

今日はキャバクラの「風紀」をテーマに書いてみようと思います。
近頃、というか以前からいろいろな所で「風紀」の話を耳にします。
そもそもの「風紀」とは異性交遊の節度や、生活上の規律を意味します。
しかし、ご存知の方も多いかも知れませんがキャバクラ含め、水商売では業界用語として「キャストさんと男子従業員が付き合う」事。
つまるところ「社内恋愛」のことをいいます。通常、水商売での社内恋愛は「厳禁」です。
にも関わらず我慢できず自由恋愛に走ってしまう人がわりと多いようです。もしかしたら、今ご覧になってる方の中にも居るのかもしれません。
確かに、イエ制度も廃止された昨今、自由な恋愛自体は良いと思います。そもそも実は同じ職場で働く相手というのは心理的にも恋愛に発展しやすいのです。
まずは挙げられるのが「顔を合わせる頻度の多さ。人は心理的に頻繁に会う人へは警戒を解き、親密になりやすいのです。
これは生き物に限らず、物でもそうです。頻繁に目にする物へは、謎の安心感が生まれます。
企業が大金をつぎ込み、必死にCMを打つ理由の一つでもあります。
物へすら警戒を解いちゃうのですから、人ならなおさらでしょう。
次に、「困難な仕事を共に乗り切る」という事。
どうも心理学者のラタネさん曰く、共に楽しむより、共に辛い経験をしたほうが強い結び付きが生まれるらしく
自衛隊あたりの入隊試験が厳しいのもこれが理由だそうです。
つまり、「好きになりやすい環境」なのです。しかしだから仕方無い!とはいきません。

一般企業の「社内恋愛」とは何が違うのか

実はキャバクラでなく一般の企業ですら結構な数の会社が「社内恋愛」、つまり「風紀」を禁止しているのです。
理由としては「風紀」の乱れを未然に防ぐため。
具体的には
・不平等な評価、査定を防ぐ為
・親密な間柄になることで、大事な情報を漏らさせない為
・別れた結果、どちらかが退職となる場合を防ぐ為、等々。
これはキャバクラでも同じ事がもちろん言えますが、キャバクラと一般企業での決定的な違いは「女性が商品であること」です。
女性を「商品」といってしまうと、いささか聞こえが悪くはありますが、お客様がキャバクラにくる目的はキャストさん、つまり女性と擬似恋愛を楽しむためです。
そして、その目的は多かれ少なかれ擬似でない、より親密な間柄になる事です。
その親密になるという目的のためにお客様は数万、場合によっては数十万やそれ以上のお金を支払います。
その傍、すでに男子従業員と付き合ってます。なんて面白い訳がありません。
場合や金額によっては訴訟を起こす人もいるでしょう。
結果は人それぞれでしょうが、時間も費用も掛かり挙げ句の果ては売上減どころか職を失う可能性すらあります。
そんな退職理由なら次の仕事を見つけるのも困難を極めるでしょう。

「風紀」がバレてしまうとどうなるのか

さらにこれらに加えて殆どの場合付いてくるのが「罰金」です。
多くの場合は百万円。もう泣きっ面に蜂です。
確かに、第3者が他人の恋愛事情に関与するべきでは無いのかもしれません。
一般企業でもよほど「風紀」の乱れが無ければ、退職どころか異動もないでしょう。
しかし、忘れていませんか?
恐らく全てのお店が入店直後に「風紀」は行わないようにと「約束」を交わしています。
罰金等々もその時確認しているでしょう。
確かに大金を請求されるかもしれませんがもし罰金!という事になってもそれは元々交わしている約束を自分で破っている訳ですから仕方ないのかもしれません。
自由な恋愛もいいですが、自由には責任が伴います。自分で交わした約束ぐらいは守りたいですね。

アルバイトでホストとして働くと、後々の就活に響きますか?

世間から見た「ホスト」のイメージとは

近年、様々なメディアに取りただされるホストクラブ。一時期よりかは減った気もしますが、それでもやはり特集が組まれれば興味本位で観る方も多いのではないでしょうか?
メディアに出る事で多少の偏見は減ったものの、「いろんな女性と会話する→女性関係が淫ら」という発想が未だ根強いようです。
テレビや雑誌などに露出するということは、もちろんそれだけ知名度も上がります。安易にホストという立場を利用し女性に近づいたところで話は尾ひれがついて広まり、自分の営業成績にも関わってきてしまいます。このようなことから、デキるホストほど「女遊び」というものについてそこまでの執着もないのではないでしょうか。

トラブルばかりが露出してしまう?

ホストの仕事のモットーは「決して安くはない飲食代に見合うような接客でお客様に満足してもらうこと」だと思います。
しかし、仕事にも慣れある程度稼げるようになってくると自分の貰うお給料のことしか考えられなくなり、だんだんお客様をないがしろにするようになってきてしまいます。このような一部のホストが、男性に依存しやすい女性に目をつけ多額の金額を使わせ、最終的には何かしらのトラブルに発展させてしまう…ということもしばしばあるようです。そしてこの事をメディアが大きなトラブルとして取り上げるたびにホストのイメージが低下するわけです。
自分のやっている仕事が、ある一部のホストのせいでマイナスのイメージがついてしまうのはとても悲しいことですね。

一度ホストになったからにはそれなりに目標を持つ事!

正直、ホストとして働き始めるのは他の仕事よりも比較的簡単だと思いますが、入り口が簡単なだけ思うように稼げるようになるには自分のやる気が重要となってきます。
期間的にも「将来は自分の店が欲しい」などという大きな目標や決意がない限り、長く続けられる仕事でもありません。
しかし入店する店を間違えなければ、普段は知り合う事のないようなお客様との出会いや接客マナーなどが学べたりとたくさんの事を吸収できるはずです。
ホストとして働くのであれば、貯金の目標金額や働く期間などを自分の中で決め、その中で思う存分働いてみましょう!

銀座にも一見さんがフラッと入店できるようなお店はあるのでしょうか?

銀座の代名詞!!一見さんはお断りな高級クラブ

タイトルの通り、高級クラブと呼ばれるお店は一見さんはお断りしている場合がほとんどですので、基本的には飛び込みで飲む事はできません。 つまり、そのお店に知り合いがいないと入れないのです。主に会員制のクラブで飲む方法としては、ママやホステスのお客様、オーナーやスタッフの知り合い、そのクラブを知っている人からの紹介…など要は誰かしらの紹介があれば入店する事ができます。
クラブは時間制ではなく、座っていくらというシステム。 高級クラブでは「座って3万」という言葉をよく聞きますが、 初回は必ずボトルを入れなくてはいけませんので、実際は1番安いボトル代を入れても合計6~8万くらいかかります。しかし最近では1時間30分経つと、タイムチャージを取るお店も出てきました。
「クラブ」にはオーナーママやママが1人以上いて、大箱になるとチーママ含めママが3人くらいいるお店もあります。

アットホーム系クラブ(ミニクラブ)

クラブと呼ばれるお店の中でも、料金設定が高級クラブではない所をアットホーム系クラブといいます。 クラブのような高級志向店と、カラオケがあるような家庭的なお店と大きく分けて2つあります。ある程度お客様を持っているホステスが独立してオーナーママとして自分のお客様だけで営んでいるような所が中心で、全体的に小規模で誰でも気軽に入れます。しかし、特に宣伝をしている訳ではないのでやはり誰かの紹介などで出向くのが一般的です。
また、カラオケがあるお店などはアフターなどで使われる場合も多く、高級クラブで働く女性は何件か使えるお店を知っているので、お客様に合わせてセレクトしています。
料金の相場としては、やはりお店のランクにもよりますが1万〜4万くらいで楽しめるようです。

キャバクラ・ニュークラブもあります!

昔は銀座でキャバクラは邪道だというイメージがありましたが、近年ではだいぶ増えてきているように思えます。
もちろん会員制ではないので、新規のフリーのお客様は広告やビラを見て入ります。また、クラブから出てきたお客様を待ち構えている黒服が外に立っている場合もあります。
通常はママがいなく、指名制で時間制セット料金になっています。ニュークラブはキャバクラより料金の設定が高めなようです。 キャバクラは時間制なので、長くいればいるほど料金が上がります。延長を重ねるとクラブより料金が高くなる場合もあります。
クラブのシステムに慣れていると、時間制をいうことをついつい忘れてしまうので注意が必要です。

指名をいただいているお客様の誕生日には何をあげたら良いのでしょうか?

無難なプレゼントをお客さんにあげる

お客さんでなくても女性から男性へのプレゼントは頭を悩ませるところかもしれません。何を選んだら喜ばれるか、お金をどれくらいかけたらいいのか悩むところだと思います。 お客さんにあげるプレゼントとして無難なのは、ネクタイやハンカチ、靴下、ライターなどがプレゼントの定番だと思います。これらの定番アイテムであれば、値段もそれほど高くないですし、貰ったほうも困るような物ではないので比較的選びやすいと思います。

お客さんの好きなものをプレゼントする

他のプレゼントとしては、そのお客さんの好きなものをプレゼントする方法です。例えば、お酒の好きなお客さんであればワインをプレゼントしたり、甘いものが好きなお客さんであれば有名なスイーツや手作りスイーツをプレゼントするのもいいかもしれません。以前にお客さんから誕生日プレゼントをもらっていた場合、それが高い物なら、やはりこちらもある程度奮発してある程度値の貼るものをプレゼントした方がいいです。お客さんも高いものが欲しいと望んでいるか分かりませんが、こちらの頑張りが伝われば、お客さんも喜んでくれると思います。

お客さんの体を気遣った癒しのプレゼントというのも効果的

あとは、お客さんの体を気遣った癒しのプレゼントというのも効果的だと思います。例えば、男性用のコスメ用品です。お客さんに渡す時に、「いつまでも若くて格好いいままでいてね♪」のようなことを言ったら喜んでくれると思います。男性も若い姿のままでいたいと願っているものです。でも自分で買いに行くのは恥ずかしいし、何を選んだらいいのかわからない男性は意外と多いです。そういったものをプレゼントで贈るというのはとても効果的です。または健康グッズなどもいいかもしれません。いつも忙しそうにして疲れが見えるお客さんには、入浴剤やマッサージグッズのようなものを送るのもいいと思います。メンズコスメや健康グッズのような、金額ではなくて気持ちを感じさせる物にしてもいいプレゼントになると思います。

0ヘルを卒業して売上として新しいお店に移るベストなタイミングとは?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。
今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。
また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。
クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。
また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。
お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。
このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

キャバクラのエスコートとはどのような仕事をするのでしょうか?

キャバクラのエスコートとは、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職

キャバクラのエスコートとは、厳密には違う部分もあるのですが、女の子が男性で言うところのボーイとして働く役職のことです。キャバクラでもエスコートの役職があるお店とないお店もがあるので、そこは求人情報等で確認が必要です。エスコートだけでなく、キャバクラによっては女性が店長をやっているお店もあります。
しかしボーイの仕事はキャバ嬢とはまた違った部分で大変なところがあります。一番の違いは、キャバ嬢として働くより拘束時間が長いということです。開店準備や閉店作業もしなければならなくなりますし、給料もキャバ嬢として働くより絶対的に少なくなると思います。

男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けている

エスコートやキャバクラのスタッフとして女性を採用しているお店の狙いとしては、男性ボーイの気が利かない部分や、男性では分からない女の子の気持ちをリアルに理解できる部分を期待して女性の採用枠を設けているところがあります。または、女性スタッフの見栄えの良さを求めているキャバクラのお店もあります。
キャバ嬢達も、もっと女の子の気持ちをわかってくれるボーイと一緒に仕事をしていたいものなのも事実です。キャバ嬢の経験がある女性がエスコートをやってくれれば、きっと働くキャバ嬢達もやりやすいと思うはずです。

エスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ない

求人を見てみると分かりますが、意外とエスコートの職種を募集しているキャバクラのお店は少ないです。理由としては、男性スタッフありきの運営ですので、ある程度広い店内のキャバクラでないとサブで活躍するポジションのエスコートは必要としていなかったり、お店自体が女性の人員を必要としていない等が挙げられます。
六本木や新宿など、比較的大きなキャバクラが多い繁華街の方がエスコートの求人募集は多いです。

30を過ぎて水商売をやっているアラサー女性は結婚できるのでしょうか?

実際のところ、アラサーの独身率はどのくらい?

近年の日本では未婚化、晩婚化という言葉を頻繁にニュースなどで見かけるようになりました。実際のところ、アラサー、アラフォー女性の結婚事情はどのようになっているのでしょうか?
国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集2012」によると、2010年の女性の平均初婚年齢は29.69歳でした。現在30歳前後の人たちの親世代が結婚した頃…1980年の女性はというと、25.11歳。30年の間に日本の女性の平均初婚年齢は4.58歳上昇しています。1980年にはアラフォー女性の約9割、アラサー女性の約8割が結婚していましたが、30年後の2010年になるとアラフォーは約7割、アラサーになるとほぼ5割と大きく減少しています。一方、未婚率を見ると、アラフォー女性の5人に1人、アラサー女性のほぼ2人に1人が未婚です。「40歳・独身」というのはいまや珍しくありません。
これは、女性がより社会で活躍できる場が増えているということでもあります。水商売に限らずどの職業にも共通して言える事ですが、仕事にやりがいを感じているとどうしても恋愛面がおろそかになるものです。無理矢理恋愛をする必要はありませんが、先々の事を考えた計画が大切なのです。

既婚者の女性が現在の夫と出会ったきっかけとは

未婚の女性で「結婚したいけれど相手がいない」「どこに出会いがあるの?」と感じる人は少なくないそうです。将来自分の夫となる人との「出会い」は一体どこにあるのでしょうか。
某研究所で2011年に実施した「女性の幸せに関する意識調査」の、25~44歳のアラサー、アラフォー既婚女性の「夫との出会いのきっかけ」に対する回答結果によると、「職場・仕事関係」が約4割と圧倒的に多く、「友人などの紹介」「大学等(短大や専門学校も含みます)」と続き、これらの3つのきっかけで出会った人が全体の65.2%を占めます。遠くの親類より近くのナントカ…まずは、近くにいる異性や友人との関係を見直してみることが「出会い」の近道となるかもしれません。
さらに、最近では「復縁婚」なるものもしばしば耳にします。30歳を過ぎてから人との関係を一から築くのはなかなか大変。そうなると、やはり自分の事を良く知ってくれている昔の恋人がよく見えてくるのだとか…。離れてみて分かる事も色々とあるのかもしれませんね。

増えつつある「ネット婚活」とは

最近ではパソコンだけでなく、ケータイやスマートフォン等で誰もが気軽にインターネットにアクセスできるようになり、FacebookやTwitter、mixiなどのSNSも世代を問わず身近なものになっています。
ブログやSNS内のコミュニティーを通じて趣味の仲間を見つけたり、懐かしい友人と再会したり…という経験がある人も珍しくはないでしょう。
20代の頃は頻繁にあった飲み会のお誘いも30代になると急激に減ったと感じた事はありませんか?出会いがないと感じたら自分から動いてみましょう。インターネット上でのやり取りの良いところはサイト内の情報で出会う前から相手のある程度の人柄や趣味がわかること。これで「お付き合い」や「結婚」への後押しになっているものと思われます。一昔前は「出会い系」などと呼ばれ少々危険な感じもありましたが、ある程度人生経験を積んだアラサー・アラフォーの女性は男性を見分ける力もついているはず。特に水商売を経験していれば尚更です。
個人情報の取り扱いや安全面等に配慮する必要はありますが、インターネットの各種サービスを賢く利用してみるのも「出会い」や自分の世界を広げるきっかけになることでしょう。

キャバクラだと思ってうっかり入店してしまったピンサロを辞めるにはどうしたらいいですか?

実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはある

全てのお店がそうではないのですが、求人広告で「キャバクラ」と記載しておきながら、実際には「セクキャバ」ということや、「ピンサロ」だということはあります。もちろん、いい求人広告とは言えません。実情としては、大きなグループ展開しているお店の場合なら、求人にもそれなりの予算をかけられますが、小規模でギリギリ営業しているようなお店の場合だと、普通にやっていたんではなかなか思うように女の子を集められないことが多いです。なので、そういうお店では騙しに近いような良くない方法で女の子を集めている場合もあります。

一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さない

求人内容に嘘があったわけですから、一番いいのは面接の時にきっぱりと断るか、その場では結論を出さずに「ちょっと考えさせてください」と言って、即決をしないのがベストです。しかし中には強く言いくるめられて、つい働てしまう女の子もいることは確かです。もちろん、そのまま働いてもろくなことはないと思います。酷いケースだと、何だかんだと理由をつけられて、ちゃんとした給料を貰えなかったりする可能性だってあります。お店の人に「断り切れない子」と認識されているでしょうし、相手はそれを最大限に利用すると思います。

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しない

辞めるための一番の方法は、何も言わずにもうお店には出勤しないのがいいと思います。お店からのメールや電話には一切出ないようにして、知らない番号からの電話や非通知の電話にも絶対に出ないようにした方がいいです。お店の女の子との連絡も絶対にいけません。余裕があれば携帯も変えるくらいで丁度いいです。とにかく無視することが一番です。仮にもし「ピンサロで働いていたことを親にばらすぞ!」のようなことを言われたとしても、怖がったりせずに無視するのが一番です。相手も後ろめたいことをやって商売をしてるのですから、自ら進んで大問題にしようとは思わないはずです。それと話し合って解決しようという考えは持たない方がいいです。話し合ったとしても言いくるめて、無理矢理に働かせようとするのがオチだと思います。

どうしても苦手なお客様への対応はどのようにしたらいいのでしょうか?

生理的に合わないかも!?と思ってしまう苦手なお客様

夜のお店はお酒を提供する場ですが、お酒が入ると人格が変わってしまう人がいます。さらに、大声で怒鳴り散らしたりしまいには説教をはじめたりする人も中にはいます。
何でそんな事するのか…?それは怒鳴り散らす事や説教をする事で、ストレス解消をしているのです。どのホステスが着いてもそのような態度だと、その確率が非常高いようです。また、飲み慣れているお客様の中には新人ホステスを育てるのが好きなお客様もいるので、親心のようなものから色々言われる場合もあります。 とにかく普段できない事を、お金を払う事で解消している場合が多いです。そうじゃなければ何度もお店に来ませんし、気に入らないお店や女性だったらそもそも飲みになんて来ないからです。つまりホステスの高いお給料の中には、そのようなお客様からのお小言にもガマンして耐える料金も入っていると考えていいと思います。

気難しいお客様への対処方法

気難しいお客様の接客は疲れるので避けてしまうホステスが多いですが、 お客様も自分が気難しい事くらいは分かっているのです。 それでも自分に付いてきてくれる、というその気持ちがどこまで本当のなのかあえて試しているのかも知れません。実際、女性の事を信頼したそのようなお客様はとても良いお客様に変化したりするのです。
夜のお店は、スタッフ、ママ、お姉さん達から試される場面というのがあります。 そこをどう乗り切るか、切り替えすかでホステスとしての才能や素質を見られているのです。 嫌な事があるからとすぐ訴えるのではなく、そのような場面をうまくクリアできれば周りからの評判もさらにアップするでしょう。
気難しいお客様はどのお店にもいます。しかし気難しいと言われているお客様にこそ愛情持って接するべきなのかも知れません。

お客様の前でホステスである為の心構えとは

ホステスは女性特有のお仕事です。 外見をより女性らしく華やかにする必要があります。 お店やお給料によっても、ホステスとして求められるレベルの差がありますが、 「女性らしく」というのは、全てのホステスにおいて共通して求められるものです。
この女性らしく、というのは仕草であったり言葉遣いであったりするわけですが、 これは最初はできなくても、 色々なお客様と接して行く事で段々磨かれていくのです。
このような仕草や振る舞いは、意識的に女性らしさを演出しても限界があり、やはり自分が内面から女性らしくなろう、という気持ちがなければ所詮それは形だけのものになってしまいます。自分で努力しているつもりでも、相手に伝わらなければ結局それは自己満足なのです。
気持ちを込めたおもてなしでなければ、当然相手の心には響きません。上手くできなくても、心を込めるというのが何より大切です。

ホストクラブの初回で行ったお店と同じお店にまた飲みに行きたいのですが…

ホストクラブでは必ず誰かを指名しないといけませんか?

お店に行った時に必ず誰かを指名しなくてはいけないというルールはありませんが、基本的にホストは指名を貰えてナンボの世界です。毎月のお給料やナンバー争いにも響いてきます。
ホストクラブに行く理由としてはそのお店で一緒に飲みたいホストがいるからというのがほとんどだと思います。
誰かの付き合いで通う場合もしも気に入っているホストがいるのなら、ぜひ指名してみてください。フリーで飲んでいても指名しないと目当てのホストがその席に着かない可能性もあります。

一度指名したホストを辞めて同じお店の他のホストを指名したい!!

最初こそ気も合い、また一緒に飲みたいと指名してみたものの…やはり何か違ったかもしれない!!
そんな時もあるかと思います。ホストクラブは基本的には永久指名制ですが、最近ではホストクラブでもメンキャバの指名形態を取っているお店も多々見受けられるようになりました。メンキャバは指名替えは自由。キャバクラと同じようなスタイルです。
しかし、指名替えは自由といえども同じお店で何回も指名替えをしてしまってはホスト同士のいざこざの原因にもなり兼ねませんし、何より自分自身がホストからの信頼をなくしてしまうかもしれません。万が一指名替えをするときは、一度内勤の人に相談してみましょう!

本指名のホストの他にもプラスで指名したいのですが…

本指名のホストとの会話も楽しいけど、いつもヘルプで着いてくれるホストとの会話も楽しい。
担当のホストが指名が被ってしまってなかなか自分の所に戻ってこられない時、あまり面識のないヘルプに着いてもらうとこちらも気を使ってしまいます。それよりかは気の知れたヘルプのホストと一緒に盛り上がって担当のホストを待ちたいものですよね?
そんな時は「ヘルプ指名」というシステムを使ってみましょう!その名の通り、ヘルプとしてのホストを指名するのです。ヘルプ指名を入れておけば、担当のホストが抜けた時にこのヘルプ指名したホストが代わりに席に着いてくれます。担当のホストにはなかなか言えないこともヘルプのホストになら話せるということもあるみたいです!
とにかく、その空間を自分が楽しく過ごせるように色々工夫してみましょう!

振り回されるのも嫌じゃない?…ホストの思わせぶりな態度はどうやって見極めたらいいのでしょうか?

ホストクラブでよく使われている「本営」と「友営」とは

ホストクラブへ居酒屋感覚で通える女性はごくわずかなのではないでしょうか。
一回飲みに行けば万単位のお金を使うことになりますし、イベントなどでは特別にシャンパンや高級ボトルでお祝いしてあげるなんてこともしばしば…
ホスト側もその金額に見合った接客しなくてはなりませんし、お客様によって営業方法を変えています。
みんなでワイワイ飲んで楽しみたいお客様には「友営」と呼ばれる方法で営業をかけます。時には女性の相談に乗ったりしてまるで男友達のように接し、身近な存在に感じてもらうのです。一方、さも付き合っているかのような感覚で営業をかけることを「本営」と言い、恋人のようなメールや電話をしてお客様との距離を縮めていきます。

一度も指名していないのに、休日デートに誘われた!!これはいわゆる育て?

初回で飲みに行った先のホストと連絡先を交換し、やり取りを続けているうちに「休日どこか遊びに行こう」とデートに誘われた!!まだ一度も指名してないし、正直飲みに行くお金もないので外で会うのはなんだか悪い気がする…こんな経験をしたことのある方もいるのではないでしょうか?
初回から次の本指名へと繋げるのはホストにとって腕の見せ所な訳ですが、やはりお金が絡んでいることもあり女性は警戒しがちです。そこで、休日など自分のプライベートな時間を使うことで警戒心を解いていくのです。これをホスト業界では「育て」と呼びます。そして警戒心がなくなったところで初めてお店に呼ぶのです。
しかし、中には営業関係なく「趣味カノ」として本当にデートに誘われている場合もあるようです(笑)
何を考えているのか分からないと最初からガチガチの警戒心で挑むのではなく、誘われたら素直にお誘いに乗ってみるのも何か新しい発見があるかもしれませんよ!

ホストから家に行きたいと言われた…、その真意とは?

女性の家に行きたがる男性はなにもホストでなくてもたくさんいるでしょう。女性側も気になるホストから家に行きたいと言われればさらに親近感が湧く気がして、ついつい招いてしまいたくなりますよね。
しかしホストがこのような言葉を発する時は、次へ繋げる営業のため、または自宅よりもお店から近いなどの理由で単なる宿目的で女性の家に行きたがる場合がほとんどです。特に色恋営業をしているホストはやたら家庭訪問をしたがりますが、あまり自分のプライベートな領域に招くのはオススメしません。あくまでもお店の中で楽しむというスタンスを崩さないようにするのがホストクラブをうまく楽しむコツなのではないでしょうか?

ホストクラブでシャンパンコールをやってもらうにはどのようなお酒を入れたら良いのでしょうか?

シャンパンコールをやってもらうには?

ホストクラブでは、シャンパンを入れるとホストが集合して「シャンパンコール」と呼ばれるこの業界独特のコールをしてくれるお店がほとんどです。落ち着いて飲みたい場合はもちろんコールを断ることもできますが、特に締め日にはこのシャンパンコールがあちこちの席で飛び交い、ライバル同士で熱いバトルが繰り広げられるのです。
シャンパンコールはホスト遊びの醍醐味の一つでもあります。担当のバースデーなど特別な日にはちょっと奮発してこのシャンパンコールを味わってみるのも良いかもしれませんね!

その店のホスト全員が大集合するオールコールとは

それぞれのお店にはシャンパンのランク付けがされていて、シャンパンコールのかかるシャンパンとそうでないシャンパンがあります。
またシャンパンコール自体にもパターンがあります。通常のシャンパンコールはある程度決められたホストしか集合しませんが、高額なボトルやシャンパンを入れた時にはその店のホスト全員が集まり通常よりも豪華なシャンパンコールが繰り広げられます。このシャンパンコールを「オールコール」と呼ます。
店内中のホストを独り占めできる訳ですが、同時にオールコールがかかっている間は他の席の女性はオンリーと呼ばれるホストがいない状態でコールが終わるのを待たなくてはなりません。すると、そんな状況に耐えられない女性がまた新たにシャンパンを入れるのです!こうしてホストクラブ特有の不思議な相乗効果が生まれたりもします。

他の店舗に差をつけるためのオリジナルシャンパンコール!

シャンパンコールはどのお店も同じというわけではありません。新しい店舗が増えれば増えるほど他よりも差をつけなくてはなりません。
各店舗それぞれ他のお店に差をつけるために、シャンパンが開封される前にダンスなどのパフォーマンスがあったりBGMもオリジナルで作成していたりします。
お客様の前で完璧なシャンパンコールを披露するために、ホスト達はパフォーマンスの振り付けを覚えるために営業前や休日の貴重な時間を削り練習に励みます。
ホストクラブでシャンパンを一本入れるのは値段的にも容易いことではありません。シャンパンコールには高いお酒を入れてくれたお客様に対する感謝の意味も込められていることを思いながらコールを見てみると、またひと味違った楽しみ方ができるかもしれません。

最近付き合い始めた彼がホストなのですが、長続きさせるためにはどうしたら良いでしょうか?

彼を信用しある程度の自由をあげる

彼との恋愛が始まって最初はドキドキワクワクだったのに、ふとした瞬間に不安になることはありませんか?しかも恋愛の相手がホストだったら尚更不安になってしまいますよね。
しかし自分が不安だからという理由から、いつもベッタリで彼を縛るような面倒くさい女になってはいけません。そもそも男は縛られるのが嫌いな生き物なので、自分からの連絡も控えめにして彼の仕事も尊重してあげてください。男は逆に野放しにされると、彼女を恋しがるもの。彼にあなたを恋しく思う時間を与えてみてはいかがでしょうか。

彼中心になりすぎて自分を見失わない

大好きな彼氏ができた途端に女友達と出かけてなくなって、自分の趣味もやめて彼氏一色の生活になってしまう女性も中にはいるはずです。
ですが彼が好きになったのは、仕事や趣味に一生懸命で友人や家族との時間も大切にするいつも忙しくキラキラと輝いているあなたなのです。ですから彼と交際が始まっても、そんなあなたを見失わないようにしてください。
相手はホストかもしれませんが、ホストの前に一人の男です。男に全てを合わせるような女性を、男性は尊重したり大事にはしないでしょう。

彼に癒しを与えられる女性になる

お付き合いが続いて行く中で、ただカワイイだけの女ではすぐに飽きられてしまいます。外見をキレイに保つことはもちろん大事ですが、それだけではダメ! カワイイうえに彼と楽しい会話ができて、いつも彼を笑わせられる女でいれば、彼があなたに飽きることはありません。
笑いは癒しです。ホストは普段からたくさんの女性と接する仕事ですが、プライベートな時間は逆に癒してほしいはず!
彼の事を考えて不安になるのではなく、彼と一緒にいる時間を最高に楽しく過ごすことを考えておけば、必ず次へとつながるのではないでしょうか。

0ヘルから売り上げのホステスになるのは不可能なのでしょうか?

「売り上げ」と「0ヘル」の違い

クラブのホステスには3パターンの給料システムがあります。まず、全くお客様を持っていない未経験の新人ホステスは「0ヘル」と呼ばれ、決まった日給をもらい他のお姉さんのヘルプをします。そしてママやチーママと呼ばれるタイトルが付いているホステスは基本的には毎月の売り上げを店側との折半で受け取ります。もちろん普通のホステスで折半の女性もいますが、これは稼げる金額は大きいですがかなりリスクを伴うためにママやチーママの肩書きを持っていないがお客様を持っているホステスは「売り上げ」と呼ばれるシステムで毎月の給料を受け取ります。
中でも、売り上げも多少あるが自分のお客様がいない時は他席のヘルプにも付く「半売り半ヘル」と呼ばれる売り上げ兼ヘルプが一番多く存在しています。この場合だと日給も保証されますし、売り上げのノルマをクリアすればそれだけのバックも貰えるのでリスクはあまり大きくはありません。
売り上げのホステスになるには、お客様を持っているお姉さんが辞める際に譲り受ける場合と、お店、男性スタッフの係りを貰える場合位しかありません。

売り上げホステスのポイント

クラブで働く売り上げのあるホステス達は「個人事業主」として店舗と契約しそこで自分のお客様をおもてなしすることで売り上げを作り、そこから毎月お店に諸経費を払い残りをお給料として受け取るという仕組みになっています。
また、銀座には売り掛け制度がありお客様はツケで飲むことが可能です。 そのお客様の係りのホステスはツケを期限までに回収できないと、自分の借金となりお給料から引かれます。
お店とは入店前の面接でどのくらいの売り上げを出せるのかを聞かれると思いますが、その数字次第でノルマも変動してきます。
お店に入店する際に女性からお店に対して売り上げの約束をする「打ち込み」や、お店が入店する女性のキャリア話の中で得た情報の中から見込んだ売り上げの「見込み」と呼ばれる売り上げのノルマを決め、そのノルマをこなせない場合はお給料からペナルティとして差し引かれます。

安定した売り上げを稼ぐ為には

ヘルプから売り上げの女性を目指しているのなら、係りのお姉さんがいなくなるのを待つのではなくお店を変えるのが1番早いでしょう。ただ、移るお店はかなり厳選しなければいけません。現在のお店で獲得したお客様には次のお店との相性もありますし、移るお店に自分のメインのお客様の係りがいる場合などもあります。
しかし、ある程度の売り上げを作る事ができる見込みがあって移籍を考えるのは当然のことですが、自分の条件に見合った金額で働きましょう。面接の際に高額の日給を提示されることがあるかもしれませんが金額が高いという事は、それなりの事を要求されます。厳しいノルマは後で苦しくなってストレスや挫折のもとです。
目先の利益に飛びついてしまうのではなく、入店・移籍をしたらしばらくは腰を据えて働くのが大切です。

自分のステップアップの為に働くお店を変えるのはアリですか?

現在働いているお店でお客様を掴んだので移籍したい

銀座のクラブの売り上げのシステム上、どんなに頑張っていてもどんなにお客様に気に入って貰っていても、係りの女性がいる限り売上を持つことはできません。売り上げがなければもちろんずっとヘルプのままですし、お給料も簡単には上がらないのが銀座です。 そこで、長く銀座で働いていくのであれば、ステップアップをするためにはどうしても移籍は必要不可欠になってきます。 今現在働いているクラブで係りのお姉さんのお客様に気に入っていただき、同伴や定期的な来店があれば移籍してもまたその新しいお店に来店してくれる可能性は大きいです。 また、地方で頑張って売上をしている方が銀座への移籍を考える場合でも、お店選びを間違えなければ大体の方が成功するはずです。その際は、自分の売り上げ・雰囲気に見合ったお店選びをしていくことが重要になってきます。

精一杯頑張っているが、なかなか売り上げが伸びない

正直、何百店舗もあるクラブの中から自分に合ったお店を探すのはなかなか大変だと思います。現に、以前のお店が合わず移籍したとたんにお客様が来てくれて、売上が倍になったというのは本当によくあることです。その理由は、マンネリ化、いいヘルプがいない、お店との相性など、その他様々ありますが、要は働きやすさと売上は比例しないということです。 クラブにはキャバクラのような体験入店というシステムもないお店がほとんどなので、女性も店側も一度の面接でお互いのある程度を把握しなくてはなりません。その大切な面接の際、大事なポイントを確認せずそのお店の悪い所が分からないまま入店してみたらトラブル続出で…なんてことにもなり兼ねません。そんな事ではお店に来てくれたお客様からの信用を失ってしまいます。一度失ってしまった信用を簡単に取り戻すのは難しく、移籍したとしても売り上げを伸ばすのは難しいです。面接に行く前に色々リサーチして、機会があれば一度飲みに行くのもいいかもしれません。

移籍の時期はだいたいどのくらいがいいのでしょうか?

お店の移籍は、入店も退店もどちらもかなりのエネルギーを使う為お店選びに関してついつい安易になりがちですが、安易に選んだ上での失敗は一生後悔してしまうものですし、失敗しても誰も変わりに責任を取ってくれることはありませんので、どれだけ時間がかかろうとも色々な選択肢と正確な情報を照らし合わせた上で入店するお店を決めなくてはいけません。 また、自分では完全に自分のお客様だと思っても短期間で掴んだお客様のほとんどが、一人の人として気に入っているわけではなく「女」として気に入っているので、女として口説けないと見抜かれれば、すぐに見切りを付けてお店には来ていただけなくなります。 お客様との縁を長く続けていくには、女としても人としても両方で気に入っていただけるようにする必要があります。最低でも1年くらいは信頼関係を築く時間が必要です。 このようなことからも、あまり短期間の間に何件も転々とするのではなく年単位での移籍が銀座で長く働いていく秘訣なのではないでしょうか。

知り合いがいないと入れない!?銀座にも一見さんが入店できるお店はあるのでしょうか?

銀座の代名詞!!一見さんはお断りな高級クラブ

タイトルの通り、高級クラブと呼ばれるお店は一見さんはお断りしている場合がほとんどですので、基本的には飛び込みで飲む事はできません。 つまり、そのお店に知り合いがいないと入れないのです。主に会員制のクラブで飲む方法としては、ママやホステスのお客様、オーナーやスタッフの知り合い、そのクラブを知っている人からの紹介…など要は誰かしらの紹介があれば入店する事ができます。
クラブは時間制ではなく、座っていくらというシステム。 高級クラブでは「座って3万」という言葉をよく聞きますが、 初回は必ずボトルを入れなくてはいけませんので、実際は1番安いボトル代を入れても合計6~8万くらいかかります。しかし最近では1時間30分経つと、タイムチャージを取るお店も出てきました。
「クラブ」にはオーナーママやママが1人以上いて、大箱になるとチーママ含めママが3人くらいいるお店もあります。

アットホーム系クラブ(ミニクラブ)

クラブと呼ばれるお店の中でも、料金設定が高級クラブではない所をアットホーム系クラブといいます。 クラブのような高級志向店と、カラオケがあるような家庭的なお店と大きく分けて2つあります。ある程度お客様を持っているホステスが独立してオーナーママとして自分のお客様だけで営んでいるような所が中心で、全体的に小規模で誰でも気軽に入れます。しかし、特に宣伝をしている訳ではないのでやはり誰かの紹介などで出向くのが一般的です。
また、カラオケがあるお店などはアフターなどで使われる場合も多く、高級クラブで働く女性は何件か使えるお店を知っているので、お客様に合わせてセレクトしています。
料金の相場としては、やはりお店のランクにもよりますが1万〜4万くらいで楽しめるようです。

キャバクラ・ニュークラブもあります!

昔は銀座でキャバクラは邪道だというイメージがありましたが、近年ではだいぶ増えてきているように思えます。
もちろん会員制ではないので、新規のフリーのお客様は広告やビラを見て入ります。また、クラブから出てきたお客様を待ち構えている黒服が外に立っている場合もあります。
通常はママがいなく、指名制で時間制セット料金になっています。ニュークラブはキャバクラより料金の設定が高めなようです。 キャバクラは時間制なので、長くいればいるほど料金が上がります。延長を重ねるとクラブより料金が高くなる場合もあります。
クラブのシステムに慣れていると、時間制をいうことをついつい忘れてしまうので注意が必要です。

ホストクラブでは、本指名の他に必ずヘルプのホストもつくのが普通なのでしょうか?

ヘルプとはどのようなポジションなのか

ホストを始める上で必ず通らなくてはいけないのが「ヘルプ」というポジション。
ヘルプはいわゆる指名のホストがいるお客様の席に着き、担当ホストが指名被りなどで席に着けない時にその席を盛り上げるのが役目です。また、他のホストが売り上げを上げたい時に呼ばれお酒をあけるという役目もあります。
通い慣れているお客様の中には、お気に入りのヘルプを「ヘルプ指名」して担当がいない時に一緒に楽しんだりしているようです。あまりよく知らないヘルプが何人も着くのではなく、気心の知れたヘルプを呼べば、より楽しい時間が過ごせるのではないでしょうか。
ヘルプといっても全く売り上げがない訳ではなく、入店したての未経験者以外は大体お客様を持っているので、お互い持ちつ持たれつでヘルプをして助け合うのです。

できるヘルプとはどんな人の事を言うの?

ヘルプはあまりホストで言うと花の無いイメージがあるかもしれませんが、ホストクラブを経営する上ではなくてはならない存在です。ホストは一人では何百万もの売り上げを作る事はほぼ不可能で、どんな店でも売れてるホストなら必ずヘルプの力を借りないと売り上げには結びつかないからです。
では、できるヘルプとは一体どのようなホストの事を言うのでしょうか?
ホストを始めたばかりの子はまずヘルプで気に入られるように立振舞わなければいけません。ここで重要なのは、お客様は指名の担当を目当てで来店されている方が殆どであるということ。ヘルプで席に着いているという事は、お客様からすると着かせてやっているという感覚です。これをわきまえているヘルプは、絶対に初めから生意気な態度をとったりだらしない座り方をしません。また、いくらお客様が自分よりも年下でも、いきなりタメ口をきいたり、呼び捨てで名前を呼んだりもしません。
最近は、このような基本的な事を自然にできるホストがやや少ないように感じます。初対面での親近感も重要かもしれませんが、接客業としてそれはどうなのでしょうか?
あえてバカをするのと、何も知らないでバカをするのとでは全く話が違います。ただの勢いではなく、そつのない接客ができるホストはどの席に着いても完璧な接客ができるはずです。

ヘルプとの上手な付き合い方

まず初見で毛嫌いしないことは意外と肝心です。よく知らないうちに『嫌い』という感情を持ちますとそれが影響して、その後の会話も弾みません。そうなると結果的につまらなくなります。
次にもう生理的にダメな場合は思い切って担当に告げましょう。無理に話そうとすると楽しめませんし、お金を払っているのに楽しんでくれないことを担当も望んでいません。また嫌なことを言われた、された場合も担当に告げるとよいです。これはヘルプの為でもあって、本人に悪気がなければ改善されるでしょうし、そもそもの性格が合わない場合は二度と付かないようにしてくれるでしょう。とにかく、担当の前で良い顔がしたいからと我慢するのはいけません。「これって店的にどうなの?」ってことを言われた場合も言いましょう。言わずにいると後で担当に「おいおい、隠し事かよ」とか変に勘ぐられて気まずくなってしまうかもしれません。
地味に気になるところで言えば、ヘルプのドリンク。これつきましては、前もって「今日はボトルで」とか「好きなのでもいいよ」などあらかじめ担当に言っておくといいでしょう。

ホストが枕営業しようとしてくる女性とはどのような女性でしょうか?

一人暮らしの女性は狙われやすい

「ホストは、寮に住んでいながら、何人かの女性の家にもちょっとだけ荷物を置いて、女性の家を泊めてもらいながら渡り歩く。こういう、“半同棲型”の枕営業は、店から近いところに住んでいる女性の方がしやすいね」と語るホストのAさん。
さらに、閉店まで飲んでいる女性だとさらに誘いやすくなるんだとか。「やっぱりなにかと、閉店まで飲んでくれている子は狙いやすい。向こうもアフター狙いな感じもするし、そのまま朝まで。こういう関係にして、リピーターを作るのも立派な営業方法だと思う」だそうです。
逆に大好きなホストに枕営業されたいのなら、閉店までいてみてもいいのかもしれません。ただし、“枕”をするホストは不特定多数の女性とそういうことをしているので、うっかり自分だけと錯覚しないようにその点は十分にご注意を。

ズバリ、顔が可愛い子

Aさんは続けて語ります。「ぶっちゃけ、店からの指示で枕営業することなんてあまりないんです。ここだけの話、9割が趣味。だから、チャラいホストがいろんな女と好きで寝ているだけっていうのが多いかな。ただ逆に言えば、ほんとうに好みの女性への個人的なアプローチとしての枕営業もなくはないね」
いくらホストといえど、仕事が終われば一人の男性です。お店にタイプの女性が飲みに来たら、口説きたくなるのは男性の本能からでしょう。
全ての女性に営業目的で枕営業をしていたら体力も持ちません!営業なのか、趣味なのか…ホストとうまく遊ぶにはしっかりと冷製に見極める力を身につけましょう。

ホストの枕営業にそれ以上の感情はありません!

働いている女性のみなさんのなかには、自分へのご褒美としてホストクラブに通っている人もいるかもしれません。それは男性がキャバクラを娯楽としているのと同じように、女性にとってもホストクラブは立派なエンターテインメント。
そして枕営業は都市伝説なんかではなく、ほんとうにある話なのです。愛しているフリでお金を奪ってしまうこの枕営業に引っかかってしまうと、もう引き返すのは難しいでしょう。女性は感情的な生き物なので、一度体の関係を持ってしまうと情が移りやすいですが、ホストからしてみれば一時の快楽と次の来店へ繋げる手段の一つでしかありません。
愛を与えているつもりが、相手が受け取っているのはお金だけで、気持ちはスルー。そんなの辛すぎます。あくまでも、相手がホストであるという現実を忘れずに向かい合ってくださいね!

チャットレディーに興味があるのですが、どのような仕事なのでしょうか?

そもそもチャットレディーとは

「チャットレディー」という仕事を最近よく耳にしますが、一体どういうお仕事なのでしょうか?
簡単に言えば、インターネットのサイト上で男性とチャットで会話する女性向けのお仕事のことです。
普通に友達とする会話だったり、他愛もない会話だったり、ちょっとアダルトな会話だったり、会話の内容はいろいろ。webカメラで相手の顔を見ながら会話するところが、普通の文字だけのチャットとはちょっとちがいます。
女性がサイトに入って待っている状態で、男性のほうが会話したいと言ってくれたらチャットを始めます。話が盛り上がらなかったり、つまらなくて沈黙になってしまったりすると、だいたい男性のほうが切ってしまいます。
男性と少しでも長く話しをするとお給料も多くなっていくので、その男性が満足できるように楽しく会話するように心がけることが必要になります。チャットレディーで短期で稼ぎたい女性はアダルトな会話をよくしているようです。
また女性が待機している間も男性は覗いているので、男性が興味を惹くようにして待機中も気を抜いてはいけません。

勤務時間や勤務場所、お給料のシステムはどのようになっているのか

働き方としては、好きな時間に好きなだけ働けてノルマもないというところがほとんどです。昼でも夜でも働くことができますが、やはり夜の方がお客さんは多くいます。また、チャット用の事務所を構えているサイトがほとんどですが、在宅での仕事も可能です。要はインターネットの環境があればどこでも働けてしまうのです。
お給料は完全出来高制で、ノンアダルトで平均にするとだいたい時給2000円くらいです。
大抵はお客さんの男性とチャットで繋がっていた時間でお給料計算されるので、待ち時間はお給料に入りません。アダルトサイトのチャットレディーだと、働き方次第では時給は6000円以上も可能なようです。しかし、アダルトでパーティーチャットなど不特定多数の人間が見ているという事を忘れてはいけません。時給が高いということは、それだけリスクも高いという事です。
ノンアダルトのチャットでもたくさんログインして常連さんを増やす事ができれば十分に稼ぐ事ができます。

チャット中に気をつけなければならない事

チャットの内容として気をつけなければならないのは、相手の男性がチャット中にプライベートな事を聞いたりしてきた時に、電話番号やアドレスなどのいわゆる個人情報をむやみに教えてはいけないということ。キャバクラなどでは連絡先を交換するのは当たり前ですが、チャットでは実際に会って会話している訳ではないのでなるべく自分に関する具体的な会話は避けましょう。
いい人だから大丈夫だろうと思って教えてしまうと、住所を調べられたり、電話をかけてこられたりということにもなります。
チャットレディーのお仕事は直接合ったりしなくていい分、ホステスやキャバ嬢よりは気楽な仕事なのかもしれませんが、会話の内容には十分に気をつけましょう。
そして、数多くあるサイトからどの会社に登録するかの選択も重要になってきます。
登録先のサイトによっては、ノンアダルトの条件で登録したのにアダルトな要素が必要だったり、男性客がほとんど来なくてお金にならなかったりということもあります。
登録しようとするサイトの情報や口コミをよく確認して、いいサイトなのかどうか見極めることもとても重要です。

担当のホストにクリスマスプレゼントを渡したいのですが、何がいいですか?

ホストがよく身につけるアクセサリーとは

仕事中も身につけていられるものといえば、アクセサリーですよね。はたして、ホストな男性たちはどんなアクセサリーを愛用しているのでしょうか。
多くのホストのファッションに見られるのは、まずはブレスレット・リング・ネックレスといったところでしょう。もう少し凝ったコーディネートをしているホストが身につけているのはカフスやタイピンなど、ふとした時に見えるアクセサリー類です。
しかし、最近のホストはキラキラしたスーツよりもより私服に近い服装をしているホストも見受けられます。とはいえ、やはりアクセサリーはやはり一番渡しやすいプレゼントなのではないでしょうか?担当ホストが普段どのようなアクセサリーを身につけているのかチェックしてみましょう。

物をあげる代わりに、お店で高級ボトルを卸す

何をあげたらいいか迷った時に最も手っ取り早く喜んでくれるものといえば、やはりシャンパンや高級ボトルなどの酒類ではないでしょうか。むしろ、物よりもボトルを入れてくれた方が喜ぶホストもいると思います。
身につける物をプレゼントしたとしても、そのホストが常に身につけてくれるとは限りません。でしたら、お店に行けばテーブルに飾っておくことのできる高級ボトルをたまにはプレゼントするのもいいのではないでしょうか?

プレゼントはインパクトが大切

男のひとだって、キャバクラやガールズバーに楽しく飲みに行くんだから、女性だってホストクラブに行って悪いわけがありません。
それに、店員とお客とはいえ、そこはひとりの男と女。いつの間にか、恋人同士に発展するということもあるでしょう。
そんなホストな彼は、クリスマスはお仕事かもしれません。ですが、せめてクリスマスプレゼントは贈りたいですよね。
お酒にしろ、アクセサリーにしろ彼の思い出に残るようなプレゼント選びをしてみましょう。

メールでお気軽相談!

カテゴリ紹介

最新のおすすめコラム

関連ワード

http://www.morandini.eu/index.php?sildenafil-alprostadil-combinationhttp://www.charleyfazio.it/index.php?levitra-ipotensionevisit sitehttp://www.charleyfazio.it/index.php?risque-viagra-alcool